メインメニューを開く

静岡シネ・ギャラリー

日本の静岡県静岡市にある映画館

静岡シネ・ギャラリー(Cine Gallery)は、静岡県静岡市葵区御幸町11-14にある映画館ミニシアター)。

静岡シネ・ギャラリー
Cine Gallery
Shizuoka Cine Gallery 2016b.jpg
静岡シネ・ギャラリーのロビー
情報
開館 2003年12月20日
開館公演永遠のマリア・カラス英語版』(シネ・ギャラリー1)
ローマの休日』(シネ・ギャラリー2)
客席数 2スクリーン計105席
(50席・55席)
設備 ドルビーデジタル5.1ch
用途 映画上映
運営 藤原靖爾(宝泰寺住職)
所在地 420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町11-14
位置 北緯34度58分25.8秒 東経138度23分22.6秒 / 北緯34.973833度 東経138.389611度 / 34.973833; 138.389611座標: 北緯34度58分25.8秒 東経138度23分22.6秒 / 北緯34.973833度 東経138.389611度 / 34.973833; 138.389611
最寄駅 静岡駅
外部リンク http://www.cine-gallery.jp/

2003年(平成15年)12月20日に開館した。隣接する宝泰寺の檀信徒会館としての性格を持つサールナートホール3階にあり、50席と55席の2スクリーンを有する。静岡市唯一のミニシアターである。開館時からの支配人は宝泰寺住職の藤原靖爾(藤原東演)。

基礎情報編集

所在地編集

スクリーン編集

シネ・ギャラリー1・2とも車いす対応スペースは存在しない。

静岡シネ・ギャラリーのスクリーン
スクリーン 座席数 設備
シネ・ギャラリー1 50席 5.1ch
シネ・ギャラリー2 55席 5.1ch

特色編集

画像提供依頼:宝泰寺の画像提供をお願いします。2018年8月
 
静岡シネ・ギャラリーの入口
 
静岡シネ・ギャラリーの座席

2003年(平成15年)の開館当時の静岡市には、静岡オリオン座静岡東宝会館などの従来館やMOVIX清水などのシネマコンプレックスしか存在せず、静岡シネ・ギャラリーは初のミニシアターだった[2]。2008年(平成20年)に浜松市シネマイーラが開館するまでは、静岡県内唯一のミニシアターでもあった。

大手映画配給会社の系列に属さない単館系映画館として運営されている[3]。仏教寺院が運営しているとはいえ、暴力や性的な描写がある作品を排除することはなく、その作品そのものの価値を考慮して上映する作品を選定している[2]

劇場ロビーの丸窓からは北側の宝泰寺を見下ろすことができる[2]。劇場内の内装はモノトーンに統一されている[3]。劇場は映画館として設計されたものではなく、1995年から2003年までは会議室だった部屋を改装しているが、後部の3列には段差を付けられるほど天井が高い[2]

年間130本から140本の作品を上映しており、会員には上映作品の紹介がついた会報誌が郵送される[2]。2013年度(平成25年度)のシネ・ギャラリーの会員数は約4,500人であり、全国のミニシアターでも上位に入るという[4]

歴史編集

年表編集

  • 1995年(平成7年)4月9日 - サールナートホールが開館。
  • 2003年(平成15年)12月20日 - サールナートホール3階に2スクリーンの静岡シネ・ギャラリーが開館。

開館前編集

静岡市街地におけるサールナートホールの位置
 
静岡シネ・ギャラリーが入るサールナートホール

臨済宗妙心寺派宝泰寺の後継ぎである藤原靖爾(藤原東演)は、戦中の1944年(昭和19年)11月に静岡県静岡市に生まれた[4]京都大学法学部在学中には外交官になりたいという夢を持ち、また司法試験を受けたこともあった[4]。父親の死去によって1994年(平成6年)に宝泰寺の住職となった[4]。藤原は1995年(平成7年)に株式会社サールナートホールを設立[5]。同年4月9日に宝泰寺の檀信徒会館であるサールナートホールが開館した[6][7]。当初は葬儀法要を主要な事業に想定していたが、一般市民向けのコンサートなどの文化事業も手掛けている[7]

1995年(平成7年)10月にはメインホールで名作映画の会員制上映会「シネ・サロン」をスタートさせた。月2回の頻度で開催され、各回の上映前に映画評論家の石原郁子による作品解説がつく。第1回はルキノ・ヴィスコンティ監督の『ベニスに死す』(1971年、イタリア=フランス合作)、第2回はフェデリコ・フェリーニ監督の『』(1954年、イタリア)、第3回はゲオルギー・シェンゲラーヤ英語版監督の『放浪の画家ピロスマニ』(1969年、グルジア)だった[8]

メインホールの会員制上映会は東京・神田神保町岩波ホールを目標に挙げ、地方都市で上映されることの少ない独立プロやミニシアター系の作品を35ミリフィルムで上映した[9]。しかしメインホールは常設の映画館ではなく多目的施設であり、作品の上映期間や上映回数に制限があった[3]。このために上映用の作品を求めても配給会社から断られることもあった[5]。メインホールでの映画上映会では、8年間で約900本の作品を上映してきた[10]

2000年(平成12年)の静岡市には14館の映画館があったが、すべての館が映画館の街として知られる七間町にあり、JR静岡駅前などに映画館は存在しなかった[11]

開館後編集

 
サールナートホールの入口
 
初上映作品となった『ローマの休日

2003年(平成15年)12月20日、サールナートホール3階に常設映画館の静岡シネ・ギャラリー(2スクリーン)が開館した[3]。約3,500万円かけて会議室だった部分を映画館に改装している[3]。開館当初の座席数は45席と47席[5]。シネ・ギャラリー1の初上映作品はフランコ・ゼフィレッリ監督の『永遠のマリア・カラス英語版』が、シネ・ギャラリー2の初上映作品はウィリアム・ワイラー監督の名作『ローマの休日[10][3]

2004年(平成16年)1月17日からのオープニング第2弾上映作品は、シネ・ギャラリー1がペドロ・アルモドバル監督の『トーク・トゥ・ハー』、シネ・ギャラリー2がピーター・マラン監督の『マグダレンの祈り』だった[12]。同年5月には「フランス映画祭」を開催し、アンドレ・テシネ監督の『かげろう英語版』、 コリーヌ・セロー監督の『女はみんな生きている英語版』を上映した[13]韓流ブームで人気俳優となったペ・ヨンジュンが主演する『スキャンダル』は、静岡シネ・ギャラリーで前売券の窓口販売記録を更新した[14]。2004年7月10日から1日3回の上映で、9日間に満席が15回、その他の回も80-90%の入りであった[14]。観客の80%は中年女性だったという[14]

市川雷蔵の映画デビュー50周年を記念して、2005年(平成17年)7月9日から8月5日には「市川雷蔵祭」を開催した[15]。『新・平家物語』、『切られ与三郎』、『弁天小僧』など代表作15作を上映、雷蔵の命日である7月17日には観客全員にみそまんじゅうをプレゼントした[15]。同年12月には静岡シネ・ギャラリーが主催する会員特典企画として、映画評論家のおすぎとシンガーソングライターの小室等が出演する「おすぎのトークショー&小室等のミニライブ」を静岡市民文化会館で開催した[16]。2005年以後、毎年の会員特典企画として年末におすぎと小室等を呼んでいる。2010年(平成22年)の静岡市には15館の映画館があったが、静岡シネ・ギャラリーの2館を除く13館は七間町の映画館だった[17]

 
2012年に『果てぬ村のミナ』の舞台挨拶を行った土屋太鳳

2012年(平成24年)8月には『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』を上映し、8月4日には入江悠監督、主演の奥野瑛太、ラップ指導の上鈴木伯周の舞台挨拶が行われた[18]。同年12月には浜松市天竜区水窪地区などがロケ地となった『果てぬ村のミナ』を上映し、シネ・ギャラリーでは瀬木直貴監督や主人公役の土屋太鳳などによる舞台挨拶が行われた[19]

2013年(平成25年)12月には『楽隊のうさぎ』を上映し、12月14日には鈴木卓爾監督と主演の川崎航星の舞台挨拶が行われた[20]。 2014年(平成26年)4月には『ほとりの朔子』を上映し、4月6日には主演の古舘寛治の舞台挨拶が行われた[21]。2015年(平成27年)11月には『千年の一滴』を上映し、11月7日には柴田昌平監督の舞台挨拶が行われた[22]。2016年(平成28年)1月には『シネマの天使』を上映し、1月16日には及川奈央の舞台挨拶が行われた[23]

2017年(平成29年)3月には『この世界の片隅に』と『マイマイ新子と千年の魔法』を上映し、両作品を監督した片渕須直の舞台挨拶が行われた[24]。同年6月には『標的の島 風(かじ)かたか』を上映し、6月3日には三上智恵監督の舞台挨拶が行われた[25]。同年7月には『うつろいの標本箱』を上映し、7月2日には鶴岡慧子監督や出演者の舞台挨拶が行われた[26]。同年8月には『アリーキャット』を上映し、8月12日には主演の窪塚洋介の舞台挨拶が行われた[27]。同年10月には『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』を上映し、10月6日には佐古忠彦監督の舞台挨拶が行われた[28]

2018年(平成30年)7月には『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』を上映し、7月14日には柳川強監督の舞台挨拶が行われた[29]

脚注編集

  1. ^ a b アクセス・マップ 静岡シネ・ギャラリー
  2. ^ a b c d e 静岡シネ・ギャラリー 港町キネマ通り
  3. ^ a b c d e f 「常設映画館できた サールナートホール改装、20日にオープン 静岡」『静岡新聞』、2003年12月14日
  4. ^ a b c d 「解説・主張しずおか 生きる 宝泰寺住職・藤原東演さん 命は支えられている」『静岡新聞』、2013年10月4日
  5. ^ a b c 「心の風景・ふじの国の修行僧 臨済宗妙心寺派宝泰寺住職藤原東演さん」『静岡新聞』、2004年8月4日
  6. ^ 「檀信徒会館が4月9日オープン、一般に開放 静岡市の宝泰寺」『静岡新聞』、1995年3月29日
  7. ^ a b 「文化事業担い10年 静岡市葵区・サールナートホールで記念パーティー」『静岡新聞』、2006年3月8日
  8. ^ 『静岡新聞』
  9. ^ 「ホール増える静岡市、活性化に期待 需要多い100-600席」『静岡新聞』、1994年6月27日
  10. ^ a b 「ミニシアターが開館 古典からアートまで世界の作品を上映 静岡・サールナート」『静岡新聞』、2003年12月21日
  11. ^ 出典は日本映画製作者連盟配給部会『映画年鑑2000別冊 映画館名簿』時事映画通信社、1999年。2000年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」も参照した。
  12. ^ 「『マグダレンの祈り』など上映 静岡シネ・ギャラリー」『静岡新聞』、2004年1月19日
  13. ^ 「28日までフランス映画祭を開催 静岡シネ・ギャラリー」『静岡新聞』、2004年5月17日
  14. ^ a b c 「韓流 ヨン様主演の映画、満席続出 県内の映画館 W杯に続く」『静岡新聞』、2004年7月20日
  15. ^ a b 「『市川雷蔵祭』、15作品を上映 9日から静岡市葵区」『静岡新聞』、2005年6月28日
  16. ^ 「おすぎのトークと小室等のライブ 来月1日、葵区」『静岡新聞』、2005年11月16日
  17. ^ 出典は日本映画製作者連盟配給部会『映画年鑑2010別冊 映画館名簿』時事映画通信社、2009年。2010年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」も参照した。
  18. ^ 映画『SR3』舞台挨拶報告! eしずおかイベント情報、2012年8月6日
  19. ^ 「“水窪の風”感じて 監督ら舞台あいさつ 映画『果てぬ村のミナ』」『静岡新聞』、2012年12月18日
  20. ^ 『楽隊のうさぎ』舞台挨拶がありました! eしずおかイベント情報、2015年12月15日
  21. ^ 古舘寛治さん舞台挨拶レポート eしずおかイベント情報、2014年4月8日
  22. ^ 「和食に焦点『千年の一滴』先行上映 きょう静岡で、監督あいさつも」『朝日新聞』2015年11月7日
  23. ^ 静岡シネギャラリー舞台挨拶大盛況! 平成プロジェクト、2016年1月18日
  24. ^ クラシック特集2017 片渕須直の世界 静岡シネ・ギャラリー
  25. ^ 2017/6/3(土)『標的の島 風(かじ)かたか』先行上映&監督舞台挨拶開催! 静岡シネ・ギャラリー
  26. ^ 『うつろいの標本箱』特別上映会&舞台挨拶開催 静岡シネ・ギャラリー
  27. ^ 『アリーキャット』 窪塚洋介さん 舞台挨拶決定! 静岡シネ・ギャラリー
  28. ^ 『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』佐古忠彦監督舞台挨拶決定! 静岡シネ・ギャラリー
  29. ^ 『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』 先行上映&柳川 強監督 舞台挨拶決定! 静岡シネ・ギャラリー

外部リンク編集