顔回

顔 回(がん かい、簡体字: 颜 回拼音: Yán huí紀元前521年 - 紀元前481年(没年を紀元前490年とする資料[1][2]もある。)は、孔子(孔丘)の弟子。子淵(しえん)。ゆえに顔淵(がんえん)ともいう[3]

生涯編集

の人。孔門十哲の一人で、随一の秀才。孔子にその将来を嘱望されたが、孔子に先立って没した。顏回は名誉栄達を求めず、ひたすら孔子の教えを理解し実践することを求めた。その暮らしぶりは極めて質素であったという。このことから老荘思想発生の一源流とみなす説もある。

孔子の評価編集

論語』には顔回への賛辞がいくつか見られる。たとえば孔子が「顔回ほど学を好む者を聞いたことがない」(雍也第六、先進第十一)や同門の秀才子貢が、「私は一を聞いて二を知る者、顔回は一を聞きて十を知る者」(公冶長第五)、と述べたことが記載されている。顔回は孔子から後継者として見なされていた。それだけに早世した時の孔子の落胆は激しく、孔子は「ああ、天われをほろぼせり」(先進第十一)と慨嘆した。 顔回が貧しく、食物を手に入れるのすら難しかったとき、欲のない顔回に「聖人の道に庶い」と評価し(先進第十一)[4]、「顔回は私を助けることはせず、ただ黙っているがしっかりと私を理解していると評価した(先進第十一)[4]

このように『論語』の先進第十一には顔回に関する記述が多く、中でも顔回が亡くなった「顔回死す」で始まる箇所が数箇所登場し、これもまた孔子が顔回に対して評価していた証拠といえよう[5]

史記』仲尼弟子列伝第七によると、好学であることに加えて「怒りを遷さず、過ちをふたたびせず」と孔子に評されている。また、29歳で頭髪がすべて白髪だったという [6]

比喩的用法編集

上記の経歴から、「最高位の弟子」の代表として用いられる事例がある。

呼称について編集

名を回と言い、字を淵と言うが、これは淵は水が回るということで、名と字が相応じ対峙している。

モデル小説編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『中国人名事典』ISBN 4-8169-1164-2
  2. ^ 『中国神話・伝説大事典』ISBN 4-469-01261-0
  3. ^ 宇野茂彦. “顔回 - Yahoo!百科事典”. 小学館. 2012年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。
  4. ^ a b 石本道明、青木洋司『論語 朱熹の本文訳と別解』明徳出版社、2017年11月25日。ISBN 978-4-89619-941-3
  5. ^ 金谷治『孔子』4、講談社〈人類の知的遺産〉、1980年8月10日、234-238頁。
  6. ^ 司馬遷『史記列伝 上巻』経子史部第15巻、箭内亘訳、国民文庫刊行会〈国訳漢文大成〉、1924年、第4版、60頁。doi:10.11501/9264652020年1月16日閲覧。

関連項目編集