メインメニューを開く

高寺成紀

高寺重徳から転送)

寺成紀(たかてら しげのり、1962年9月28日 - )は日本のテレビドラマプロデューサー東京都台東区[1]出身。

代表作に『激走戦隊カーレンジャー』『仮面ライダークウガ』『仮面ライダー響鬼』『大魔神カノン』などがある。

目次

来歴編集

概要編集

作風編集

『激走戦隊カーレンジャー』では既存の戦隊ヒーローものを徹底的にセルフパロディ化するとともにナレーションを廃止する、『星獣戦隊ギンガマン』では一時巨大ロボの廃止を検討する、『カーレンジャー』『電磁戦隊メガレンジャー』『ギンガマン』では子供向け番組でありながら悪役の女性幹部にAV女優を起用する、『仮面ライダークウガ』では近年のリアル特撮路線の先鞭をつけるなど、ともすれば無謀とも捉えられかねない挑戦的な作品を好んで制作する。

また、緻密な設定を構築してそれを厳守し、ストーリーが破綻をきたさないよう丁寧なシリーズ構成を徹底する点も、特徴である。自分が面白いと思ってやったことは何を言われようと貫き通すという、頑固な一面が作品から見受けられる。チーフプロデューサーを務めたスーパー戦隊シリーズでは、必ず敵組織での権力闘争や結束の乱れが描かれる。「名前の規則性」にこだわり、サブタイトルや怪人の名前には必ず規則をつける(例えば、必ず交通安全のフレーズを入れたサブタイトルの『カーレンジャー』、細かい設定を加えた怪人の名前・言語・人間の殺害をリアルに描いた『クウガ』)などの面もある。

1990年代半ばまでの特撮ヒーローが持っていた善悪二元論、勧善懲悪的な論法に対しては、ヒーローたる主人公を従来の超人的存在としての立場から現実社会の一員の位置に一旦下げたうえで、現実社会における「理想の人間像」としてのヒーロー像の構築を試みるほか、『クウガ』や『響鬼』に見られるように、正義と悪の境界線が曖昧になってきた現代の気風に合わせて敵集団を人間とは相互理解不可能な存在として描くなど、新たな意味を与えようとする姿勢が見られる。

エピソード編集

  • 『カーレンジャー』などに出演した大竹宏によると、寺は『マジンガーZ』の大ファンで、『カーレンジャー』ではマジンガーZそっくりの敵のロボット・バリンガーZを登場させようとしたが、ダイナミックプロに配慮しようとした東映上部からの自粛命令により、スチル写真まで撮ったものがお蔵入りになるという事態を引き起こした[6]
  • 東映ビデオの加藤和夫プロデューサーは、「スーパー戦隊Vシネマの発案者は寺である」と証言している。厳密には、寺は当時の東映側のチーフプロデューサー吉川進に戦隊の競演作品の制作を進言し、それを聞き入れた吉川が加藤に打診を行ったとされる。こうしてシリーズ第1作『超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー』が制作された。
  • 同じ大学の同期生であるデーモン閣下に仮面ライダーBLACKの変身ベルトをプレゼントしたことがある[7]
  • いのくままさおとも親交が深い。
  • かつてメタルヒーローシリーズを中心に書いていた小林靖子を、スーパー戦隊シリーズへの進出に誘った。
  • チーフプロデューサーを務めた作品では『電磁戦隊メガレンジャー』を除く全作品で、音楽担当に佐橋俊彦を起用している。
  • 2013年3月18日、早稲田大学の後輩と共に別の後輩が所持していたガンプラを破壊した画像をTwitter上で公開し、ファンからの批判が殺到して炎上した[8]。同年3月25日、大学生時代に設立した怪獣同盟の後輩とともに行き過ぎた行為であるとして謝罪し[9]、その翌日には怪獣同盟側も公式サイト上に謝罪文を掲載した[10]。なお、怪獣同盟は「アニメ禁止」という掟が存在することでも知られている[11]

仮面ライダー関連編集

元々円谷プロダクション作品の作風を好み、反対に東映作品の作風に良い印象を持っていなかった寺は、『仮面ライダーBLACK』に参加した際の打ち合わせで、上原正三に対してさまざまな東映のお約束展開を「やらないように」と依頼した。これらのほとんどは吉川進の判断によって却下されたが、上原からは「高寺君には焚きつけられるな」と言われたという[12]寺は仮面ライダーBLACKについて、「新しかったというファンからの意見も多いが、ゴール設定が今までの仮面ライダーのちょっと上といった程度にしか感じられなかった」「せっかくメタルヒーローと違う路線で行ける機会だったのに、『宇宙刑事プラスα』みたいなものにしかならなかった」と述べている[13]

長らく「『仮面ライダークウガ』では、第2話で教会のセットを丸ごと製作して燃やすという大胆な仕掛けを行ったため、番組初期の時点で予算を半分消費した」という噂が広がっていたが、高寺本人によりデマであるとコメントがあり[14][13]、『クウガ』で監督を務めた鈴村展弘も「もちろん手間はかかってるんだけど、警察署と同じスタジオだし、噂ほどではない」と否定している[15]。主演のオダギリジョーの「2話の後はロケ弁がしょぼくなった」という発言も、彼のジョークであったという[16][17][13]

脚本作りなどに時間をかけるあまり、制作スケジュールも大幅に遅れ、製作統括という立場で『クウガ』に関わっていた鈴木武幸は事態を懸念し、鈴木自身も途中からプロデューサーを務め、途中で補佐役として白倉伸一郎を参加させることとなった。

白倉の参加とともに脚本陣に加わった井上敏樹のコメントによれば、鈴木は寺をプロデューサーから外し、『クウガ』の方向性を変えようと企図していたという。しかし、井上は寺やシリーズ構成の荒川稔久を支持し、方向性の面では『クウガ』は初志を貫くことができた[18][13]

『仮面ライダー響鬼』では仮面ライダーとしては斬新な設定と今までにない構成・演出で話題となるが、第29話を最後にチーフプロデューサーを降板して以降の内容をめぐり、インターネット上などでは大きな騒動が起こった。この降板劇の理由は現在も不明である(『仮面ライダー響鬼』の「作風と反響」の節も参照)。

転職編集

上記の『響鬼』での一連の騒動の責任を取ってなのか、2006年5月東映依願退職したという噂がネット上に広まり大きな波紋を呼んだが、高寺によれば『響鬼』の件が原因で退職したわけではなく個人的な理由とのことである[19]2007年2月に『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』誌上にて寺のコメントが掲載され[20]、その際の肩書きが「角川書店プロデューサー」となっていたため、東映退職→角川書店転職説が裏付けされた。現在は同誌に「クロスメディアブレーン」の肩書きで、監修的立場で携わっている。

2010年には、『大魔神』のリメイクテレビ作品『大魔神カノン』のプロデュースを手掛けた。

主な作品編集

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

その他編集

メディア出演編集

参考文献編集

  • レッカ社 「INTERVIEW:6 寺成紀」『語ろう!クウガ アギト 龍騎』 カンゼン2013年、195 - 240頁。ISBN 978-4-86255-178-8
  • 『語れ!平成仮面ライダー』 KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ〉、2013年12月26日ISBN 978-4-584-20532-7

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 仮面ライダークウガ・高寺メッセージ(2006/06/01)
  2. ^ 『懐かしのヒーロー ウルトラマン99の謎』(二見書房)
  3. ^ 『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』2009年1月号(2008年12月発売)
  4. ^ 『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』2009年3月号(2009年1月発売)
  5. ^ 高寺成紀 S.Takatera @taka_69s 2015年3月31日のツイート
  6. ^ 赤星政尚他「ロボットアニメの故郷 栄光の東映動画 大竹宏インタビュー」『不滅のスーパーロボット大全 マジンガーZからトランスフォーマー、ガンダムWまで徹底大研究』二見書房、1998年9月25日、ISBN 4-576-98138-2、53頁。
  7. ^ 高寺成紀 ‏@taka_69s 2012年10月31日のツイートより
  8. ^ 「このアニメ野郎!」の逸話の残るあの人達
  9. ^ @taka_69s 2013年3月25日のツイートより
  10. ^ 当サークルOBが起こしたプラモデル破壊問題についてのお詫び 怪獣同盟公式 2013年3月26日
  11. ^ @kaijudoumei 2013年2月4日のツイートより
  12. ^ 『東映ヒーローMAX Vol.40』(辰巳出版)[要ページ番号]
  13. ^ a b c d レッカ社 「INTERVIEW:6 寺成紀」『語ろう!クウガ アギト 龍騎』 カンゼン2013年、195 - 240頁。ISBN 978-4-86255-178-8
  14. ^ 大魔神カノン公式アカウント ‏@daimajinkanon 2012年9月13日
  15. ^ 語れ!平成 2013, p. 22, 荒川稔久×鈴村展弘「仮面ライダークウガ 誕生の秘密」.
  16. ^ 大魔神カノン公式アカウント ‏@daimajinkanon 2012年9月13日
  17. ^ 大魔神カノン公式アカウント ‏@daimajinkanon 2012年7月17日
  18. ^ 『特撮黙示録1995‐2001』(太田出版)[要ページ番号]
  19. ^ 大魔神カノン公式アカウント ‏@daimajinkanon 2012年5月15日
  20. ^ 『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』2007年4月号(2007年2月発売)[要ページ番号]

外部リンク編集