大竹宏

日本の俳優、男性声優 (1932−2022)

大竹 宏(おおたけ ひろし、1932年昭和7年〉3月14日[3][9][10][11] - 2022年令和4年〉 8月1日[12])は、日本俳優声優。最終所属は81プロデュース[7]神奈川県川崎市出身[3][注 1]東京府東京市神田区(現:東京都千代田区北東部神田)育ち[3]

おおたけ ひろし
大竹 宏
プロフィール
本名 大竹 宏
おおたけ ひろし[1]
愛称 タケサン[2]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本神奈川県川崎市[3]東京府東京市神田区(現:東京都千代田区北東部神田[3]
死没地 日本の旗 日本東京都[4]
生年月日 (1932-03-14) 1932年3月14日
没年月日 (2022-08-01) 2022年8月1日(90歳没)
血液型 B型[5][6]
職業 俳優声優
事務所 81プロデュース[7]
公式サイト 大竹宏 Official
公称サイズ(時期不明)[8]
身長 / 体重 160 cm / 52 kg
声優活動
活動期間 1956年 - 1991年
1995年 - 2022年
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
ジャンル 舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴

声優・俳優になるまで

小学時代に東京府東京市神田区(現:東京都千代田区北東部神田)に一家そろって移住[3]。以来、ここで育ったため、「俺は江戸っ子」だと自認していた[3]

明治大学付属明治高等学校時代は生来から手先が器用であり、絵画の才能も抜群であり、中学高校時代は美術部に所属していた[3]。人前で落語をしたり、喋ることも好きであり、高校時代には演劇部にも所属して部長を務めた[3][13]。高校2年から3年生まで演劇部の部室に入り浸り、勉強はほとんどしていなかったが、美術も得意だった[13]。体育祭の入場門も手作りしており、自作、自演、自演出、舞台装置まで手掛けて公演していた記録を持っている[3][13]1951年、同高校卒業後、東京都台東区浅草の装飾専門店に就職[13]。アルバイトをしながら専門学校[注 2]へ通って商業美術の世界を目指していた[3]。数か月後、演劇への情熱やみ難しく役者の道へと進む[13][14]児童劇団・合唱団ちどり會を経て内田研吉の劇団ちどりに入る。当時は内田が、メガネの奥の目を光らせて、「ずっと演劇の道を歩みたいんなら、のめり込めよ」と言っていた[13]。この頃より友人の紹介で児童劇団ちどりの公演を手伝うようなったという[3]。劇団では、前述の経験が役に立って、内田から舞台監督に任命されていた[13]。当初は大道具係であったが、内田に才能を認められて内田のアシスタントやカバン持ちを務め、内田が出演していたNHKに出入りするようになり、大竹が二十歳の頃にはNHKのラジオドラマに出演するようになった[13]。その頃、装飾専門店務めを辞めた[13]。内田没後の1952年(昭和27年)頃には劇団ちどりを主宰した[11][13][15]1955年(昭和30年)からはこけし座に移り、舞台俳優を務めるとともに子供の演技指導も行っている[15]

テレビでは草創期から活動[16][17]。初めて放送に出演したのは1953年(昭和28年)のNHKの公開ラジオ番組『犯人は誰だ』の「金太郎物語」のクマ役となる[3][7]。NHKテレビの人形劇『アシンと十三人の盗賊』(1955年)や『ガンツ君』(1956年)において声優を務め、これらの演技が評価されて1956年(昭和31年)に人形劇『チロリン村とくるみの木』の声優の一員に選ばれた。同作ではタコチュー役を8年間に亘って務めた[11]1966年(昭和41年)からはフジテレビの子供向け番組『ママとあそぼう!ピンポンパン』に声優として出演、放送開始2年後にマスコットキャラクターを登場させることになり、河童のカータンの着ぐるみが作成された。歌って踊れて絵がうまく、また子供と遊ぶのが好きなことから大竹に白羽の矢が立ち、カータンの声だけでなく着ぐるみの操演も担当した[17]。『ママとあそぼう!ピンポンパン』には16年間に亘って出演した[11]

劇団東少[10]東京俳優生活協同組合[11]青二プロダクション(創立メンバー)[11]オフィス薫[11]ぷろだくしょん★A組に所属していた。また、晩年には後進の育成にも力を注ぎ銀プロダクション養成所、CHK声優センターなどで講師も務めている[4][10]

一時休業・復帰

1991年1月、一時休業のためにレギュラー出演『キテレツ大百科』のブタゴリラ役、準レギュラー出演『魔法使いサリー』の花村よし子の父·花村利夫役を途中降板した。役は前者が龍田直樹、後者は石森達幸に引き継がれた。その後大竹は1995年に『超力戦隊オーレンジャー』のバラクローズ役で仕事復帰している。

晩年・死去

2015年1月から、81プロデュースに所属している[18]。同年に第九回声優アワードにおいて多年に亘る貢献を表彰する「功労賞」を白石冬美と伴に受賞した[19][20]

晩年は持病はなく元気な様子だったが、2022年8月1日、急性心不全のため東京都で死去した。90歳没[4][12][21]

人物

声種は「明るく賑やかな特異なテノール[2][22]」。

三枚目的な役柄を得意としており、ガキ大将的なキャラクターを演じている[5]。また感情豊かな動物役でも知られる[5]

マジンガーZ』で演じたボスの登場時のセリフ「ジャンジャジャーン!」は大竹のアドリブとされる[23][4]

Dr.スランプ アラレちゃん』でニコチャン大王を演じる際、愛知県出身である杉山佳寿子から名古屋弁の指導を受けてアフレコに臨んだ[24]

スーパーロボット大戦シリーズ」における収録の際、大竹は自分の持ち役である『マジンガーZ』のボスの台詞を見て、「台詞がボスくさくない」という理由から、骨子はそのままに自分でワープロで打ちなおして持参した。その後、スタッフ側から増やした台詞の修正を依頼され、「ここまでしてくれる方は他にはいない」と絶賛された[25]

第9回声優アワードで功労賞を受賞した際には、100歳まで現役生活を送ることを宣言していたが、果たせなかった[4][26]

趣味・特技はスポーツ全般[6]イラスト指笛ハーモニカ[7]

後任

大竹の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
間宮康弘 サトシのオコリザル ポケットモンスターシリーズ ポケットモンスター(2019)

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1963年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2012年
2013年
2015年
2016年

劇場アニメ

1966年
1967年
1969年
1970年
1971年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1983年
1984年
1985年
1986年
1986年
1988年
1989年
1990年
2003年
2004年
2006年
2007年
2015年
2016年

OVA

Webアニメ

ゲーム

1989年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
  • 天外魔境 ZIRIA〜遥かなるジパング〜(小角)
2008年
2009年
2010年
2012年
2021年

吹き替え

映画

ドラマ

テレビ番組

アニメ

人形劇

特撮

人形劇

CD

  • ゲゲゲの鬼太郎 テーマ曲集「燃えろ!鬼太郎」、「闇夜に気をつけろ」
  • ドラマCDぱにぽにだっしゅ! Vol.1 - Vol.3、セカンドシーズン Vol.2(ジジイ)

CM

その他コンテンツ

関連書籍

  • 『カータンのなみだ - 声優伝・大竹宏』 (山口真一・著、新風舎、1999年) ISBN 4-7974-0846-4

脚注

注釈

  1. ^ 『声優事典 第二版』では、東京都と表記[9]
  2. ^ 同書籍では日本広告美術学校と書かれている[3]
  3. ^ 『ロマンアルバム(4) テレビランド増刊号 デビルマン』では、ミニオンと誤表記[39][40]

シリーズ一覧

  1. ^ 特番『藤子不二雄のキテレツ大百科』(1987年)、『キテレツ大百科』(1988年 - 1991年)

出典

  1. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月、381頁。ISBN 4-415-00878-X 
  2. ^ a b 『アニメーション大百科』東京三世社、1981年、189頁。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 勝田久「file No.18 大竹宏」『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』駒草出版、2017年2月22日、219-224頁。ISBN 978-4-905447-77-1 
  4. ^ a b c d e ニャロメ、ブタゴリラ演じた大竹宏さん、8月1日に死去、100歳まで現役誓うも…」『日刊スポーツ』、2022年8月9日。2022年8月17日閲覧。オリジナルの2022年8月16日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ a b c 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、26-27頁。ISBN 4-19-720012-9 
  6. ^ a b 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、31頁。 
  7. ^ a b c d 大竹 宏 - (メモリアル):株式会社81プロデュース‐声優プロダクション”. 2022年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月31日閲覧。
  8. ^ 『日本タレント名鑑(1991年版)』VIPタイムズ社、1991年、50頁。 
  9. ^ a b c 掛尾良夫 編「男性篇」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、57頁。ISBN 4-87376-160-3 
  10. ^ a b c 大竹 宏プロフィール”. 大竹宏公式サイト. 2018年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月16日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g OHTAKE Hiroshi”. オフィス薫. 2003年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月15日閲覧。
  12. ^ a b “「ニャロメ」「ブタゴリラ」…声優・大竹宏さん 急性心不全で死去 90歳”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2022年8月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/10/kiji/20220810s00041000043000c.html 2023年4月9日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h i j 「言葉のアルバム 100歳になってもニャロメ」『読売新聞読売新聞社、2015年2月20日、夕刊、2面。
  14. ^ 「パーマン2号の絵をスラスラと」個性派声優・大竹宏さん死去 後輩が語る「母校とキャラクターへの愛」”. Smart FLASH. 光文社 (2022年8月10日). 2022年8月11日閲覧。
  15. ^ a b 声優・大竹宏さんが急性心不全で死去 90歳 「もーれつア太郎」のニャロメ、「キテレツ大百科」のブタゴリラなどの声担当」『サンケイスポーツ』、2022年8月10日。2022年8月19日閲覧。オリジナルの2022年8月16日時点におけるアーカイブ。
  16. ^ 講師紹介”. CHK声優センター. 2003年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月15日閲覧。
  17. ^ a b 入倉功一 (2022年8月9日). “声優・大竹宏さん死去 90歳 「キテレツ大百科」ブタゴリラ、「マジンガーZ」ボス役など”. シネマトゥデイ. 2022年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月19日閲覧。
  18. ^ 大竹宏が1月5日付けで弊社所属になりました。今後とも宜しくお願い申し上げます。”. 81プロデュース (2015年1月5日). 2015年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月31日閲覧。
  19. ^ 第九回声優アワード 授賞者先行発表”. 声優アワード. 2015年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月18日閲覧。
  20. ^ 声優アワードにニャロメ役大竹宏ら選出」『日刊スポーツ』、2015年2月17日。2022年8月20日閲覧。オリジナルの2022年8月16日時点におけるアーカイブ。
  21. ^ "声優・大竹宏さん死去 90歳 『サイボーグ009』004、『パーマン』パーマン2号、『キテレツ大百科』ブタゴリラなど". Oricon News. Oricon ME. 9 August 2022. 2022年8月9日閲覧
  22. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、73頁。 
  23. ^ 「声優放談会」『別冊テレビランド増刊 ロマンアルバム(9) マジンガーZ』徳間書店、1978年7月25日、82頁。雑誌 6494-7。 
  24. ^ 柴田秀勝の『新宿 ゴール伝ガイ・パラダイス』!! ゲスト小山茉美
  25. ^ 赤星政尚ほか「CHAPTER.1 ロボットアニメの故郷 栄光の東映動画 大竹宏インタビュー」『不滅のスーパーロボット大全 マジンガーZからトランスフォーマー、ガンダムWまで徹底大研究』二見書房、1998年9月25日、ISBN 4-576-98138-2、53頁。
  26. ^ 声優大竹宏さん死去 1年前までゲーム収録も容体急変「もーれつア太郎」のニャロメ役など」『日刊スポーツ』、2022年8月10日。2022年8月21日閲覧。オリジナルの2022年8月16日時点におけるアーカイブ。
  27. ^ 狼少年ケン”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  28. ^ パトロールホッパ宇宙っ子ジュン”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  29. ^ ハッスルパンチ”. 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  30. ^ パーマン”. メディア芸術データベース. 2016年10月10日閲覧。
  31. ^ ピュンピュン丸”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  32. ^ 怪物くん”. メディア芸術データベース. 2023年5月28日閲覧。
  33. ^ サイボーグ009”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  34. ^ ウメ星デンカ”. トムス・エンタテインメント. 2016年7月3日閲覧。
  35. ^ ひみつのアッコちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  36. ^ もーれつア太郎(第1期)”. 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  37. ^ アパッチ野球軍”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  38. ^ 電撃ホビーウェブ編集部, ed (2018-03-30). マジンガーZ 大百科図録. KADOKAWA. p. 190. ISBN 978-4-04-893570-8 
  39. ^ 尾形英夫 編「声のヒーロー37人総登場」『ロマンアルバム(4) テレビランド増刊号 デビルマン』徳間書店、1978年2月25日、77頁。 
  40. ^ a b 赤星政尚 編「PICTURE ENCYCLOPEDIA OF DAEMON」『デビルマン解体新書』講談社、1999年2月10日、112頁。ISBN 4-06-330070-6 
  41. ^ ワンサくん”. 手塚治虫 公式サイト. 2023年4月13日閲覧。
  42. ^ グレートマジンガー”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  43. ^ 「ストーリーダイジェスト(2) グレートマジンガー」『テレビマガジン特別編集 マジンガーZ大全集』講談社、1988年1月15日、196頁。ISBN 4-06-178407-2 
  44. ^ 宮島和弘 編「オープニング&エンディング データ」『検証・70年代アニメーション オレはグレートマジンガー』辰巳出版〈タツミムック〉、2000年5月20日、221頁。ISBN 4-88641-502-4 
  45. ^ a b 魔女っ子メグちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  46. ^ イルカと少年”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  47. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. マシンハヤブサ. 東映アニメーション. 2023年6月27日閲覧。
  48. ^ ドカベン”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  49. ^ 惑星ロボ ダンガードA”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  50. ^ 宇宙海賊キャプテンハーロック”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  51. ^ 宇宙空母ブルーノア”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  52. ^ エンディングテロップでは「ブライヤー」と表記されているが、劇中では「森木豊」と名乗っている。
  53. ^ まいっちんぐマチコ先生”. メディア芸術データベース. 2022年7月9日閲覧。
  54. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. 機甲艦隊ダイラガーXV. 東映アニメーション. 2023年1月11日閲覧。
  55. ^ Theかぼちゃワイン”. 東映アニメーション. 2022年9月18日閲覧。
  56. ^ わが青春のアルカディア 無限軌道SSX|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年11月30日閲覧。
  57. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. こてんぐテン丸. 東映アニメーション. 2023年6月9日閲覧。
  58. ^ コンポラキッド”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  59. ^ キテレツ大百科 : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月8日閲覧。
  60. ^ a b “手塚治虫が消えた!? 20世紀最後の怪事件”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/152.html 2016年5月3日閲覧。 
  61. ^ “内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎”. 週刊コミックバンチ★コアミックス:シリーズ連載特設ページ. オリジナルの2006年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060705221544/http://www.comicbunch.com/sp/zaizen-anime/ 2016年5月3日閲覧。 
  62. ^ キャラクター ゾルディック家編”. HUNTER×HUNTER. 2012年3月19日閲覧。
  63. ^ サイボーグ009|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2023年1月13日閲覧。
  64. ^ サイボーグ009 怪獣戦争|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2023年1月13日閲覧。
  65. ^ 惑星ロボ ダンガードA対昆虫ロボット軍団|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年12月17日閲覧。
  66. ^ 宇宙海賊キャプテンハーロック アルカディア号の謎|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年11月30日閲覧。
  67. ^ 惑星ロボ ダンガードA 宇宙大海戦|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年12月17日閲覧。
  68. ^ 火の鳥2772 愛のコスモゾーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。
  69. ^ パタリロ! スターダスト計画”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。
  70. ^ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  71. ^ 北斗の拳|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年7月25日閲覧。
  72. ^ AKIRA”. トムス・エンタテイメント. 2022年3月12日閲覧。
  73. ^ ビックリマン 第1次聖魔大戦|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  74. ^ 迷宮物語”. マッドハウス. 2016年6月26日閲覧。
  75. ^ チャーリーとチョコレート工場”. 金曜ロードSHOW!. 2016年8月1日閲覧。

外部リンク