メインメニューを開く

高島 雄哉(たかしま ゆうや、1977年 - )は、日本SF作家

経歴・人物編集

山口県宇部市生まれ、徳山市(現・周南市)育ち[1]東京都杉並区在住[1]東京大学理学部物理学科卒、東京藝術大学美術学部芸術学科卒業[1]。2014年、投稿作「ランドスケープと夏の定理」で第5回創元SF短編賞を受賞しデビュー。2016年には『ゼーガペインADP』のSF考証と『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV』の設定協力をつとめている[1]

受賞・候補歴編集

  • 2013年4月 - 「幽霊のいる部屋とヘンリカの魔たち」で第4回 創元SF短編賞 最終候補(糸像かなた 名義)。
  • 2014年3月 - 「わたしを数える」で第1回 星新一賞一般部門 入選。
  • 2014年4月 - 「ランドスケープの知性定理」で第5回 創元SF短編賞 受賞

作品リスト編集

単行本編集

  • 『ランドスケープの知性定理』(2018年8月 東京創元社
    • 「ランドスケープの知性定理」 - 初出『ミステリーズ!』vol.66(2014年8月)
    • 「ベアトリスの傷つかない戦場」、「楽園の速度」 - 書き下ろし
  • エンタングル:ガール』(2019年8月、東京創元社)

雑誌等掲載作品編集

小説
  • 「わたしを数える」 - 『折り紙衛星の伝説 年刊日本SF傑作選』(創元SF文庫、2014年6月)
  • 「キャット・ポイント」 - 『NOVA 2019年春号』(河出書房新社、2018年12月)
  • 「無重力的新世界」 - 『S-Fマガジン』2019年4月号(早川書房
  • 「エンタングル:ガール 舞浜南高校映画研究部」(WEBサイト「矢立文庫」、サンライズ
  • 「WAR TIME SHOW ~戦場のエクエス」(WEBサイト「矢立文庫」、サンライズ)
  • 「ゴーストキャンディカテゴリー」 - 『時を歩く 書き下ろし時間SFアンソロジー』(創元SF文庫、2019年10月)
論・エッセイ等
  • 「嘘の消失――VRは小説を受け入れられるのか」 - 『S-Fマガジン』2016年12月号(早川書房)
  • 「世界を設定する SFアニメ現場レポート」(SFマガジンcakes版)
  • 「想像力のパルタージュ」〈Webミステリーズ!

設定考証編集

脚注編集

外部リンク編集