メインメニューを開く

NOVA 書き下ろし日本SFコレクション』(ノヴァ かきおろしにほんエスエフコレクション)は、河出書房新社が刊行していた書き下ろしSF短編のアンソロジー。編者は大森望。2009年12月に刊行が開始され、年2冊程度刊行された[1]。第10巻までを第一期として区切り、第11巻以降はNOVA+とタイトルを改めて展開している。

目次

概要編集

河出書房の河出文庫より刊行。編者の大森望が、「2010年代の日本SFの中軸を担うべき作家たち」[1]に依頼した書き下ろしの短編作品が収録されている。シリーズとして第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞。

第1巻には、河出書房新社より刊行の予定だった伊藤計劃『屍者の帝国』の冒頭部が特別に収録されている。

収録作品リスト編集

NOVA 1編集

新城カズマにも声が掛けられていたが、長編『15×24』の刊行と重なったため、2巻以降の掲載となった[1]

NOVA 2編集

NOVA 3編集

NOVA 4編集

NOVA 5編集

NOVA 6編集

NOVA 7編集

NOVA 8編集

NOVA 9編集

NOVA 10編集

NOVA+ バベル編集

NOVA+ 屍者たちの帝国編集

屍者の帝国』の設定を使って書き手に依頼されたアンソロジー集。

  • 『屍者たちの帝国 NOVA+ 書き下ろし日本SFコレクション』2015年10月20日発行、ISBN 978-4-309-41407-2
    • 藤井太洋「従卒トム」
    • 高野史緒「小ねずみと童貞と復活した女」
    • 仁木稔「神の御名は黙して唱えよ」
    • 北原尚彦「屍者狩り大佐」
    • 津原泰水「エリス、聞えるか?」
    • 山田正紀「石に漱ぎて滅びなば」
    • 坂永雄一「ジャングルの物語、その他の物語」
    • 宮部みゆき「海神の裔」

NOVA 2019年春号編集

  • 『NOVA 2019年春号』2018年12月6日発行、ISBN 978-4-309-41651-9
    • 新井素子「やおよろず神様承ります」
    • 小川哲「七十人の翻訳者たち」
    • 佐藤究「ジェリーウォーカー」
    • 柞刈湯葉「まず牛を球とします。」
    • 赤野工作「お前のこったからどうせそんなこったろうと思ったよ」
    • 小林泰三「クラリッサ殺し」
    • 高島雄哉「キャット・ポイント」
    • 片瀬二郎「お行儀ねこちゃん」
    • 宮部みゆき「母の法律」
    • 飛浩隆「流下の日」

脚注編集

  1. ^ a b c 『NOVA 1』あとがき参照

関連項目編集

外部リンク編集