高橋 信也(たかはし しんや、1943年11月15日 - )は、日本のアニメーター絵本作家イラストレーター日本アニメーター・演出協会 (JAniCA) 会員。1980年代には、「高沢孫一」名義でも活動した。

目次

来歴・人物編集

東京都で出生。子供の頃から絵を描くのが好きで、ずっと絵を描く仕事に就きたいと望んでいたが、東京藝術大学の受験に二度失敗し[1]御茶の水美術学院日本画科を卒業後、1965年に叔父の紹介で[1]東映動画(現・東映アニメーション)に入社。同期は、宮崎駿、土田勇など[2]。3か月の養成機関を経てテレビアニメを担当する短編班に配属され、テレビアニメ『狼少年ケン』に参加。アニメーターの月岡貞夫薫陶くんとうを受け、原画を描くようになる。正社員から契約社員となり、『レインボー戦隊ロビン』で初の作画監督を務めた。以後、多くのテレビアニメに参加した。

初のメインキャラクターデザインは1968年の『あかねちゃん』。「少女物の高橋」と評され、その後も多くの少女アニメを描いた。東映動画の「東映魔女っ子シリーズ」でも、『ひみつのアッコちゃん』『魔法のマコちゃん』『さるとびエッちゃん』『魔法使いチャッピー』と立て続けにキャラクター設計(キャラクターデザイン)を担当した。東映動画は1973年2月に退社し、以後はフリーで活動した。他社でも『さすらいの太陽[3]若草のシャルロット』などのキャラクターデザインや『ときめきトゥナイト』の総作画監督、『魔法の天使クリィミーマミ』の作画監督など、少女ものアニメを数多く担当している。

劇場映画『さらば宇宙戦艦ヤマト』参加時に下着姿の森雪を担当したところ、西崎義展プロデューサーに「やけに色っぽい雪を描くアニメーターがいるな」と目に留まり、以後『ヤマトよ永遠に』のサーシャ、『宇宙戦艦ヤマトIII』のルダ、『宇宙戦艦ヤマト完結編』のクイーン・オブ・アクエリアス、ディンギル少年、『オーディーン 光子帆船スターライト』のサラ・シアンベインカーと西崎作品の重要な女性キャラクターのデザイン、原画、作画監督を担当した。

トムス・エンタテインメント作品では作画監督原画などの仕事に関わったほか、絵本作家としても活躍している。

アニメーターの高橋しんや(別名義:針井新哉)、フードファイター高橋信也(マイケル)とは同音同名の別人である。

代表作編集

テレビアニメ編集

OVA編集

その他編集

劇場アニメ編集

イラストレーション編集

(原作:那須正幹、発行元:ポプラ社

初代挿絵担当の前川かずお逝去の後を受け、1993年以降発表のシリーズのイラストを担当。原画・前川のクレジットを併記してそのキャラクターイメージを守り続けるという、アニメーター的イラストレーションの仕事であり、那須の強い感謝を受けている。
  • 『しらゆきひめ』
  • 『かぐやひめ』
  • 『アリババと40人のとうぞく』
  • 『フランダースの犬』 他

(著者:平田昭吾、発行元:ポプラ社)

  • 『ふしぎの国のアリス』
  • 『みつばちマーヤ』
  • 『おやゆびひめ』 他

(著者:平田昭吾、発行元:産経新聞出版)

参考資料編集

  • 「魔女っ子スタッフ人名録」『魔女っ子大全集 東映動画篇』たるかす編、バンダイ、1993年、p.146

脚注編集

  1. ^ a b 石井直人宮川健郎編『ズッコケ三人組の大研究ファイナル』p.92(ポプラ社2005年
  2. ^ 宮崎駿「宮崎駿自作を語る」『出発点 1979〜1996』徳間書店、1996年、p.458。
  3. ^ a b さすらいの太陽 虫プロダクション公式サイト内
  4. ^ “ラブ・ポジション ハレー伝説”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/82.html 2016年5月3日閲覧。 
  5. ^ 火の鳥2772 愛のコスモゾーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。