高橋明 (投手)

高橋 明(たかはし あきら、1942年5月29日 - 2006年7月31日)は、山口県出身の元プロ野球選手投手)。

高橋 明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県防府市
生年月日 1942年5月29日
没年月日 (2006-07-31) 2006年7月31日(64歳没)
身長
体重
179 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

防府高校卒業後の1961年読売ジャイアンツ(巨人)に入団。1963年から先発の一角を占め、同年は14勝を記録してリーグ優勝に貢献。西鉄ライオンズとの日本シリーズでは第5戦、第7戦に完投勝利、胴上げ投手となり最優秀投手賞に輝いた。翌年も開幕投手をつとめ12勝を挙げるが、1965年から不調が続き先発を外れる。その後は中継ぎで起用されるが、1968年には先発に復帰し9勝、翌年も10勝を記録した。

1971年に巨人・川上哲治監督と西鉄・稲尾和久監督との間で、「投手がいなくて困っているだろう」という理由で西鉄ライオンズに移籍。移籍1年目には14勝、シーズン38勝しか挙げられなかったチームの中で勝ち頭となった。しかし1972年には1勝に終わり、同年限りで現役引退

2006年7月31日、胃癌のため東京都内の病院で死去。享年64。

エピソード編集

高橋は1971年に西鉄に移籍したが、当時の西鉄には既に1968年のドラフト14位で入団した外野手高橋明という同姓同名の選手が在籍していた。このため、球場のスコアボードや新聞紙上では、投手のほうは「高橋明」、外野手のほうは「高橋外」と表記された。なお、2人とも1972年限りで引退している。

これは投手の高橋が日本シリーズで最優秀投手賞を獲得するなど活躍しており、また巨人では高橋一三も主力投手として活躍していたため、すでに「高橋明」の表記で人物を特定できたことが理由だと思われる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1961 巨人 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 3.0 5 0 1 0 0 1 0 0 5 5 15.00 2.00
1962 11 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 102 23.2 28 1 4 0 1 12 1 0 17 15 5.63 1.35
1963 42 26 12 3 5 14 13 -- -- .519 826 208.2 186 11 31 4 4 82 2 1 71 65 2.80 1.04
1964 35 25 10 2 5 12 14 -- -- .462 742 181.0 190 17 27 3 1 90 1 1 71 61 3.03 1.20
1965 32 22 2 0 0 4 7 -- -- .364 564 136.0 140 12 28 2 4 77 0 0 49 47 3.11 1.24
1966 14 3 0 0 0 3 0 -- -- 1.000 173 44.1 33 5 9 4 1 16 1 0 13 12 2.45 0.95
1967 24 2 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 221 55.2 48 13 8 0 3 29 1 0 28 25 4.02 1.01
1968 37 14 3 0 0 9 8 -- -- .529 616 155.0 131 17 28 2 4 75 2 0 55 50 2.90 1.03
1969 32 9 3 0 0 10 5 -- -- .667 457 111.2 100 16 29 0 3 53 1 1 46 44 3.54 1.16
1970 19 1 0 0 0 3 2 -- -- .600 140 33.2 32 2 8 2 1 21 1 0 9 8 2.12 1.19
1971 西鉄 43 27 11 2 2 14 13 -- -- .519 851 204.2 209 22 45 4 8 74 1 0 94 85 3.73 1.24
1972 20 11 1 0 1 1 8 -- -- .111 310 67.1 97 13 24 1 2 13 0 0 58 50 6.72 1.80
通算:12年 311 141 42 7 13 71 72 -- -- .497 5017 1224.2 1199 129 242 22 32 543 11 3 516 467 3.43 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

背番号編集

  • 50 (1961年)
  • 43 (1962年 - 1966年)
  • 20 (1967年 - 1970年)
  • 14 (1971年 - 1972年)

関連項目編集