メインメニューを開く

高田 明和 (たかだ あきかず、 1935年12月12日- )は、日本の脳科学者、評論家、浜松医科大学名誉教授。

静岡県清水市(現・静岡市清水区)生まれ。1961年慶應義塾大学医学部卒業、同大学院生理学修了。1966年医学博士。米国ロズエル・パーク記念研究所、ニューヨーク州立大学助教授、浜松医科大学教授、2001年名誉教授[1]。専門は血液学、生理学、大脳生理学。日本生理学会、日本血液学会、日本臨床血液学会評議員。NPO法人「食と健康プロジェクト」理事長[2]

妻;高田由美子は日本の生理学者、高田明和と慶応大学医学部で同級生、浜松医科大学教授、2002年浜松医科大学名誉教授「1937年2月17日ー2013年5月25日」

夫婦ともに、作家で慶応義塾大学教授であった林髞(木々高太郎)の弟子。

目次

著書編集

  • 『「病は気から」の科学 心と体の不思議な関係』講談社ブルーバックス 1989 のち講談社+α文庫
  • 『血液の不思議 不安と怒りは血を固まらせる』講談社ブルーバックス 1990
  • 『心とからだのふしぎ』角川選書 1990 『ストレスがもたらす病気のメカニズム』角川文庫
  • 『人体・ふしぎ発見 「他人の匂い」から「心の奥」まで』講談社ブルーバックス 1990
  • 『ビジネスマンのための「気と運」の活用術』双葉社 1990 『「気と運」を活用する本』双葉文庫
  • 『心を科学する 現代科学と仏教思想で「こころ」にせまる』シュプリンガー・フェアラーク東京 1991
  • 『心のストレスがとれる本 脳生理学がここまで解明した』光文社 カッパ・ブックス 1991 のち文庫
  • 『「病は気から」の科学』part 2-3 講談社ブルーバックス 1991-1995
  • 『臨死体験の不思議 至福の悟りが待っている!?』講談社ブルーバックス 1991
  • 『輝きたいあなた、女性に 女の心とからだ学』双葉社 1992
  • 『脳とこころのしくみ』角川選書 1992 『ストレスから自分を守る脳のメカニズム』角川ソフィア文庫
  • 『血液は体のすべてを知っている』コスモの本 1993
  • 『挫折に克て 変革の嵐を越えて』静岡新聞社 1993
  • 『ストレスが自信に変わる本 最新医学が解明した心のパワー』光文社 カッパ・ブックス 1993 のち文庫
  • 『眠りは百薬の長』講談社 1993
  • 『人もフェロモンで恋をする 匂いは性のシグナル』講談社 1993
  • 『血栓の話 体内で固まる血液のふしぎ』朝日選書 1994
  • 『「健康に良い」は体に悪い ベータ・カロチンからスポーツ、禁煙まで』光文社 カッパ・ホームス 1994
  • 『タバコはボケを防止するか』角川書店 1994
  • 『癒す力の科学 「病は気から」の証明』日本教文社 1995
  • 『死ぬときに見る光景 「臨死体験」を科学はどのように説明するか』PHP研究所 1995
  • 『感情の生理学 "こころ"をつくる仕組み』日経サイエンス社 1996
  • 『脳からストレスが消える 医学が証明した「脳内物質」の奇跡』光文社 カッパ・ブックス 1996
  • 『脳内麻薬の真実 感情を支配する活性ホルモンとは』PHP研究所 1996
  • 『健やか長生きプラン』静岡新聞社 しずおか健康ブックス 1997
  • 『脳が若返る 脳内至福物質の秘密』日本教文社 1997
  • 『脳・こころ・癒し』アリアドネ企画 1997
  • 『ボケない脳のつくり方 突然ボケ、無気力を防ぐ脳生理学の新発見』光文社 カッパ・ブックス 1997
  • 『心の力で病を癒す 脳のしくみと生きがいの探究』アリアドネ企画 1998
  • 『すぐキレる脳、ムカつく心 危い心の処方箋』光文社 カッパ・ブックス 1998
  • 『いい「いいかげん」が脳を若くする』講談社 1999 『脳の若さを保つ心のメカニズム』角川文庫
  • 『ウツな気分が消える本 ストレスがとれる、決断力がつく』光文社 カッパブックス、1999 のち知恵の森文庫
  • 『中高年のためのお茶の間健康法』日本教文社 2000
  • 『脳を鍛えよう 元気が出て積極人間になる 脳を鍛える食事のすすめ』エール出版社 2000
  • 『ボケない脳をつくる7つの習慣』竹内書店新社 2000
  • 『40歳をすぎても記憶力は伸ばせる』講談社+α新書 2001
  • 『元気な脳の育てかた 親子の幸せのために』ポプラ社 2001
  • 『心の病気はなぜ起こるか うつ病と脳内物質』朝日選書 2001
  • 『子どもの健全な脳と心は、親の愛情が育てる 脳生理学者が語る「心と体」の話』PHP研究所 2001
  • 『「砂糖は太る」の誤解 科学で見る砂糖の素顔』講談社ブルーバックス 2001
  • 『自分でもユーウツになる「その性格」を変える』講談社+α新書 2001
  • 『粗食・ダイエット食ではボケる』エール出版社 2001
  • 『脳から「不安」を追い出す10の方法 ウツな気分を振り払い、自分を取り戻す』光文社 カッパ・ブックス 2001
  • 『脳から老化を止める 40歳すぎても脳細胞は増やせる』光文社 カッパ・ブックス 2001
  • 『脳のしくみと癒しの手法 ストレス社会を生き抜くために』アリアドネ企画 2001
  • 『病気にならない血液と脳をつくる 人のからだは心が喜んだ分だけ元気になる』日本教文社 2001
  • 『40歳をすぎてからの賢い脳のつくり方』講談社+α新書 2002
  • 『アレルギーに負けない免疫体力をつくる』日本教文社 2002
  • 『「うつ」依存を明るい思考で治す本 クスリはいらない!』講談社+α新書 2002
  • 『「うつ」にならない食生活』角川oneテーマ21 2002
  • 『「快眠」セラピー いつでも、どこでも、ぐっすりと』光文社 カッパ・ブックス 2002
  • 『心と体が若がえる本 不死の細胞が見つかった!』第三文明社 2002
  • 『仕事のうつがすっきり取れる本 職場のストレスが消える心の習慣』青春出版社 プレイブックス 2002
  • 『脳を死ぬまで進化させる本』第三文明社 2002
  • 『脳をつくり変える「いい習慣」』三笠書房 2002 『「脳」が元気になる本』知的生きかた文庫
  • 『脳と心の謎に挑む 神の領域にふみこんだ人たち』講談社 2002
  • 『ボケ、寝たきりにならない30の方法』中経出版 2002 『ボケない人になる23の方法』中経の文庫
  • 『40歳からの「バカになれる脳」の鍛え方』講談社+α新書 2003
  • 『うつ病を自分で治す実践ノート』リヨン社 2003 『うつに効く実践ノート』2007
  • 『記憶力が強くなる本』第三文明社 2003
  • 『仕事力を高めるできる脳のつくり方』ベストセラーズ 2003
  • 『どの子ものびる脳の不思議 脳生理学者の子育てメッセージ』かもがわ出版 2003
  • 『認知療法でうつ病が治った 優しい人ほどうつになる』リヨン社 2003
  • 『脳を「芯」から癒す本 クスリがいらない、ウツの処方箋』光文社 カッパ・ブックス 2003
  • 『あなたの病気には意味がある あんな病気にこんな効用』光文社 カッパブックス、2004
  • 『男と女のすれ違いはなぜ起こる?』廣済堂出版 2004
  • 『五〇歳からの元気な脳のつくり方』角川oneテーマ21 2004
  • 『仕事のストレスを消す「脳内トレーニング」』PHPエル新書 2004
  • 『ストレスをなくす心呼吸 心は呼吸と姿勢にいかに影響されるか』リヨン社 2004 のち二見レインボー文庫
  • 『高田明和の40歳から「賢い脳」をつくる「脳トレ」ノート』講談社 2004
  • 『つらい不眠症を自分で治す実践ノート』リヨン社 2004 のち二見レインボー文庫
  • 『脳がいつまでも若々しい人老けやすい人』三笠書房 2004
  • 『不安神経症・心配性を自分で治す実践ノート』リヨン社 2004
  • 『やる気元気積極脳 最新の脳科学が明かす 明るい未来はこうして拓く』ぱるす出版 2004
  • 『うつ克服 心は脳を動かし、脳は心を変える!』第三文明社 2005
  • 『記憶脳を強くする実践ノート 老化脳を元気脳に変える』リヨン社 2005
  • 『最新脳科学が教える子どもの脳力を伸ばす法 わが子を健全な秀才にするための習慣』リヨン社 2005
  • 清水次郎長に学ぶクヨクヨしない生き方』廣済堂出版 2005
  • 『食肉生活のススメ』出版芸術社 2005 『肉を食べると健康になる』中経の文庫
  • 『ストレスをなくせば「うつ」は治る』廣済堂出版 2005 『うつを遠ざける9つの方法』中経の文庫 2009
  • 『ストレスに負けない健康の知識』角川選書 2005
  • 『定年後は「いきいき脳」を鍛えよう』亜紀書房 2005
  • 『年寄りの話はなぜ長いのか』東洋経済新報社 2005
  • 『脳の栄養失調 脳とダイエットの危険な関係』講談社ブルーバックス 2005
  • 『病気がイヤなら太りなさい 肥満はヤセより長生き』リヨン社 2005
  • 『うつにならない脳の作り方』廣済堂文庫 2006
  • 『運勢をひらく〈般若心経〉の処方箋』春秋社 2006
  • 『魂をゆさぶる禅の名言 明日からあなたは変わる!』双葉社 2006
  • 『脳と心に効く言葉 心と思考が前向きになり、人生が輝く言葉の威力!』リヨン社 かに心書 2006 のち二見レインボー文庫
  • 『脳にもっと栄養を!うつな気分は食事で治る 脳と食べ物と心の関係』ベストセラーズ 2006
  • 『〈ハッキリ脳〉の習慣術』角川oneテーマ21 2006
  • 『晴れないうつはないのです うつを知る、治す、防ぐ』すばる舎 2006
  • 『負け犬はなぜ早死になのか』東洋経済新報社 2006
  • 『明日に希望をつなぐ東洋のことば』すばる舎 2007
  • 『宇宙を貫く幸福の法則』ビジネス社 2007
  • 『うつを克服する気に病まない生き方』リヨン社 2007
  • 『心を揺るがす禅問答の名言』主婦の友インフォス情報社 2007 『人生に自信がつく禅問答の名言』2009
  • 『心がスーッとなる禅の言葉』成美文庫 2007
  • 『心が奮い立つ禅の名言 闇は消えあなたの生が輝き出す』双葉社 2007
  • 『人生に〈定年〉はない 山岡鉄舟・清水次郎長に学ぶ』春秋社 2007
  • 『禅の言葉に学ぶ生き方 悩まない、迷わない、心配しない!』大和書房 2007
  • 『念ずれば夢かなう』春秋社 2007
  • 『脳が若返るいきいき脳トレドリル』PHP研究所 2007
  • 『脳によく効く栄養学 ボケたくなければ肉を食え』朝日新書 2007 
  • 『病気にならない食べ方』中経の文庫 2007
  • 『不安神経症に効く実践ノート 激増する脳の現代病を、読んで書き綴りながら克服する法』リヨン社 2007
  • 『一日10分の坐禅入門 医者がすすめる禅のこころ』角川oneテーマ21 2008
  • 『健康神話にだまされるな』角川oneテーマ21 2008
  • 『幸せを生む〈魔法〉 ブッダのことばと瞑想法』春秋社 2008
  • 『人生が開ける禅の言葉』PHP新書 2008
  • 『長生きする食早死にする食 「医学」の常識は、「体」の非常識』経済界 2008 のち新潮文庫
  • 『病気にならない一問一答』静岡新聞社 静新新書 2008
  • 『病気の9割は薬なしで治る』廣済堂出版 健康人新書 2008
  • 『不安や悩みが消える瞑想・呼吸法』リヨン社 2008
  • 『あなたを幸福に導く人生の鉄則 大いなるものを信じて』双葉社 2009
  • 『医者がすすめるやさしい座禅』成美文庫 2009
  • 『心がまぁーるくなる禅のおはなし』ベストセラーズ 2009
  • 『心と体がととのう『天台小止観』』春秋社 2009
  • 『禅的生活のすすめ』角川学芸ブックス 2009
  • 『禅の名言 決定版』双葉文庫 2009
  • 『誰も知らないサプリメントの真実』朝日新書 2009
  • 『長生きしたければ"ちょい不健康"で生きなさい ヘタな健康知識があなたを病気にする』河出書房新社 Kawade夢新書 2009
  • 『脳トレ神話にだまされるな』角川oneテーマ21 2009
  • 『病気になった人、ならなかった人の気になる寿命』廣済堂あかつき出版事業部 健康人新書 2009
  • 『本当に「うつ」が治ったマニュアル』廣済堂あかつき出版事業部 健康人新書 2009
  • 『4時間快眠法 グッスリ眠って疲れがとれる』かんき出版 2010
  • 『うつ克服の最強手段言霊療法日本放送出版協会 生活人新書 2010
  • 『"うつ"と戦わない生き方』角川書店 2010
  • 『うつは「暗示」で追い払う』廣済堂あかつき出版事業部 健康人新書 2010
  • 『心がスーッとなるブッダの呼吸法』成美文庫 2010
  • 『心がスーッとなるブッダの思考術』成美文庫 2010
  • 『言霊力 人生を変える言葉のパワー』春秋社 2010
  • 『『坂の上の雲』の群像と二・二六事件、日米開戦をつなぐ歴史の謎』主婦の友インフォス情報社 2010
  • 『禅が教える「考えない」作法 昨日を悔やむな、明日を思いわずらうな』亜紀書房 2010
  • 『「一秒」禅 心がスーッとなる"気づき"の練習帖』成美文庫 2011
  • 『うつに負けない「気」の高め方 誰でもできる〈高田式-脳をストレスから解放する方法〉』河出書房新社 Kawade夢文庫 2011
  • 『元気が出る禅の名言 自信を持って生きがいある人生を送るために』双葉新書 2011
  • 『心が楽になる作法』春秋社 2011
  • 『責めず、比べず、思い出さず 苦しまない生き方 禅と大脳生理学に学ぶ知恵』コスモトゥーワン 2011 のち三笠書房知的生きかた文庫
  • 『他人と比べずに生きるには』PHP新書 2011
  • 『日本人の「うつ」は、もう薬では治せないのか 脳生理学者が自らの抗うつ剤体験でつきとめた』主婦の友新書 2011
  • 『イヤな思いがスーッと消えるブッダのひと言』中経の文庫 2012
  • 『人生の目的は「心が楽になること」』新講社 2013
  • 『長生きしたけりゃ、医者の言いなりになるな』朝日新書 2013
  • 『念起こるこれ病なり継がざるこれ薬なり 禅と大脳生理学に学ぶ心が今すぐ解放される珠玉の「言霊」』コスモ21 2013
  • 『脳とこころがホッとする健康学 うつもボケも寄せつけない』すばる舎 2013
  • 『100歳までボケない脳に変わる! 速聴CDブック』きこ書房 2013
  • 『不安と後悔を捨てる生き方 心が変わる般若心経と脳科学』PHP新書 2013
  • 『ブッダに学ぶ「自由な心」練習帳』成美文庫 2013
  • 『困ったことは起こらない 禅が教える"無限の力"』きこ書房 2014
  • 『夫の存在が妻の寿命を縮めている』きこ書房 2016
  • 『脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法』幻冬舎 2017

共編著編集

  • 『補体とその周辺』共編 医歯薬出版 1981
  • 『臨床のための免疫学テキスト』山下昭共編 医歯薬出版 1981
  • 『炎症の化学伝達 第3回浜松免疫セミナー 1 (血漿,血小板性因子)』共編 メディカルリサーチセンター 1983
  • 『臨床生理学』本田西男,森田之大共編 医歯薬出版 1983
  • 『炎症の化学伝達 第4回浜松免疫セミナー 2 (細胞性因子)』共編 メディカルリサーチセンター 1984
  • 『血液』高久史麿共編 医学書院 1987
  • 『最新の血栓溶解療法 t-PAとpro-UK』阪口周吉共編 メジカルビュー社 1989
  • 『死を見つめる心の科学 生きるのは、あなたです』荒金天倫共著 講談社ブルーバックス 1989
  • 『最新の抗血栓療法』編 メジカルビュー社 1991
  • 『医科臨床生理学』森田之大,東儀英夫共編 医歯薬出版 1993
  • 『新生理学入門』高田由美子共著 南山堂 1994
  • 『アトラスで学ぶ生理学』編 丸善 1996
  • 『疾病論入門 生理学から病理学へ』高田由美子共著 南山堂 1996
  • 『からだを理解するための解剖・生理学』高辻功一,遠山正彌共著 金芳堂 1999
  • 『生理学はおもしろい』高田由美子共著 医学書院 2000
  • 『脳・神経研究のための分子生物学技術構座』小幡邦彦,井本敬二共編 文光堂 2000
  • 『脳の動態をみる 記憶とその障害の分子機構』中原大一郎,加藤武,野村正彦共編 医学書院 2001
  • 『うつに克つ!心を元気にするレシピ』吉川珠美共著 家の光協会 2004
  • 『砂糖の科学』橋本仁共編 朝倉書店 シリーズ〈食品の科学〉2006
  • 『〈ちょいメタ〉のほうが長生き?』生島ヒロシ共著 春秋社 2008
  • 『脳と栄養ハンドブック』古賀良彦共編 サイエンスフォーラム 2008

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 『脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法』著者紹介、外部リンク参照

外部リンク編集