生島ヒロシ

日本のフリーアナウンサー (1950-)

生島 ヒロシ(いくしま ヒロシ 、本名:生島 博(読み同じ)、1950年昭和25年〉12月24日 - )は、日本のアナウンサータレント総合司会者芸能プロモーターファイナンシャルプランナー東北福祉大学客員教授。プロダクション会社・生島企画室最高経営責任者。元TBSアナウンサー(16期生)。

いくしま ひろし
生島 ヒロシ
2007年撮影
プロフィール
本名 生島 博
出身地 日本の旗 日本宮城県気仙沼市
生年月日 (1950-12-24) 1950年12月24日(73歳)
血液型 A型
最終学歴 カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科
所属事務所 生島企画室
職歴TBSアナウンサー
活動期間 1976年 -
ジャンル 情報・バラエティ
配偶者 既婚
著名な家族 生島隆(次弟)
生島淳(末弟)
生島勇輝(長男)
生島翔(次男)
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中生島ヒロシのおはよう定食&おはよう一直線
出演経歴そこが知りたい
アッコにおまかせ!
ミュージックステーション
風まかせ 新・諸国漫遊記
スーパーサッカー』など
その他 ファイナンシャルプランナー
東北福祉大学客員教授

現在は東京都世田谷区在住。

略歴 編集

宮城県気仙沼市出身[1]宮城県気仙沼高等学校卒業後、法政大学経営学部に入学した [2]。20歳の夏の1971年大学紛争を機に大学を中退して[3]単身で渡米した。

1975年カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科を卒業した[2]1976年4月にTBS(現在のTBSHD。以下同じ)にアナウンサー16期生として入社した(同期には鈴木順高橋進松宮一彦[4][5][注釈 1]。入社3年目の1978年4月から1979年秋までTBSラジオの夜ワイド『生島ヒロシの夜はともだちII(セカンド)』を担当し、人気を得る。また30歳の時にテレビに進出し、『そこが知りたい』内のコーナー「各駅停車路線バスの旅」や『アッコにおまかせ!』などに出演した[2]

情報番組・バラエティ番組の担当が多く、TBSアナウンサー時代は『JNNニュース』など報道番組を担当することはなかった(桝井論平久米宏小島一慶山田二郎岡部達渡辺謙太郎石川顯松下賢次宮澤隆林正浩中村秀昭戸崎貴広なども同様)。

1989年3月にTBSを退社[6][7]独立し、株式会社生島企画室を設立した(役職は最高経営責任者)。この頃の約10年間は年収億単位の状態で、バブル期もあって不動産投資や金融投資をした[2]。しかしその後、テレビの仕事の激減やバブル崩壊が重なって10億円もの借金を抱えた。月額700万円の返済に追われたが、本人の頑張りや周りの人に助けられてなんとか乗り越えた[2]

古巣のTBSラジオでは、1998年から平日の早朝に冠番組『生島ヒロシのおはよう定食』と『生島ヒロシのおはよう一直線』を担当している。TBSラジオ内では生島による再春館製薬所痛散湯など、健康に関係する薬品や食品のCMがたびたび放送される。

軽快な口調を「デフォルメ」して、『大沢悠里のゆうゆうワイド』の投稿コーナー『お色気大賞』では「軽いノリの部下、生島君」「一直線なサラリーマン・生島」「悪友ヒロシ」として大沢悠里が声色を駆使させ、時折登場していた[8]

なお、生島は大沢悠里の「後輩」「元・部下」であり、洒落っ気を利かせた大沢が、上記のように『お色気大賞』に仮称:生島を登場させたり、『おはよう一直線』放送終了間際に大沢が「ゲリラ出演」したり、逆に『ゆうゆうワイド』ラストを前に大沢とのトークを『おはよう一直線』において対談を果たしている[9]。また、当時の後輩である吉川美代子とは仲が良く、生島は吉川の事を『美代ちゃん』と呼んでいた。

2004年10月23日新潟市で行った講演会を終えて帰京するため、17時19分新潟東京行き上越新幹線Maxとき332号」のグリーン車2階席にマネージャーと乗車していた際に、56分に発生した新潟県中越地震の直撃を受け、浦佐駅越後湯沢駅間で約6時間も新幹線の中に閉じ込められた。また、同じ列車に嶌信彦も同乗していた。この経験から、防災士の資格を取得した[10]

2011年3月11日東日本大震災発生時は、ラジオを終えてから宮城県仙台市仙台国際ホテル4階に出向き、講演会を行っている最中だった。その後、生島は道路も各所で被害を受けた中、仙台市から約15時間をかけて帰京した。気仙沼市の実家には妹夫婦が住んでいたが津波に流され、妹のみが5月に遺体で見つかった。義弟は未だ行方不明である[11]。なお、妹夫婦は2月に85歳で亡くなった母の納骨式を行うため遺骨と位牌を携えて3月12日に上京する予定だったが、母の遺骨と位牌も津波の被害に遭い流失した[12][13][14]

2018年2月、緑内障の手術を受け経過良好であると伝えられた[15]

2019年8月、右眼の白内障手術を受けた事を明らかにした[16][17]

人物 編集

ファイナンシャル・プランナー福祉住環境コーディネーターの資格を持ち、自身の番組スポンサーでもある日興コーディアル証券のCMに出演したり、ヘルスケアアドバイザーとして、コジマのストアサポーターに就任した。義母の介護体験から『おばあちゃま、壊れちゃったの?』を出版(のちにドラマ化)するなど福祉への造詣も深く、健康や福祉、金融や人生をテーマにした講演を精力的に行っている。

2020年7月、新型コロナウイルス感染拡大で学費が払えなくなった学生のために、法政大学と青山学院大学と合わせて計1,000万円を寄付した[3]

持論は、「元気でさえあればなんとかなる」[2]

主な資格 編集

主な役職(元職も含む) 編集

  • 東北福祉大学客員教授
  • みやぎ絆大使
  • みなと気仙沼大使
  • おじゃんせ霧島大使(鹿児島県霧島市)
  • 高齢者交通事故防止アドバイザー(警視庁)

交友関係など 編集

武道家東孝は高校の同級生[18]、元テレビ岩手アナウンサーの藤村惠一マジシャンマギー審司は高校の後輩、俳優村上弘明は高校と大学の後輩にあたる。また、お笑いタレントヒロシの芸名は生島にちなんで名づけられた。

菅義偉とは法政大学の同級生である[注釈 2]。当時同大学で生島が所属する準体育会の松濤館流と、菅が所属する同好会の剛柔流は同じ場所で練習をしており、会話こそなかったもののお互いの存在は知っていた[20]。その後TBSアナウンサー時代に、議員秘書をする菅と再会して意気投合し、長きに渡り交友を続けている[21]

アメリカ留学時代に空手家の山崎清司の下で空手を習い、ベニー・ユキーデと試合を行う予定もあった。しかし、これは師範の山崎にキャンセルされた。本人曰く、「ユキーデが弱い日本人に勝利して自身の経歴に箔をつけようとしていたことに気付いたから」とのこと。師範からは黒帯を授与されたが、生島本人は後の空手雑誌での山崎との対談で、「名誉初段みたいなものです」と謙遜した[22]。アメリカ留学中は、同じように修行中の後の映画スター、ショー・コスギとも出会っており将来について意気投合していた[18]

家族 編集

4兄妹の長男であり、「企画室」相談役の生島隆(元社長)は次弟、スポーツジャーナリストの生島淳は末弟。隆の間に一般人の妹がいるが、略歴で説明した通り、妹夫婦は東日本大震災で被災し亡くなった(義弟は行方不明)。また2人の息子がおり、長男の生島勇輝は生島企画室に所属してタレント活動をしていたが、現在はケイダッシュに移籍して俳優に転身した。次男の生島翔はダンサーとしてアメリカを拠点に活動している[23]

子供時代 編集

活気のある漁港街に生まれ、父親は会社員として働き、母と母方の祖母が営む飲食店「伊勢浜食堂」が繁盛していた[2]。当時市内に映画館が5つもあり、子供の頃は邦画洋画問わず様々な映画を鑑賞していた[2]。また、アメリカメリーランド州に住む叔母から時々カッコいいシャツや洒落たお菓子を送ってもらっていたため、幼い頃からアメリカに憧れていた[2]。高校進学後、飲食店の売上が減るなどした[注釈 3]ため、経済事情を考えて大学進学を諦めかけた。しかし高校3年の時、父に「これからは国際化の時代が来るから大学に進学したらどうか?」と助言されて受験を決意した[2]

法政大学に合格後は北区十条の三畳一間で暮らし、そば屋、引っ越し屋、地下鉄工事など様々なバイトをして生活費を稼いだ[2]。大学の空手同好会に所属した後、アメリカで道場を開くという顧問から「アシスタントとして同行しないか?」と誘われた[2]。その渡米話は諸事情により流れたが、「憧れのアメリカに行きたい」との気持ちが強くなり渡米を決意する。バイトで30万円(当時の金額)を貯めて大学2年生の終わり頃に[注釈 4]渡米し、ロサンゼルスカリフォルニア州)で暮らし始めた[2]

アメリカでの生活 編集

ロサンゼルスでは、当初語学学校に通おうとしたが授業料が払えずに断念した。しばらくは日本人村の空手道場で寝泊まりしながら、空手ショーへの出演や日本人庭師のもとで庭木の剪定などを手伝った[2]。他にも畑仕事、白人家庭でのハウスキーピング、レストランでの皿洗いなど様々なアルバイトで生計を立て、2,000ドル(当時)を貯めた[2]

フルトン・コミュニティ・カレッジ(日本の短大のような2年制の大学)に入学し、DJの技術を学ぶ授業[注釈 5])を専攻した[2]。DJの面白さに目覚め、「それなら放送ジャーナリズムを学ぼう」との考えからカリフォルニア州立大学への編入を考えた。「ヒロシ・イクシマ・ガーデニングカンパニー」を起業した後、顧客付きで会社を売り、そのお金で同大学に編入してからアナウンサーに憧れるようになった[2]

書誌 編集

著書 編集

  • 『まぜごはん、プリーズ。 TBSアナウンサーの熱血アメリカ体験記』(1985年、アルク〈Cat books〉)
  • 『後輩への説教 望みが高ければ退屈しない』(1991年、講談社
  • 『生島ヒロシのパワースピーチ入門 こんな話し方が人生を明るくする』(1992年、ベストセラーズ〈ワニの本〉)
  • 『生島ヒロシのコンビニ英会話』(1993年、講談社)
  • 『こんな時代は早起きでしょう 早起き人種はリストラ知らず』(1998年、リヨン社
  • 岡田武史逆境をチャンスに変えよ 強いリーダーになる15の実践』(1998年、コスミックインターナショナル〈Cosmo books〉)
  • おばあちゃま、壊れちゃったの? : ボクと妻の老親介護』(1999年、三笠書房) - のちにテレビ朝日にてドラマ化。
  • 『神様からの贈り物 生島家のペット介護日記』(2000年、エム・ウェーブ)
  • 『みんなの介護入門』(2001年、幻冬舎
  • 『生島ヒロシのこれで元気に!「手間なし」健康法』(2001年、日本経済新聞社
  • 『生島ヒロシの時代を生き抜く対話術 お宝情報を引き出す51の秘訣』(2001年、弘文堂
  • 『さすがと思われる短いスピーチ実例集』(2001年、幻冬舎)
  • 『堂堂家族主義』(2002年、ポプラ社
  • 『生島ヒロシの坂道、寄り道、まわり道』(2003年、東京書籍
  • 『生島ヒロシの50歳からの健康上手』(2003年、日本経済新聞社)
  • 『さすが!と言われる 司会・進行実例集』(2003年、日本文芸社
  • 『50歳からお金の心配がなくなる本』(2004年、幻冬舎)
  • 『500問答えて億万長者 お金力クイズ』(2006年、幻冬舎)
  • 『人に好かれる「話し方」決定版』(2008年、マガジンハウス
  • 『資格力 ◎人生に役立つ有望資格ガイド』(2008年、東京書籍)
  • 『<ちょいメタ>のほうが長生き?』(2008年、春秋社
  • 『さすが!と言われる 1分スピーチ・あいさつ実例集』(2008年、日本文芸社)
  • 『さすが!と言われるお祝いお礼のスピーチ実例集』日本文芸社(2009年)
  • 『おとなの英会話フレーズ571』(2009年、学研ムック)
  • 『生島ヒロシの幸せを呼ぶ健康のヒケツ』TBSサービス(2010年)
  • 『知識ゼロからのビジネススピーチ入門』幻冬舎(2011年)
  • 『口下手な人のためのスピーチ術』ベスト新書(2012年)
  • 『賢人の仕事術』(2013年、幻冬舎)
  • 『ご機嫌な老活 やっぱり生涯ずっと面白く働いていたい』(2013年、日経BP社
  • 『この一冊で!相続のことがまるごとわかる本』毛利豪監修(2013年、大和書房
  • 『マンガで読める生島ヒロシの相続一直線』(2016年、週刊住宅新聞社)
  • 『さすが! と言われる 心に響く名スピーチのコツ&実例集』(2017年、日本文芸社)
  • 『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』(2019年、ゴマブックス

共著 編集

  • 生島ヒロシ、ケント・デリカット『ケントとヒロシの英会話生中継 : 実況トークブック』講談社、1986年12月。ISBN 4-06-203117-5全国書誌番号:87010231 
  • 生島ヒロシ、武村秀雄、福永保代『英語と比較ができる和製カタカナ語事典』創芸社、1995年6月。ISBN 4-88144-064-0全国書誌番号:95062274 
  • 生島ヒロシ、グレアム・M.ハリス『生島ヒロシとG.ハリスの欧米流スピーチのすすめ』PHP研究所〈PHP business library : Business〉、1999年3月。ISBN 4-569-60475-7全国書誌番号:99066022 
  • 生島ヒロシ、グレアム・M.ハリス『生島ヒロシとG.ハリスの欧米流スピーチのすすめ』PHP研究所〈PHP business library : Business〉、1999年3月。ISBN 4-569-60475-7全国書誌番号:99066022 
  • 生島ヒロシ、乃木田俊辰『生島ヒロシがレポートする専門医が語るレーザー医療の最前線』日本臨床医療レーザー協会監修、マキノ出版〈ビタミン文庫〉、2000年2月。ISBN 4-8376-1121-4全国書誌番号:20125670 
  • 新谷弘実、生島ヒロシ『ドクター新谷・生島ヒロシが「胃腸を語る」 : 対談"新谷式健康・長寿法"』弘文堂、2001年10月。ISBN 4-335-76005-1全国書誌番号:20206928 

監修書籍 編集

出演番組 編集

TBS 編集

フリー 編集

情報・ワイドショー番組

期間 番組名 役職
1989年4月 1990年3月 生島ヒロシのおいしいフライパンフジテレビほか) MC
1990年4月 1990年9月 生島ヒロシのもっと・自由な生活(フジテレビほか) 司会
1990年10月 1993年3月 ビッグモーニングTBS系)
1994年4月 1995年9月 おはよう!ナイスデイ(フジテレビ系)

バラエティ・ラジオ番組・その他

出演映画 編集

出演CM 編集

その他 編集

ドウシシャ・パーフェクトグローブシリーズのナレーション(一部を除く)

第1回Men's Beauty アワード『セルフメディケーション部門』受賞(2019年)

出演舞台 編集

音楽 編集

シングル 編集

  1. やっぱりごはん(BMGファンハウス、1992) - 生島ヒロシ&ごはん党シンガーズ。
  2. 東京ふれ愛めぐり逢い(コロムビア、1998年4月21日) - 松原のぶえとのデュエット
    作詞:津城ひかる、作曲・編曲:若草恵
  3. もしもしお父さんです(ウイングジャパン、2010年9月8日)
    作詞:里村龍一、作曲:森山慎也、編曲:矢田部正
  4. 花は咲くフライングドッグ、2012年5月23日) - 花は咲くプロジェクト
    作詞:岩井俊二、作曲・編曲:菅野よう子

注釈 編集

  1. ^ TBS50年史では入社年月日を1976年1月1日としている。[4][5][6][7]
  2. ^ 菅は生島より2歳年上だが、苦学生で20歳で同大学法学部政治学科に入学している[19]
  3. ^ 本人によると、当時200海里問題により街の活気が失われて店の客が減った。また同時期に母親の妊娠が判明したことも店の営業が困難になった理由とのこと[2]
  4. ^ この時点では休学届けを出しての渡米だった[2]が、その後退学した
  5. ^ 学内のラジオ局を使った実践型授業。

出典 編集

  1. ^ 悲痛!被災地出身の芸能人 生島ヒロシ「妹と連絡が取れない」”. 中日スポーツ (2011年3月13日). 2011年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 週刊現代2023年3月11・18日号「私の地図」第548回・生島ヒロシp68-70
  3. ^ a b 母校・法政大からの感謝状に感激 生島ヒロシ「2年で中退した私ですが…」”. スポーツ報知 (2020年7月3日). 2023年3月23日閲覧。
  4. ^ a b 東京放送 編「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、2002年1月、238頁。"1976.4<16期生> 4人入社(男4) 生島 博<1976.1入社> 鈴木 順 高橋 進 松宮一彦"。 
  5. ^ a b 東京放送 編「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、2002年1月、25-26頁。"76.4 <16期生>4人入社 生島 博…<1976.1.1 入社> 鈴木 順 高橋 進 松宮一彦"。 
  6. ^ a b c d e f g h 東京放送 編「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、2002年1月、238頁。"生島 博<1976.1入社>[1989.3退社] R「生島ひろしの夜はともだち」「ぴいぷる」「夜はこれから」 TV「テレビ列島7時(1980)」「料理天国(1983)」「アッコにおまかせ(1986)」"。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 東京放送 編「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、2002年1月、25頁。"生島 博…<1976.1.1 入社>…[89.3 退社] R「土曜ワイド ラジオ東京(77)」「ひろし・あきらの朝ですよ〜(77)」「生島ひろしの夜はともだち II(78)」「歌謡新人戦(79)」「ハウスヤングフォーラム(82)」「ナイターワイドスペシャル(82)」「今夜も乾杯!(83)」「花の歌謡新人戦(84)」「スーパーワイド・ぴいぷる(85)」「毒蝮三太夫の土曜ワイド商売繁盛(85)」「夜はこれから(86)」「いきいき大放送(87)」 TV「夕やけロンチャン(79)」「11時に歌いましょう(79)」「チェック&チェック(79)」「おはよう700(80)」「テレビ列島7時(80)」「ザ・ベストテン(80)」「人間ふしぎ不思議(81)」「そっくりものまね大賞(81)」「街角テレビ(82)」「料理天国(83)」「歌謡アンナイト(84)」「ワールドジェスチャー(84)」「EXPOスクランブル(85)」「アッコにおまかせ」「そこが知りたい〜路線バスの旅〜」「お笑いベストヒット」"。 
  8. ^ 新選 お色気大賞CD DISC 1「恐怖の荷物検査」・DISC 2「変な会社の変な面接」・DISC 5「透けて見えるメガネ」など
  9. ^ 生島ヒロシの今朝のつぶやき - TBSラジオ、2016年4月7日
  10. ^ グースクール 生島ヒロシインタビュー”. 2013年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月25日閲覧。
  11. ^ “生島ヒロシ、妹夫妻亡くした故郷気仙沼から生中継”. 日刊スポーツ. (2020年3月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202003110000270.html 2020年3月11日閲覧。 
  12. ^ 3.11の「喪失」~語られなかった悲劇の教訓「生島ヒロシが胸の奥にしまった「あの日の慟哭」最後まで家族を思い、何も求めずに旅立った妹よ――フリーアナウンサー・生島ヒロシ氏のケース」 ダイヤモンド・オンライン
  13. ^ ORICON STYLE 2011年9月30日「生島ヒロシ、妹の遺体確認を改めて報告「見つかってよかった、ほっとした」 」 オリコン
  14. ^ “生島ヒロシ 山あり谷あり人生「まぁ、いいか」”. 日刊スポーツ. (2019年9月15日). https://www-origin.nikkansports.com/entertainment/column/sundayhero/news/201909080000176.html 2019年9月16日閲覧。 
  15. ^ “生島ヒロシ、緑内障手術で人生初の手術 「述語の経過も痛みなく順調」”. SANSPO.COM. (2018年2月21日). https://www.sanspo.com/article/20180221-RHQ77EBSCZNF5F3CMUUVASGPHY/ 2018年2月24日閲覧。 
  16. ^ 視界よ、晴れ渡れ〜〜〜”. TBSラジオ 生島ヒロシのおはよう定食|一直線 (2019年8月12日). 2019年9月16日閲覧。
  17. ^ “生島ヒロシが右目の白内障手術「順調です」”. 日刊スポーツ. (2019年8月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908120000199.html 2019年9月16日閲覧。 
  18. ^ a b 4ch 吉田豪 2005年4月8日「ボクが取材したスゴイ奴」 - 連載(7)-より。
  19. ^ 「菅義偉」は初の法政大出身首相 同級生「生島ヒロシ」が語る“苦学と空手”秘話(その1)”. デイリー新潮 (2020年9月25日). 2023年3月23日閲覧。
  20. ^ 「菅義偉」は初の法政大出身首相 同級生「生島ヒロシ」が語る“苦学と空手”秘話(その2)”. デイリー新潮 (2020年9月25日). 2023年3月23日閲覧。
  21. ^ 「菅義偉」は初の法政大出身首相 同級生「生島ヒロシ」が語る“苦学と空手”秘話(その3)”. デイリー新潮 (2020年9月25日). 2023年3月23日閲覧。
  22. ^ 『タイムスリップ・トーク 山崎清司VS生島ヒロシのアメリカン・ドリーマーズ』「空手道マガジン JK Fan」、2004年6月号、株式会社チャンプ
  23. ^ 観客と一体になれるダンスを(ニューヨーク・イベント情報紙 よみタイム) アーカイブ 2016年3月5日 - ウェイバックマシン
  24. ^ ABC朝日放送制作
  25. ^ a b 生島ヒロシ - オリコンTV出演情報
  26. ^ 毎日新聞 (2015年9月16日). “松坂桃李:ドラマ化「探偵・日暮旅人シリーズ」で主演 堤幸彦とタッグ”. 2015年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月16日閲覧。
  27. ^ 生島ヒロシさんが生出演! 放送5000回おめでとうございます!”. TBSラジオ (2017年6月17日). 2017年6月26日閲覧。
  28. ^ 可愛い? 後輩! 生島ヒロシさんと愉快なトーク!”. TBSラジオ (2019年6月29日). 2019年7月14日閲覧。
  29. ^ 水戸黄門 キャスト”. BS-TBS. 2017年10月4日閲覧。
  30. ^ 生島ヒロシ、ライザップに登場し評判”. デイリースポーツ (2015年10月22日). 2015年10月22日閲覧。
  31. ^ 音楽喜劇「のど自慢」 〜上を向いて歩こう〜」”. avex. 2017年10月7日閲覧。

参考文献 編集

  • 東京放送 編『TBS50年史』東京放送、2002年1月。 

外部リンク 編集