高雄警備府(たかお けいびふ)は、現在の台湾高雄市にあった旧日本海軍警備府である。この項では前身の澎湖県馬公市に所在した馬公要港部馬公警備府を含めて記述する。

沿革編集

1895年明治28年)4月17日、日清戦争に勝利した日本は、下関条約に基づき台湾を領有。

1901年(明治34年)7月、台湾本土と中国大陸の間にある澎湖諸島の馬公に要港部を開設。1941年(昭和16年)11月20日、目前に迫った日米開戦に備え警備府に昇格した。

1943年(昭和18年)4月、警備府は高雄に移転し、高雄警備府を設置、旧馬公警備府を馬公特別根拠地隊に改編した。

終戦に伴い、1946年(昭和21年)4月30日付で廃止された。日本と入れ替わりに台湾に進駐してきた中華民国海軍が、現在に至るまで左営海軍基地として使用している[1]

年譜編集

  • 1901年7月3日 馬公要港部設置
  • 1906年11月22日 水雷敷設隊廃止
  • 1922年4月1日 軍法会議設置
  • 1941年11月20日 馬公警備府に昇格
  • 1943年4月1日 高雄警備府を設置し、旧馬公警備府を馬公特別根拠地隊に改編。
  • 1944年2月1日 人事部、海兵団設置
  • 1945年2月5日 虎尾海軍航空隊配置
    • 2月15日 第二高雄海軍航空隊解隊
    • 5月1日 特別根拠地隊設置
    • 6月15日 第29航空戦隊設置、二代台南海軍航空隊配属
  • 1946年4月30日 高雄警備府廃止

組織編集

要港部編集

  • 幕僚
  • 港務部
  • 軍需部
  • 工作部
  • 経理部
  • 病院
  • 防備隊
  • 通信隊
  • 軍法会議 1922年4月1日設置
  • 監獄
  • 水雷敷設隊 1906年11月22日廃止
  • 艦船
  • 修理工場

馬公警備府編集

  • 幕僚
  • 港務部
  • 軍需部
  • 工作部
  • 経理部
  • 施設部
  • 病院
  • 特別根拠地隊
  • 艦船

高雄警備府編集

  • 幕僚
  • 港務部
  • 人事部 1944年2月1日設置
  • 軍需部
  • 工作部
  • 経理部
  • 施設部 1943年4月1日設置
  • 病院
  • 海兵団 1944年2月1日設置
  • 特別根拠地隊 1945年5月1日設置
  • 第29航空戦隊 1945年6月15日設置
  • 航空隊
    • 第二高雄海軍航空隊 1944年12月1日配属、1945年2月15日解隊
    • 虎尾海軍航空隊 1945年2月5日配属
    • 二代台南海軍航空隊 1945年6月15日配属
  • 艦船
  • 第6燃料廠 1944年4月1日設置

歴代司令長官編集

馬公要港部司令官編集

馬公警備府司令長官編集

  • 山本弘毅 中将:1941年11月20日 -
  • 高木武雄 中将:1942年11月20日 - 1943年4月1日

高雄警備府司令長官編集

脚注・出典編集

参考文献編集

  • 三浦裕史『近代日本軍制概説』信山社、2003年。
  • 坂本正器・福川秀樹編著『日本海軍編制事典』芙蓉書房出版、2003年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。

関連項目編集