メインメニューを開く
雑司が谷霊園にある鬼坊主清吉の墓

鬼坊主 清吉(おにぼうず せいきち、安永5年(1776年) - 文化2年6月27日1805年7月23日))こと無宿清吉は、江戸時代盗賊である。

生涯編集

牛込生まれ。父は漁師をしていたらしいが家は貧しく、京橋の加治屋という商家に奉公に出される。盗みで捕縛され、入墨を入れられ重敲の刑を受けたが非人小屋に入って入墨を消し、日雇いとなった。しかし、入墨を消した罪で再び捕縛され、再度入墨を入れられた上で江戸追放の刑を受けた。しかしそんなものは鬼坊主にとって全く意味がなかったようで、数人の仲間と徒党を組み、路上強盗、引ったくり、武装強盗を連日にわたって繰り返し、懸命の捜査を行う町奉行火付盗賊改方をあざ笑うかのごとく江戸中を蹂躙した。

あまりの神出鬼没振りにこの種の犯罪としては異例の人相書(普通人相書が出回る罪は当時一番重罪だった逆罪、すなわち主人や親を殺傷する罪である)が作成され、非常の捜査体制である捕物出役まで発動された。そのため上方へ逃亡し、文化2年(1805年)4月に彼の地で捕縛される(捕縛された場所については京都の大仏堂前と伊勢・の2説ある)。

4月24日、江戸に護送されるが、有名人である鬼坊主を一目見ようと群衆が押し寄せた。鬼坊主は北町奉行小田切直年の尋問に対して罪を認め、2ヵ月後の6月27日、市中引き回しの上、小塚原で仲間2名(無宿左官粂こと粂次郎24歳、無宿三吉こと入墨吉五郎28歳)と共に獄門にかけられた。享年30。

辞世は、「武蔵野に名も蔓(はび)こりし鬼薊(おにあざみ) 今日の暑さに乃(かく)て萎(しお)るる[1]

「坊主」というあだ名が付けられているが僧侶ではなく、体が大きく風体が異様だったせいらしい。

墓所は東京都豊島区の雑司ヶ谷霊園。

鬼坊主清吉が登場する作品編集

小説
後述の通り、テレビドラマ『鬼平犯科帳』シリーズにて、二度に渡り映像化されているが、実際に同作品に登場する火付盗賊改方長官の長谷川平蔵は、鬼坊主が捕縛・処刑される10年程前にこの世を去っているため、寧ろフィクション作品と考えて良い。
テレビドラマ
1970年5月19日放送の八代目松本幸四郎版第1シリーズ第33話で「鬼坊主の花」と言うタイトルで初めて映像化された。当時は「鬼平犯科帳」と言う作品自体、まだ映像化可能な話数が少なかった事から、他の池波作品から「鬼平」に流用するケースも少なくなかった。後に1993年2月10日放送の二代目中村吉右衛門版第4シリーズ第8話で、原作と同じく「鬼坊主の女」と言うタイトルで約22年半ぶりに映像化された。
歌舞伎
  • 十六夜清心の主人公である極楽寺の僧侶清心が、盗賊になった後、この名を名乗っている。

鬼坊主清吉を演じた人物編集

鬼坊主を演じた三波は当時、てんぷくトリオの一員として活動していた。その為、同じてんぷくトリオの一員である戸塚睦夫が粂次郎(左官粂)役で、伊東四朗が入墨吉五郎(無宿三吉)役でそれぞれ出演している。
鬼坊主清吉役のガッツ石松は、これ以前に第1シリーズ第7話「明神の次郎吉」で、明神の次郎吉役を演じている。また、左官の政次郎(モデルは左官粂こと粂次郎)を丹古母鬼馬二が、入墨吉五郎を根岸一正が演じている。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 落語『鬼あざみ』では、「武蔵野にはびこるほどの鬼あざみ 今日の暑さに枝葉しおるる」、池波正太郎の『鬼坊主の女』では、「武蔵野に名ははびこりし鬼あざみ 今日の暑さに少し萎れる」となっている。

関連項目編集