1953年 > 1953年のスポーツ > 1953年の日本競馬

1953年の日本競馬(1953ねんのにほんけいば)では、1953年昭和28年)の日本競馬界についてまとめる。 馬齢は旧表記で統一する。

1952年の日本競馬 - 1953年の日本競馬 - 1954年の日本競馬

できごと編集

1月 - 3月編集

  • 2月23日 - 西日本馬主協会がオセアニアから輸入した競走馬30頭が神戸港に到着する[1]
  • 2月25日 - 東京競馬記者クラブは、その年度において競馬に最も貢献したものに贈る「東京競馬記者クラブ賞」を創設、第1回受賞者に高橋英夫騎手と大井競馬場が選出された[2]
  • 3月9日 - 大井競馬場で、宮路孝佶の考案した電磁石式の移動式橋型ゲートが採用される[2]

4月 - 6月編集

7月 - 9月編集

  • 7月27日 - 競馬部は同年後期の競馬番組を策定、行われる重賞競走を別冊として発行した。このとき、初めて「重賞競走」の語が使われる[5]
  • 8月22日 - 中京競馬場の開場式が行われる[5]
  • 8月23日 - 中京開設記念競走(第1回トヨタ賞中京記念)が行われる。第1回の優勝馬はレダ、優勝騎手は佐藤勇[6]

10月 - 12月編集

その他編集

競走成績編集

公認競馬の主な競走編集

誕生編集

この年に生まれた競走馬は1956年のクラシック世代となる。

競走馬編集

人物編集

死去編集

脚注編集

参考文献編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d 『総合年表』p.162
  2. ^ a b 『総合年表』p.163
  3. ^ a b c 『総合年表』p.166
  4. ^ a b c d e 『総合年表』p.165
  5. ^ a b c d e f g 『総合年表』p.164
  6. ^ 『総合年表』p.167