メインメニューを開く

1953年ドイツグランプリ (1953 German Grand Prix) は、1953年のF1世界選手権第7戦として、1953年8月2日ニュルブルクリンクで開催された。

西ドイツ 1953年ドイツグランプリ
レース詳細
1953年F1世界選手権全9戦の第7戦
ニュルブルクリンク北コース (1927-1967)
ニュルブルクリンク北コース (1927-1967)
日程 1953年8月2日
正式名称 XVI Großer Preis von Deutschland
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.810 km (14.173 mi)
レース距離 18周 410.580 km (255.123 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 9:59.8
ファステストラップ
ドライバー イタリア アルベルト・アスカリ フェラーリ
タイム 9:56.0 (12周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 マセラティ
3位 フェラーリ

1952年と1953年は通常適用されるフォーミュラ1のレギュレーションではなく、フォーミュラ2のレギュレーションが適用された。

レース概要編集

フェラーリジュゼッペ・ファリーナが、2位のファン・マヌエル・ファンジオに1分以上の差を付けて優勝した。ファリーナは本レースがF1での最後の優勝となった。

ランキング首位のアルベルト・アスカリは、予選で唯一10分を切ってポールポジションを獲得し、決勝でも序盤から独走するものの、5周目に右フロントタイヤが外れてしまい優勝争いから脱落。9周目を終えて、首位と同ラップの4位を走行していたルイジ・ヴィッロレージと交代して逆転優勝を狙う。12周目には予選を上回るタイムでファステストラップを記録したが、15周目を終えた後にエンジンが壊れてリタイアした[1]。アスカリはファステストラップの1ポイントを上積みしただけだったが、この時点で2年連続2回目のチャンピオンが決定した[2]。なお、当時の文献では有効ポイントがベスト5戦と考えられており、次戦スイスGPがチャンピオン決定レースとされている。実際にはベスト4戦となったため、本レースでアスカリのチャンピオンが決定したことになる[2]

昭和天皇の名代としてエリザベス2世戴冠式に参列するなど、6ヶ月間の欧米歴訪中だった当時19歳の皇太子明仁親王が本レースを台覧した[3]。明仁親王はこの週末、西ドイツでの休暇日となっていたが、近くで「大きな自動車レース」が開催されることを知り、急遽ニュルブルクリンクを訪れた[1]。レース終了後の表彰台で明仁親王が優勝したファリーナを祝福し握手を交わした際の写真が通信社を介して各国に配信されており、その時の模様を伝えている。なお、明仁親王が自動車レースを観戦したのはこの1回のみである。

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
1   アルベルト・アスカリ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo500 2.0L L4 P
2   ジュゼッペ・ファリーナ
3   マイク・ホーソーン
4   ルイジ・ヴィッロレージ
5   ファン・マヌエル・ファンジオ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
6   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 1
7   フェリーチェ・ボネット
8   オノフレ・マリモン
9   ジャン・ベーラ   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0L L6 E
10   モーリス・トランティニアン
11   ハリー・シェル
12   ジョニー・クレエ   エキュリー・ベルゲ コンノート タイプA リー・フランシス 2.0L L4 E
13   マウリッツ・フォン・シュトラハヴィッツ 2   フォン・シュトラハヴィッツ MSM - ランチア 1.5L V6[4] ?
14   プリンス・ビラ   コンノート・エンジニアリング コンノート タイプA リー・フランシス 2.0L L4 D
15   ロイ・サルヴァドーリ
16   ケネス・マッカルパイン
17   エマヌエル・ド・グラッフェンリード   バロン・デ・グラッフェンリート マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
18   ジャック・スウォーターズ   エキュリー・フランコルシャン フェラーリ 500 フェラーリ Tipo500 2.0L L4 E
19   スターリング・モス   クーパー・カー・カンパニー クーパー T21 アルタ F2 2.0L L4 D
20   ルイ・ロジェ   エキュリー・ロジェ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo500 2.0L L4 D
21   ハンス・スタック   ハンス・スタック AFM 6 ブリストル BS1 2.0L L6 D
22   ウォルフガング・ザイデル   ウォルフガング・ザイデル ヴェリタス RS ヴェリタス 2.0L L6 D
23   ヴィリー・ヒークス   ヴィリー・ヒークス ヴェリタス メテオール ヴェリタス 2.0L L6 D
24   テオ・ヘルフリッヒ   テオ・ヘルフリッヒ ヴェリタス RS ヴェリタス 2.0L L6 D
25   ハンス・ブリーズ 2   ハンス・ブリーズ AFM 6 BMW 328 2.0L L6 D
26   オスヴァルト・カルヒ   オスヴァルト・カルヒ ヴェリタス RS ヴェリタス 2.0L L6 D
27   アドルフ・ラング 2   アドルフ・ラング ヴェリタス RS ヴェリタス 2.0L L6 D
28   テオ・フィッツァウ   ヘルムート・ニーダーメイヤー AFM 6 BMW 328 2.0L L6 D
29   ハンス・クレンク 2   ハンス・クレンク ヴェリタス メテオール ヴェリタス 2.0L L6 D
30   エルンスト・ローフ   エルンスト・ローフ ヴェリタス メテオール ヴェリタス 2.0L L6 D
31   ハンス・ヘルマン   ハンス・ヘルマン ヴェリタス メテオール ヴェリタス 2.0L L6 D
32   エルヴィン・バウアー   エルヴィン・バウアー ヴェリタス メテオール ヴェリタス 2.0L L6 D
33   アドルフ・ラング 2   アドルフ・ラング AFM 6 BMW 328 2.0L L6 D
34   クルト・アドルフ   エキュリー・エスパドン フェラーリ 166 フェラーリ Tipo125 1.5L V12 P
35   エドガー・バース   EMW レンコレクティフ EMW R2 EMW 6 2.0L L6 D
36   ルドルフ・クラウゼ   ドラ・グレイフツ BMW グレイフツ BMW 328 2.0L L6 D
37   エルンスト・クロドヴィヒ   エルンスト・クロドヴィヒ BMW ヘック BMW 328 2.0L L6 D
38   アラン・ブラウン   エキップ・アングレーズ クーパー T23 ブリストル BS1 2.0L L6 D
39   ヘルムート・グロックラー
40   ロドニー・ナッキー   ロドニー・ナッキー クーパー T23 ブリストル BS1 2.0L L6 D
41   ギュンター・ベチェム   ギュンター・ベチェム AFM 6 BMW 328 2.0L L6 D
ソース:[5]
追記
  • ^1 - ゴンザレスは前週に開催されたスポーツカーによるポルトガルグランプリで重症を負い欠場[1]
  • ^2 - エントリーしたが出場せず。アドルフ・ラングは2台のマシンをエントリーしていた

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 1   アルベルト・アスカリ フェラーリ 9:59.8
2 5   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 10:03.7 + 3.9
3 2   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 10:04.1 + 4.3
4 3   マイク・ホーソーン フェラーリ 10:12.6 + 12.8
5 10   モーリス・トランティニアン ゴルディーニ 10:21.7 + 21.9
6 4   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 10:22.8 + 23.0
7 7   フェリーチェ・ボネット マセラティ 10:40.8 + 41.0
8 8   オノフレ・マリモン マセラティ 10:41.0 + 41.2
9 9   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 10:45.5 + 45.7
10 11   ハリー・シェル ゴルディーニ 10:46.2 + 46.4
11 17   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 10:46.6 + 46.8
12 19   スターリング・モス クーパー-アルタ 10:48.3 + 48.5
13 15   ロイ・サルヴァドーリ コンノート-リー・フランシス 10:57.5 + 57.7
14 31   ハンス・ヘルマン ヴェリタス 10:59.8 + 1:00.0
15 14   プリンス・ビラ コンノート-リー・フランシス 11:02.1 + 1:02.3
16 16   ケネス・マッカルパイン コンノート-リー・フランシス 11:07.3 + 1:07.5
17 38   アラン・ブラウン クーパー-ブリストル 11:08.7 + 1:08.9
18 23   ヴィリー・ヒークス ヴェリタス 11:18.0 + 1:18.2
19 18   ジャック・スウォーターズ フェラーリ 11:18.9 + 1:19.1
20 40   ロドニー・ナッキー クーパー-ブリストル 11:22.1 + 1:22.3
21 28   テオ・フィッツァウ AFM-BMW 11:23.4 + 1:23.6
22 20   ルイ・ロジェ フェラーリ 11:27.4 + 1:27.6
23 21   ハンス・スタック AFM-ブリストル 11:37.2 + 1:37.4
24 35   エドガー・バース EMW 11:40.8 + 1:41.0
25 12   ジョニー・クレエ コンノート-リー・フランシス 11:45.5 + 1:45.7
26 36   ルドルフ・クラウゼ BMW 11:49.5 + 1:49.7
27 34   クルト・アドルフ フェラーリ 11:53.1 + 1:53.3
28 24   テオ・ヘルフリッヒ ヴェリタス 11:56.3 + 1:56.5
29 22   ウォルフガング・ザイデル ヴェリタス 11:59.3 + 1:59.5
30 41   ギュンター・ベチェム AFM-BMW 12:13.3 + 2:13.5
31 30   エルンスト・ローフ ヴェリタス 12:16.8 + 2:17.0
32 37   エルンスト・クロドヴィヒ BMW 12:24.6 + 2:24.8
33 32   エルヴィン・バウアー ヴェリタス No time
34 26   オスヴァルト・カルヒ ヴェリタス No time
DNP 39   ヘルムート・グロックラー クーパー-ブリストル No time 1
ソース:[6]
追記
  • ^1 - グロックラーは予選でエンジントラブルが発生したため出走せず

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 18 3:02:25.0 3 8
2 5   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 18 + 1:04.0 2 6
3 3   マイク・ホーソーン フェラーリ 18 + 1:43.6 4 4
4 7   フェリーチェ・ボネット マセラティ 18 + 8:48.6 7 3
5 17   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 17 + 1 Lap 11 2
6 19   スターリング・モス クーパー-アルタ 17 + 1 Lap 12
7 18   ジャック・スウォーターズ フェラーリ 17 + 1 Lap 19
8 1   アルベルト・アスカリ
  ルイジ・ヴィッロレージ
フェラーリ 17 + 1 Lap 1
9 31   ハンス・ヘルマン ヴェリタス 17 + 1 Lap 14
10 20   ルイ・ロジェ フェラーリ 17 + 1 Lap 22
11 40   ロドニー・ナッキー クーパー-ブリストル 16 + 2 Laps 20
12 24   テオ・フィッツァウ ヴェリタス 16 + 2 Laps 28
13 16   ケネス・マッカルパイン コンノート-リー・フランシス 16 + 2 Laps 16
14 36   ルドルフ・クラウゼ BMW 16 + 2 Laps 26
15 37   エルンスト・クロドヴィヒ BMW 15 + 3 Laps 32
16 22   ウォルフガング・ザイデル ヴェリタス 14 + 4 Laps 29
Ret 4   ルイジ・ヴィッロレージ
  アルベルト・アスカリ
フェラーリ 15 エンジン 6
1 1
Ret 38   アラン・ブラウン クーパー-ブリストル 15 エンジン 17
Ret 8   オノフレ・マリモン マセラティ 13 サスペンション 8
Ret 35   エドガー・バース EMW 12 エグゾースト 24
Ret 12   ジョニー・クレエ コンノート-リー・フランシス 12 エンジン 25
Ret 26   オスヴァルト・カルヒ ヴェリタス 10 エンジン 34
Ret 23   ヴィリー・ヒークス ヴェリタス 8 トランスミッション 18
Ret 9   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 7 ギアボックス 9
Ret 11   ハリー・シェル ゴルディーニ 6 エンジン 10
Ret 14   プリンス・ビラ コンノート-リー・フランシス 6 サスペンション 15
Ret 28   テオ・フィッツァウ AFM-BMW 3 エンジン 21
Ret 34   クルト・アドルフ フェラーリ 3 トランスミッション 27
Ret 41   ギュンター・ベチェム AFM-BMW 2 エンジン 30
Ret 10   モーリス・トランティニアン ゴルディーニ 1 ディファレンシャル 5
Ret 15   ロイ・サルヴァドーリ コンノート-リー・フランシス 1 エンジン 13
Ret 32   エルヴィン・バウアー ヴェリタス 1 エンジン 33
Ret 21   ハンス・スタック AFM-ブリストル 0 エンジン 23
Ret 30   エルンスト・ローフ ヴェリタス 0 燃料ポンプ 31
ソース:[7]
追記

注記編集

  • 車両共有: (アスカリとヴィッロレージが車両を交換した)
    • 1号車: アスカリ(9周)、ヴィッロレージ(8周)
    • 4号車: ヴィッロレージ(10周)、アスカリ(5周)
  • ファリーナはF1世界選手権での最後の勝利となった(この時点で46歳)。
  • 決勝で34台が出走したが、これはF1における決勝出走台数最多記録である[8]

第7戦終了時点でのランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1   アルベルト・アスカリ 33.5 (37.5)
  4 2   ジュゼッペ・ファリーナ 20
  2 3   ファン・マヌエル・ファンジオ 19
  2 4   マイク・ホーソーン 18 (20)
  2 5   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 13.5 (14.5)
  • : トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 林信次『F1全史 1950-1955』ニューズ出版、2000年、80頁。ISBN 4-89107-019-6
  2. ^ a b 林信次『F1全史 1950-1955』ニューズ出版、2000年、83頁。ISBN 4-89107-019-6
  3. ^ Födisch, Jörg Thomas; Völker, Bernhard; Behrndt, Michael (2008). Der große Preis von Deutschland. Alle Rennen seit 1926. Königswinter: HEEL Verlag. p. 69. ISBN 9783868520439. 
  4. ^ Scaramanzia in F1: lo sfortunato numero 13”. PANORAMAUTO (2012年2月29日). 2017年7月23日閲覧。
  5. ^ Germany 1953 - Race entrants”. statsf1.com. 2017年7月23日閲覧。
  6. ^ Germany 1953 - Qualifications”. statsf1.com. 2016年5月5日閲覧。
  7. ^ 1953 German Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月4日閲覧。
  8. ^ All time Formula One records”. f1technical.net. 2015年8月4日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集