1954年スイスグランプリ

1954年スイスグランプリ (1954 Swiss Grand Prix) は、1954年のF1世界選手権第7戦として、1954年8月22日ブレムガルテン・サーキットで開催された。

スイス 1954年スイスグランプリ
レース詳細
1954年F1世界選手権全9戦の第7戦
Circuit Bremgarten.png
日程 1954年8月22日
正式名称 XIV Großer Preis der Schweiz
開催地 ブレムガルテン・サーキット
スイスの旗 スイス ベルン
コース 恒久的レース施設
コース長 7.280 km (4.524 mi)
レース距離 66周 480.480 km (298.556 mi)
決勝日天候 雨(ウエット)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 2:39.5
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス
タイム 2:39.7 (34周目)
決勝順位
優勝 メルセデス
2位 フェラーリ
3位 メルセデス

レースは66周で行われ、メルセデスファン・マヌエル・ファンジオが優勝、フェラーリホセ・フロイラン・ゴンザレスが2位、ファンジオのチームメイトのハンス・ヘルマンが3位となった。

レース概要編集

メルセデスファン・マヌエル・ファンジオが1周目からトップを譲らず完勝。当レースからマセラティワークスに昇格したスターリング・モスフェラーリホセ・フロイラン・ゴンザレスマイク・ホーソーンの3人が2位を争ったが、モスのエンジンがミスファイアを起こし、ホーソーンも燃料ポンプのトラブルでストップしたことで、ゴンザレスの2位は確定した。メルセデスのカール・クリングは、序盤にオーウェン・レーシング・オーガニゼーション(BRMの開発研究用にマセラティ・250Fを購入し、ディスクブレーキを装着した)のケン・ウォートンと競り合って出遅れ、モスとホーソーンのリタイアにより3位に上がるが、エンジンが壊れてリタイア、チームメイトのハンス・ヘルマンが3位となった[1]

ファンジオは優勝とファステストラップの9点を加算し、2戦を残して1951年以来3年ぶり2度目のチャンピオンを獲得した[1]

1955年に起きたル・マン24時間レースの大事故によりスイス国内でのモータースポーツが禁止されたため、当レースがスイス国内で開催された最後のスイスグランプリとなった。その後、1975年1982年(1975年は非選手権)にフランスディジョン・プレノワ・サーキットでスイスグランプリが開催されたが、これはフランス国内で年内に2レースを行うために「スイスグランプリ」の名を冠しただけであり、スイス国内でのモータースポーツ開催は、2018年6月にチューリッヒフォーミュラEチューリッヒE-Prixが開催されるまで、実に64年もの歳月を要することとなった[2]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ジャック・スウォーターズ   エキュリー・フランコルシャン フェラーリ 500/625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4 E
4   ファン・マヌエル・ファンジオ   ダイムラー・ベンツ メルセデス W196 メルセデス M196 2.5L L8 C
6   ハンス・ヘルマン
8   カール・クリング
10   ジャン・ベーラ   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 23 2.5L L6 E
12   クレマール・ブッチ
14   フレッド・ワッカー
16   ロイ・サルヴァドーリ   ギルビー・エンジニアリング マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
18   ケン・ウォートン   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
20   ホセ・フロイラン・ゴンザレス   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4 P
22   マイク・ホーソーン
24   ウンベルト・マグリオーリ
  ロベール・マンヅォン 1
553 フェラーリ Tipo554 2.5L L4
26   モーリス・トランティニアン 625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4
28   セルジオ・マントヴァーニ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
30   ロベルト・ミエレス
32   スターリング・モス
34   ハリー・シェル
36   エマヌエル・ド・グラッフェンリード   エキュリー・ブラーノ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
ソース:[3]
追記
  • ^1 - マンヅォンは予選でアクシデントを起こし、マグリオーリに交代[4]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 20   ホセ・フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 2:39.5
2 4   ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス 2:39.7 + 0.2
3 32   スターリング・モス マセラティ 2:41.4 + 1.9
4 26   モーリス・トランティニアン フェラーリ 2:41.7 + 2.2
5 8   カール・クリング メルセデス 2:41.9 + 2.4
6 22   マイク・ホーソーン フェラーリ 2:43.2 + 3.7
7 6   ハンス・ヘルマン メルセデス 2:45.0 + 5.5
8 18   ケン・ウォートン マセラティ 2:46.2 + 6.7
9 28   セルジオ・マントヴァーニ マセラティ 2:56.9 + 17.4
10 12   クレマール・ブッチ ゴルディーニ 3:04.1 + 24.6
11 24   ウンベルト・マグリオーリ フェラーリ 3:08.2 + 28.7
12 30   ロベルト・ミエレス マセラティ 3:09.3 + 29.8
13 34   ハリー・シェル マセラティ 3:12.1 + 32.6
14 10   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 3:16.4 + 36.9
15 14   フレッド・ワッカー ゴルディーニ 3:20.3 + 40.8
16 2   ジャック・スウォーターズ フェラーリ 3:20.4 + 40.9
17 24   ロベール・マンヅォン フェラーリ No time
DNP 16   ロイ・サルヴァドーリ マセラティ No time
DNP 36   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ No time
ソース:[5]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 4   ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス 66 3:00:34.5 2 9
2 20   ホセ・フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 66 +57.8 1 6
3 6   ハンス・ヘルマン メルセデス 65 +1 lap 7 4
4 30   ロベルト・ミエレス マセラティ 64 +2 laps 12 3
5 28   セルジオ・マントヴァーニ マセラティ 64 +2 laps 9 2
6 18   ケン・ウォートン マセラティ 64 +2 laps 8
7 24   ウンベルト・マグリオーリ フェラーリ 61 +5 laps 11
8 2   ジャック・スウォーターズ フェラーリ 58 +8 laps 16
Ret 8   カール・クリング メルセデス 38 燃料システム 5
Ret 26   モーリス・トランティニアン フェラーリ 33 エンジン 4
Ret 22   マイク・ホーソーン フェラーリ 30 オイル漏れ 6
Ret 34   ハリー・シェル マセラティ 23 燃料ポンプ 13
Ret 32   スターリング・モス マセラティ 21 燃料ポンプ 3
Ret 14   フレッド・ワッカー ゴルディーニ 10 トランスミッション 15
Ret 10   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 8 クラッチ 14
Ret 12   クレマール・ブッチ ゴルディーニ 0 燃料ポンプ 10
DNS 24   ロベール・マンヅォン フェラーリ - 予選でアクシデント
ソース:[6]

注記編集

第7戦終了時点でのランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1   ファン・マヌエル・ファンジオ 42 (45 17)
  2   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 23 914
  3   モーリス・トランティニアン 15
  4   マイク・ホーソーン 10 914
  5   カール・クリング 10
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b (林信次 2000, p. 101)
  2. ^ スイスで64年ぶりにモータースポーツ開催へ”. ロイター (2017年9月22日). 2019年4月12日閲覧。
  3. ^ Switzerland 1954 - Race entrants”. statsf1.com. 2017年11月5日閲覧。
  4. ^ Switzerland 1954 - Result”. statsf1.com. 2017年11月5日閲覧。
  5. ^ Switzerland 1953 - Qualifying”. statsf1.com. 2017年10月18日閲覧。
  6. ^ 1954 Swiss Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1950-1955』ニューズ出版、2000年。ISBN 4-89107-019-6

外部リンク編集

前戦
1954年ドイツグランプリ
FIA F1世界選手権
1954年シーズン
次戦
1954年イタリアグランプリ
前回開催
1953年スイスグランプリ
  スイスグランプリ次回開催
1982年スイスグランプリ