コンチネンタル (自動車部品製造業)

コンチネンタルContinental AG )は、ドイツハノーファーを本拠におく総合自動車部品及びタイヤメーカーである。日本法人はコンチネンタル・オートモーティブ株式会社

Continental AG
企業形態 Publicly traded company
取引所 FWBCON
OTC Pink CTTAY
業種 輸送用機器
事業分野 自動車・自動二輪車機器、タイヤの研究・開発・生産
設立 1871
本社 ドイツの旗 ドイツハノーファー
主要人物 Elmar Degenhart, CEO
Wolfgang Reitzle, Chairman
製品 Tires, brake systems, powertrain and chassis components, automotive safety, vehicle electronics[1]
売上高 増加 44.40 billion (2018)[2]
営業利益 増加 €4.02 billion (2018)[2]
利益 減少 €2.89 billion (2018)[2]
純資産額 増加 €18.33 billion (2018)[2]
従業員数 244,582 (2019)[3]
ウェブサイト www.conti-online.com
テンプレートを表示

概要編集

1871年、ドイツ・ハノーファーにの蹄と蹄鉄の間の緩衝材や自転車用のソリッドタイヤ等を生産する会社として創業される。のちに自動車が発明されると車用タイヤや自動車機器関連事業にも進出する。コンチネンタルAGが持ち株会社として「コンチネンタル・グループ」を形成しており、タイヤを含むラバー事業、自動車システムを手がけるオートモーティブ事業、パワートレイン事業の3つの事業グループが置かれる。グループ全体の売上高は2018年地点で約444億ユーロ(約5兆5000億円)であり、世界第2位のメガサプライヤーである。61カ国に拠点を持ち、従業員数は約24万名(2018年)。

沿革編集

1871年 - ドイツ・ハノーファーに「コンチネンタル弾性ゴム・グッタペルヒャ」(Continental-Caoutchouc und Gutta-Percha Compagnie)として創業。四輪馬車や自転車用のソフトラバー製品、ゴム引き素材、ソリッドタイヤなどを製造した。

1892年 - ドイツで初めて自転車用空気入りタイヤの生産開始。1904年に世界で初めてトレッドパターンを採用した自動車用タイヤを発表。 1995年に自動車システム事業の強化のため、オートモーティブシステム部門を設立し、1998年にはEBSシステム開発を手がける米・アルフレッドテーベス社を買収。

2000年 - 日清紡と共同出資し、日本法人としてコンティネンタル・テーベス株式会社を設立。

2006年 - 米モトローラ社の自動車エレクトロニクス事業を買収。2007年には独シーメンス社の自動車電子部品部門(シーメンスVDO)を買収。ヨーロッパ、北米、アジア市場における地位を強化し、テレマティクスやブレーキ制御、シャシー制御といった走行性能や安全性能に関わる分野に進出する。その後、インテリアエレクトロニクス、パワートレイン、HV先進運転支援システムなども開発するようになり、現在の自動車システムをトータルパッケージで提案できるメガサプライヤーとなる。

2009年 - 上海にアジア地域統括本社と研究開発センターを設立。ラバー事業では、独アディダス社のランニングシューズにコンチネンタル製のラバーが採用される。

2012年 - 米ネバダ州で自動運転の走行試験を開始。

2015年 - ゴム及びプラスチック技術分野の企業であるVeyance Technologiesを買収。また先進運転支援システムやインフォテイメントシステムを手がけるElektrobit Automotive GmbHを買収。2016年 - 48Vマイルドハイブリッドシステムを発表。

2017年 - 米・シリコンバレーに先端研究開発センターを開設。また自動車用ITセキュリティを手がけるArgus Cyber Security社を買収。

2019年 - 国内自動車業界で初めて、無人運転車両の車両ナンバーを取得[4]

日本法人編集

  • 2014年 - タイヤ部門の日本法人としてコンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社を設立。東京都品川区に本社を置く。
  • 2019年 - パワートレイン部門の独立に伴い、ヴィテスコ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社を設立。

タイヤのシェア編集

2018年度、世界でのタイヤ生産シェアは1位ブリヂストン、2位ミシュラン、3位グッドイヤーについで第4位である。一方、欧州でのオリジナルエクイップメント:OE(Original Equipment, メーカー純正装着)シェアは第1位である。

 
コンチネンタルの海外展開

タイヤの特徴編集

  • トレッドは固めで耐久性や信頼性を重視したオーソドックスなタイヤ。
  • トレッドパターンはブロックパターンよりリブを基調としたデザイン。
  • 3Dグループと呼ばれる放射状の横溝。
  • ABSESCといった電子制御を前提にしたタイヤ設計。
  • タイヤコンパウンドにシリカを多く使用。シリカを多く使うことでウエットグリップと低温グリップの両立に成功。
  • 自動車メーカーのライン装着用のタイヤとして小型車・大型車・ハイパフォーマンスカーなどの用途にそれぞれ適応したタイヤを製造している。
  • 自転車用には先鋭的なレース用タイヤもある。

主なタイヤ製品編集

  • 乗用車用サマータイヤ
    • ContiSportContact 5P (CSC5P), ContiSportContact 5 (CSC5), ContiSportContact 3 (CSC3), ContiSportContact 2 (CSC2), ContiSportContact (CSC), ContiSportContact Vmax, Conti Force Contact (CFC)
    • ContiPremiumContact 2 (CPC2), ContiPremiumContact (CPC)
    • ContiEcoContact 5 (CEC5), ContiEcoContact 3 (CEC3), ContiEcoContact EP (EP), ContiEcoContact CP (CP)
    • ExtremeContact DW
  • 乗用車用スタッドレスタイヤ
    • ContiVikingContact 5, ContiVikingContact 3
    • ContiWinterContact TS810 Sport, ContiWinterContact TS810P, ContiWinterContact TS790V
  • SUV用タイヤ
    • ContiCrossContact UHP, Conti4x4SportsContact, Conti4x4Contact**ContiCrossContact Winter, Conti4x4WinterContact
  • バン用タイヤ
    • VancoContact 2, Vanco2, VancoContact

採用メーカー編集

関連項目編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Continental Automotive -The Automotive Group of Continental AG - Innovations for a Mobile Automotive Future”. conti-online.com. 2015年6月4日閲覧。
  2. ^ a b c d Continental Annual Report 2018”. Continental AG. 2020年8月27日閲覧。
  3. ^ “Continental Company (Pressemitteilung)”. Craft (Conti Media) 
  4. ^ https://www.continental.com/ja-jp/press/press-release/continental-driverless-vehicle-192410

外部リンク編集