カール・クリング

カール・クリングKarl Kling1910年9月16日 - 2003年3月18日)は、ドイツのレーシングドライバー。

カール・クリング
Karl Kling
Karl Kling El Gráfico.jpg
カール・クリング(1951年)
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地  ドイツ帝国
ヘッセン大公国の旗 ヘッセン大公国ギーセン
生年月日 (1910-09-16) 1910年9月16日
死没地 ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州コンスタンツ郡ガイエンホーフェン英語版
没年月日 (2003-03-18) 2003年3月18日(92歳没)
F1での経歴
活動時期 1954-1955
所属チーム メルセデス
出走回数 11 (11スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 2
通算獲得ポイント 17
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1954年フランスGP
最終戦 1955年イタリアGP
テンプレートを表示

概要編集

レーシングドライバーとしては1950年代にダイムラー・ベンツ(メルセデス・ベンツ)のワークスドライバーとして活躍した。

ダイムラー・ベンツが自動車レースに復帰した1952年のカレラ・パナメリカーナにおけるクリングの優勝はドイツ国内で高く評価され、レーシングドライバーとしては初めて、同国のスポーツマン・オブ・ザ・イヤー英語版に選ばれた。

1954年にF1参戦し、F1では表彰台を2度獲得し、1954年フランスグランプリのそれはドイツ人としては初のF1表彰台獲得であった。

ダイムラー・ベンツがF1から撤退した際にドライバーを引退し、その後は同社のスポーツ部門の責任者となり、1960年代に同社のラリーチームの監督を務めた[1][W 1]

その人柄はアルフレート・ノイバウアーから「ステアリングを握った紳士」(Gentleman am Steuer)と讃えられた[W 2]。チームメイトのファン・マヌエル・ファンジオはクリングを「正確で無駄のない、いかにもドイツ的な走り方をする」ドライバーと評した[2]

経歴編集

1936年にメルセデス・ベンツチームに加入し、テスト走行では良好なラップタイムを刻んだが、ダイムラー・ベンツの製造部門で働くこととなる。

ドライバー時代編集

 
300SL(1952年カレラ・パナメリカーナ優勝車)

第二次世界大戦が終結した後、ドイツ人は1945年から1949年にかけて国際レースの参加が不可能であったことから、ドイツ国内レースにBMWヴェリタス (自動車)英語版を駆って参戦し、1948年と1949年に2リッタースポーツカークラスで、ドイツのスポーツカー選手権でチャンピオンとなる[W 3]

1951年にメルセデス・ベンツチームに戻り、同チームがブエノスアイレスグランプリ英語版に遠征した際、メルセデス・ベンツ・W154で参戦した[W 3]

1952年に同チームから300SL英語版(W194)の1台を任され、5月に開催された初戦のミッレミリアで2位、11月のカレラ・パナメリカーナでは優勝を遂げる(どちらもハンス・クレンク英語版とのコンビ)[W 2]。この活躍から、1952年のドイツ・スポーツ・マン・オブ・ザ・イヤードイツ語版に選ばれた。

1954年フランスグランプリで、同チームがF1参戦を開始したのに伴い、クリングもF1でデビューした。初戦をチームメイトのファンジオに次ぐ2位で終えたものの[W 3]、F1の決勝レースではこれが最高位となり、翌1955年にチームが撤退するまで、ファンジオや1955年に加入したスターリング・モスに勝つことはできなかった。

監督時代編集

1955年末にダイムラー・ベンツがF1とスポーツカーレースから撤退したのに伴い、それまでチーム監督として同チームを率いていたアルフレート・ノイバウアーも引退し、クリングはノイバウアーの跡を引き継いでスポーツ部門の責任者に就任した[1][W 4][W 1]

ダイムラー・ベンツはサーキットレースからは撤退したものの、1956年以降もプライベーターを支援する形で活動を続け、クリングはラリーに参戦するプライベーターたちを支え、モンテカルロラリーアクロポリスラリー1000湖ラリーといった多くの国際的なラリーでメルセデス・ベンツ車両は優勝を遂げることとなる。1960年代前半のヨーロッパラリー選手権(ERC)では監督としてダイムラー・ベンツの自社チームを率い、1960年には同チームのヴァルター・ショックドイツ語版、1962年には同じくオイゲン・ベーリンガードイツ語版がヨーロッパラリーチャンピオンに輝いた[1][W 1]

クリングは1968年にダイムラー・ベンツを退職して引退したが、その後もコンサルタントとして同社のスポーツ部門に協力を続けた[W 3][W 2]

レース戦績編集

F1編集

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 WDC ポイント
1954年 ダイムラー・ベンツメルセデス W196 メルセデス M196 2.5 L8 ARG 500 BEL FRA
2
GBR
7
GER
4
SUI
Ret
ITA
Ret
ESP
5
5位 12
1955年 ARG
4*
MON 500 BEL
Ret
NED
Ret
GBR
3
ITA
Ret
11位 5
非選手権の結果

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1953年   ダイムラー・ベンツ   ハンス・クレンク英語版 メルセデス・ベンツ・300SL英語版(W194) S3.0 277 DNF DNF
1955年   ダイムラー・ベンツ   アンドレ・シモン英語版 メルセデス・ベンツ・300SLR S3.0 134 DNF DNF

ミッレミリア編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 総合順位 クラス順位
1952年   ダイムラー・ベンツ   ハンス・クレンク英語版 メルセデス・ベンツ・300SL英語版(W194) S+2.0 2位 2位

カレラ・パナメリカーナ編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 総合順位 クラス順位
1952年   ダイムラー・ベンツ   ハンス・クレンク英語版 メルセデス・ベンツ・300SL英語版(W194) S 1位 1位

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

書籍
  1. ^ a b c MB Quicksilver Century(Ludvigsen 1995)、p.428
  2. ^ ファンジオ自伝(高斎1984)、「15 2度目の世界チャンピオン:1954年」 pp.171–180
ウェブサイト
  1. ^ a b c Ten Mercedes-Benz rally highlights: worldwide adventures” (英語). Mercedes-Benz AG. 2021年6月28日閲覧。
  2. ^ a b c Karl Kling” (英語). Mercedes-AMG Formula One Team. 2021年6月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e Karl Kling (1910 - 2003)” (英語). Mercedes-Benz Group Media. 2022年1月30日閲覧。
  4. ^ Rallies and records” (英語). Mercedes-Benz Group Media. 2022年1月30日閲覧。

参考資料編集

書籍
  • Juan Manuel Fangio; Marcello Giambertone (1961). My Twenty Years of Racing. Temple Press Limited 
    • フアン・マヌエル・ファンジオ(著)、高斎正(訳)、1974-10-31、『ファンジオ自伝』、二玄社 ASIN B000J936IA
  • Karl Ludvigsen (1995-06). Mercedes-Benz Quicksilver Century. Transport Bookman Publications. ASIN 0851840515. ISBN 0-85184-051-5 

外部リンク編集

  • Karl Kling - Mercedes-Benz Group Media (英語)
  • Karl Kling - Mercedes-AMG Formula One Team (英語)
  • Karl Kling - Mercedes-Benz Public Archive (英語)