メインメニューを開く

1958年アルゼンチングランプリ (1958 Argentine Grand Prix) は、1958年のF1世界選手権第1戦(開幕戦)として、1958年1月19日ブエノスアイレス・サーキットで開催された。

アルゼンチン 1958年アルゼンチングランプリ
レース詳細
1958年F1世界選手権全11戦の第1戦
ブエノスアイレス・サーキット (レイアウトNo.2、1953-1960)
ブエノスアイレス・サーキット
(レイアウトNo.2、1953-1960)
日程 1958年1月19日
正式名称 VI Gran Premio de la Republica Argentina
開催地 ブエノスアイレス・サーキット
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス
コース 恒久的レース施設
コース長 3.912 km (2.431 mi)
レース距離 80周 312.96 km (194.48 mi)
ポールポジション
ドライバー マセラティ
タイム 1:42.0
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ
タイム 1:41.8
決勝順位
優勝 クーパー-クライマックス
2位 フェラーリ
3位 フェラーリ

レース概要編集

当レースは直前まで開催されるか揉めていた。開催は決まったものの、参加したのは6台のマセラティ前年ワークス活動を終えたため全車プライベート参戦)、3台のフェラーリ(全車ワークス)、そしてロブ・ウォーカー・レーシングチームクーパー1台の計10台という寂しい開幕戦となってしまった[1]。前年の王者ファン・マヌエル・ファンジオはどこのチームとも契約せず、自分の出たいレースに限って参戦する方針を立て、母国の当レースに参加した[2]。前年未勝利に終わったフェラーリは新車246(通称「ディーノ246」)を投入して立て直しを図る。スターリング・モスは所属するヴァンウォールが欠場したため、ロブ・ウォーカーのクーパーをドライブした。

レース序盤をリードしたジャン・ベーラマイク・ホーソーン、ファンジオらが予定通りレース半ばにタイヤ交換を済ませると、モスがトップに立った。モスのピット前にも交換するタイヤの準備がなされていたが、これは他チームを欺くための作戦であり、最初からタイヤ無交換で走りきることにしていた。レース終盤になってようやくモスのタイヤ無交換作戦に気づいたフェラーリは、2位のルイジ・ムッソにペースアップの指示を出したたものの時すでに遅く、モスがムッソに2.7秒差を付けて優勝した[3]

フロントエンジンのフェラーリ・246が車重560kgだったのに対し、ミッドシップクーパー・T43は僅か380kgで、まだ排気量が2.0Lしかなかったコヴェントリー・クライマックスエンジンの非力さを補い、ミッドシップ車及びプライベーターチームがF1で勝つ最初のレースとなった[4]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ファン・マヌエル・ファンジオ   スクーデリア・スッド・アメリカーナ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
4   ジャン・ベーラ   ケン・カバナ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
6   カルロス・メンディテギー   スクーデリア・スッド・アメリカーナ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
8   ハリー・シェル   ヨアキム・ボニエ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
10   パコ・ゴディア   パコ・ゴディア マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
12   ホレース・グールド   H.H. グールド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
14   スターリング・モス   RRCウォーカー・レーシングチーム クーパー T43 クライマックス FPF 2.0L L4 C
16   ルイジ・ムッソ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo143 2.4L V6 E
18   ピーター・コリンズ
20   マイク・ホーソーン
22   ヴォルフガング・フォン・トリップス 1
24   マステン・グレゴリー 1   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
26   ヨアキム・ボニエ 1
28   コリン・デイヴィス 1   オスカ・オートモビリ オスカ F2 オスカ 372 1.5L L4 P
30   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 1   ホセ・フロイラン・ゴンザレス マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
32   ロベルト・ミエレス 1   ロベルト・ミエレス マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
34   ルイジ・ピオッティ 1   ルイジ・ピオッティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
ソース:[5]
追記
  • ^1 - エントリーしたが出場せず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 2   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 1:42.0
2 20   マイク・ホーソーン フェラーリ 1:42.6 + 0.6
3 18   ピーター・コリンズ フェラーリ 1:42.6 + 0.6
4 4   ジャン・ベーラ マセラティ 1:42.7 + 0.7
5 16   ルイジ・ムッソ フェラーリ 1:42.9 + 0.9
6 6   カルロス・メンディテギー マセラティ 1:43.7 + 1.7
7 14   スターリング・モス クーパー-クライマックス 1:44.0 + 2.0
8 8   ハリー・シェル マセラティ 1:44.2 + 2.2
9 10   パコ・ゴディア マセラティ 1:49.3 + 7.3
10 12   ホレース・グールド マセラティ 1:51.7 + 9.7
ソース:[6]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 14   スターリング・モス クーパー-クライマックス 80 2:19:33.7 7 8
2 16   ルイジ・ムッソ フェラーリ 80 +2.7 5 6
3 20   マイク・ホーソーン フェラーリ 80 +12.6 2 4
4 2   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 80 +53.0 1 4 1
5 4   ジャン・ベーラ マセラティ 78 +2 Laps 4 2
6 8   ハリー・シェル マセラティ 77 +3 Laps 8
7 6   カルロス・メンディテギー マセラティ 76 +4 Laps 6
8 10   パコ・ゴディア マセラティ 75 +5 Laps 9
9 12   ホレース・グールド マセラティ 71 +9 Laps 10
Ret 18   ピーター・コリンズ フェラーリ 0 ハーフシャフト 3
ソース:[7]
追記

第1戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1999, p. 55)
  2. ^ (林信次 1999, p. 58)
  3. ^ (林信次 1999, p. 55,57)
  4. ^ (林信次 1999, p. 57)
  5. ^ Argentina 1958 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年1月28日閲覧。
  6. ^ Argentina 1958 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年1月27日閲覧。
  7. ^ 1958 Argentine Grand Prix”. formula1.com. 2014年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集