メインメニューを開く
1957年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1956 翌年: 1958
一覧: 開催国 | 開催レース
マセラティ・250Fをドライブしたファン・マヌエル・ファンジオがタイトルを獲得した。

1957年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第8回大会である[1]。1月13日のアルゼンチンで開幕し、9月8日のイタリアにおける最終戦まで全8戦で争われた。ファン・マヌエル・ファンジオが4連覇、自身5度目のタイトルを獲得した。

シーズン概要編集

シーズン開幕前にファンジオはチーム移籍を決断、マセラティに加入した。この移籍は大成功であったことが判明した。フェラーリにはピーター・コリンズエウジェニオ・カステロッティ、そして復帰したマイク・ホーソーンがいたものの、いずれも勝利することはなかった。カステロッティとアルフォンソ・デ・ポルターゴはシーズン中の第2戦前に相次いでの事故死と、1957年シーズンはフェラーリにとって悲惨なものとなった。

ファンジオがマセラティに加入したことで、スターリング・モスヴァンウォールに移籍した。ファンジオはシーズン4勝を挙げ、一方のモスは3勝を挙げた。ニュルブルクリンクでファンジオはピットストップで1分近くとどめられた後、最終ラップの前にコリンズとホーソーンを抜いて優勝した。

その年末、ファンジオは翌シーズンはフル参戦しないことを発表した。また、経済的理由のためマセラティはワークス活動を休止した。1957年シーズンは共有ドライブにポイントが分割配分された最後のシーズンであった。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース サーキット 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター タイヤ レポート
1   アルゼンチングランプリ オスカル・ガルベス 1月13日   スターリング・モス   スターリング・モス   ファン・マヌエル・ファンジオ   マセラティ P 詳細
2   モナコグランプリ モナコ 5月19日   ファン・マヌエル・ファンジオ   ファン・マヌエル・ファンジオ   ファン・マヌエル・ファンジオ   マセラティ P 詳細
3   インディ500 インディアナポリス 5月30日   パット・オコナー   ジム・ラスマン   サム・ハンクス   エパリー-オッフェンハウザー F 詳細
4   フランスグランプリ ルーアン・レゼサール 7月7日   ファン・マヌエル・ファンジオ   ルイジ・ムッソ   ファン・マヌエル・ファンジオ   マセラティ P 詳細
5   イギリスグランプリ アインツリー 7月20日   スターリング・モス   スターリング・モス   トニー・ブルックス
  スターリング・モス
  ヴァンウォール P 詳細
6   ドイツグランプリ ニュルブルクリンク 8月4日   ファン・マヌエル・ファンジオ   ファン・マヌエル・ファンジオ   ファン・マヌエル・ファンジオ   マセラティ P 詳細
7   ペスカーラグランプリ ペスカーラ 8月18日   ファン・マヌエル・ファンジオ   スターリング・モス   スターリング・モス   ヴァンウォール P 詳細
8   イタリアグランプリ モンツァ 9月8日   スチュアート・ルイス=エヴァンズ   トニー・ブルックス   スターリング・モス   ヴァンウォール P 詳細

全てのグランプリはF1車両参加が可能であったが、インディ500のみUSACナショナル・チャンピオンシップ車両に制限された。

エントリーリスト編集

チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ ドライバー 出場ラウンド
  オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ L6
マセラティ V12
P   ファン・マヌエル・ファンジオ 1-2, 4-8
  スターリング・モス 1
  ジャン・ベーラ 1-2, 4-8
  カルロス・メンディテギー 1-2, 4-6
  ハリー・シェル 1, 4-8
  ジョルジオ・スカルラッティ 2, 6-8
  ハンス・ヘルマン 2
  パコ・ゴディア 6-8
  スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 801 フェラーリ V8 E


P

  ピーター・コリンズ 1-2, 4-6, 8
  ルイジ・ムッソ 1, 4-8
  エウジェニオ・カステロッティ 1
  マイク・ホーソーン 1-2, 4-6, 8
  ヴォルフガング・フォン・トリップス 1-2, 8
  チェーザレ・ペルディーサ 1
  アルフォンソ・デ・ポルターゴ 1
  フロイラン・ゴンザレス 1
  モーリス・トランティニアン 2, 4-6
  スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ L6 P   ヨアキム・ボニエ 1, 7-8
  マステン・グレゴリー 2, 6-8
  アンドレ・シモン 2
  ハリー・シェル 2
  ハンス・ヘルマン 6
フェラーリ 500 フェラーリ L4   アレハンドロ・デ・トマソ 1
  ルイジ・ピオッティ マセラティ 250F マセラティ L6 P   ルイジ・ピオッティ 1-2, 7-8
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P25 BRM L4 D   ロン・フロックハート 2, 4, 6
  ロイ・サルヴァドーリ 2
  ハーバート・マッケイ=フレーザー 4
  ジャック・フェアーマン 5
  レス・レストン 5
  コンノート・エンジニアリング コンノート B アルタ L4 D   スチュアート・ルイス=エヴァンズ 2
  アイヴァー・ビューブ 2
  クーパー・カー・カンパニー クーパー T43
T43 (F2)†
クライマックス L4 A


D

  ジャック・ブラバム 2, 4-7
  レス・レストン 2
  マイク・マクドウェル 4
  ロイ・サルヴァドーリ 5-7
  ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール L4 P   スターリング・モス 2, 5-8
  トニー・ブルックス 2, 5-8
  スチュアート・ルイス=エヴァンズ 4-8
  ロイ・サルヴァドーリ 4
  H.H. グールド マセラティ 250F マセラティ L6 D   ホレース・グールド 2, 4-8
  ヨアキム・ボニエ マセラティ 250F マセラティ L6 P   ヨアキム・ボニエ 2, 5
  ジェリーノ・ジェリーニ マセラティ 250F マセラティ L6 P   ジェリーノ・ジェリーニ 2
  ギルビー・エンジニアリング マセラティ 250F マセラティ L6 D   アイヴァー・ビューブ 5
  ボブ・ジェラード クーパー T44 ブリストル L6 D   ボブ・ジェラード 5
  ブルース・ハルフォード マセラティ 250F マセラティ L6 D   ブルース・ハルフォード 6-8
  ポルシェ KG ポルシェ RS550 (F2) ポルシェ F4 -   ウンベルト・マグリオーリ 6
  エドガー・バース 6
  リッジウェイ・マネージメンツ クーパー T43 (F2)
T41 (F2)
クライマックス L4 D   トニー・マーシュ 6
  ポール・イングランド 6
  エキュリー・マールスベルゲン ポルシェ RS550 (F2) ポルシェ F4 D   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール 6
  ブライアン・ネイラー クーパー T43 (F2) クライマックス L4 D   ブライアン・ネイラー 6
  ディック・ギブソン クーパー T43 (F2) クライマックス L4 D   ディック・ギブソン 6
  オットリーノ・フォロンテリオ マセラティ 250F マセラティ L6 P   オットリーノ・フォロンテリオ 8
  アンドレ・シモン 8

ドイツグランプリのみ参戦

1957年のドライバーズランキング編集

ポイントは1位から順に5位まで 8-6-4-3-2 が与えられた。ファステストラップを記録したドライバーにもポイントが与えられた。

順位 ドライバー ARG
 
MON
 
500
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
PSC
 
ITA
 
ポイント
1   ファン・マヌエル・ファンジオ 1 1 1 Ret 1 2 2 40 (46)
2   スターリング・モス 8 Ret 1† / Ret† 5 1 1 25
3   ルイジ・ムッソ Ret 2 2 4 Ret 8 16
4   マイク・ホーソーン Ret Ret† / Ret 4 3 2 6 13
5   トニー・ブルックス 2 1† / Ret† 9 Ret 7 11
6   マステン・グレゴリー 3 8 4 4 10
7   ハリー・シェル 4 Ret† / Ret 5 Ret 7 3 5† / Ret 10
8   サム・ハンクス 1 8
9   ピーター・コリンズ 6† / Ret Ret 3 Ret / 4†‡ 3 12 8
10   ジム・ラスマン 2 7
11   ジャン・ベーラ 2 6 Ret 6 Ret 14 6
12   スチュアート・ルイス=エヴァンズ 4 Ret 7 Ret 5 13 5
13   モーリス・トランティニアン 5 Ret 4† 5
14   ヴォルフガング・フォン・トリップス 6† Ret† 3 4
15   カルロス・メンディテギー 3 Ret Ret Ret 4
16   ジミー・ブライアン 3 4
17   ポール・ルッソ 4 3
18   ロイ・サルヴァドーリ DNQ Ret 5 Ret 2
19   アンディ・リンデン 5 2
20   ジョルジオ・スカルラッティ Ret† 10 6 5† 1
21   アルフォンソ・デ・ポルターゴ 5† 1
22   フロイラン・ゴンザレス 5† 1
-   ジャック・ブラバム 6 7† / Ret Ret 7 0
-   ジョニー・ボイド 6 0
-   ボブ・ジェラード 6 0
-   チェーザレ・ペルディーサ 6† 0
-   ヨアキム・ボニエ 7 Ret Ret 17 0
-   マーシャル・ティーグ 7 0
-   マイク・マクドウェル 7† 0
-   アイヴァー・ビューブ Ret 8 0
-   パット・オコナー 8 0
-   パコ・ゴディア Ret Ret 9 0
-   アレッサンドロ・デ・トマソ 9 0
-   ボブ・ヴェイス 9 0
-   ルイジ・ピオッティ 10 DNQ Ret 18 0
-   ホレース・グールド Ret Ret DNS Ret Ret 10 0
-   ジーン・ハートレイ 10 0
-   ブルース・ハルフォード 11 Ret 15 0
-   ジャック・ターナー 11 0
-   オットリーノ・フォロンテリオ 11† 0
-   アンドレ・シモン DNQ 11† 0
-   ジョニー・トムソン 12 0
-   ボブ・クリスティ 13 0
-   チャック・ウェイアント 14 0
-   トニー・ベッテンハウゼン 15 0
-   ジョニー・パーソンズ 16 0
-   ドン・フリーランド 17 0
-   ロン・フロックハート Ret Ret 0
-   ハンス・ヘルマン DNQ Ret 0
-   レス・レストン DNQ Ret 0
-   エウジェニオ・カステロッティ Ret 0
-   ジミー・リース Ret 0
-   ドン・エドマンズ Ret 0
-   ジョニー・トーラン Ret 0
-   アル・ハーマン Ret 0
-   フレッド・アガバシアン Ret 0
-   エディ・ザックス Ret 0
-   マイク・マギル Ret 0
-   エディー・ジョンソン Ret 0
-   ビル・チーズバーグ Ret 0
-   アル・ケラー Ret 0
-   ジミー・デイウォルト Ret 0
-   エド・エリシアン Ret 0
-   ロジャー・ワード Ret 0
-   トロイ・ラットマン Ret 0
-   エディ・ルッソ Ret 0
-   エルマー・ジョージ Ret 0
-   ハーバート・マッケイ=フレーザー Ret 0
-   ジャック・フェアーマン Ret 0
順位 ドライバー ARG
 
MON
 
500
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
PSC
 
ITA
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)
  • 斜体:ファステストラップ (1ポイントが与えられた。同タイムのドライバーがいた場合平等に割り当てられた。)
  • 太字ポールポジション
  • † 順位は同じ車両を使用したドライバーに配分された
  • ‡ 走行ラップが少なかったためポイントは与えられなかった
  • ベスト5戦のみがポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

ノンタイトル戦結果編集

参照編集

  1. ^ 1974 FIA Yearbook, Grey section, pages 118-119

外部リンク編集