メインメニューを開く

1958年ベルギーグランプリ (1958 Belgian Grand Prix) は、1958年のF1世界選手権第5戦として、1958年6月15日スパ・フランコルシャンで開催された。

ベルギー 1958年ベルギーグランプリ
レース詳細
1958年F1世界選手権全11戦の第5戦
スパ・フランコルシャン(1947-1978)
スパ・フランコルシャン(1947-1978)
日程 1958年6月15日
正式名称 XIX GROTE PRIJS VAN BELGIE
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギーの旗 ベルギー スパ
コース 恒久的レース施設
コース長 14.12 km (8.774 mi)
レース距離 24周 338.880 km (210.576 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 3:57.1
ファステストラップ
ドライバー イギリス マイク・ホーソーン フェラーリ
タイム 3:58.3
決勝順位
優勝 ヴァンウォール
2位 フェラーリ
3位 ヴァンウォール

当レースには「ヨーロッパグランプリ」の冠がかけられた[1]

レース概要編集

2年ぶりの開催となったスパ・フランコルシャンはピットが直線状に広いものに建て替えられ、コース全体を再舗装した。レース距離も従来の36周から24周に短縮された[2]

スターリング・モスピーター・コリンズがレース序盤で消え、トニー・ブルックスマイク・ホーソーンスチュアート・ルイス=エヴァンズの上位3台はいずれもトラブルを抱えて(ブルックスはギアボックス、ホーソーンはエンジン、ルイス=エヴァンズはサスペンション)のフィニッシュだった[3]。ブルックスは前年のイギリスGP以来の通算2勝目だが、前回はモスと車両を共有して優勝したため、1人での優勝は初となる。クリフ・アリソンが4位となり、アリソン及びロータスはF1初入賞を果たした。マリア・テレーザ・デ・フィリッピスが女性ドライバー初の決勝進出を果たし、10位で完走した[3]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   スターリング・モス   ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール 254 2.5L L4 D
4   トニー・ブルックス
6   スチュアート・ルイス=エヴァンズ
8   ジャン・ベーラ   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P25 BRM P25 2.5L L4 D
10   ハリー・シェル
12   ロン・フロックハート 1
14   ピーター・コリンズ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo143 2.4L V6 E
16   マイク・ホーソーン
18   ルイジ・ムッソ
20   オリビエ・ジャンドビアン
22   ジャック・ブラバム   クーパー・カー・カンパニー クーパー T45 クライマックス FPF 2.2L L4 D
24   ロイ・サルヴァドーリ クライマックス FPF 2.0L L4
26   マリア・テレーザ・デ・フィリッピス   マリア・テレーザ・デ・フィリッピス マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
28   モーリス・トランティニアン   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
30   マステン・グレゴリー
32   ヴォルフガング・ザイデル
34   ケン・カバナ   ケン・カバナ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
36   ヨアキム・ボニエ   ヨアキム・ボニエ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
38   パコ・ゴディア   パコ・ゴディア マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
40   クリフ・アリソン   チーム・ロータス ロータス 12 クライマックス FPF 2.0L L4 D
42   グラハム・ヒル
ソース:[4]
追記
  • ^1 - フロックハートは負傷のため欠場[5]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 16   マイク・ホーソーン フェラーリ 3:57.1
2 18   ルイジ・ムッソ フェラーリ 3:57.5 + 0.4
3 2   スターリング・モス ヴァンウォール 3:57.6 + 0.5
4 14   ピーター・コリンズ フェラーリ 3:57.7 + 0.6
5 4   トニー・ブルックス ヴァンウォール 3:59.1 + 2.0
6 20   オリビエ・ジャンドビアン フェラーリ 3:59.3 + 2.2
7 10   ハリー・シェル BRM 4:04.5 + 7.4
8 22   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 4:05.1 + 8.0
9 30   マステン・グレゴリー マセラティ 4:05.4 + 8.3
10 8   ジャン・ベーラ BRM 4:06.2 + 9.1
11 6   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 4:07.2 + 10.1
12 40   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 4:07.7 + 10.6
13 24   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 4:15.6 + 18.5
14 36   ヨアキム・ボニエ マセラティ 4:15.7 + 18.6
15 42   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 4:17.8 + 20.7
16 28   モーリス・トランティニアン マセラティ 4:21.7 + 24.6
17 32   ヴォルフガング・ザイデル マセラティ 4:21.9 + 24.8
18 38   パコ・ゴディア マセラティ 4:24.5 + 27.4
19 26   マリア・テレーザ・デ・フィリッピス マセラティ 4:31.0 + 33.9
20 34   ケン・カバナ マセラティ 4:45.3 + 48.2
ソース:[6]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 4   トニー・ブルックス ヴァンウォール 24 1:37:06.3 5 8
2 16   マイク・ホーソーン フェラーリ 24 +20.7 1 7 1
3 6   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 24 +3:00.9 11 4
4 40   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 24 +4:15.5[7] 12 3
5 10   ハリー・シェル BRM 23 +1 Lap 7 2
6 20   オリビエ・ジャンドビアン フェラーリ 23 +1 Lap 6
7 28   モーリス・トランティニアン マセラティ 23 +1 Lap 16
8 24   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 23 +1 Lap 13
9 36   ヨアキム・ボニエ マセラティ 22 +2 Laps 14
10 26   マリア・テレーザ・デ・フィリッピス マセラティ 22 +2 Laps 19
Ret 38   パコ・ゴディア マセラティ 22 エンジン 18
Ret 22   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 16 オーバーヒート 8
Ret 42   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 12 エンジン 15
Ret 18   ルイジ・ムッソ フェラーリ 5 アクシデント 2
Ret 14   ピーター・コリンズ フェラーリ 5 オーバーヒート 4
Ret 8   ジャン・ベーラ BRM 5 油圧 10
Ret 32   ヴォルフガング・ザイデル マセラティ 4 ハーフシャフト 17
Ret 2   スターリング・モス ヴァンウォール 0 エンジン 3
Ret 30   マステン・グレゴリー マセラティ 0 エンジン 9
DNS 34   ケン・カバナ マセラティ エンジン
ソース:[8]
追記

第5戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当時は毎年各国の持ち回りにより、その年の最も権威のあるレースに対して「ヨーロッパGP」の冠がかけられていた。
  2. ^ 本年よりレースの最低走行距離が300kmまたは2時間に減少している。
  3. ^ a b (林信次 1999, p. 57)
  4. ^ Belgium 1958 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年2月1日閲覧。
  5. ^ Belgium 1958 - Result”. statsf1.com. 2018年2月1日閲覧。
  6. ^ Belgium 1958 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年2月1日閲覧。
  7. ^ Lang, Mike (1981). Grand Prix! Vol 1. Haynes Publishing Group. p. 131. ISBN 0-85429-276-4. 
  8. ^ 1958 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2014年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集