メインメニューを開く

1958年フランスグランプリ (1958 French Grand Prix) は、1958年のF1世界選手権第6戦として、1958年7月6日ランス・サーキットで開催された。

フランス 1958年フランスグランプリ
レース詳細
1958年F1世界選手権全11戦の第6戦
ランス・サーキット(1954-1972)
ランス・サーキット(1954-1972)
日程 1958年7月6日
正式名称 XLIV Grand Prix de l'ACF
開催地 ランス・サーキット
フランスの旗 フランス ランス
コース 公道コース
コース長 8.302 km (5.159 mi)
レース距離 50周 415.1 km (257.95 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 2:21.7
ファステストラップ
ドライバー イギリス マイク・ホーソーン フェラーリ
タイム 2:24.9
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 ヴァンウォール
3位 フェラーリ

レース概要編集

ファン・マヌエル・ファンジオは開幕戦アルゼンチンGP以来の参戦で、彼がドライブするマセラティ・250Fは軽量化やホイールベースの短縮などの改修が行われた事実上のワークス仕様で、通称「ピッコロ」と呼ばれた[1]

予選はマイク・ホーソーンポールポジションを獲得し、チームメイトのルイジ・ムッソが2位に続いた。決勝も両者同じ順位で推移したが、10周目にホーソーンの前へ出るべくスピードを上げていたムッソがカーブで曲がりきれずクラッシュしてしまう。マシンは何度も横転しながら大破し、ムッソ自身は即死だった。F1の死亡事故1954年ドイツGPオノフレ・マリモン以来2件目で、決勝レースでは初の死亡事故となった。ホーソーンはその後も首位を譲らずポール・トゥ・ウィン1954年スペインGP以来4年ぶりの優勝(通算3勝目)を果たし、フェラーリ1956年ドイツGP以来2年ぶりの勝利をもたらした。スターリング・モスジャン・ベーラとの競り合いに勝って2位となり、チャンピオン争いはホーソーンとモスが23点で並び白熱の度を増した。ファンジオはレース前半で一時2位となったが4位でフィニッシュした。レース終盤に首位のホーソーンがファンジオの背後に追いつくが、ファンジオに敬意を表して周回遅れにするのを踏みとどまった。そしてファンジオは当レースをもって引退を決め、渡欧後10年のレース活動に終止符を打った[2]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ルイジ・ムッソ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo143 2.4L V6 E
4   マイク・ホーソーン
6   ヴォルフガング・フォン・トリップス
8   スターリング・モス   ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール 254 2.5L L4 D
10   トニー・ブルックス
12   スチュアート・ルイス=エヴァンズ
14   ジャン・ベーラ   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P25 BRM P25 2.5L L4 D
16   ハリー・シェル
18   モーリス・トランティニアン
20   ロイ・サルヴァドーリ   クーパー・カー・カンパニー クーパー T45 クライマックス FPF 2.0L L4 D
22   ジャック・ブラバム クライマックス FPF 2.2L L4
24   グラハム・ヒル   チーム・ロータス ロータス 16 クライマックス FPF 2.2L L4 D
26   クリフ・アリソン 12 クライマックス FPF 2.0L L4
28   キャロル・シェルビー   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
30   トロイ・ラットマン
32   ジェリーノ・ジェリーニ
34   ファン・マヌエル・ファンジオ   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
36   フィル・ヒル   ヨアキム・ボニエ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
38   ヨアキム・ボニエ
40   パコ・ゴディア   パコ・ゴディア マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
42   ピーター・コリンズ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo143 2.4L V6 E
ソース:[3]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 4   マイク・ホーソーン フェラーリ 2:21.7
2 2   ルイジ・ムッソ フェラーリ 2:22.4 + 0.7
3 16   ハリー・シェル BRM 2:23.1 + 1.4
4 42   ピーター・コリンズ フェラーリ 2:23.3 1 + 1.6
5 10   トニー・ブルックス ヴァンウォール 2:23.4 + 1.7
6 8   スターリング・モス ヴァンウォール 2:23.7 + 2.0
7 18   モーリス・トランティニアン BRM 2:23.7 + 2.0
8 34   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 2:24.0 + 2.3
9 14   ジャン・ベーラ BRM 2:24.2 + 2.5
10 12   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 2:25.3 + 3.6
11 40   パコ・ゴディア 2 マセラティ 2:27.1 + 5.4
12 22   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 2:27.3 + 5.6
13 36   フィル・ヒル マセラティ 2:29.5 + 7.8
14 20   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 2:30.0 + 8.3
15 32   ジェリーノ・ジェリーニ マセラティ 2:30.7 + 9.0
16 38   ヨアキム・ボニエ マセラティ 2:30.9 + 9.2
17 28   キャロル・シェルビー マセラティ 2:32.0 + 10.3
18 30   トロイ・ラットマン マセラティ 2:36.0 + 14.3
19 24   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 2:40.9 + 19.2
20 26   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 2:49.7 + 28.0
21 6   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ No Time
ソース:[4][5]
追記
  • ^1 - タイムはフォン・トリップスのマシンで記録したもの。コリンズのマシンによるタイムは2:24.0
  • ^2 - タイムはファンジオが記録した

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 4   マイク・ホーソーン フェラーリ 50 2:03:21.3 1 9 1
2 8   スターリング・モス ヴァンウォール 50 + 24.6 6 6
3 6   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 50 + 59.7 21 4
4 34   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 50 + 2:30.6 8 3
5 42   ピーター・コリンズ フェラーリ 50 + 5:24.9 4 2
6 22   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 49 + 1 Lap 12
7 36   フィル・ヒル マセラティ 49 + 1 Lap 13
8 38   ヨアキム・ボニエ マセラティ 48 + 2 Laps 16
9 32   ジェリーノ・ジェリーニ マセラティ 47 + 3 Laps 15
10 30   トロイ・ラットマン マセラティ 45 + 5 Laps 18
11 20   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 37 + 13 Laps 14
Ret 16   ハリー・シェル BRM 41 オーバーヒート 3
Ret 14   ジャン・ベーラ BRM 41 燃料ポンプ 9
Ret 12   スチュアート・ルイス=エヴァンズ
  トニー・ブルックス
ヴァンウォール 35 エンジン 10
Ret 24   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 33 オーバーヒート 19
Ret 40   パコ・ゴディア マセラティ 28 アクシデント 11
Ret 18   モーリス・トランティニアン BRM 23 燃料ポンプ 7
Ret 10   トニー・ブルックス ヴァンウォール 16 エンジン 5
Ret 2   ルイジ・ムッソ フェラーリ 9 事故死 2
Ret 28   キャロル・シェルビー マセラティ 9 エンジン 17
Ret 26   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 6 エンジン 20
ソース:[6]
追記

第6戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1999, p. 66)
  2. ^ (林信次 1999, p. 58)
  3. ^ France 1958 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年2月4日閲覧。
  4. ^ France 1958 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年2月4日閲覧。
  5. ^ (林信次 1999, p. 119)
  6. ^ 1958 French Grand Prix”. formula1.com. 2014年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集