メインメニューを開く

1959年ドイツグランプリ (1959 German Grand Prix) は、1959年のF1世界選手権第6戦として、1959年8月2日アヴスで開催された。

西ドイツ 1959年ドイツグランプリ
レース詳細
1959年F1世界選手権全9戦の第6戦
Circuit AVUS.svg
日程 1959年8月2日
正式名称 XXI Grosser Preis von Deutschland
開催地 アヴス
西ドイツの旗 西ドイツ 西ベルリン
コース 公道コース/恒久的レース施設
コース長 8.300 km (5.157 mi)
レース距離 30周x2ヒート=60周 498.00 km (309.42 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 2:05.9
ファステストラップ
ドライバー イギリス トニー・ブルックス フェラーリ
タイム 2:04.5 (18周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 フェラーリ

21回目のドイツグランプリは前年までのニュルブルクリンクから1926年以来のアヴスに変更され、30周の2ヒート制、498kmで行われた。

レース概要編集

アヴスは平行する2本の長い直線とそれをつなぐ2つのコーナーだけというシンプルなサーキットで、南側にあるコーナーは平坦だが、北側のコーナーは43度の急峻なバンクになっていて、路面はレンガ敷きでバンクの最上部にはバリアすらなく、別名「死の壁」と呼ばれた。超高速に起因するタイヤのトラブルが懸念されたため、2ヒート制でレースを行うことになった。最初から2ヒート制で開催されたのはF1世界選手権では当レースのみである[1]

フランスGP後にフェラーリを去ったジャン・ベーラは、前年の世界スポーツカー選手権参戦時にポルシェと契約していた関係で、独自にスポーツカー仕様のRSKF2仕様に改造した「ベーラ・ポルシェ」で当レースにエントリーしたが[2]、決勝前日に行われた前座のスポーツカーレースで雨の中RSKスパイダーを走らせた際に「死の壁」でスピンを喫し、車両から投げ出されてコース外の旗ざおにぶつかり、その際に頭蓋骨を骨折して亡くなった(詳細はジャン・ベーラ#最後のシーズンと死を参照)。

パワーサーキットのアヴスではパワーに勝るフェラーリが表彰台を独占した。イギリス人のトニー・ブルックスが優勝、アメリカ人のダン・ガーニーフィル・ヒルが2位と3位になった。ガーニーはデビュー2戦目で表彰台に立った。当レースはロブ・ウォーカー・レーシングチームクーパーを走らせたスターリング・モスはヒート1の序盤でリタイア、ドライバーズランキング首位のジャック・ブラバムもヒート1の15周でリタイアした。モスに代わってBRPBRMを走らせた地元出身のハンス・ヘルマンがヒート2の途中で大クラッシュを喫し、宙を飛ぶマシンからヘルマンが振り落とされるアクシデントが発生したが、奇跡的にかすり傷一つ負わなかった[3]

ドライバーズチャンピオン争いは、2位のブルックスが首位のブラバムとの差を4点に縮め、ポイントを獲得したヨアキム・ボニエモーリス・トランティニアンが4-5位に順位を上げた。コンストラクターズチャンピオン争いは、2位のフェラーリが首位のクーパーとの差を5点に縮めた。

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン
1   ジャック・ブラバム   クーパー・カー・カンパニー クーパー T51 クライマックス FPF 2.5L L4
2   ブルース・マクラーレン
3   マステン・グレゴリー
4   トニー・ブルックス   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo155 2.4L V6
5   フィル・ヒル
6   ダン・ガーニー
7   スターリング・モス   RRC ウォーカー・レーシングチーム クーパー T51 クライマックス FPF 2.5L L4
8   モーリス・トランティニアン
9   ヨアキム・ボニエ   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P25 BRM P25 2.5L L4
10   ハリー・シェル
11   ハンス・ヘルマン   ブリティッシュ・レーシング・パートナーシップ BRM P25 BRM P25 2.5L L4
12   ジャン・ベーラ 1   ジャン・ベーラ ポルシェ ベーラ ポルシェ 547/3 1.5L F4
14   ヴォルフガング・フォン・トリップス 2   ポルシェ KG ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
15   イネス・アイルランド   チーム・ロータス ロータス 16 クライマックス FPF 2.5L L4
16   グラハム・ヒル
17   クリフ・アリソン   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo155 2.4L V6
18   イアン・バージェス   スクーデリア・セントロ・スッド クーパー T51 マセラティ 250S 2.5L L4
19   フリッツ・ドーリー 2 マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6
ソース:[4]
追記
  • タイヤは全車ダンロップ
  • ^1 - 予選前のサポートレースで事故死
  • ^2 - エントリーしたが出場せず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 4   トニー・ブルックス フェラーリ 2:05.9
2 7   スターリング・モス クーパー-クライマックス 2:06.8 + 0.9
3 6   ダン・ガーニー フェラーリ 2:07.2 + 1.3
4 1   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 2:07.4 + 1.5
5 3   マステン・グレゴリー クーパー-クライマックス 2:07.5 + 1.6
6 5   フィル・ヒル フェラーリ 2:07.6 + 1.7
7 9   ヨアキム・ボニエ BRM 2:10.3 + 4.4
8 10   ハリー・シェル BRM 2:10.4 + 4.5
9 2   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 2:10.5 + 4.6
10 16   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 2:10.8 + 4.9
11 11   ハンス・ヘルマン BRM 2:11.4 + 5.5
12 8   モーリス・トランティニアン クーパー-クライマックス 2:12.7 + 6.8
13 15   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 2:14.6 + 8.7
14 17   クリフ・アリソン 1 フェラーリ 2:05.8 - 0.1
15 18   イアン・バージェス クーパー-マセラティ 2:18.9 + 13.0
ソース:[5]
追記
  • ^1 - アリソンはポールポジションのブルックスより速いタイムを出したが、予備ドライバーとしてエントリーされていたため14番グリッドに降格した[6]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 4   トニー・ブルックス フェラーリ 60 2:09:31.6 1 9 1
2 6   ダン・ガーニー フェラーリ 60 + 2.9 3 6
3 5   フィル・ヒル フェラーリ 60 + 1:04.8 6 4
4 8   モーリス・トランティニアン クーパー-クライマックス 59 + 1 Lap 12 3
5 9   ヨアキム・ボニエ BRM 58 + 2 Laps 7 2
6 18   イアン・バージェス クーパー-マセラティ 56 + 4 Laps 15
7 10   ハリー・シェル BRM 49 + 11 Laps 8
Ret 2   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 36 トランスミッション 9
Ret 11   ハンス・ヘルマン BRM 36 アクシデント 11
Ret 3   マステン・グレゴリー クーパー-クライマックス 23 エンジン 5
Ret 1   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 15 トランスミッション 4
Ret 16   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 10 ギアボックス 10
Ret 15   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 7 ディファレンシャル 13
Ret 17   クリフ・アリソン フェラーリ 2 クラッチ 14
Ret 7   スターリング・モス クーパー-クライマックス 1 トランスミッション 2
DNS 12   ジャン・ベーラ ポルシェ サポートレースで事故死
DNS 14   ヴォルフガング・フォン・トリップス ポルシェ 撤退
ソース:[7]
追記

第6戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1999, p. 80-81)
  2. ^ (林信次 1999, p. 79,81,89)
  3. ^ (林信次 1999, p. 81)
  4. ^ Germany 1959 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ Germany 1959 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年3月5日閲覧。
  6. ^ Germany 1959 - Starting grid”. statsf1.com. 2018年3月5日閲覧。
  7. ^ 1959 German Grand Prix”. formula1.com. 2014年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集