メインメニューを開く

1960年オランダグランプリ

1960年オランダグランプリ (IX Grote Prijs van Nederland) は、1960年のF1世界選手権第4戦として、1960年6月6日ザントフォールト・サーキットで開催された。

オランダの旗 1960年オランダグランプリ
レース詳細
1960年F1世界選手権全10戦の第{{{Race_No}}}戦
Zandvoort original layout
Zandvoort original layout
日程 1960年シーズン第4戦
決勝開催日 6月6日
開催地 ザントフォールト・サーキット
オランダ 北ホラント州ザントフォールト
コース Permanent racing facility
コース長 4.193km
レース距離 75周(314.47km)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 1:33.2
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 スターリング・モス ロータス-クライマックス
タイム 1.33.8
決勝順位
優勝 クーパー-クライマックス
2位 ロータス-クライマックス
3位 BRM

レース中、ダン・ガーニーのマシンがブレーキトラブルのためタルザン・コーナーでコースアウトして事故が発生、観客2人が死亡した[1]。この観客は立ち入りが禁止されている区域にいた[2][3]

レース概要編集

背景編集

 
ジム・クラークのデビュー戦であった。(写真は1966年)

モナコグランプリでの大事故でクリフ・アリソンがシリーズから撤退し、フェラーリが本グランプリに投入したのは3台のみであった。フィル・ヒルリッチー・ギンサーディーノ・246F1をドライブし、ヴォルフガング・フォン・トリップスはリアエンジン駆動のディーノ・246Pをドライブしたが、これは今まで使用されたことの無いマシンであった。チーム・ロータスもレギュラードライバーのイネス・アイルランドアラン・ステイシーに加えて、ジム・クラークが起用され3台体制となった。クラークは本グランプリがデビュー戦となり、その後1963年と65年にタイトルを獲得、その他にも多くの記録を達成し、60年代最も成功したドライバーの1人となった。

クーパーとBRMは前戦と代わらぬ体制で参戦した。スカラブもランス・リヴェントロウチャック・デイの2台体制であった。アストンマーティンはシーズンの序盤2戦を欠場し、本GPが初戦となり、ロイ・サルヴァドーリがアストンマーティン・DBR4をドライブした。他のプライベーターはクーパー・T51およびロータス・18で参戦した。スターリング・モスはRRCウォーカー・レーシングからロータス・18をドライブし、ヨーマン・クレジット・レーシングチームはクーパー・T51をクリス・ブリストウ、トニー・ブルックスとヘンリー・テイラーに託した。テイラーは今シーズン初のレースであった。また、スクーデリア・セントロ・スッドはモーリス・トランティニアンとマステン・グレゴリーの2台体制で参加した。カレル・ゴダン・ド・ボーフォールはエキュリー・マールスベルゲンからクーパー・T51で参戦したが、彼にとっては今シーズン唯一の参加であった。

ドライバーズランキングはブルース・マクラーレンがスターリング・モス、ジム・ラスマンを抑えてリードしていた。ラスマンは1960年のインディ500で優勝していたが、他のレースには参加しておらず、マクラーレンのチームメイトで前年チャンピオンのジャック・ブラバムは開幕戦でノーポイントに終わっていた。コンストラクターズランキングではクーパーがトップに立ち、フェラーリ、ロータス、BRMがこれに続いた。

予選編集

モスは最速タイムを記録し、6回目のポールポジションを獲得した。2位は0.2秒差でブラバムが続いた。3位にはアイルランドが入り、3台のBRM、ヨー・ボニエ、グラハム・ヒル、ダン・ガーニーを抑えた。グリッド中団はクーパーとロータスが分け合った。ブリストウがステーシー、マクラーレン、ブルックスを抑えて7位に入る。クラークはデビュー戦を11番グリッドからスタートすることとなった。唯一のフロントエンジン車となったフェラーリは後方に沈み、ギンサーはポールタイムから3秒遅れと、フロントエンジン車の時代が終わったことを示した。

予選後にいくつかのチームとドライバーが賞金について主催者と口論になった。この論争はスカラブ、アストンマーティンとマステン・グレゴリーに影響を与えた。

決勝編集

 
ダン・ガーニーの事故。
 
観客が死亡したが、ダン・ガーニーは無傷であった。

ブラバムはモスとのスタート勝負を制し、1周目からレースをリードした。モスの後にはアイルランドとステイシーが続き、ブラバムは3台のロータスを従えて走行した。2周目にステーシーはチームメイトのアイルランドを抜くが、すぐ後に抜き返された。その後方ではマクラーレンがフィル・ヒルを追い越した。3台のロータスが2位争いを繰り広げ、ブラバムは数秒間逃げることができた。4周目にはブルックスはギアボックスのトラブルで脱落した。マクラーレンは8周目にトランスミッションのトラブルでリタイアした。ブリストウは9周目にエンジントラブルでリタイアした。

レースはその後、ダン・ガーニーの重大事故の陰に隠れることとなった。5周目にガーニーは急なヘアピンカーブでブレーキトラブルのためコースアウト、マシンは転覆した。彼のマシンは制限区域に侵入していた観客と衝突し、観客は死亡した。大きな事故にも関わらず、ガーニーは無傷であった。この事故は1960年シーズンにおける一連の死亡事故の最初となった。ベルギーGPではステーシーとブリストウが死亡事故を起こしている。

他車のリタイアとオーバーテイクによってクラークはチームメイトのアイルランド、ステーシーに続く5位に浮上した。ブラバムは17周目に縁石でダメージを受け、モスはパンクが生じていた。モスはピットインしてパンクを修理、コースに復帰した。一方ロータスの3名、アイルランド、ステイシー、クラークはそれぞれ順位を上げ、グラハム・ヒルはこの3名の一角を崩し、クラークを追い抜いた。

トランティニアンは39周目にギアボックスのトラブルでリタイアした。クラークは42周目にトランスミッションのトラブルによりリタイアする。その後54周目にはフィル・ヒルとボニエが共にエンジントラブルでリタイアした。57周目にはステイシーがチームメイトのクラーク同様トランスミッションのトラブルでリタイアした。

ブラバムは全てのラップをリードして、アイルランドに24秒差で勝利した。このレースはブラバムのシーズン初勝利であった。ブラバムはこの後5連勝を果たす。クーパーにとってはオランダでの唯一の勝利となった。1960年シーズンは序盤4戦で4名の勝者が出ることとなった。アイルランド、グラハム・ヒルは初の表彰台を獲得した。モスはいくつかの対戦相手を追い抜き、グラハム・ヒルに次いで4位に入った。フェラーリのフォン・トリップスとギンサーは5位、6位となりポイントを獲得した。テイラーとド・ボーフォールがこれに続いた。ファステストラップはモスが記録した。ドライバーズランキングはマクラーレン、モスの順位は変わらず、ブラバムは4位、アイルランドは5位に浮上した。コンストラクターズランキングではクーパーがリードを7ポイントに広げ、ロータスはフェラーリを抜いて2位に浮上した。


エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー シャシー エンジン タイヤ
  スクーデリア・フェラーリ 01   フィル・ヒル フェラーリ・ディーノ246F1 フェラーリ 2.4 V6 D
02   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ・ディーノ246F1
フェラーリ・ディーノ246P
03   リッチー・ギンサー フェラーリ・ディーノ256F1
  チーム・ロータス 04   イネス・アイルランド ロータス・18 クライマックス 2.5 L4 D
05   アラン・ステイシー
06   ジム・クラーク
  ロブ・ウォーカー・レーシングチーム 07   スターリング・モス ロータス・18 クライマックス 2.5 L4 D
  ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 08   クリス・ブリストウ クーパー・T51 クライマックス 2.5 L4 D
09   トニー・ブルックス
10   ヘンリー・テイラー
  クーパー・カー・カンパニー 11   ジャック・ブラバム クーパー・T53 クライマックス 2.5 L4 D
12   ブルース・マクラーレン
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 14   ヨアキム・ボニエ BRM・P48 BRM 2.5 L4 D
15   ダン・ガーニー
16   グラハム・ヒル
  デヴィッド・ブラウン・コーポレーション 17   ロイ・サルヴァドーリ アストンマーティン・DBR4 アストンマーティン 2.5 L6 D
  スクーデリア・セントロ・スッド 18   モーリス・トランティニアン クーパー・T51 マセラティ 2.5 L4 D
19   マステン・グレゴリー
  エキュリー・マールスベルゲン 20   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール クーパー・T51 クライマックス 1.5 L4 D
  リヴェントロウ・オートモビルズ・インク 21   ランス・リヴェントロウ スカラブ・タイプ1 スカラブ 2.4 L4 D
22   チャック・デイ

結果編集

予選編集

順位 ドライバー コンストラクター タイム 最高速 グリッド
01   スターリング・モス ロータス-クライマックス 1:33.2 161.96 km/h 01
02   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 1:33.4 161.61 km/h 02
03   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 1:33.9 160.75 km/h 03
04   ヨアキム・ボニエ BRM 1:34.3 160.07 km/h 04
05   グラハム・ヒル BRM 1:35.1 158.73 km/h 05
06   ダン・ガーニー BRM 1:35.2 158.56 km/h 06
07   クリス・ブリストウ クーパー-クライマックス 1:35.3 158.39 km/h 07
08   アラン・ステイシー ロータス-クライマックス 1:35.4 158.23 km/h 08
09   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:35.7 157.73 km/h 09
10   トニー・ブルックス クーパー-クライマックス 1:36.0 157.24 km/h 10
11   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:36.3 156.75 km/h 11
12   リッチー・ギンサー フェラーリ 1:36.3 156.75 km/h 12
13   フィル・ヒル フェラーリ 1:36.4 156.59 km/h 13
14   ヘンリー・テイラー クーパー-クライマックス 1:36.4 156.59 km/h 14
15   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 1:36.7 156.10 km/h 15
16   モーリス・トランティニアン クーパー-マセラティ 1:38.5 153.25 km/h 16
17   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール クーパー-クライマックス 1:41.7 148.42 km/h 17

決勝編集

順位 No 国籍 ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 11   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 75 2:01:47.2 2 8
2 4   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 75 + 24.0 3 6
3 16   グラハム・ヒル BRM 75 + 56.6 5 4
4 7   スターリング・モス ロータス-クライマックス 75 + 57.7 1 3
5 2   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 74 + 1 Lap 15 2
6 3   リッチー・ギンサー フェラーリ 74 + 1 Lap 12 1
7 10   ヘンリー・テイラー クーパー-クライマックス 70 + 5 Laps 14  
8 20   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール クーパー-クライマックス 69 + 6 Laps 18  
Ret 5   アラン・ステイシー ロータス-クライマックス 57 トランスミッション 8  
Ret 14   ヨアキム・ボニエ BRM 54 エンジン / アクシデント 4  
Ret 1   フィル・ヒル フェラーリ 54 エンジン 13  
Ret 6   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 42 トランスミッション 11  
Ret 18   モーリス・トランティニアン クーパー-マセラティ 39 ギアボックス 17  
Ret 15   ダン・ガーニー BRM 11 ブレーキ / アクシデント 6  
Ret 8   クリス・ブリストウ クーパー-クライマックス 9 エンジン 7  
Ret 12   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 8 トランスミッション 9  
Ret 9   トニー・ブルックス クーパー-クライマックス 4 ギアボックス 10  
DNS 17   ロイ・サルヴァドーリ アストンマーティン   不出走  
DNS 19   マステン・グレゴリー クーパー-マセラティ   不出走  
DNS 21   ランス・リヴェントロウ スカラブ   不出走  
DNS 22   チャック・デイ スカラブ   不出走    

メモ編集

第4戦終了時点でのランキング編集

  • : ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集

  1. ^ 『F1全史 1956 - 1960』 ニューズ出版、1999年、99頁。
  2. ^ Dutch GP, 1960 Race Report”. Grandprix.com. 2015年9月8日閲覧。
  3. ^ http://www.nascar.com/2008/news/opinion/04/17/retro.racing.dgurney/1.html Aumann, Mark. NASCAR.com opinion writer. "Gurney was the sport's first 'road course ringer' " 17 April 2008


前戦
1960年のインディ500
FIA F1世界選手権
1960年シーズン
次戦
1960年ベルギーグランプリ
前回開催
1959年オランダグランプリ
  オランダグランプリ 次回開催
1961年オランダグランプリ