1965年 > 1965年のスポーツ > 1965年の日本競馬

1965年の日本競馬(1965ねんのにほんけいば)では、1965年昭和40年)の日本競馬界についてまとめる。馬齢は旧表記で統一する。

1964年の日本競馬 - 1965年の日本競馬 - 1966年の日本競馬

できごと編集

1月 - 3月編集

4月 - 6月編集

  • 4月4日 - 中央競馬では3回中山2日から、着順や払戻金額などレース結果を電光表示装置を用いて発表するようになる[1]
  • 4月5日 - 関東・関西ともに、中央競馬の全場外発売所で開催日の翌日払戻を開始する[1]
  • 4月15日 - 東京競馬場正面入口の両側に子供遊園地が新設される[1]
  • 5月14日 - 新新潟競馬場が竣工。竣工式と受渡し式が行われる[1]
  • 5月25日 - 笠松競馬場で東スタンド落成式が行われる[1]
  • 6月23日 - 福島競馬場で2号スタンド増改築工事完工式が行われる[1]

7月 - 9月編集

10月 - 12月編集

  • 10月4日 - 東京・中山・阪神競馬場などで発生した馬伝染性貧血の対策として、日本中央競馬会は緊急伝貧防疫対策要項を決定、防疫対策本部を設置した[2]
  • 10月11日 - 日本中央競馬会が、藤本冨良ら調教師4名をアメリカ合衆国へ海外研修に向かわせる。また、本部から職員2名も同行した[2]
  • 10月28日 - 輪島市外四ヶ町村競馬組合は、名称を「輪島市外7ヶ町村競馬組合」に変更する[2]
  • 11月3日 - 全日本馬術大会に際し、皇太子馬事公苑に来苑する[2]
  • 11月9日 - 日本中央競馬会は、フィリピンの農業天然資源省畜産局に種牡馬トサオーを寄贈、この日門司港を出港した[2]
  • 12月17日 - 馬事公苑において、東京オリンピック記念碑除幕式が行われる[2]
  • 12月26日 - シンザン有馬記念において優勝、「五冠馬」と呼ばれる[2]

その他編集

競走成績編集

中央競馬の主な競走編集

誕生編集

この年に生まれた競走馬は1968年のクラシック世代となる。

競走馬編集

人物編集

死去編集

競走馬編集

人物編集

脚注編集

参考文献編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『総合年表』p.186
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『総合年表』p.187