メインメニューを開く

1970 FIFAワールドカップ: 1970 FIFA World Cup)は、1970年5月31日から6月21日にかけて、メキシコで開催された第9回目のFIFAワールドカップである。欧州南米以外で初めての開催となった。

1970 FIFAワールドカップ
1970 FIFA World Cup
Copa Mundial de Fútbol de 1970
大会概要
開催国 メキシコの旗 メキシコ
日程 1970年5月31日 - 6月21日
チーム数 16 (5連盟)
開催地数(5都市)
大会結果
優勝 ブラジルの旗 ブラジル (3回目)
準優勝 イタリアの旗 イタリア
3位 西ドイツの旗 西ドイツ
4位 ウルグアイの旗 ウルグアイ
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 95点
(1試合平均 2.97点)
総入場者数 1,603,975人
(1試合平均 50,124人)
得点王 西ドイツの旗 ゲルト・ミュラー(10点)
 < 19661974

この大会でブラジルが3度目の優勝を飾り、規則により当時の「ジュール・リメ杯」の永劫所有権を獲得した。しかし、その後このカップは盗難にあってしまい、次の1974年西ドイツ大会からは、トロフィーの名称も現在の「FIFAワールドカップ」に変更された。なお、ジュール・リメ杯盗難事件では、犯人は逮捕・起訴され有罪となったが、カップは現在もなお行方知れずである。

予選編集

出場国編集

出場選手は1970 FIFAワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選
予選順位
出場国・地域 出場回数
CONCACAF 1+1 開催国   メキシコ 6大会連続7回目
最終予選 1位   エルサルバドル 初出場
UEFA 1+8 前回優勝国   イングランド 6大会連続6回目
欧州予選 1組 1位   ルーマニア 6大会ぶり4回目
2組 1位   チェコスロバキア 2大会ぶり6回目
3組 1位   イタリア 3大会連続7回目
4組 1位   ソビエト連邦 4大会連続4回目
5組 1位   スウェーデン 3大会ぶり5回目
6組 1位   ベルギー 4大会ぶり5回目
7組 1位   西ドイツ 5大会連続7回目[1]
8組 1位   ブルガリア 3大会連続3回目
CONMEBOL 3 南米予選 1組 1位   ペルー 8大会ぶり2回目
2組 1位   ブラジル 9大会連続9回目
3組 1位   ウルグアイ 3大会連続6回目
CAF 1 最終予選 1位   モロッコ 初出場
AFC/OFC 1 最終予選 1位   イスラエル 初出場

本大会編集

概要編集

前回大会と同じ開催方式で行われた。各地区予選を突破した16チームを4ヶ国ずつ4つのグループに分け、各グループの上位2チームとなった8チームが決勝トーナメントに進出する。

今大会では大きなターニングポイントとなる変更点がいくつか見られた。まず、史上初の高地での開催であることに加え、TVの国際生中継がヨーロッパのゴールデンタイムとなるよう試合時間が酷暑の日中に予定されたことで選手の激しい消耗を懸念したFIFAはプレーの中断時に限り水分の補給を認めた。また高地の薄い空気を考慮して毎試合2名までの選手交代も初めて認められた。 これらは今大会の暫定的な処置のみならず以降の大会でも踏襲されるようになる。前大会の目に余るラフプレーや疑惑の声が上がったジャッジの問題に関する反省から、それまでは口頭だった選手への警告や退場を目に見える形で提示すべくレッドカードイエローカードが導入されたのも今回からである。また、それまで真っ白か茶色だったFIFA公式のサッカーボールがTV中継での見易さを配慮して今大会から馴染み深い白と黒の亀甲模様の「テルスター (サッカー)」に変わった。

この大会は「ペレのための大会」であった。ペレは全ての試合で安定したパフォーマンスを見せ、このときにMVP(ゴールデンボール賞)の制度があったとしたら受賞間違いなしといえるほどの活躍であった。また、ブラジル代表では、ジャイルジーニョロベルト・リベリーノトスタンジェルソンクロドアウドなど、他のチームであればエースを担えるメンバーがペレの周りを固めていた。ジャイルジーニョは大会を通して好調を維持し、全試合で得点という快挙を成し遂げた。ブラジルは、守備の面でも、若きキャプテンであるカルロス・アウベルト中心にまとまっていた。ブラジルは南米予選から本大会決勝まで引き分け無しの全勝での優勝であり、ワールドカップにおいてこの快挙を達成したのは今大会のブラジルのみである。ちなみに、決勝戦でのペレのゴールはワールドカップにおけるブラジル代表の100点目である。

その他、準決勝の西ドイツイタリア戦も「アステカの死闘」と呼ばれ名勝負と称されている。肩を脱臼したものの交代枠を使い切ったために、腕をテーピングで固定してプレーし続けるフランツ・ベッケンバウアーの姿がこの試合の過酷さを象徴する[2]。しかし、イタリアはこの熱戦を制したものの、力を使い果たしたのか決勝ではブラジルに大敗を喫することとなる。

結果編集

グループリーグ編集

グループ 1編集


チーム







1   ソビエト連邦 5 3 2 1 0 6 1 +5
2   メキシコ 5 3 2 1 0 5 0 +5
3   ベルギー 2 3 1 0 2 4 5 -1
4   エルサルバドル 0 3 0 0 3 0 9 -9

メキシコ   0 - 0   ソビエト連邦
レポート
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 107,000人
主審:   Kurt Tschensche

ベルギー   3 - 0   エルサルバドル
ファン・メール   12分54分
ランベール   76分 (PK)
レポート
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 92,000人
主審:   Andrei Radulescu

ソビエト連邦   4 - 1   ベルギー
ブイショヴェツ   14分63分
アサティアニ   57分
クメルニスキー   76分
レポート ランベール   86分
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 59,000人
主審:   Rudolf Scheurer

メキシコ   4 - 0   エルサルバドル
ヴァルディヴィア   45分46分
フラゴーソ   58分
バサグレン   83分
レポート
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 103,000人
主審:   Ali Kandil

ソビエト連邦   2 - 0   エルサルバドル
ブイショヴェツ   51分74分 レポート
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 89,000人
主審:   Rafael Hormazabal Diaz

メキシコ   1 - 0   ベルギー
ペーニャ   14分 (PK) レポート
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 105,000人
主審:   Angel Norberto Coerezza

グループ 2編集


チーム







1   イタリア 4 3 1 2 0 1 0 +1
2   ウルグアイ 3 3 1 1 1 2 1 +1
3   スウェーデン 3 3 1 1 1 2 2 0
4   イスラエル 2 3 0 2 1 1 3 -2

ウルグアイ   2 - 0   イスラエル
マネイロ   23分
ムヒカ   50分
レポート
エスタディオ・クアウテモクプエブラ
観客数: 20,000人
主審:   Bob Davidson

イタリア   1 - 0   スウェーデン
ドメニーニ   10分 レポート
エスタディオ・ネメシオ・ディエストルーカ
観客数: 14,000人
主審:   Jack Taylor


スウェーデン   1 - 1   イスラエル
トゥレッソン   53分 レポート シュピーグラー   56分
エスタディオ・ネメシオ・ディエストルーカ
観客数: 10,000人
主審:   Seyoum Tarekegn

スウェーデン   1 - 0   ウルグアイ
グラーン   90分 レポート
エスタディオ・クアウテモクプエブラ
観客数: 18,000人
主審:   Henry Landauer

イタリア   0 - 0   イスラエル
レポート
エスタディオ・ネメシオ・ディエストルーカ
観客数: 10,000人
主審:   Antonio De Moraes

ウルグアイが得失点差でスウェーデンを上回り決勝トーナメント進出

グループ 3編集


チーム







1   ブラジル 6 3 3 0 0 8 3 +5
2   イングランド 4 3 2 0 1 2 1 +1
3   ルーマニア 2 3 1 0 2 4 5 -1
4   チェコスロバキア 0 3 0 0 3 2 7 -5

イングランド   1 - 0   ルーマニア
ハースト   65分 レポート
エスタディオ・ハリスコグアダラハラ
観客数: 50,560人
主審:   Vital Loraux

ブラジル   4 - 1   チェコスロバキア
リベリーノ   24分
ペレ   59分
ジャイルジーニョ   61分81分
レポート ペトレーシュ   11分
エスタディオ・ハリスコグアダラハラ
観客数: 52,897人
主審:   Ramon Barreto

ルーマニア   2 - 1   チェコスロバキア
ネアグ   52分
ドゥミトゥラケ   75分 (PK)
レポート ペトレーシュ   5分
エスタディオ・ハリスコグアダラハラ
観客数: 56,818人
主審:   Diego De Leo

ブラジル   1 - 0   イングランド
ジャイルジーニョ   59分 レポート
エスタディオ・ハリスコグアダラハラ
観客数: 66,834人
主審:   Abraham Klein

ブラジル   3 - 2   ルーマニア
ペレ   19分67分
ジャイルジーニョ   22分
レポート ドゥミトゥラケ   34分
デンブロウスキ   84分
エスタディオ・ハリスコグアダラハラ
観客数: 50,804人
主審:   Ferdinand Marschall

イングランド   1 - 0   チェコスロバキア
クラーク   50分 (PK) レポート
エスタディオ・ハリスコグアダラハラ
観客数: 49,262人
主審:   Roger Machin

グループ 4編集


チーム







1   西ドイツ 6 3 3 0 0 10 4 +6
2   ペルー 4 3 2 0 1 7 5 +2
3   ブルガリア 1 3 0 1 2 5 9 -4
4   モロッコ 1 3 0 1 2 2 6 -4

ペルー   3 - 2   ブルガリア
ガジャルド   50分
チュンピタス   55分
クビジャス   73分
レポート デルメンジエフ   13分
ボネフ   49分
エスタディオ・ノウ・カンプレオン
観客数: 13,765人
主審:   Antonio Sbardella

西ドイツ   2 - 1   モロッコ
ゼーラー   56分
ミュラー   78分
レポート ホウマネ   21分
エスタディオ・ノウ・カンプレオン
観客数: 12,942人
主審:   Laurens van Ravens

ペルー   3 - 0   モロッコ
クビジャス   65分75分
チャジェ   67分
レポート
エスタディオ・ノウ・カンプレオン
観客数: 13,537人
主審:   Tofik Bakhramov

西ドイツ   5 - 2   ブルガリア
リブダ   20分
ミュラー   27分52分 (PK)88分
ゼーラー   67分
レポート ニコディモフ   12分
コレフ   89分
エスタディオ・ノウ・カンプレオン
観客数: 12,710人
主審:   Ortiz de Mendibil

西ドイツ   3 - 1   ペルー
ミュラー   19分26分39分 レポート クビジャス   44分
エスタディオ・ノウ・カンプレオン
観客数: 17,875人
主審:   Abel Aguilar Elizalde

モロッコ   1 - 1   ブルガリア
ガゾウアニ   61分 レポート ゼチェフ   40分
エスタディオ・ノウ・カンプレオン
観客数: 12,299人
主審:   Antonio Ribeiro Saldanha

決勝トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
6月14日 - メキシコシティ        
   ウルグアイ (aet) 1
6月17日 - グアダラハラ
   ソビエト連邦 0  
   ウルグアイ 1
6月14日 - グアダラハラ
     ブラジル 3  
   ブラジル 4
6月21日 - メキシコシティ
   ペルー 2  
   ブラジル 4
6月14日 - トルーカ
     イタリア 1
   メキシコ 1
6月17日 - メキシコシティ
   イタリア 4  
   イタリア (aet) 4 3位決定戦
6月14日 - レオン
     西ドイツ 3  
   西ドイツ (aet) 3    西ドイツ 1
   イングランド 2      ウルグアイ 0
6月20日 - メキシコシティ

準々決勝編集


西ドイツ   3 - 2
(延長)
  イングランド
ベッケンバウアー   68分
ゼーラー   76分
ミュラー   108分
レポート マレリー   31分
ピータース   49分
エスタディオ・ノウ・カンプレオン
観客数: 23,357人
主審:   Angel Norberto Coerezza

ブラジル   4 - 2   ペルー
リベリーノ   11分
トスタン   15分52分
ジャイルジーニョ   75分
レポート ガジャルド   28分
クビジャス   70分
エスタディオ・ハリスコグアダラハラ
観客数: 54,270人
主審:   Vital Loraux

イタリア   4 - 1   メキシコ
ペーニャ  25分 (OG)
リーヴァ   63分76分
リベラ   70分
レポート ゴンサレス   13分
エスタディオ・ネメシオ・ディエストルーカ
観客数: 26,851人
主審:   Rudolf Scheurer

ウルグアイ   1 - 0
(延長)
  ソビエト連邦
エスパラーゴ   116分 レポート
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 24,550人
主審:   Laurens van Ravens

準決勝編集


ブラジル   3 - 1   ウルグアイ
クロドアウド   44分
ジャイルジーニョ   76分
リベリーノ   89分
レポート クビジャ   19分
エスタディオ・ハリスコグアダラハラ
観客数: 51,261人
主審:   Ortiz De Mendibil

イタリア   4 - 3
(延長)
  西ドイツ
ボニンセーニャ   8分
ブルニッチ   98分
リーヴァ   104分
リベラ   111分
レポート シュネリンガー   90分
ミュラー   94分110分
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 102,444人
主審:   Arturo Yamasaki

3位決定戦編集


西ドイツ   1 - 0   ウルグアイ
オヴェラート   26分 レポート
エスタディオ・アステカメキシコシティ
観客数: 104,403人
主審:   Antonio Sbardella

決勝編集



優勝国編集

 1970 FIFAワールドカップ優勝国 
 
ブラジル
2大会ぶり3回目

得点ランキング編集

脚注編集

  1. ^ 旧ドイツ時代を含む。
  2. ^ ベッケンバウアー自身は、この試合以上の死闘として1982年スペイン大会準決勝西ドイツ対フランス戦を挙げている

関連項目編集

外部リンク編集