メインメニューを開く

サッカーイスラエル代表ヘブライ語: נבחרת ישראל בכדורגל‎、アラビア語: منتخب إسرائيل لكرة القدم‎)はイスラエルサッカー協会(IFA)によって編成されるイスラエルサッカーのナショナルチームである。

サッカーイスラエル代表
国または地域 イスラエルの旗 イスラエル
協会 イスラエルサッカー協会
愛称 The Holy XI
監督 オーストリアの旗 アンドレアス・ヘルツォーク
最多出場選手 ヨッシ・ベナユン(102試合)
最多得点選手 モルデハイ・シュピーグラー(32得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合 1948年9月26日アメリカ合衆国
1-3
最大差勝利試合 1988年3月23日チャイニーズタイペイ
9-0
最大差敗戦試合 2002年2月13日ドイツ
1-7
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は1970
最高成績 1次リーグ敗退(1970)
AFCアジアカップ
出場回数 4回
最高成績 優勝(1964)
UEFA欧州選手権
出場回数 0回
最高成績 -

目次

スタジアム編集

ホームスタジアムは2つある。

歴史編集

1928年に前身となる委任統治パレスチナ代表チーム英語版が結成された。このチームはユダヤ人選手で構成されており、アラブ人は参加していなかった。

1954年第2回マニラアジア大会がきっかけで、大会中の1954年5月8日に他の12か国と共にアジアサッカー連盟(AFC)を設立したが、加盟はしなかった(なお、アジアサッカー連盟(AFC)は政治的配慮から現在もなお、イスラエルをAFC創設メンバーとしては認めていない)[1][2]。それから2年後の1956年にイスラエルサッカー協会はAFCに加盟し、1970年メキシコワールドカップにはアジア代表として出場した。しかし、イスラエル=アラブ紛争(パレスチナ問題及び中東戦争等)により周辺アラブ諸国との関係が悪化し、アラブ諸国(ほかにインドネシア北朝鮮中国)を中心としたボイコット(対戦拒否、大会参加拒否)が激化。それにより、AFCに所属しながらも1972年よりAFCアジアカップへの出場を辞退せざるを得なくなった。1973年10月6日第四次中東戦争が起こると、もはや対戦不可能な状態に陥った[3]

翌年のテヘランアジア大会サッカー競技にイスラエル代表は出場した。大会では1次リーグ最終戦で日本を3-0で破り、2次リーグへ進出したが、2次リーグではクウェート北朝鮮が対戦を拒否した。結果的に、イスラエル代表はこの2つの不戦勝(2試合とも2-0でイスラエル勝利の扱い)とビルマ(現ミャンマー)戦の1-0での勝利で決勝まで勝ち上がることになった。アリアメールスタジアム(現アザディ・スタジアム)に10万人の観衆を集めた決勝では開催国のイランと対戦し、30分にイランのアデルハンのシュートをイスラエルのDFシュムが自陣ゴールに蹴り込んでしまい、結局、このオウンゴールで0-1で敗れた(イランはアジア大会初優勝)[3]。結果的に、この試合がAFCとしての最後の試合となった。

まだテヘランアジア大会期間中であったが、1974年9月14日イランの首都テヘランAFC総会が開催され、イスラエルの除名が決まった[3]AFC除名以降、地域連盟未所属のまま、活動することになった。

ワールドカップ予選においては1970年、1974年、1978年にはアジア・オセアニア枠へと組み込まれたが、いずれの予選のグループはアラブ諸国と同組とならず、さらに1970年大会のアジア・オセアニア予選と1978年大会のアジア・オセアニア予選はイスラエルと北朝鮮が同組となったが、北朝鮮は予選自体を棄権した。1950年、1954年、1966年、1982年にはヨーロッパ枠に組み込まれ、その後オセアニアサッカー連盟(OFC)の暫定メンバーとなり、1986年、1990年にオセアニア予選に参加し、遠方への遠征を強いられることとなった。1990年大会のオセアニア予選では、オセアニア代表としてコロンビア大陸間プレーオフで対戦したが、2試合合計0-1で敗れ、オセアニア代表としての本大会出場はならなかった。このためイスラエルサッカー協会欧州サッカー連盟(UEFA)への加盟を希望していた。これが認められて1992年よりUEFAに加盟している。UEFA加盟後、FIFAワールドカップUEFA欧州選手権には出場できていない。

UEFA欧州選手権出場に最も近づいたのは2000年大会で、予選6組に入りオーストリアを抑えグループ2位となりプレーオフへ進出した。プレーオフではデンマークと対戦したが、第1戦0-5、第2戦0-3と2試合合計0-8で大敗し初出場はならなっかった。

2006年のFIFAW杯予選ではグループ4に入りフランススイスなどと同組となった。最終的には、本大会に出場した1970年大会予選以来となる予選無敗(4勝6分)の成績を残しスイスと勝ち点で並んだが、直接対戦の成績でスイスが上回りグループ3位でプレーオフ進出はならなかった。尚、このグループは最終的に首位で予選突破を決めたフランスから4位のアイルランドまで勝点差3にひしめく大混戦だった。(フランス20、スイスとイスラエル18、アイルランド17)

FIFAワールドカップの成績編集

開催国 / 年 成績
  1950 予選敗退
  1954
  1958
  1962
 1966
  1970 グループリーグ敗退 3 0 2 1 1 3
  1974 予選敗退
  1978
  1982
  1986
  1990
  1994
  1998
   2002
  2006
  2010
  2014
  2018
合計 出場1回 3 0 2 1 1 3

オリンピックサッカー競技の成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1952 予選敗退
  1956
  1960
  1964
  1968 ベスト8 4 2 0 2 9 7
  1972 予選敗退
  1976 ベスト8 4 0 3 1 4 7
  1980 棄権
  1984 予選敗退
  1988
合計 2/10 8 2 3 3 13 14

AFCアジアカップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1956 準優勝 3 2 0 1 6 5
  1960 準優勝 3 2 0 1 6 4
  1964 優勝 3 3 0 0 5 1
  1968 3位 4 2 0 2 11 5
  1972 不参加
合計 4/15 13 9 0 4 28 15

UEFA欧州選手権の成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1996 予選敗退
    2000
  2004
    2008
    2012
  2016

歴代監督編集

記録編集

出場試合数編集

 
最多出場選手のヨッシ・ベナユン

2019年6月10日現在[5]

  水色は現役代表選手
順位 名前 試合数 得点数 期間
1 ヨッシ・ベナユン 102 24 1998-2017
2 タル・ベン・ハイム 96 1 2002-
3 アリク・ベナド 94 0 1995-2007
4 アロン・ハラジ英語版 89 1 1992-2016
5 アミル・シェラフ英語版 85 0 1992-2001
6 モルデハイ・シュピーグラー 83 32 1963-1977
ニル・クリンゲル英語版 83 2 1987-1997
8 アヴィ・ニムニ英語版 80 17 1992-2005
9 イツハク・シュム英語版 78 10 1969-1981
タル・バニン英語版 78 12 1990-2003
エヤル・ベルコヴィッチ英語版 78 9 1992-2004
ドゥドゥ・アワット 78 0 1999-2013

得点数編集

 
最多得点選手のモルデハイ・シュピーグラー

2019年6月10日現在[6]

  水色は現役代表選手
順位 名前 得点数 試合数 期間
1 モルデハイ・シュピーグラー 32 83 1963-1977
2 イェホシュア・フェイゲンバウム英語版 24 51 1966-1977
ヨッシ・ベナユン 24 102 1998-2017
4 ローネン・ハラジ英語版 23 53 1992-1999
5 ナフム・ステルマフ英語版 22 61 1956-1968
6 ギディ・ダムティ英語版 20 69 1971-1981
7 イェホシュア・グレイザー英語版 18 35 1949-1961
ギオラ・シュピーゲル英語版 18 44 1965-1980
9 エリ・オハナ英語版 17 51 1984-1997
アロン・ミズラヒ英語版 17 37 1992-2001
アヴィ・ニムニ英語版 17 80 1992-2005
トメル・ヘメド 17 36 2011-

歴代代表選手編集

脚注編集

外部リンク編集