メインメニューを開く

1973年アメリカグランプリXVI United States Grand Prix )は、1973年のF1世界選手権第15戦として、1973年10月7日ワトキンズ・グレン・サーキットで開催された。

アメリカ合衆国の旗 1973年アメリカグランプリ
レース詳細
Watkins Glen International Track Map-1970-1980.svg
日程 1973年シーズン第15戦
決勝開催日 10月7日
開催地 ワトキンズ・グレン
アメリカ合衆国ニューヨーク州ワトキンズ・グレン
コース長 5.435km
レース距離 59周 (320.670km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:39.657
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジェームス・ハント
タイム 1:41.652 (Lap 58[1])
決勝順位
優勝
2位
3位

概要編集

イタリアGPで3度目のワールドチャンピオンを獲得したジャッキー・スチュワートは、自身の通算100戦目[2]となるこのレースで1973年シーズン限りの引退を決めていた。翌1974年のティレルのエースドライバーはスチュワートのナンバー2をつとめてきたフランソワ・セベールが昇格、チームメイトとしてマクラーレンジョディー・シェクターが決まっていた。そのセベールはドライバーズランキングで3位に付けており、このレースの結果次第では2位となる可能性があった。

コンストラクターズランキングはロータスがティレルを1点差で上回っており、シーズン最終戦で決定という流れになった。

フリーランスの立場になっていたジャッキー・イクスイソ・マールボロからスポット参戦。ビザの関係で土曜日からの参加となった[3]

ロニー・ピーターソンが前年スチュワートが記録したタイムを0.8秒短縮する[4][5]1分39秒657を叩き出してポールポジションを獲得した。このタイムはコンピューターが算出したF1が記録可能なタイムである1分40秒(100秒)を切るものであった[4][5]

セベールの事故死編集

セベール用の006は前戦カナダGPでの事故で破損していたため、オイルクーラーの位置が変更された新車の006/3に乗車していた。予選2日目の10月6日、午前のセッション終了間際の時点でセベールは予選4位に相当する[6]1分40秒444のタイムを記録し、さらなるタイム短縮のため再度コースインした。第1コーナーの先にある登り坂の高速S字コーナー、エセスに差し掛かった時、セベールの006は突然コントロールを失ってコース右側のガードレールに衝突。その衝撃で006はコース反対側に跳ね飛ばされ、逆さまになってガードレールの真上に落ちた。直後を走っていたシェクターは即座に現場に駆け寄ったが、セベールはガードレールによって鼠径部から顎にかけて切り裂かれ即死していた。

事故を受け、この日の夜ティレルはスチュワートとクリス・エイモンの決勝レースからの撤退を決定した[4]

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター タイム
1 2   ロニー・ピーターソン ロータスフォード 1:39.657
2 10   カルロス・ロイテマン ブラバムフォード 1:40.013 +0.356
3 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータスフォード 1:40.393 +0.636
4 27   ジェームス・ハント マーチフォード 1:40.520 +0.863
5 5   ジャッキー・スチュワート ティレルフォード 1:40.635 +0.978
6 23   マイク・ヘイルウッド サーティースフォード 1:40.844 +1.187
7 8   ピーター・レブソン マクラーレンフォード 1:40.895 +1.238
8 7   デニス・ハルム マクラーレンフォード 1:40.907 +1.250
9 24   カルロス・パーチェ サーティースフォード 1:41.125 +1.468
10 0   ジョディー・シェクター マクラーレンフォード 1:41.321 +1.664
11 4   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ 1:41.455 +1.798
12 29   クリス・エイモン ティレルフォード 1:41.679 +2.022
13 31   ブライアン・レッドマン シャドウフォード 1:42.247 +2.590
14 20   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 1:42.417 +2.760
15 19   クレイ・レガツォーニ BRM 1:42.468 +2.811
16 30   ヨッヘン・マス サーティースフォード 1:42.517 +2.860
17 18   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチフォード 1:42.752 +3.095
18 12   グラハム・ヒル シャドウフォード 1:42.848 +3.191
19 25   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロフォード 1:43.166 +3.509
20 16   ジョージ・フォルマー シャドウフォード 1:43.387 +3.730
21 21   ニキ・ラウダ BRM 1:43.543 +3.886
22 17   ジャッキー・オリバー シャドウフォード 1:43.650 +3.993
23 26   ジャッキー・イクス イソ・マールボロフォード 1:43.885 +4.228
24 9   ジョン・ワトソン ブラバムフォード 1:43.887 +4.230
25 11   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバムフォード 1:44.478 +4.821
26 15   マイク・ボイトラー マーチフォード 1:45.032 +5.375
27 28   リッキー・フォン・オペル エンサインフォード 1:45.441 +5.784
- 6   フランソワ・セベール ティレルフォード 1:40.444 +0.787
出典:[1]

決勝編集

スタート直後ピーターソンがクラッチの操作をミスしながらも首位を走行、2位にロイテマン、予選4位のジェームス・ハントがフィッティパルディを抜いて3位に。この後4周目にハントが2位に浮上。以降は首位を独走するピーターソンとそれを追走するハントという展開となった。

ハントはマシンのアンダーステアに悩まされながらも終始ピーターソンを追走するが、最終的に0.668秒[7]という僅差でピーターソンが逃げ切り、ハントは2位に終わった。これによりロータスのコンストラクターズ・チャンピオンが決定、ピーターソンはセベールを抜いてドライバーズランキング3位となった[8]。スポット参戦のイクスは1周遅れの7位で完走した。

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 2   ロニー・ピーターソン ロータスフォード 59 1:41:15.779 1 9
2 27   ジェームス・ハント マーチフォード 59 + 0.668 4 6
3 10   カルロス・ロイテマン ブラバムフォード 59 + 22.930 2 4
4 7   デニス・ハルム マクラーレンフォード 59 + 50.226 8 3
5 8   ピーター・レブソン マクラーレンフォード 59 + 1:20.367 7 2
6 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータスフォード 59 + 1:47.945 3 1
7 26   ジャッキー・イクス イソ・マールボロフォード 58 + 1 Lap 23  
8 19   クレイ・レガツォーニ BRM 58 + 1 Lap 15  
9 20   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 58 + 1 Lap 14  
10 15   マイク・ボイトラー マーチフォード 58 + 1 Lap 26  
11 18   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチフォード 57 アクシデント 17  
12 25   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロフォード 57 + 2 Laps 19  
13 12   グラハム・ヒル シャドウフォード 57 + 2 Laps 18  
14 16   ジョージ・フォルマー シャドウフォード 57 + 2 laps 20  
15 17   ジャッキー・オリバー シャドウフォード 55 + 4 laps 22  
16 4   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ 55 + 4 Laps 11  
NC 11   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバムフォード 52 周回数不足 25  
Ret 0   ジョディー・シェクター マクラーレンフォード 39 サスペンション 10  
Ret 30   ヨッヘン・マス サーティースフォード 35 エンジン 16  
Ret 21   ニキ・ラウダ BRM 35 燃料ポンプ 21  
Ret 23   マイク・ヘイルウッド サーティースフォード 34 サスペンション 6  
Ret 24   カルロス・パーチェ サーティースフォード 32 サスペンション 9  
Ret 9   ジョン・ワトソン ブラバムフォード 7 エンジン 24  
DSQ 31   ブライアン・レッドマン シャドウフォード 5 Received outside assistance 13  
Ret 28   リッキー・フォン・オペル エンサインフォード 0 スロットル 27  
WD 5   ジャッキー・スチュワート ティレルフォード 0 撤退 5  
WD 29   クリス・エイモン ティレルフォード 0 撤退 12  
DNS 6   フランソワ・セベール ティレルフォード   事故死    

第15戦終了後のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。チャンピオンシップには前半8戦中ベスト7戦、後半7戦中ベスト6戦がカウントされる。ポイントはチャンピオンシップにカウントされるポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『F1全史 1971 - 1975』 ニューズ出版、1993年、125頁。
  2. ^ 『世界の有名な50レース』、153頁。
  3. ^ カーグラフィック、194頁。
  4. ^ a b c オートスポーツ、45頁。
  5. ^ a b カーグラフィック、193頁。
  6. ^ 『世界の有名な50レース』、154頁。
  7. ^ 1973 United States GP Classification”. ChicaneF1.com. 2015年11月2日閲覧。
  8. ^ カーグラフィック、197頁。

出典編集

外部リンク編集