ホセ・カルロス・パーチェ

ホセ・カルロス・パーチェ[1]José Carlos Pace, 1944年10月6日 - 1977年3月18日)はブラジル・サンパウロ州出身の元F1ドライバー。

ホセ・カルロス・パーチェ
Carlos Pace 74 (cropped).jpg
ホセ・カルロス・パーチェ(1975年)
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 同・サンパウロ
生年月日 (1944-10-06) 1944年10月6日
没年月日 (1977-03-18) 1977年3月18日(32歳没)
F1での経歴
活動時期 1972-1977
所属チーム '72 マーチ
'73-'74 サーティース
'74-'77 ブラバム
出走回数 72
タイトル 0
優勝回数 1
表彰台(3位以内)回数 6
通算獲得ポイント 58
ポールポジション 1
ファステストラップ 5
初勝利 1975年ブラジルGP
最終勝利 1975年ブラジルGP
最終戦 1977年南アフリカGP
テンプレートを表示

プロフィール編集

 
ニュルブルクリンクフェラーリ・312PBをドライブするパーチェ(1973年)
 
ホセ・カルロス・パーチェの胸像

エマーソン・フィッティパルディのライバルと目され、1970年代初頭にヨーロッパへと進出した。F2などを経て1972年にフランク・ウィリアムズのチーム(現在のウィリアムズとは異なる)からF1デビューを果たすが、マシンの性能が不足し好成績を収めることはできなかった。

1973年にサーティースに移籍。この年はF1の傍ら、世界メーカー選手権にフェラーリから参戦。1974年途中にチーム離脱後、当時ブラバムのチーム代表であったバーニー・エクレストンに見出され、イギリスGPからワークスドライバーとしてブラバムに加入。1975年、自らの故郷で開催されたブラジルGPで初勝利を挙げた。その後もブラバムに在籍したが、1977年南アフリカGP後に地元で飛行機事故に遭遇し、死去。

生涯唯一のグランプリ勝利を記録したインテルラゴス・サーキットは、彼を記念してアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェと改名され、現在もブラジルGPの開催地となっている。

エピソード編集

そのハンサムな風貌から、F1を題材とした映画『ボビー・デアフィールド』でアル・パチーノスタンドインを務めた。

レース成績編集

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1972年 マーチウィリアムズ 711 ARG RSA
17
ESP
6
MON
17
BEL
5
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
NC
AUT
NC
ITA
Ret
CAN
9
USA
Ret
18位 3
1973年 サーティース TS14A ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
Ret
ESP
Ret
BEL
8
MON
Ret
SWE
10
FRA
13
GBR
Ret
NED
7
GER
4
AUT
3
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
Ret
11位 7
1974年 TS16 ARG
Ret
BRA
4
RSA
11
ESP
13
BEL
Ret
MON
Ret
SWE
Ret
NED 12位 11
ブラバムゴールディ・ヘキサゴン BT42 FRA
DNQ
ブラバム BT44 GBR
9
GER
12
AUT
Ret
ITA
5
CAN
8
USA
2
1975年 マルティーニ (ブラバム) BT44B ARG
Ret
BRA
1
RSA
4
ESP
Ret
MON
3
BEL
8
SWE
Ret
NED
5
FRA
Ret
GBR
2
GER
Ret
AUT
Ret
ITA
Ret
USA
Ret
6位 24
1976年 BT45 BRA
10
RSA
Ret
USW
9
ESP
6
BEL
Ret
MON
9
SWE
8
FRA
4
GBR
8
GER
4
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
7
USA
Ret
JPN
Ret
14位 7
1977年 ARG
2
BRA
Ret
15位 6
BT45B RSA
13
USW ESP MON BEL SWE FRA GBR GER AUT NED ITA USA CAN JPN

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1973年   フェラーリ SEFAC SpA   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ・312PB S3.0 349 2位 2位

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ポルトガル語の発音により近く書けばジョゼ・カルロス・パーセになるが、慣習的にスペイン語読みとイタリア語読みの混ざった奇妙な表記がなされるが、他に「カルロス・ペイス」という表記もあった。

関連項目編集