メインメニューを開く

1982年モナコグランプリ(1982ねんモナコグランプリ)は、1982年F1世界選手権の第6戦として、1982年5月23日モンテカルロ市街地コースで開催された。

モナコの旗 1982年モナコグランプリ
レース詳細
日程 1982年シーズン第6戦
決勝開催日 5月23日
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコ モンテカルロ
コース長 3.312km
レース距離 76周(251.712km)
決勝日天候 晴れ→雨(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'23.281
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
タイム 1'26.354(Lap 69)
決勝順位
優勝
2位
3位

F1史の中でも有数のサバイバルレースと言われている。

予選編集

それまでは、コース特性からターボエンジンは不利と思われていた当グランプリであったが、前年フェラーリの優勝[1]で払拭。この勝利が決め手となりターボエンジン全盛時代に突入した82年F1シーズンは、ターボエンジンユーザーであるルノー・フェラーリ・ブラバム[2]の争いと予想された。

ポールポジションは、ルノーを駆るルネ・アルヌーが1分23秒281のタイムで奪取。相棒のアラン・プロストは4番手に沈みフロントロー独占とはならなかった。前戦でビルヌーヴを失い、1カーエントリーとなったフェラーリはディディエ・ピローニがプロストの直後5番手。ターボエンジン搭載初年度のブラバムはリカルド・パトレーゼが2番手を獲得したものの、ネルソン・ピケが公道レースを苦手にしている上にBMWターボの信頼性不足もあり、パトレーゼの遙か後方13番手に沈む結果となった。

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ タイム
1 16   ルネ・アルヌー ルノー 1'23.281
2 2   リカルド・パトレーゼ ブラバムフォード 1'23.791 +0.510
3 23   ブルーノ・ジャコメリ アルファロメオ 1'23.939 +0.658
4 15   アラン・プロスト ルノー 1'24.439 +1.158
5 28   ディディエ・ピローニ フェラーリ 1'24.585 +1.304
6 6   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズフォード 1'24.649 +1.368
7 22   アンドレア・デ・チェザリス アルファロメオ 1'24.928 +1.647
8 5   デレック・デイリー ウィリアムズフォード 1'25.390 +2.109
9 3   ミケーレ・アルボレート ティレルフォード 1'25.449 +2.168
10 7   ジョン・ワトソン マクラーレンフォード 1'25.583 +2.302
11 12   ナイジェル・マンセル ロータスフォード 1'25.642 +2.361
12 8   ニキ・ラウダ マクラーレンフォード 1'25.838 +2.557
13 1   ネルソン・ピケ ブラバムBMW 1'26.075 +2.794
14 9   マンフレッド・ヴィンケルホック ATSフォード 1'26.260 +2.979
15 11   エリオ・デ・アンジェリス ロータスフォード 1'26.456 +3.175
16 25   エディ・チーバー リジェマトラ 1'26.463 +3.182
17 4   ブライアン・ヘントン ティレルフォード 1'26.690 +3.409
18 26   ジャック・ラフィット リジェマトラ 1'27.007 +3.726
19 29   マルク・スレール アロウズフォード 1'27.019 +3.738
20 10   エリセオ・サラザール ATSフォード 1'27.022 +3.741
DNQ 30   マウロ・バルディ アロウズフォード 1'27.208 +3.927
DNQ 33   ヤン・ラマース セオドールフォード 1'27.523 +4.242
DNQ 17   ヨッヘン・マス マーチフォード 1'27.885 +4.604
DNQ 35   デレック・ワーウィック トールマンハート 1'28.075 +4.794
DNQ 31   ジャン=ピエール・ジャリエ オゼッラフォード 1'28.264 +4.983
DNQ 14   ロベルト・ゲレロ エンサインフォード 1'28.635 +5.354
  • 上位20台が予選通過

決勝編集

こうして始まったこの年のモナコGPは、ラスト3周までルノーターボの独擅場だった。14周目にPPスタートから独走していたアルヌーが単独スピンでリタイアしたものの、代わって首位に躍り出たプロストがライバルと目されたターボユーザーであるフェラーリ、ブラバムの苦戦を尻目に独走。気がつくと、2位争いを繰り広げていたピローニとパトレーゼに約30秒と言う大差をつけるまでとなった。レース終盤から小雨が降り始めたものの路面を悪化させる程でもなく、ルノー悲願のモナコ制覇は確実と思われた。

ところが、残り3周からとたんにレースは荒れだす。それまで何事もなく首位を走っていたプロストが、旧シケインを通過した所で周回遅れを抜こうとして体勢を崩し大クラッシュを演じてしまう。このアクシデントにより残り2周で先頭に踊り出たパトレーゼも、ロウズ・ヘアピンで痛恨のスピン。幸運にも再スタート出来たものの、再スタートに苦戦する間に眼前でディディエ・ピローニフェラーリ)とアンドレア・デ・チェザリスアルファロメオ)に先行を許してしまう。こうしてファイナルラップに首位で突入していくピローニであったが、その直前、プールサイドを抜けた辺りから急に速度が落ち始め、アントニー・ノーズではコースマーシャルから青旗を出され周回遅れにゴボウ抜きされるほどの大失速に陥いってしまう。原因は何と燃料不足で、ピローニは何とか残り少ない燃料でゴールに向かおうとしたものの、モナコ名物・ホテル下のトンネル内でついにガス欠で停車する。幸か不幸か、ほぼ同時期にチェザリスもボー・リバージュの途中でガス欠で停車し、さらに周回遅れながら彼らに次ぐ位置に付けていたデレック・デイリーウィリアムズ)までもギアボックストラブルによりラスカスで停車した結果、ピローニやチェザリスと同一周回数でファイナルラップに突入していた唯一のドライバー、パトレーゼがそのまま走りきりチェッカーフラッグを受けF1初優勝。なお、パトレーゼ自身はゴール時点で二人の不幸に気付いておらず、優勝を知ったのはピローニを拾ってピットに帰還してからであった。

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 2   リカルド・パトレーゼ ブラバムフォード 76 1:54:11.259 2 9
2 28   ディディエ・ピローニ フェラーリ 75 燃料切れ 5 6
3 22   アンドレア・デ・チェザリス アルファロメオ 75 燃料切れ 7 4
4 12   ナイジェル・マンセル ロータスフォード 75 + 1 Lap 11 3
5 11   エリオ・デ・アンジェリス ロータスフォード 75 + 1 Lap 15 2
6 5   デレック・デイリー ウィリアムズフォード 74 ギアボックス 8 1
7 15   アラン・プロスト ルノー 73 スピン 4  
8 4   ブライアン・ヘントン ティレルフォード 72 + 4 Laps 17  
9 29   マルク・スレール アロウズフォード 70 + 6 Laps 19  
10 3   ミケーレ・アルボレート ティレルフォード 69 サスペンション 9  
Ret 6   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズフォード 64 接触 6  
Ret 8   ニキ・ラウダ マクラーレンフォード 56 エンジン 12  
Ret 1   ネルソン・ピケ ブラバムBMW 49 ターボ 13  
Ret 7   ジョン・ワトソン マクラーレンフォード 35 電気系 10  
Ret 9   マンフレッド・ヴィンケルホック ATSフォード 31 ディファレンシャル 14  
Ret 26   ジャック・ラフィット リジェマトラ 29 ハンドリング 18  
Ret 25   エディ・チーバー リジェマトラ 27 オイル漏れ 16  
Ret 10   エリセオ・サラザール ATSフォード 22 メカニカル 20  
Ret 16   ルネ・アルヌー ルノー 14 スピン 1  
Ret 23   ブルーノ・ジャコメリ アルファロメオ 4 ドライブシャフト 3  

レース後編集

こうして、土壇場で二転三転した当レースはパトレーゼの初優勝で幕を閉じた訳であるが、二転三転が災いしスタッフも混乱。5位フィニッシュのエリオ・デ・アンジェリスロータス)が間違って表彰台に呼ばれるほどであった。

なお、前年は不在だったグレース公妃が表彰式に登場。当年の9月13日に発生した交通事故で急死したため、当レースが彼女にとって最後のモナコグランプリとなった。

脚注編集

  1. ^ ただし、この年のマシンはシャシーがエンジン性能を殺している欠陥マシンで、ジル・ビルヌーヴの天才的ドライビングで辛うじて勝てたようなものであった。
  2. ^ ただし、当レースでBMWエンジン搭載車に乗ったのはネルソン・ピケだけで、相棒のリカルド・パトレーゼノンターボでの参戦となった。

関連項目編集