1989年の中日ドラゴンズ

1989年の中日ドラゴンズ(1989ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1989年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

1989年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ3位
68勝59敗3分 勝率.535
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 加藤巳一郎
経営母体 中日新聞社
監督 星野仙一
« 1988
1990 »

この年の中日ドラゴンズは、星野仙一監督の3年目のシーズンである。

概要編集

元号が昭和から平成に代わった最初のシーズン、星野監督はこの年も大型トレードで捕手の中尾孝義巨人へ放出し、代わって西本聖を獲得。また、前年退団のゲーリー・レーシッチに代わりジョージ・ヒンショーが入団し、戦力が厚くなったかに見えたが開幕前に前年優勝の立役者立浪和義や新外国人ジョージがケガでリタイア。チームも4月は5勝9敗1分と負け越し、首位の広島に8ゲームも付けられる最悪のスタート。投手陣は前年最多勝の小野和幸や12勝の小松辰雄が勝てず、西本や山本昌広の奮闘が目立ち、リリーフも守護神の郭源治を除いて崩壊。この年西本が20勝をあげたもののチーム防御率が3.20から3.68へ低下。打撃陣は1番で26本塁打の彦野利勝、4番の落合博満、6番の宇野勝とルーキーの大豊泰昭を除いて機能せず、本塁打はリーグ1位の149本を記録するも打率が.256のリーグ4位に終わった。チームは前年同様7月になって反撃を開始するが首位巨人の背中は遠く、最後は優勝の巨人に15.5ゲームも付けられて星野監督の3年目は3位で終了した。シーズン終了後、1973年の入団以来先発やリリーフで活躍した鈴木孝政1982年の優勝に貢献した都裕次郎が現役を引退した。タイトルでは落合が打点王を獲得し、ヤクルトラリー・パリッシュと本塁打王を争うも2本差の40本に終わった。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

オーダー変遷
開幕 5/2 6/1 7/1 8/2 9/1
1 彦野利勝 音重鎮 彦野利勝 彦野利勝 彦野利勝 彦野利勝
2 仁村徹 川又米利 音重鎮 川又米利 小森哲也 音重鎮
3 ジョージ ジョージ ジョージ 大豊泰昭 川又米利 川又米利
4 落合博満 落合博満 落合博満 落合博満 落合博満 落合博満
5 大豊泰昭 宇野勝 宇野勝 宇野勝 宇野勝 宇野勝
6 宇野勝 仁村徹 仁村徹 仁村徹 斉藤浩行 仁村徹
7 川又米利 彦野利勝 川又米利 神山一義 大豊泰昭 大豊泰昭
8 中村武志 中村武志 中村武志 中村武志 中村武志 中村武志
9 小野和幸 西本聖 山本昌広 西本聖 山本昌広 山本昌広

[1]

1989年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 3.5 巨人 0.0 広島 2.5 広島 7.0 広島 8.0 広島 4.5 広島 9.0
3位 ヤクルト 8.0 阪神 10.5 阪神 15.5 中日 14.0 中日 13.0 中日 13.0 中日 15.5
4位 阪神 8.0 ヤクルト 11.5 ヤクルト 15.5 ヤクルト 20.0 ヤクルト 24.5 ヤクルト 23.0 ヤクルト 28.5
5位 中日 8.0 中日 12.0 中日 阪神 22.0 阪神 29.0 阪神 28.0 阪神 30.5
6位 大洋 8.5 大洋 14.0 大洋 17.0 大洋 24.0 大洋 30.5 大洋 33.5 大洋 36.5
1989年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 84 44 2 .656 -
2位 広島東洋カープ 73 51 6 .589 9.0
3位 中日ドラゴンズ 68 59 3 .535 15.5
4位 ヤクルトスワローズ 55 72 3 .433 28.5
5位 阪神タイガース 54 75 1 .419 30.5
6位 横浜大洋ホエールズ 47 80 3 .370 36.5

オールスターゲーム1989編集

  • 監督
星野仙一
  • 監督推薦
西本聖
中村武志
落合博満
宇野勝
彦野利勝
山本昌広(補充選手)

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
落合博満 打点王 116打点 3年ぶり4度目
西本聖 最多勝利 20勝 初受賞
最高勝率 .769 初受賞
その他
選手名 タイトル
西本聖 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
落合博満 三塁手 3年ぶり4度目[注 1]
彦野利勝 外野手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
西本聖 投手 4年ぶり8度目
彦野利勝 外野手 2年連続2度目

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 与田剛 投手 NTT東京 入団
2位 井上一樹 投手 鹿児島商業高 入団
3位 松永幸男 投手 三菱重工長崎 入団
4位 松井達徳 外野手 日産自動車 入団
5位 山田喜久夫 投手 東邦高 入団
6位 種田仁 内野手 上宮高 入団

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一塁手部門と二塁手部門で2度ずつ受賞しており、通算8度目。

出典編集

  1. ^ 『日本プロ野球記録年鑑 ベースボール・レコード・ブック1990』ベースボール・マガジン社、1989年。ISBN 4-583-02810-5