1994年の中日ドラゴンズ(1994ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1994年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

1994年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ2位
69勝61敗 勝率.531[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 加藤巳一郎
経営母体 中日新聞社
監督 高木守道
« 1993
1995 »

この年の中日ドラゴンズは、高木守道監督の3年目のシーズンである。

概要編集

前年オフに看板打者の落合博満FAで巨人に移籍したものの、投手陣は今中慎二山本昌広とこの年先発復帰の郭源治の三本柱が健在で、打撃陣では落合に代わって大豊泰昭が一塁に入り、4番には前年打率3割をマークしたアロンゾ・パウエルが入り、また新外国人のディオン・ジェームズが加入したが、戦力はヤクルトとマッチレースを演じた前年と変わらなかった。優勝候補にあげられたチームは5月まで2位につけるものの、5月31日の巨人戦で今中をリリーフした北野勝則松井秀喜にサヨナラ本塁打を浴びるとそれ以降ゲーム差が広がり、一時は10.5ゲーム差をつけられるなど優勝を絶望視された。しかし開幕から首位独走の巨人の失速もあって9月以降猛追し、終盤になって同率ながら首位に浮上。10.8決戦に勝てば1988年以来6年ぶりのリーグ優勝だったが、エース今中がかつてのチームメイト・落合に先制本塁打を浴びて撃沈。また、走塁面でのミスが多くヒットを放つものの得点には結びつかず、立浪和義が一塁に滑り込んだ際に右肩を脱臼するハプニングもあった。先発投手をリリーフに回して勝利への執念を見せる巨人に対し、当たり前の野球をする中日はことごとくチャンスを潰して3-6で敗戦し高木監督の胴上げはならなかった。優勝は逃したものの投手陣では山本が最多勝を、郭が最優秀防御率を獲得。今中もそれなりの成績を収め、打撃陣では大豊が本塁打王と打点王を、落合に代わって4番に入ったパウエルも首位打者を獲得するなど投打の主力がタイトルを総なめにした。

 チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

オーダー変遷
開幕 5/1 6/1 7/1 8/2 9/3
1 立浪和義 立浪和義 種田仁 清水雅治 ジェームズ 立浪和義
2 種田仁 種田仁 仁村徹 神野純一 立浪和義 ジェームズ
3 ジェームズ ジェームズ 立浪和義 立浪和義 大豊泰昭 大豊泰昭
4 パウエル パウエル パウエル 大豊泰昭 パウエル パウエル
5 大豊泰昭 仁村徹 大豊泰昭 パウエル 彦野利勝 彦野利勝
6 仁村徹 大豊泰昭 彦野利勝 彦野利勝 仁村徹 仁村徹
7 彦野利勝 松井達徳 松井達徳 仁村徹 中村武志 前原博之
8 中村武志 中村武志 中村武志 中村武志 鳥越裕介 中村武志
9 今中慎二 野中徹博 山本昌広 今中慎二 郭源治 郭源治

[2]

1994年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 中日 1.5 中日 3.5 中日 9.5 中日 8.0 広島 4.0 中日 中日 1.0
3位 ヤクルト 3.5 横浜 4.5 ヤクルト 阪神 9.0 中日 6.5 広島 2.5 広島 4.0
4位 横浜 4.0 ヤクルト 5.5 横浜 11.5 ヤクルト 10.0 阪神 8.0 横浜 5.5 阪神 8.0
5位 広島 5.5 阪神 7.0 阪神 14.0 広島 11.0 ヤクルト 9.0 阪神 6.0 ヤクルト
6位 阪神 6.5 広島 9.5 広島 15.5 横浜 13.0 横浜 11.5 ヤクルト 7.0 横浜 9.0
期間
成績
11勝7敗
勝率.611
11勝12敗
勝率.478
10勝12敗
勝率.455
11勝11敗
勝率.500
12勝13敗
勝率.480
11勝4敗
勝率.733
3勝2敗
勝率.600
1994年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 70 60 0 .538 -
2位 中日ドラゴンズ 69 61 0 .531 1.0
3位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 4.0
4位 ヤクルトスワローズ 62 68 0 .477 8.0
阪神タイガース 62 68 0 .477 8.0
6位 横浜ベイスターズ 61 69 0 .469 9.0

オールスターゲーム1994編集

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 高木守道
投手 今中慎二 3
山本昌広 4
内野手 立浪和義 3
大豊泰昭 2
外野手 彦野利勝 3
パウエル

選手・スタッフ編集

[2]

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
パウエル 首位打者 .324 初受賞
大豊泰昭 本塁打王 38本 初受賞
打点王 107打点 初受賞
郭源治 最優秀防御率 2.45 初受賞
山本昌広 最多勝利 19勝 2年連続2度目
沢村賞 初受賞
その他
選手名 タイトル
彦野利勝 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
山本昌広 投手 初受賞
大豊泰昭 一塁手 初受賞
パウエル 外野手 2年連続2度目
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト編集

網掛けの選手は逆指名による入団

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 金森隆浩 投手 立命館大学 入団
2位 山田洋 投手 日本通運名古屋 入団
3位 山田広二 内野手 トヨタ自動車 入団
4位 原田政彦 内野手 東海理化 入団
5位 三輪敬司 捕手 愛知工業大学名電高 入団
6位 大西崇之 外野手 ヤオハンジャパン 入団

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 年度別成績 1994年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年11月20日閲覧。
  2. ^ a b 『1995 ベースボール・レコード・ブック』ベースボール・マガジン社、1994年。ISBN 4-583-03171-8