佐藤 秀樹(さとう ひでき、1970年4月21日 - )は、静岡県富士市[1]出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・コーチ

佐藤 秀樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県富士市
生年月日 (1970-04-21) 1970年4月21日(53歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1993年7月31日
CPBL / 2005年3月16日
最終出場 NPB / 2003年9月15日
CPBL / 2005年5月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 誠泰コブラズ (2005)
  • 中日ドラゴンズ (2014 - 2015)

2014年シーズンより、2年間中日ドラゴンズの二軍投手コーチを務めた。中京大学附属中京高等学校在学時にU-18野球日本代表へ選出された佐藤勇基[2]は実の息子。

経歴 編集

プロ入り前 編集

小学3年の時に野球を始め、中学でエースで4番打者になる[1]

富士宮西高でも1年秋からエースになり、県大会で2試合連続ノーヒットノーラン、19奪三振を記録[1]1987年、2年生の時に、第59回選抜高等学校野球大会に出場[1]。3年夏は県大会決勝戦で完投するも、延長13回の末にサヨナラ負け。

その後、社会人野球三菱重工横浜では補強選手で3年連続都市対抗野球出場[3]1992年のドラフト会議中日ドラゴンズから1位指名を受け入団[1]。ドラフト前は福岡ダイエーホークスへの入団を希望していたが、同じく松井秀喜の抽選に外れた中日が先の指名となった。

プロ入り後 編集

1993年から先発ローテーションにも入る。

1994年には7勝を挙げ規定投球回もクリア。10.8決戦にも3番手投手として登板した[4]

その後はプロ野球脱税事件への関与や成績も下降気味となる。

1999年西武ライオンズ金銭トレードされる[1]

2002年戦力外通告を受け退団。ヤクルトスワローズに移籍した[1]

2003年には、7年ぶりの勝利投手となり、5勝を挙げ久しぶりに一軍で活躍した。

2004年10月5日に戦力外通告を受けた[5]。その後、合同トライアウトに参加したものの、日本プロ野球では獲得する球団は現れなかった。

2005年台湾中華職業棒球大聯盟誠泰コブラズへ入団するも、不振のためシーズン中に選手登録を外れ、コーチ業に専念。同年限りで退団し、現役引退。

2006年より、古巣中日のスコアラーに転身した。

2007年まで広島東洋カープ担当。

2008年横浜ベイスターズ担当。

2009年から2011年阪神タイガースを担当した。

2012年からはスコアラーの担当制は廃止された。

2013年10月22日、翌2014年シーズンより中日の二軍投手コーチを務めることが発表された[6]11月1日には背番号が75になることが発表された[7]

2015年は二軍チーフ投手コーチとなった。

2016年からスコアラーに復帰。再び阪神タイガースを担当することになった。

2018年からは都裕次郎の後任としてチーフスコアラーに就任した。

詳細情報 編集

年度別投手成績 編集





















































W
H
I
P
1993 中日 13 9 0 0 0 4 1 0 -- .800 241 54.2 48 12 37 1 2 42 2 0 27 25 4.12 1.55
1994 28 22 5 0 0 7 9 0 -- .438 608 140.2 127 13 75 2 2 104 6 1 58 49 3.14 1.44
1995 22 14 1 0 0 3 9 0 -- .250 431 91.0 116 12 45 3 3 70 6 0 68 67 6.63 1.77
1996 32 7 0 0 0 3 2 0 -- .600 327 69.1 83 6 36 2 5 51 6 0 41 38 4.93 1.72
1997 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 36 7.0 9 2 5 0 0 8 0 0 7 7 9.00 2.00
1999 西武 12 1 0 0 0 0 0 1 -- ---- 111 25.0 18 3 17 1 1 15 0 0 9 8 2.88 1.40
2000 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 36 7.1 11 1 4 0 0 2 0 0 9 8 9.82 2.05
2003 ヤクルト 28 8 0 0 0 5 4 0 -- .556 278 63.1 73 9 19 0 1 34 1 1 35 33 4.69 1.45
2005 誠泰 6 6 0 0 0 2 3 0 0 .400 137 28.2 39 4 13 0 2 15 2 1 33 22 6.91 1.81
NPB:9年 145 61 6 0 0 22 25 1 -- .468 2068 458.1 485 58 238 9 14 326 21 2 254 235 4.61 1.58
CPBL:1年 6 6 0 0 0 2 3 0 0 .400 137 28.2 39 4 13 0 2 15 2 1 33 22 6.91 1.81

記録 編集

背番号 編集

  • 24 (1993年 - 1998年)
  • 49 (1999年 - 2002年)
  • 28 (2003年 - 2005年)
  • 75 (2014年 - 2015年)

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、255ページ
  2. ^ 2022年の10月には、その年のドラフト候補として名前が挙がっていた(当時・24歳、トヨタ自動車所属)が、指名漏れになった。
  3. ^ '94スポニチプロ野球手帳 スポーツニッポン新聞社
  4. ^ 「平成のドラゴンズ (1) 10.8V決戦 幻の出番 マサ胸中は 平成6年 69勝61敗0分け 2位」『中日新聞』(中日新聞社)、2019年1月3日、朝刊 朝刊運動3面 27頁。
  5. ^ 「プロ野球短信 5日」『中日新聞』(中日新聞社)、2004年10月6日、朝刊 朝刊運動1面19頁。
  6. ^ ★来季のスタッフについて中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2013年10月22日配信
  7. ^ ★来季スタッフの背番号について中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2013年11月1日配信

関連項目 編集

外部リンク 編集