メインメニューを開く

1997年オーストラリアグランプリ

1997年オーストラリアグランプリ(1997 Australian Grand Prix)は、1997年のF1世界選手権開幕戦として、1997年3月9日アルバート・パーク・サーキットで開催された。

オーストラリアの旗 1997年オーストラリアグランプリ
レース詳細
Albert Lake Park Street Circuit in Melbourne, Australia.svg
日程 1997年シーズン第1戦
決勝開催日 1997年3月9日
開催地 アルバート・パーク・サーキット
オーストラリア メルボルン
コース長 5.303km
レース距離 58周(308.792km)
決勝日天候 曇り(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'29.369
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン
タイム 1'30.585(Lap 36)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

結果編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 3   ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズルノー 1'29.369
2 4   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ウィリアムズルノー 1'31.123 +1.754
3 5   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1'31.472 +2.103
4 10   デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 1'31.531 +2.162
5 6   エディ・アーバイン フェラーリ 1'31.881 +2.512
6 9   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 1'31.971 +2.602
7 16   ジョニー・ハーバート ザウバーペトロナス 1'32.287 +2.918
8 7   ジャン・アレジ ベネトンルノー 1'32.593 +3.224
9 14   オリビエ・パニス プロスト無限ホンダ 1'32.842 +3.473
10 8   ゲルハルト・ベルガー ベネトンルノー 1'32.870 +3.501
11 22   ルーベンス・バリチェロ スチュワートフォード 1'33.075 +3.706
12 11   ラルフ・シューマッハ ジョーダンプジョー 1'33.130 +3.761
13 17   ニコラ・ラリーニ ザウバーペトロナス 1'33.327 +3.958
14 12   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンプジョー 1'33.552 +4.183
15 20   片山右京 ミナルディハート 1'33.798 +4.429
16 15   中野信治 プロスト無限ホンダ 1'33.989 +4.620
17 21   ヤルノ・トゥルーリ ミナルディハート 1'34.120 +4.751
18 19   ミカ・サロ ティレルフォード 1'34.229 +4.860
19 23   ヤン・マグヌッセン スチュワートフォード 1'34.623 +5.254
20 1   デイモン・ヒル アロウズヤマハ 1'34.806 +5.437
21 18   ヨス・フェルスタッペン ティレルフォード 1'34.943 +5.574
22 2   ペドロ・ディニス アロウズヤマハ 1'35.972 +6.603
DNQ 24   ヴィンチェンゾ・ソスピリ ローラフォード 1'40.972 +11.603
DNQ 25   リカルド・ロセット ローラフォード 1'42.086 +12.717
  • 予選通過タイム 1'35.625
  • ペドロ・ディニスはポールタイムの107%を超えているが、フリー走行中にこれを上回るタイムを出しているため出走が認められた。

決勝編集

展開編集

フォーメーションラップ中にヒルがマシントラブルでリタイア、前年度王者が呆気なく姿を消す。

スタートでも混乱は続き、ヴィルヌーヴとアーバインが接触して両者リタイア、チャンピオンの大本命が早々にマシンを降りる。

トップ争いはフレンツェンとクルサードで演じられたが、1ストップ作戦のクルサードに対して2ストップ作戦のフレンツェンは2度目のピットイン時に右リアタイヤの交換で大きくタイムロス、その間にフレンツェンはクルサードだけでなくM・シューマッハにまで抜かれて3位に転落する。しかし1ストップ作戦だったM・シューマッハは終盤に2度目のピットイン、給油機のトラブルで給油が不十分なためであった。2位に上がったフレンツェンであったが、ブレーキトラブルでスピンアウト、8位完走扱いに終わる。

そのままクルサードはトップでチェッカーを受け、メルセデスエンジン復帰後初勝利(1955年イタリアGP以来)、そしてマクラーレンチームにも1993年オーストラリアグランプリ以来の勝利をプレゼントした。2位はM・シューマッハ、3位はハッキネンが入った。F1初参戦の中野は7位完走、片山は電気系トラブルでリタイア。

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 10   デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 58 1:30'28.718 4 10
2 5   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 58 +20.046 3 6
3 9   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 58 +22.177 6 4
4 8   ゲルハルト・ベルガー ベネトンルノー 58 +22.841 10 3
5 14   オリビエ・パニス プロスト無限ホンダ 58 +1'00.308 9 2
6 17   ニコラ・ラリーニ ザウバーペトロナス 58 +1'36.040 13 1
7 15   中野信治 プロスト無限ホンダ 56 +2 Laps 16  
8 4   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ウィリアムズルノー 55 ブレーキ 2  
9 21   ヤルノ・トゥルーリ ミナルディハート 55 +3 Laps 17  
10 2   ペドロ・ディニス アロウズヤマハ 54 +4 Laps 22  
Ret 22   ルーベンス・バリチェロ スチュワートフォード 49 エンジン 11  
Ret 19   ミカ・サロ ティレルフォード 42 エンジン 18  
Ret 23   ヤン・マグヌッセン スチュワートフォード 36 サスペンション 19  
Ret 7   ジャン・アレジ ベネトンルノー 34 燃料系 8  
Ret 20   片山右京 ミナルディハート 32 電気系 15  
Ret 12   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダンプジョー 14 スピンアウト 14  
Ret 18   ヨス・フェルスタッペン ティレルフォード 2 スピンアウト 21  
Ret 11   ラルフ・シューマッハ ジョーダンプジョー 1 ギアボックス 12  
Ret 3   ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズルノー 0 接触 1  
Ret 6   エディ・アーバイン フェラーリ 0 接触 5  
Ret 16   ジョニー・ハーバート ザウバーペトロナス 0 接触 7  
DNS 1   デイモン・ヒル アロウズヤマハ 0 スロットル(フォーメーションラップ) 20  
DNQ 24   ヴィンチェンゾ・ソスピリ ローラフォード - 予選不通過 23  
DNQ 25   リカルド・ロセット ローラフォード - 予選不通過 24  
FIA F1世界選手権
1997年シーズン
次戦
1997年ブラジルグランプリ
前回開催
1996年オーストラリアグランプリ
  オーストラリアグランプリ次回開催
1998年オーストラリアグランプリ