メインメニューを開く
1997年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1996 翌年: 1998
一覧: 開催国 | 開催レース

1997年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第48回大会である。1997年3月9日オーストラリアで開幕し、10月26日スペインで開催される最終戦まで、全17戦で争われた。

目次

概要編集

ウィリアムズ対フェラーリ編集

この年もウィリアムズルノーの優位が予想されたが、フェラーリが対抗馬として浮上した。チャンピオン争いはウィリアムズのジャック・ヴィルヌーヴとフェラーリのミハエル・シューマッハが最後まで拮抗した戦いを繰り広げた。

ウィリアムズは前年チャンピオンとなったデイモン・ヒルを解雇したが、それがヒルに絶大な信頼感を寄せていたチーフデザイナーのエイドリアン・ニューウェイの逆鱗に触れてマクラーレン移籍の原因の一つとなり、これらがマシン開発の方向性を次第に見失う影響を与えた結果、前年ほどの安定感は見られなくなる。

ヴィルヌーヴは7勝10ポールポジションを記録したが、自身やチームのミスで惨敗を喫することもあった。新加入のハインツ=ハラルド・フレンツェンサンマリノGPで初優勝したが、ヴィルヌーヴの速さの前に存在が霞がちだった。

一方、フェラーリはロス・ブラウンロリー・バーンなど旧ベネトンスタッフが加わりチーム力が向上、ナンバー2ドライバーエディ・アーバインの貢献も目立った。フェラーリ2年目のミハエル・シューマッハは中盤戦に4勝を挙げポイント争いをリード。しかし終盤戦はオーストリアGPでは黄旗区間の追い越しペナルティーで後退。ルクセンブルクGPではスタート直後に弟のラルフ・シューマッハと絡みリタイアし、ヴィルヌーヴに対して一歩抜きん出ることができなかった。

ヴィルヌーヴはハンガリーGPとルクセンブルクGPの幸運な勝利でポイント首位に立った。しかし、日本GPフリー走行中に黄旗無視によるペナルティが科せられ、過去の違反累積から失格処分を受ける。ヴィルヌーヴとチーム側は直ちに抗議し、暫定的に決勝レースの出走が認められるも、最終的に失格処分は覆らなかった。この結果、シューマッハの1点リードで最終戦ヨーロッパGPを迎えた。

ヨーロッパGP予選ではヴィルヌーヴ、シューマッハ、フレンツェンが史上初のポールポジション3者同タイムを記録(グリッドはタイムを記録した順)。レースは逃げるシューマッハをヴィルヌーヴが追い詰め、48周目のドライサックヘアピンでインを突く。外から被せたシューマッハと接触し、シューマッハはリタイア。ヴィルヌーヴはダメージを負ったマシンで走り切り、逆転でワールドチャンピオンに輝いた。その後、シューマッハの行為に対してFIA側は「未必の故意」があったと裁定し「ドライバーズランキングからの除外」という厳罰を下した(シューマッハの通算個人成績やコンストラクターズポイントはそのまま有効)。

この終盤2戦ではチームプレーを巡る思惑が交錯した。日本GPではアーバインが撹乱役を務めシューマッハの勝利をアシスト。ヨーロッパGPフリー走行ではヴィルヌーヴがアーバインのマナーに抗議する一幕があった。決勝では逆にフレンツェンがシューマッハの頭を抑え、ヴィルヌーヴの追い上げをアシスト。また、最終周にヴィルヌーヴがペースダウンしたのは、マクラーレンミカ・ハッキネンに勝たせるようチームが無線で指示したのではないかという論争が起こった。

この年、チャンピオンを争ったヴィルヌーヴとシューマッハは、偶然にも表彰台に同時に立つことは一度も無かった。

シルバー・アロー復活編集

マクラーレンは長年のメインスポンサーだったマールボロがフェラーリに1本化した事に伴い、新たにウエストと契約。赤白のカラーリングから往年のメルセデス・ベンツの代名詞「シルバー・アロー」を思わせる銀色のカラーリングへ衣替えした。

開幕戦ではデビッド・クルサードが優勝、マクラーレンとしては3年ぶり、メルセデスエンジンとしては42年ぶりの勝利となった。クルサードはイタリアGPでも優勝し、年間ランキング3位となった。一方、ミカ・ハッキネンはトップ快走中3度もエンジンブローするという悲運に見舞われ続けたが、最終戦ヨーロッパGPではファイナルラップにトップに躍り出てF1参戦96戦目にしてようやく初優勝を果たし、表彰台で男泣きした。

メルセデスエンジンの信頼性の低さに泣かされ続けたシーズンではあったが、久しぶりに優勝争いに加わる体制を築き上げつつあった。

ブリヂストンタイヤ参戦編集

この年から日本のタイヤメーカー・ブリヂストンが参入。トップチームがグッドイヤーを選んだため中下位のチームと契約した。これにより、ピレリが撤退した1992年以来のタイヤ戦争が始まった。安定した性能を誇るブリヂストン勢に対し、グッドイヤー勢は度々ブリスターを発生させるなど、新規参入組らしからぬ存在感を見せるようになる。

プロストオリビエ・パニスはシーズン前半に2度表彰台に立ち、ブリヂストン勢のトップランナーとして期待されたが、カナダGPで大クラッシュ、両脚骨折の重傷を負う。代わって新人のヤルノ・トゥルーリが加入し、オーストリアGPでトップを快走する活躍をみせた。他にもスチュワートのルーベンス・バリチェロがモナコGPで2位表彰台を獲得している。

前年チャンピオンのデイモン・ヒルアロウズへ移籍し、ブリヂストンのタイヤ開発に協力した。シーズン前半は苦戦したが、ハンガリーGPで予選3位から順位を上げ、11週目の1コーナーでグッドイヤータイヤの劣化でペースが上がらないミハエル・シューマッハを抜くと独走体制に入り、アロウズとヤマハエンジン、ブリヂストンタイヤの初優勝が近づいたが、レース終盤に油圧系トラブルが原因で急失速、ファイナルラップでヴィルヌーヴに抜かれ惜しくも2位に終わったものの、表彰台に駆け付けた観客からはヒルに対する惜しみない歓声が上がった。

ブリヂストンのF1プロジェクトリーダーを担当した浜島裕英は、「タイヤによって下剋上を起こせることを証明した反面、パワーサーキットではしっかりしたマシンで無いと絶対に勝てない」「ハンガロリンクみたいなサーキットでは勝てたかも知れないが、チャンピオンを獲るにはトップチームと組む必要を痛感させられた」「ハンガロリンクでは勝ってはいけなかった、F1の世界は甘くはないと教えられた(同時にヤマハ側にとっては結果的に勝利へのラストチャンスになったレースでもあった、とコメント)」と当時を振り返っている[1]

トピック編集

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   オーストラリアグランプリ 3月9日 メルボルン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ハインツ=ハラルド・フレンツェン   デビッド・クルサード   マクラーレン-メルセデス 詳細
2   ブラジルグランプリ 3月30日 インテルラゴス   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
3   アルゼンチングランプリ 4月13日 ブエノスアイレス   ジャック・ヴィルヌーヴ   ゲルハルト・ベルガー   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
4   サンマリノグランプリ 4月27日 イモラ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ハインツ=ハラルド・フレンツェン   ハインツ=ハラルド・フレンツェン   ウィリアムズ-ルノー 詳細
5   モナコグランプリ 5月11日 モナコ   ハインツ=ハラルド・フレンツェン   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
6   スペイングランプリ 5月25日 バルセロナ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャンカルロ・フィジケラ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
7   カナダグランプリ 6月15日 モントリオール   ミハエル・シューマッハ   デビッド・クルサード   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
8   フランスグランプリ 6月29日 マニクール   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
9   イギリスグランプリ 7月13日 シルバーストン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ミハエル・シューマッハ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
10   ドイツグランプリ 7月27日 ホッケンハイムリンク   ゲルハルト・ベルガー   ゲルハルト・ベルガー   ゲルハルト・ベルガー   ベネトン-ルノー 詳細
11   ハンガリーグランプリ 8月10日 ハンガロリンク   ミハエル・シューマッハ   ハインツ=ハラルド・フレンツェン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
12   ベルギーグランプリ 8月24日 スパ・フランコルシャン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
13   イタリアグランプリ 9月7日 モンツァ   ジャン・アレジ   ミカ・ハッキネン   デビッド・クルサード   マクラーレン-メルセデス 詳細
14   オーストリアグランプリ 9月21日 A1リンク   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
15   ルクセンブルクグランプリ 9月28日 ニュルブルクリンク   ミカ・ハッキネン   ハインツ=ハラルド・フレンツェン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
16   日本グランプリ 10月12日 鈴鹿   ジャック・ヴィルヌーヴ   ハインツ=ハラルド・フレンツェン   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
17   ヨーロッパグランプリ 10月26日 ヘレス   ジャック・ヴィルヌーヴ   ハインツ=ハラルド・フレンツェン   ミカ・ハッキネン   マクラーレン-メルセデス 詳細

備考編集

1988年以降グランプリから遠ざかっていたオーストリアグランプリが今年度よりA1リンクで新たに開催され、エストリルで開催されていたポルトガルグランプリが開催されないこととなった。

また、この年ヨーロッパグランプリがヘレスで行われたのに伴い、ニュルブルクリンクでのレースは、ルクセンブルクグランプリと名称を変えることとなった。1999年以降は、名を再びヨーロッパグランプリに戻している。

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 ダンカ・アロウズ・ヤマハ アロウズ A18 ヤマハOX11A(V10) B 1. デイモン・ヒル
2. ペドロ・ディニス
 ロスマンズ・ウィリアムズ・ルノー ウィリアムズ FW19 ルノーRS9,RS9B(V10) G 3. ジャック・ヴィルヌーヴ
4. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ フェラーリ F310B フェラーリTipo046/1B(V10)
フェラーリTipo046/2(V10)
G 5. ミハエル・シューマッハ
6. エディ・アーバイン
 マイルドセブン・ベネトン・ルノー ベネトン B197 ルノーRS9,RS9B(V10) G 7. ジャン・アレジ
8. ゲルハルト・ベルガー
(8.) アレクサンダー・ヴルツ
 ウエスト・マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-12 メルセデスFO110E(V10)
メルセデスFO110F(V10)
G 9. ミカ・ハッキネン
10. デビッド・クルサード
 ベンソン&ヘッジス・ジョーダン・プジョー ジョーダン 197 プジョーA14EV5(V10) G 11 ラルフ・シューマッハ
12. ジャンカルロ・フィジケラ
 プロスト・ゴロワーズ・ブロンド プロスト JS45 無限MF301HB(V10) B 14. オリビエ・パニス
(14.) ヤルノ・トゥルーリ
15. 中野信治
 レッドブル・ザウバー・ペトロナス ザウバー C16 ペトロナスSPE-01(V10) G 16. ジョニー・ハーバート
17. ニコラ・ラリーニ
(17.) ジャンニ・モルビデッリ
(17.) ノルベルト・フォンタナ
 ティレル・レーシングオーガニゼーション ティレル 025 フォードED5(V8) G 18. ヨス・フェルスタッペン
19. ミカ・サロ
 ミナルディチーム ミナルディ M197 ハート830AV7(V8) B 20. 片山右京
20. ヤルノ・トゥルーリ
(21.) タルソ・マルケス
 スチュワート・グランプリ スチュワート SF-1 フォードZETEC-R(V10) B 22. ルーベンス・バリチェロ
23. ヤン・マグヌッセン
 マスターカード・ローラF1チーム ローラ T97/30 フォードZETEC-R(V8) B 24. ヴィンセンツォ・ソスピリ
25. リカルド・ロセット

ドライバー変更編集

  • アレクサンダー・ヴルツ - 第7戦カナダGPから第9戦イギリスGPまでベルガーの代役として出走
  • ヤルノ・トゥルーリ - 第8戦フランスGPから第14戦オーストリアGPまでパニスの代役として出走
  • ジャンニ・モルビデッリ - 第6戦スペインGPから第7戦カナダGPまでラリーニの、第11戦ハンガリーGPから第16戦日本GPまでフォンタナの代役として出走
  • ノルベルト・フォンタナ - 第8戦フランスGPから第10戦ドイツGPまで及び最17戦ヨーロッパGPでモルビデッリの代役として出走
  • タルソ・マルケス - 第8戦フランスGPからトゥルーリの代役として出走

1997年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
AUT
 
LUX
 
JPN
 
EUR
 
ポイント
1   ジャック・ヴィルヌーヴ Ret 1 1 Ret Ret 1 Ret 4 1 Ret 1 5 5 1 1 DSQ 3 81
DSQ   ミハエル・シューマッハ 2 5 Ret 2 1 4 1 1 Ret 2 4 1 6 6 Ret 1 Ret 78
2   ハインツ=ハラルド・フレンツェン 8 9 Ret 1 Ret 8 4 2 Ret Ret Ret 3 3 3 3 2 6 42
3   デビッド・クルサード 1 10 Ret Ret Ret 6 7 7 4 Ret Ret Ret 1 2 Ret 10 2 36
4   ジャン・アレジ Ret 6 7 5 Ret 3 2 5 2 6 11 8 2 Ret 2 5 13 36
5   ゲルハルト・ベルガー 4 2 6 Ret 9 10 1 8 6 7 10 4 8 4 27
6   ミカ・ハッキネン 3 4 5 6 Ret 7 Ret Ret Ret 3 Ret DSQ 9 Ret Ret 4 1 27
7   エディ・アーバイン Ret 16 2 3 3 12 Ret 3 Ret Ret 9 10 8 Ret Ret 3 5 24
8   ジャンカルロ・フィジケラ Ret 8 Ret 4 6 9 3 9 7 11 Ret 2 4 4 Ret 7 11 20
9   オリビエ・パニス 5 3 Ret 8 4 2 11 6 Ret 7 16
10   ジョニー・ハーバート Ret 7 4 Ret Ret 5 5 8 Ret Ret 3 4 Ret 8 7 6 8 15
11   ラルフ・シューマッハ Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret 6 5 5 5 Ret Ret 5 Ret 9 Ret 13
12   デイモン・ヒル DNS 17 Ret Ret Ret Ret 9 12 6 8 2 13 Ret 7 8 11 Ret 7
13   ルーベンス・バリチェロ Ret Ret Ret Ret 2 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 13 14 Ret Ret Ret 6
14   アレクサンダー・ヴルツ Ret Ret 3 4
15   ヤルノ・トゥルーリ 9 12 9 Ret Ret 15 Ret 10 8 4 7 15 10 Ret 3
16   ペドロ・ディニス 10 Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret Ret Ret Ret 7 Ret 13 5 12 Ret 2
17   ミカ・サロ Ret 13 8 9 5 Ret Ret Ret Ret Ret 13 11 Ret Ret 10 Ret 12 2
18   中野信治 7 14 Ret Ret Ret Ret 6 Ret 11 7 6 Ret 11 Ret Ret Ret 10 2
19   ニコラ・ラリーニ 6 11 Ret 7 Ret 1
-   ヤン・マグヌッセン Ret DNS 10 Ret 7 13 Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret Ret Ret 9 0
-   ヨス・フェルスタッペン Ret 15 Ret 10 8 11 Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 12 Ret 13 16 0
-   ジャンニ・モルビデリ 14 10 Ret 9 12 9 9 DNS 0
-   ノルベルト・フォンタナ Ret 9 9 14 0
-   片山右京 Ret 18 Ret 11 10 Ret Ret 11 Ret Ret 10 14 Ret 11 Ret Ret 17 0
-   タルソ・マルケス Ret 10 Ret 12 Ret 14 EX Ret Ret 15 0
-   リカルド・ロセット DNQ DNA 0
-   ヴィンセンツォ・ソスピリ DNQ DNA 0
順位 ドライバー AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
AUT
 
LUX
 
JPN
 
EUR
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

リタイアしたがレース距離の90%以上を走行していたため完走扱い
ミハエル・シューマッハは、ヨーロッパグランプリでのジャック・ヴィルヌーヴとの接触を「危険行為を行った」とみなされ、1997年のランキングから除外された(戦績・獲得ポイントは除く)。

1997年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
AUT
 
LUX
 
JPN
 
EUR
 
ポイント
1   ウィリアムズ-ルノー 3 Ret 1 1 Ret Ret 1 Ret 4 1 Ret 1 5 5 1 1 DSQ 3 123
4 8 9 Ret 1 Ret 8 4 2 Ret Ret Ret 3 3 3 3 2 6
2   フェラーリ 5 2 5 Ret 2 1 4 1 1 Ret 2 4 1 6 6 Ret 1 Ret 102
6 Ret 16 2 3 3 12 Ret 3 Ret Ret 9 10 8 Ret Ret 3 5
3   ベネトン-ルノー 7 Ret 6 7 5 Ret 3 2 5 2 6 11 8 2 Ret 2 5 13 67
8 4 2 6 Ret 9 10 Ret Ret 3 1 8 6 7 10 4 8 4
4   マクラーレン-メルセデス 9 3 4 5 6 Ret 7 Ret Ret Ret 3 Ret DSQ 9 Ret Ret 4 1 63
10 1 10 Ret Ret Ret 6 7 7 4 Ret Ret Ret 1 2 Ret 10 2
5   ジョーダン-プジョー 11 Ret 8 Ret 4 6 9 3 9 7 11 Ret 2 4 4 Ret 7 11 33
12 Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret 6 5 5 5 Ret Ret 5 Ret 9 Ret
6   プロスト-無限ホンダ 14 5 3 Ret 8 4 2 11 10 8 4 7 15 10 Ret 6 Ret 7 21
15 7 14 Ret Ret Ret Ret 6 Ret 11 7 6 Ret 11 Ret Ret Ret 10
7   ザウバー-ペトロナス 16 Ret 7 4 Ret Ret 5 5 8 Ret Ret 3 4 Ret 8 7 6 8 16
17 6 11 Ret 7 Ret 14 10 Ret 9 9 Ret 9 12 9 9 DNS 14
8   アロウズ-ヤマハ 1 DNS 17 Ret Ret Ret Ret 9 12 6 8 2 13 Ret 7 8 11 Ret 9
2 10 Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret Ret Ret Ret 7 Ret 13 5 12 Ret
9   スチュワート-フォード 22 Ret Ret Ret Ret 2 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 13 14 Ret Ret Ret 6
23 Ret DNS 10 Ret 7 13 Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret Ret Ret 9
10   ティレル-フォード 18 Ret 15 Ret 10 8 11 Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 12 Ret 13 16 2
19 Ret 13 8 9 5 Ret Ret Ret Ret Ret 13 11 Ret Ret 10 Ret 12
-   ミナルディ-ハート 20 Ret 18 Ret 11 10 Ret Ret 11 Ret Ret 10 14 Ret 11 Ret Ret 17 0
21 9 12 9 Ret Ret 15 Ret Ret 10 Ret 12 Ret 14 EX Ret Ret 15
-   ローラ-フォード 24 DNQ DNA 0
25 DNQ DNA
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
AUT
 
LUX
 
JPN
 
EUR
 
ポイント

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「浜島裕英インタビュー」『GP CAR STORY』Vol.23 アロウズA18・ヤマハ、三栄書房、 59頁。

外部リンク編集