メインメニューを開く

1998年スペイングランプリXL Gran Premio Marlboro de España)は、1998年のF1世界選手権第5戦として5月10日にカタロニア・サーキットで開催された。

スペインの旗 1998年スペイングランプリ
レース詳細
1998年F1世界選手権全16戦の第5戦
Circuit de Catalunya in Barcelona
Circuit de Catalunya in Barcelona
日程 1998年シーズン第5戦
決勝開催日 5月10日
正式名称 XL Gran Premio Marlboro de Espana
開催地 カタロニア・サーキット
スペイン バルセロナ
コース Permanent racing facility
コース長 4.728
レース距離 307.320
決勝日天候 Sunny and warm
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-メルセデス
タイム 1:20.262
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス
タイム 1:24.275 (25周目)
決勝順位
優勝 マクラーレン-メルセデス
2位 マクラーレン-メルセデス
3位 フェラーリ

目次

レース概要編集

ミカ・ハッキネンがポールポジションを獲得、チームメイトのデビッド・クルサードは0.7秒差で2位、フェラーリミハエル・シューマッハがクルサードから0.7秒差の3位となった。レースはハッキネンの勝利のための形式的な手続きに過ぎなかった。クルサードが2位、シューマッハが3位となった。

アロウズペドロ・ディニスはウォームアップ走行でエンジンストールし、ピットスタートとなった。決勝ではマクラーレンの2台がうまくスタートを切ったものの、シューマッハは失敗しチームメイトのエディ・アーバイン、ベネトンのジャンカルロ・フィジケラに抜かれ5位に沈む。最初のピットストップが始まるまでこの順位は変化しなかった。アーバインはシューマッハが挽回できるようにフィジケラをブロックし、シューマッハは両者を抜いて3位に挽回した。フィジケラとアーバインはその後もバトルを続け、28ラップ目にアウト側からアーバインにアタック、結果接触し両者はグラベルに飛び込んだ。これによりフィジケラのチームメイト、アレクサンダー・ヴルツが4位に浮上、この順位のままフィニッシュした。ハッキネンはチームメイトのクルサードより一貫してペースが速く、同じ車に乗っていながらもペースを合わせることができなかった。元ドライバーのマーティン・ブランドルはハッキネンが「彼自身のクラス」で走っているとコメントした。

レースの間にミハエル・シューマッハとミナルディエステバン・トゥエロはピットレーンでの制限速度違反のため10秒のストップゴーペナルティを受けた[1]

スチュワート・グランプリルーベンス・バリチェロは5位入賞、2ポイントを獲得したがこれはチームにとってシーズン初のポイントであり、チームが準備した新しいエンジンとシャシーがこれを可能にした。しかしながら、チームメイトのヤン・マグヌッセンの使用した車両はふるいシャシーであった[1]。元世界チャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ウィリアムズが1989年アメリカグランプリ以来記録した最悪の予選結果でスタートし、結局6位でフィニッシュした。

最終ラップでウィリアムズのハインツ=ハラルド・フレンツェンがプロスト・グランプリのヤルノ・トゥルーリを抜いて8位に入った。トゥルーリはマーシャルのミスでブルーフラッグを掲示され、フレンツェンに追い抜かれたが、実際にはブルーフラッグはウィリアムズではなくフェラーリに掲示されるはずの物であった。

「僕は本当に怒っている。なぜなら素晴らしいバトルを諦めねばならなく、彼らが盲目で車を認識できなかったために不当に順位を失ったからだ。もちろん、8位でフィニッシュしようが9位だろうがそれはあまり重要ではないけれど、しかしレーサーにとっては重要なことなんだ。ブルーフラッグの場合、僕は代わりの手段を持っていなかったんだ。」ヤルノ・トゥルーリ[1]

レース後、フィジケラはアーバインとの衝突のため、7,500ドルの罰金を科された[1]

結果編集

 
高木虎之介は予選21番手となり、最下位で予選通過した。チームメイトのリカルド・ロセットはポールシッターのタイムの107%より0.065足らず予選落ちとなった。

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクター タイム
1 8   ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 1:20.262
2 7   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 1:20.996 +0.734
3 3   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:21.785 +1.523
4 5   ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-プレイライフ 1:21.894 +1.632
5 6   アレクサンダー・ヴルツ ベネトン-プレイライフ 1:21.965 +1.703
6 4   エディ・アーバイン フェラーリ 1:22.350 +2.088
7 15   ジョニー・ハーバート ザウバー-ペトロナス 1:22.794 +2.532
8 9   デイモン・ヒル ジョーダン-無限ホンダ 1:22.835 +2.573
9 18   ルーベンス・バリチェロ スチュワート-フォード 1:22.860 +2.598
10 1   ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズ-メカクローム 1:22.885 +2.623
11 10   ラルフ・シューマッハ ジョーダン-無限ホンダ 1:22.927 +2.665
12 11   オリビエ・パニス プロスト-プジョー 1:22.963 +2.701
13 2   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ウィリアムズ-メカクローム 1:23.197 +2.935
14 14   ジャン・アレジ ザウバー-ペトロナス 1:23.327 +3.065
15 16   ペドロ・ディニス アロウズ 1:23.704 +3.442
16 12   ヤルノ・トゥルーリ プロスト-プジョー 1:23.748 +3.486
17 17   ミカ・サロ アロウズ 1:23.887 +3.625
18 19   ヤン・マグヌッセン スチュワート-フォード 1:24.112 +3.850
19 23   エステバン・トゥエロ ミナルディ-フォード 1:24.265 +4.003
20 22   中野信治 ミナルディ-フォード 1:24.538 +4.276
21 21   高木虎之介 ティレル-フォード 1:24.722 +4.460
DNQ 20   リカルド・ロセット ティレル-フォード 1:25.946 +5.684


決勝編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 8   ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 65 1:33:38.3 1 10
2 7   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 65 +9.439 2 6
3 3   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 65 +47.095 3 4
4 6   アレクサンダー・ヴルツ ベネトン-プレイライフ 65 +1:02.538 5 3
5 18   ルーベンス・バリチェロ スチュワート-フォード 64 +1 Lap 9 2
6 1   ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズ-メカクローム 64 +1 Lap 10 1
7 15   ジョニー・ハーバート ザウバー-ペトロナス 64 +1 Lap 7  
8 2   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ウィリアムズ-メカクローム 63 +2 Laps 13  
9 12   ヤルノ・トゥルーリ プロスト-プジョー 63 +2 Laps 16  
10 14   ジャン・アレジ ザウバー-ペトロナス 63 +2 Laps 14  
11 10   ラルフ・シューマッハ ジョーダン-無限ホンダ 63 +2 Laps 11  
12 19   ヤン・マグヌッセン スチュワート-フォード 63 +2 Laps 18  
13 21   高木虎之介 ティレル-フォード 63 +2 Laps 21  
14 22   中野信治 ミナルディ-フォード 63 +2 Laps 20  
15 23   エステバン・トゥエロ ミナルディ-フォード 63 +2 Laps 19  
16 11   オリビエ・パニス プロスト-プジョー 60 エンジン 12  
リタイア 9   デイモン・ヒル ジョーダン-無限ホンダ 46 エンジン 8  
リタイア 4   エディ・アーバイン フェラーリ 28 接触 6  
リタイア 5   ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-プレイライフ 28 接触 4  
リタイア 17   ミカ・サロ アロウズ 21 エンジン 17  
リタイア 16   ペドロ・ディニス アロウズ 20 エンジン 15  

第5戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

編集

  • ファステストラップ:ミカ・ハッキネン 1m 24.275s
  • このレースは107%ルールが適用された1998年シーズン初のレースであった。ルールが適用された不幸なドライバーはリカルド・ロセットで、7/100秒足りなかったため予選落ちとなった。

参照編集