メインメニューを開く

2016年ドイツグランプリは、2016年のF1世界選手権第12戦として、2016年7月31日ホッケンハイムリンクで開催された。

ドイツの旗 2016年ドイツグランプリ
レース詳細
Hockenheim2012.svg
日程 2016年シーズン第12戦
決勝開催日 7月31日
開催地 ホッケンハイムリンク
ドイツ ホッケンハイム
コース長 4.574km
レース距離 67周(306.458km)
決勝日天候 曇(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:14.363
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド
タイム 1:18.442(Lap 48)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

2016年7月30日(土曜日)

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:15.485 1:14.839 1:14.363 1
2 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:15.243 1:14.748 1:14.470 2
3 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:15.591 1:15.545 1:14.726 3
4 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:15.875 1:15.124 1:14.834 4
5 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:15.752 1:15.242 1:15.142 5
6 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:15.927 1:15.630 1:15.315 6
7 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:15.333 1:14.989 1:15.510 81
8 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:15.521 1:15.490 1:15.530 7
9 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1.16.169 1:15.500 1:15.537 9
10 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:15.710 1:15.699 1:15.615 10
11 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:15.987 1:15.883 11
12 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:16.172 1:15.909 12
13 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:16.317 1:15.989 152
14 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:16.338 1:16.041 13
15 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:16.328 1:16.086 203
16 30   ジョリオン・パーマー ルノー 1:16.636 1:16.665 14
17 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 1:16.716 16
18 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:16.717 17
19 26   ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:16.876 18
20 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:16.977 19
21 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:17.123 21
22 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:17.238 22
107% time: 1:20.114
ソース[1][2]
追記

決勝編集

2016年7月31日日曜日

経過編集

メルセデスの2台はスタートで明暗が分かれた。ニコ・ロズベルグが前戦ハンガリーGP同様スタートミス、ルイス・ハミルトンレッドブル2台に抜かれ4位に後退する。さらにマックス・フェルスタッペンとのバトルの際にコース外へ押し出したため、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2点が科された。そのペナルティ消化とタイヤ交換のためにピットインしたが、ストップウォッチの故障のためタイムロス[6]。結局4位のままフィニッシュし表彰台にも立てず、ホームグランプリで散々な結果となった。一方、スタートでトップに立ったハミルトンは一度も首位を明け渡さず安定した走りで独走、連勝を4に伸ばした。レッドブルはダニエル・リカルドが2位、フェルスタッペンが3位で2台とも表彰台に立ち、コンストラクターズランキングでフェラーリを抜き2位となった。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 67 1:30:44.200 2 25
2 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 67 +6.996 3 18
3 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 67 +13.413 4 15
41 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 67 +15.845 1 12
5 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 67 +32.570 6 10
6 7   キミ・ライコネン フェラーリ 67 +37.023 5 8
7 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 67 +1:10.049 8 6
8 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 66 +1 Lap 12 4
9 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 66 +1 Lap 7 2
10 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 66 +1 Lap 9 1
11 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 66 +1 Lap 11
12 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 66 +1 Lap 13
13 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 66 +1 Lap 20
14 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 66 +1 Lap 15
15 26   ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 66 +1 Lap 18
16 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 66 +1 Lap 16
17 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 65 +2 Laps 17
18 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 65 +2 Laps 22
19 30   ジョリオン・パーマー ルノー 65 +2 Laps 14
20 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 65 +2 Laps 19
Ret 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 57 パワーユニット[7] 21
Ret 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 36 サスペンション[8] 10
ソース[9]
ファステストラップ[10]
ラップリーダー
追記

第12戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

  1. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2016 - QUALIFYING. The Official F1 Website(2016年7月30日).
  2. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2016 - STARTING GRID. The Official F1 Website(2016年7月30日).
  3. ^ a b サインツとヒュルケンベルグがグリッド降格. ESPN F1(2016年7月30日).
  4. ^ Stewards Decision Doc29 - C.Sainz”. fia.com (2016年7月30日). 2016年7月31日閲覧。
  5. ^ Q3の壁を破りたいとハース. ESPN F1(2016年7月30日).
  6. ^ ニコ・ロズベルグ、ストップウォッチの故障でタイムロス. F1-Gate.com(2016年8月1日).
  7. ^ ザウバー「夏休み明けには新パーツ導入。後半戦はよくなる」:ドイツ日曜. AUTOSPORTweb(2016年8月1日).
  8. ^ ボッタス「この戦略は絶対無理、と思った」:ウイリアムズ ドイツ日曜. AUTOSPORTweb(2016年8月1日).
  9. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2016 - RACE RESULT. The Official F1 Website(2016年7月31日).
  10. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2016 - FASTEST LAPS. The Official F1 Website(2016年7月31日).
  11. ^ ニコ・ロズベルグ、ペナルティに不服 「2位を奪われた」 / F1ドイツGP. F1-Gate.com(2016年8月1日).
  12. ^ Stewards Decision Doc40 - N.Rosberg”. fia.com (2016年7月31日). 2016年7月31日閲覧。
前戦
2016年ハンガリーグランプリ
FIA F1世界選手権
2016年シーズン
次戦
2016年ベルギーグランプリ
前回開催
2014年ドイツグランプリ
  ドイツグランプリ次回開催
2018年ドイツグランプリ