メインメニューを開く

2016年ハンガリーグランプリは、2016年のF1世界選手権第11戦として、2016年7月24日ハンガロリンクで開催された。

ハンガリーの旗 2016年ハンガリーグランプリ
レース詳細
Hungaroring.svg
日程 2016年シーズン第11戦
決勝開催日 7月24日
開催地 ハンガロリンク
ハンガリー モギョロード
コース長 4.381km
レース距離 70周(306.630km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:19.965
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1:23.086(Lap 52)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

レース前編集

ピレリはハンガロリンクにミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。

7月20日ザウバーのチーム所有権がロングボウ・ファイナンスS.A.に変更された。これに伴い、チーム創設者のペーター・ザウバーはすべての業務から退く[1]

FIAは、コース外を使うことでタイムを稼ぐことを防ぐためトラックリミット違反を設けているが、その取り締まり強化のため、今回は一部コーナーにドライバーがコース外を利用したことを発見する電子モニタリングシステムを導入した[2]

前戦イギリスGPの決勝でニコ・ロズベルグがギアボックトラブルに関するチームとの無線のやり取りでタイム加算ペナルティが科された件を受けて、FIAは当GPより無線通信に関する規制をさらに厳しく取り締まると通達した。「マシンに問題の兆候がある場合、伝達する内容は問題解決のためのピットイン、またはリタイアの指示でなくてはならず、これを取り消すことはできない」と変更されている[3]

メルセデスはロズベルグと2018年までの契約延長を正式発表した[4]

フリー走行編集

2016年7月22日金曜日

1回目(FP1)

気温21度 路面温度26度 湿度80%

前戦イギリスGPに続き、このセッションのみルノーケビン・マグヌッセンに代わりエステバン・オコンが、ハースエステバン・グティエレスに代わりシャルル・ルクレールが参加。
セッション前の降雨の影響で、路面はハーフウエットの状態で開始。開始20分で路面が乾きだし、各車タイムアタックを始めた。メルセデス勢が他車に1秒以上の差をつけた。トップタイムはルイス・ハミルトン(1:21.347)。
2回目(FP2)

気温26度 路面温度43度 湿度58%

完全ドライのコンディションで行われた。セバスチャン・ベッテルがコースイン直後にギアボックスの不調を訴えたものの、致命的な問題にはならずそのままタイムアタックを続行した。開始15分、ハミルトンがターン11で単独スピンし、タイヤバリアに激突したため赤旗中断。再開後、フェルナンド・アロンソがエンジンを交換しようやくコースイン。セッション終盤にフェリペ・ナッセがターン2で、カルロス・サインツがターン1でそれぞれスローダウン。トップタイムは唯一1分20秒台をマークしたニコ・ロズベルグ(1:20.435)。

2016年7月23日土曜日

3回目(FP3)

気温26度 路面温度44度 湿度63%

前日のFP2でクラッシュしたハミルトンは無事にコースへ復帰。トップタイムはFP2に続きロズベルグ(1:20.261)だったが、僅か0.002秒差の2位にマックス・フェルスタッペンが、3位にダニエル・リカルドレッドブル勢が続いた。ハミルトンは4位。

予選編集

2016年7月23日(土曜日) 気温20度 路面26度(ともにQ1開始時点) 天候:雨のち晴(ウエット→ドライ)

経過編集

Q1
現地時間14時からのスタート予定だったが、予選直前から強い雨に見舞われスタートディレイ。一旦雨が止んだため20分遅れでスタートするも再び強い雨が降りだし13分08秒を残して赤旗中断。雨が止んだ14時40分に再開されたが、マーカス・エリクソンのクラッシュにより残り9分で再び赤旗中断。14時55分に再開するも、今度はフェリペ・マッサのクラッシュで5分20秒を残して3度目の赤旗中断。15時07分に再開、フェルナンド・アロンソが一時トップに立ったものの、ルイス・ハミルトンニコ・ロズベルグが逆転。この直後にリオ・ハリアントがクラッシュしたため4度目の赤旗が出たことにより、1分18秒を残してセッションは終了した。なお、107%ルールに抵触したドライバーが11名(このセッションで敗退した6名とQ2に進出したマックス・フェルスタッペンダニエル・リカルドニコ・ヒュルケンベルグバルテリ・ボッタスセルジオ・ペレスの5名)いたが、「(雨による)例外的な状況」と判断されたためQ2進出の5名についてはグリッドの変更なし、Q1で敗退した6名についてはFP3の結果に基づいてグリッドを決定した。エリクソンは予選後にシャシーを交換したためピットレーンスタートとなった。
Q2
ハーフウエットからドライに路面コンディションが変わっていく中で行われた。このため開始直後は各車インターミディエイトを履いたが、次第にドライタイヤに交換されていった。残り2分でアロンソがトップに立ったが、終盤にフェルスタッペン、ロズベルグ、リカルドに逆転され4位。ジェンソン・バトンも7位に入り、マクラーレンホンダ復活後初めて2台ともQ3進出を果たした。ハミルトンは10位で辛うじてQ3に進出した。キミ・ライコネンは14位に終わりQ2で敗退した。
Q3
気温25度、路面33度のドライコンディション。まずロズベルグが1分20秒499でトップに立ったが、すぐハミルトンが1分20秒108で逆転する。終了間際にアロンソがターン8でスピンしたため黄旗が出される。この黄旗提示区間(セクター2)で減速を余儀なくされたものの、ロズベルグが1分19秒965を叩き出してハミルトンを逆転しセッション終了となった。ロズベルグはこの減速について審議対象とされたが、「減速していた」と判断されたためお咎め無しとなりポールポジションが確定した。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:33.302 1:22.806 1:19.965 1
2 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:34.210 1:24.836 1:20.108 2
3 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:39.968 1:23.234 1:20.280 3
4 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:40.424 1:22.660 1:20.557 4
5 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:35.718 1:24.082 1:20.874 5
6 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:36.115 1:24.734 1:21.131 6
7 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:35.165 1:23.816 1:21.211 7
8 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:37.983 1:24.456 1:21.597 8
9 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:41.471 1:23.901 1:21.823 9
10 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:42.758 1:24.506 1:22.182 10
11 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:35.906 1:24.941 11
12 26   ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:36.714 1:25.031 12
13 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:41.411 1:25.416 13
14 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:36.853 1:25.435 14
15 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:38.959 1:26.189 15
16 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:37.772 1:27.063 16
107% time: 1:39.833
NC 30   ジョリオン・パーマー ルノー 1:43.965 171
NC 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:43.999 181
NC 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 1:44.543 191
NC 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:46.984 PL1 2
NC 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:47.343 201
NC 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:50.189 211 3
ソース[5]
追記

決勝編集

2016年7月24日日曜日) 天候:晴 路面:ドライ

経過編集

2番手スタートのルイス・ハミルトンが1コーナーでトップに立ち終始レースを支配して3連勝、ポイントランキングでニコ・ロズベルグを逆転しトップに躍り出た。ハンガリーGPのドライバー単独最多勝利となる5勝目。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:40:30.115 2 25
2 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 +1.977 1 18
3 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 70 +27.539 3 15
4 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 +28.213 5 12
5 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 70 +48.659 4 10
6 7   キミ・ライコネン フェラーリ 70 +49.044 14 8
7 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 69 +1 Lap 7 6
8 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 6 4
9 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 10 2
10 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 9 1
11 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 13
12 30   ジョリオン・パーマー ルノー 69 +1 Lap 17
13 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 69 +1 Lap1 15
14 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 11
15 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 69 +1 Lap 19
16 26   ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 12
17 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 69 +1 Lap 16
18 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps 18
19 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 68 +2 Laps 20
20 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps PL
21 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 68 +2 Laps 21
Ret 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 60 オイル漏れ[10] 8
ソース[11]
ファステストラップ[12]
ラップリーダー
追記
  • ^1 - グティエレスは青旗無視のためレース後に5秒加算ペナルティとペナルティポイント2点が科された[13]

第11戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

前戦
2016年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
2016年シーズン
次戦
2016年ドイツグランプリ
前回開催
2015年ハンガリーグランプリ
  ハンガリーグランプリ次回開催
2017年ハンガリーグランプリ