メインメニューを開く

2018年ドイツグランプリ (2018 German Grand Prix) は、2018年のF1世界選手権第11戦として、2018年7月22日ホッケンハイムリンクで開催された。

ドイツの旗 2018年ドイツグランプリ
レース詳細
Hockenheim2012.svg
日程 2018年シーズン第11戦
決勝開催日 7月22日
開催地 ホッケンハイムリンク
ドイツの旗 ドイツ ホッケンハイム
コース長 4.574km
レース距離 67周 (306.458km)
決勝日天候 曇一時雨 (ドライ一時ウエット)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:11.212
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:15.545 (66周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「FORMULA 1 EMIRATES GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2018[1]

レース前編集

本レースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ミディアム、ソフト、1段階スキップしてウルトラソフトの3種類[2]

オーバーテイク機会を増やすため、3つ目のDRSゾーンをメインストレートに追加した[3]

メルセデスは、ルイス・ハミルトンとの契約を2020年まで延長[4]バルテリ・ボッタスも2019年までの契約延長(2020年のオプション付き)で合意した[5]

ダニエル・リカルドはフリー走行を前にパワーユニットを交換、年間最大基数を超え20グリッド降格となったため、規定により最後尾グリッドが決まった[6]

エントリーリスト編集

ザウバーはテスト兼リザーブドライバーのアントニオ・ジョヴィナッツィを今シーズン初めてフリー走行1回目(FP1)に走らせる[7]

予選編集

2018年7月21日 15:00 CEST(UTC+2)

セバスチャン・ベッテルが母国グランプリでコースレコードを出してポールポジションを獲得した。ルイス・ハミルトンはQ1で5番手タイムを記録したもののマシントラブルが発生してQ2は走行できず、14番手に終わった。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:12.538 1:12.505 1:11.212 1
2 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:12.962 1:12.152 1:11.416 2
3 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:12.505 1:12.336 1:11.547 3
4 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:13.127 1:12.188 1:11.822 4
5 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:13.105 1:12.523 1:12.200 5
6 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:12.986 1:12.722 1:12.544 6
7 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:13.479 1:12.946 1:12.560 7
8 55   カルロス・サインツ ルノー 1:13.324 1:13.032 1:12.692 8
9 16   シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:13.077 1:12.995 1:12.717 9
10 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:13.427 1:13.072 1:12.774 10
11 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:13.614 1:13.657 11
12 35   セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:13.708 1:13.702 12
13 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:13.562 1:13.736 13
14 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:13.012 No Time 14
15 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:13.318 No Time 19 1
16 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:13.720 15
17 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:13.749 20 2
18 28   ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:14.045 16
19 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:14.206 17
20 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:14.401 18
107% time: 1:17.580
ソース:[10][11]
追記
  • ^1 - リカルドはFP1で規定を超えるパワーユニット交換(3基目のMGU-K、バッテリー(ES)、電子制御装置(CE))を行い、降格グリッド数が15を超えたため決勝は最後尾グリッドからスタートする[12][6]。なお、後述のガスリーのペナルティにより19番グリッドに繰り上がっている[11]
  • ^2 - ガスリーは予選後に規定を超えるパワーユニット交換(5基目のエンジン(ICE)、ターボチャージャー(TC)、MGU-H、4基目のMGU-K、3基目のES、CE)を行い、降格グリッド数が15を超えたため決勝は最後尾グリッドからスタートする[13][14]

決勝編集

2018年7月22日 15:10 CEST(UTC+2)

展開編集

朝から雲に覆われ、降水確率60%と高くいつ雨が降ってもおかしくない中レースは行われた。ピエール・ガスリーはパワーユニットを交換したため最後尾に下がり、ダニエル・リカルドが19番グリッドに繰り上がった[15]

ポールポジションセバスチャン・ベッテルは順調に首位を走行していたが、レース後半から降り出した雨に足をすくわれてコースオフ、タイヤバリアに追突しリタイアを喫した。リタイア後ベッテルはステアリングを何度も叩いたうえ、無線へ3度に及ぶ放送禁止用語が使われた。しかもこの首位はキミ・ライコネンに譲られていた[16]事が、ライコネンへの無線で暴露されていた。ルイス・ハミルトンは予選14番手から追い上げて逆転優勝を果たし、2戦連続でドライバー・オフ・ザ・デイに選出された。メルセデス1938年英語版以来80年ぶりでF1では初となる母国グランプリでのワン・ツー・フィニッシュを飾った。これにより、チャンピオン争いはハミルトン及びメルセデスが首位に返り咲いた。

ただ、レース後にハミルトンのピットレーン跨ぎが審議にかけられ、2016年ヨーロッパグランプリにてライコネンが同様の行為をしてしまい、5秒加算ペナルティとペナルティポイント2点が科された例があったため、これに基づけばハミルトンに対しタイムペナルティが加算され、順位の変動が発生すると思われた。ところが、セーフティカー走行中であることなどの不可抗力を踏まえ戒告ポイントのみにとどまり、チームへの罰金などもないため、事実上の不問となり、ハミルトンの優勝は確定した[17]。ハミルトンについては今シーズン終了までにあと2回戒告処分を科せられた場合、10グリッド降格処分が科せられる。3位にはフェラーリのライコネンが収まった。だが、セーフティカー走行中で危険性が少なかったとはいえ、ルール違反をしたのは事実であり、当時のライコネンと状況が同一ではないとはいえ、順位変動のない処分なことから、ペナルティの一貫性がないため、ファンから疑問を呈することとなった。実際、これに対する公式見解の動画[18]がFIAから出され、ハミルトンがこの行為によって利益を得たわけではなかったため、慎重に判断したという弁解をしたものの、疑惑の判定的なものとして少なからず批判されることとなった。

このセーフティカー走行中にカルロス・サインツJr.マーカス・エリクソンを追い越したため10秒加算ペナルティが科されて10位から12位に降格したことで、ブレンドン・ハートレイが10位入賞を果たしている[19]。ちなみにハートレイにとってはデビュー以来2度目の入賞となる。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン 1 メルセデス 67 1:32:29.845 14 25
2 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 67 +4.535 2 18
3 7   キミ・ライコネン フェラーリ 67 +6.732 3 15
4 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 67 +7.654 4 12
5 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 67 +26.609 7 10
6 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 67 +28.871 6 8
7 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 67 +30.556 10 6
8 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 67 +31.750 15 4
9 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 67 +32.362 13 2
10 28   ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 67 +34.197 16 1
11 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 67 +34.919 5
12 55   カルロス・サインツ ルノー 67 +43.069 2 8
13 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 67 +46.617 18
14 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 66 +1 Lap 20
15 16   シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 66 +1 Lap 9
16 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 65 ギアボックス 11
Ret 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 53 パワーユニット 17
Ret 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 51 アクシデント 1
Ret 35   セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 51 パワーユニット 12
Ret 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 27 パワーユニット 19
ソース:[20]
ファステストラップ[21]
ラップリーダー[22]
追記
  • 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い
  • ^1 - ハミルトンはコースとピットエントリーを分ける白線を横切った件でレース後審議にかけられたが、セーフティカー走行中であったことも考慮され、戒告処分(1回目)のみとなった[23][17]
  • ^2 - サインツはセーフティカー走行中にエリクソンをオーバーテイクしたため、10秒のタイムペナルティとペナルティポイント2点が加算された(合計2点)。タイムペナルティをピットインで消化せずレースタイムに10秒加算されたことにより、10位から12位に降格した[24]

第11戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Germany”. The Official F1 Website. 2018年7月21日閲覧。
  2. ^ F1第11戦ドイツGP全20人のタイヤ選択:トロロッソ・ホンダはウルトラソフトを8セットチョイス”. AUTOSPORTweb (2018年7月11日). 2018年7月21日閲覧。
  3. ^ F1ドイツGP:3つ目のDRSゾーンを追加”. F1-Gate.com (2018年7月16日). 2018年7月23日閲覧。
  4. ^ メルセデスF1、ルイス・ハミルトンとの契約を2020年末まで延長”. AUTOSPORTweb (2018年7月19日). 2018年7月21日閲覧。
  5. ^ メルセデスF1、ボッタスの残留を発表。“複数年契約”も確定は2019年のみ”. AUTOSPORTweb (2018年7月20日). 2018年7月21日閲覧。
  6. ^ a b ダニエル・リカルド、パワーユニット交換で20グリッド降格ペナルティ”. F1-Gate.com (2018年7月20日). 2018年7月21日閲覧。
  7. ^ a b ザウバーF1、アントニオ・ジョビナッツィをドイツGPの金曜フリー走行に起用”. AUTOSPORTweb (2018年7月20日). 2018年7月21日閲覧。
  8. ^ Entry List”. FIA (2018年7月19日). 2018年7月21日閲覧。
  9. ^ フォース・インディア:F1ドイツGP 金曜フリー走行レポート”. F1-Gate.com (2018年7月21日). 2018年7月21日閲覧。
  10. ^ FORMULA 1 EMIRATES GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2018 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2018年7月21日). 2018年7月22日閲覧。
  11. ^ a b FORMULA 1 EMIRATES GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2018 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2018年7月22日). 2018年7月22日閲覧。
  12. ^ Stewards Decision Doc7 - D. Ricciardo”. FIA (2018年7月20日). 2018年7月21日閲覧。
  13. ^ Stewards Decision Doc24 - P.Gasly”. FIA (2018年7月22日). 2018年7月22日閲覧。
  14. ^ ホンダF1、“戦略的”理由でピエール・ガスリーのパワーユニットを交換”. F1-Gate.com (2018年7月22日). 2018年7月22日閲覧。
  15. ^ F1ドイツGP決勝:難コンディションを制したハミルトンが逆転勝利、ハートレーも10位入賞”. AUTOSPORTweb (2018年7月23日). 2018年7月23日閲覧。
  16. ^ フェラーリに明言するよう求めたライコネン”. ja.espnf1.com (2018年7月23日). 2018年7月25日閲覧。 無線のライコネン発言とは、『彼を先に行かせてほしいってこと? はっきり言ってよ。』である。
  17. ^ a b ハミルトンは戒告処分のみ、優勝確定”. ja.espnf1.com (2018年7月23日). 2018年7月23日閲覧。
  18. ^ [1]
  19. ^ ハートレー10位入賞「チームとの良いコミュニケーションが報われた」”. motorsport.com (2018年7月23日). 2018年7月23日閲覧。
  20. ^ FORMULA 1 EMIRATES GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2018 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2018年7月22日). 2018年7月23日閲覧。
  21. ^ FORMULA 1 EMIRATES GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2018 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2018年7月22日). 2018年7月23日閲覧。
  22. ^ Lap Chart”. FIA (2018年7月22日). 2018年7月23日閲覧。
  23. ^ Stewards Decision Doc32- L.Hamilton”. FIA (2018年7月22日). 2018年7月23日閲覧。
  24. ^ Stewards Decision Doc28- C.Sainz”. FIA (2018年7月22日). 2018年7月23日閲覧。
前戦
2018年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
2018年シーズン
次戦
2018年ハンガリーグランプリ
前回開催
2016年ドイツグランプリ
  ドイツグランプリ次回開催
2019年ドイツグランプリ