メインメニューを開く

2016年ロシアグランプリ (2016 Russian Grand Prix) は、2016年のF1世界選手権第4戦として、2016年5月1日ソチ・オートドロームで開催された。

ロシアの旗 2016年ロシアグランプリ
レース詳細
Circuit Sochi.svg
日程 2016年シーズン第4戦
決勝開催日 5月1日
開催地 ソチ・オートドローム
ロシアの旗 ロシア クラスノダール地方 ソチ
コース 恒久的レース施設および市街地コース
コース長 5.848km
レース距離 53周(309.745km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:35.417
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
タイム 1:39.094(Lap 52)
決勝順位
優勝
2位
3位

レース前編集

セバスチャン・ベッテル前戦中国GPキミ・ライコネンと接触したダメージによりギアボックスを交換、6戦以内のギアボックス交換のため5グリッド降格が確定[1]
ダニエル・リカルドレッドブル)が金曜午前のフリー走行1回目でキャノピー型コクピット保護デバイス(通称「エアロスクリーン」)をマシンに装着してテスト走行を行った[2]

予選編集

2016年4月30日(土曜日)

ニコ・ロズベルグが2戦連続のポールポジション。2位のセバスチャン・ベッテルは降格により7番グリッド、3位のバルテリ・ボッタスがフロントローを獲得した。ルイス・ハミルトンはQ2でパワーユニット(MGU-H)のトラブルによりパワーロス。これによりQ3を走行できず10位に終わった[3]

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:36.119 1:35.337 1:35.417 1
2 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:38.555 1:36.623 1:36.123 71
3 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:37.746 1:37.140 1:36.536 2
4 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:36.976 1:36.741 1:36.663 3
5 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:37.753 1:37.230 1:37.016 4
6 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:38.091 1:37.569 1:37.125 5
7 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:38.006 1:37.282 1:37.212 6
8 26   ダニール・クビアト レッドブル-タグ・ホイヤー 1:38.265 1:37.606 1:37.459 8
9 33   マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ-フェラーリ 1:38.123 1:37.510 1:37.583 9
10 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:36.006 1:35.820 no time 10
11 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:37.784 1:37.652 11
12 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:38.332 1:37.701 12
13 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:38.562 1:37.771 13
14 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:37.971 1:37.807 14
15 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:38.383 1:38.055 15
16 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:38.678 1:38.115 16
17 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 1:38.914 17
18 30   ジョリオン・パーマー ルノー 1:39.009 18
19 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:39.018 19
20 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:39.399 20
21 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:39.463 21
22 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:39.519 22
107% time: 1:42.726
ソース[4]
追記

決勝編集

2016年5月1日(日曜日)

[5]

ニコ・ロズベルグが一度もトップの座を譲らず独走、ポール・トゥ・ウィンで開幕4連勝(前年からの通算で7連勝=史上4人目[6])を飾った。また、52周目にファステストラップを記録し、キャリア初の「グランドスラム[7]」を達成した。予選でパワーユニットのトラブルが発生して10位に沈んだルイス・ハミルトンは、エンジンを開幕戦オーストラリアGPで使用していたものに戻し、ターボチャージャーとMGU-Hを新品に交換して決勝に臨み[8][9]、2位まで順位を上げメルセデスワン・ツー・フィニッシュに貢献した。

このレースもスタート直後から荒れた展開となった。2週間前の中国GPでスタート直後に接触し一悶着あったセバスチャン・ベッテルダニール・クビアトだったが、今度はベッテルがターン2とターン3でクビアトに追突されクラッシュ、リタイアとなる[10]。ベッテルは2週間前の一件もあり怒り心頭となり、クラッシュ直後に無線で放送禁止用語を並び立て音声もピー音だらけに。レッドブル時代のボスであるクリスチャン・ホーナーにピットウォールで一言交わし、ようやく冷静さを取り戻した[11]。クビアトは10秒のストップ&ゴー・ペナルティが科せられた。なお、ダニエル・リカルドセルジオ・ペレスもこの接触に巻き込まれている。後方でも数台の接触があり、ニコ・ヒュルケンベルグリオ・ハリアントがリタイア、エステバン・グティエレスにドライブスルーペナルティが科せられた。これらの多重事故によりセーフティカーが導入された。

2番手スタートのバルテリ・ボッタスはピットインでキミ・ライコネンにオーバーカットを許し4位に後退、ライコネンが3位に上がった。マクラーレンフェルナンド・アロンソが6位、ジェンソン・バトンが10位でダブル入賞。ルノーケビン・マグヌッセンが7位に入賞し、F1復帰後初ポイントを獲得。このレースが参戦100戦目となったペレスは、序盤の事故により左リヤタイヤがパンクしたものの9位入賞を果たした。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 53 1:32:41.997 1 25
2 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 53 +25.022 10 18
3 7   キミ・ライコネン フェラーリ 53 +31.998 3 15
4 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 53 +50.217 2 12
5 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 53 +1:14.427 4 10
6 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 52 +1 Lap 14 8
7 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 52 +1 Lap 17 6
8 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 52 +1 Lap 15 4
9 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 52 +1 Lap 6 2
10 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 52 +1 Lap 12 1
11 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 52 +1 Lap 5
121 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 52 +1 Lap 11
13 30   ジョリオン・パーマー ルノー 52 +1 Lap 18
14 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 52 +1 Lap 22
152 26   ダニール・クビアト レッドブル-タグ・ホイヤー 52 +1 Lap 8
16 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 52 +1 Lap 19
173 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 52 +1 Lap 16
18 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 51 +2 Laps 20
Ret 33   マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ-フェラーリ 33 パワーユニット[12] 9
Ret 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 0 接触 7
Ret 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 0 接触 13
Ret 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 0 接触 21
ソース[13]
ファステストラップ
ラップリーダー
追記
  • ^1 - サインツパーマーをコース外に押し出したとして、10秒のタイム加算ペナルティとペナルティポイント2点が科された。このペナルティの適用により11位から12位に降格[12][14]
  • ^2 - クビアトはスタート直後のターン2とターン3でベッテルに接触しリタイアさせたため、10秒のストップ&ゴー・ペナルティとペナルティポイント3点が科された[15][16]
  • ^3 - グティエレスはスタート直後にヒュルケンベルグと接触しリタイアさせたため、ドライブスルーペナルティとペナルティポイント2点が科された[17][18]

第4戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ベッテルにさらなる不運。ギヤボックス交換で降格へ。同士討ちでダメージ. AUTOSPORTweb(2016年4月30日).
  2. ^ レッドブル開発の新デバイス初テスト、フリー走行1回目はメルセデスがワンツー. AUTOSPORTweb(2016年4月29日).
  3. ^ アタック中にパワーを失ったハミルトン、連勝中のロズベルグに“追い風”が吹いている. AUTOSPORTweb(2016年4月30日).
  4. ^ Qualifying(2016 FORMULA 1 RUSSIAN GRAND PRIX). The Official F1 Website(2016年4月30日).
  5. ^ この節に関しては特記のない場合、ロズベルグ、開幕4連勝! ハミルトンは問題を抱えながら2位。マクラーレンW入賞. AUTOSPORTweb(2016年5月1日). とする。
  6. ^ 過去に達成したドライバーはアルベルト・アスカリミハエル・シューマッハセバスチャン・ベッテルの3人。
  7. ^ ポールポジション、ファステストラップ、全周回トップ、優勝の4つを達成するとグランドスラムとなる。【記録更新中】ロズベルグ、7連勝は歴代4人目の快挙!24人目のグランドスラムも達成. TOPNEWS(2016年5月2日).
  8. ^ ハミルトン、開幕戦用のエンジンと交換. ESPN F1(2016年5月1日).
  9. ^ メルセデスに手を貸したエクレストン. ESPN F1(2016年5月1日).
  10. ^ ダニール・クビアト、セバスチャン・ベッテルに謝罪も開き直り. F1-Gate.com(2016年5月2日).
  11. ^ クビアトに怒り心頭のベッテル. ESPN F1(2016年5月1日).
  12. ^ a b 運に恵まれなかったトロ・ロッソ. ESPN F1(2016年5月2日).
  13. ^ Race(2016 FORMULA 1 RUSSIAN GRAND PRIX). The Official F1 Website(2016年5月1日).
  14. ^ Stewards Decision Doc36 - C.Sainz”. fia.com (2016年5月1日). 2016年5月1日閲覧。
  15. ^ 減速したベッテルに対応しきれなかったとクビアト. ESPN F1(2016年5月2日).
  16. ^ Stewards Decision Doc34 - D.Kvyat”. fia.com (2016年5月1日). 2016年5月1日閲覧。
  17. ^ 再び入賞を果たしたグロージャン. ESPN F1(2016年5月2日).
  18. ^ Stewards Decision Doc35 - E.Gutierrez”. fia.com (2016年5月1日). 2016年5月1日閲覧。
前戦
2016年中国グランプリ
FIA F1世界選手権
2016年シーズン
次戦
2016年スペイングランプリ
前回開催
2015年ロシアグランプリ
  ロシアグランプリ次回開催
2017年ロシアグランプリ