株式会社ABCash Technologies(エービーキャッシュテクノロジーズ)は東京都渋谷区に本社を置く日本のベンチャー企業[1]

株式会社ABCash Technologies
Svg ABCash 200
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティ ウエスト15F
設立 2018年2月2日
業種 サービス業
法人番号 3011101083104
事業内容 ファイナンシャルコンサルティング事業
ファイナンシャルトレーニングカリキュラムの構築
ファイナンシャルトレーニングスタジオの運営
企業研修プログラムの構築・コンサルタント派遣
インターネットメディア事業
代表者 児玉隆洋代表取締役社長
資本金 24億261万2460円
(2022/03/31時点)(資本準備金等を含む)
従業員数 84名(2022/06/30時点)
テンプレートを表示

お金のトレーニングスタジオ「ABCash」を運営している[2]

概要編集

2018年2月、株式会社サイバーエージェントを退職した児玉隆洋が株式会社ABCash Technologiesを設立。同年6月にお金のトレーニングスタジオ「ABCash」をリリース。2021年6月には法人向けで従業員の資産形成支援プログラムをリリース[3]

また、資金調達は2019年に約3.7億万円[4]、2020年に約9.5億円[5]、2022年3月に約12億円の3回実施している(2022年6月)[6]

沿革編集

  • 2018年
    • 2月 - 株式会社ABCash Technologies(旧bookee)を設立。
    • 6月 - お金のパーソナルトレーニングサービス「ABCash」を開始
    • 8月 - OMOTESANDOスタジオオープン
    • 10月 - GINZA SIXスタジオオープン
  • 2019年
    • 2月 - MARUNOUCI OAZOスタジオオープン
    • 5月 - IKEBUKURO METROPOLITANスタジオオープン
    • 7月 - シリーズA 約3.7億円資金調達
    • -「CCWA2019 アジア・パシフィック大会」にて準優勝を受賞[7]
    • 8月 - 週刊東洋経済の「すごいベンチャー100」にABCash Technologiesが選出[8]
    • 12月 - 株式会社ABCashTechnologiesに商号変更
    • - SHINJUKU LINK SQUAREスタジオオープン
    • - SHIBUYA SCRANBLE SQUAREスタジオオープン[9]
    • -「日本スタートアップピッチファイナル2019」にて金賞を受賞[10]
  • 2020年
    • 2月 - ROLAブランドアンバサダー就任[11]
    • 8月 - 和同開珎の鋳造・発行日である8月29日を「おかねを学ぶ日」に制定[12]
    • 10月 - シリーズB 累計9.5億円資金調達
    • 12月 - SHIBUYA MARK CITYに本社移転
    • - SHIBUYA MARK CITYスタジオオープン[13]
  • 2021年
    • 6月 - 法人向けサービス「ABCare」リリース
    • 7月 - 伊藤忠商事株式会社と資本業務提携を締結[14]
    • 10月 - 「ABCash for Athlete」始動[15]
    • 12月 - 「FINTECH JAPAN2021 Startup Pitch Battle」にて準優勝を受賞[16]
  • 2022年
    • 3月 -「FINOPITCH 2022」にてオーディエンス賞を受賞[17]
    • - シリーズC 約12億円資金調達  

著書編集

  • 『未来のお金の稼ぎ方 お金が増えれば人生は変わる』(株式会社幻冬舎、2022年8月3日) ISBN 978-4344039889

メディア出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

雑誌編集

インターネット編集

脚注編集

  1. ^ 事業について | 株式会社ABCash Technologies
  2. ^ ABCash(エービーキャッシュ)|お金のトレーニングスタジオ”. ABCash(エービーキャッシュ)|お金のトレーニングスタジオ. 2022年7月21日閲覧。
  3. ^ ABCare - お金を理由に、退職させない” (日本語). ABCare - お金を理由に、退職させない. 2022年7月21日閲覧。
  4. ^ 金融教育のbookee(ブーキー)、総額約3.7億円の資金調達を実施。FinTechサービスも開発強化。”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月21日閲覧。
  5. ^ オンライン金融教育のABCash、シリーズBセカンドクローズが完了、本ラウンドの調達総額は約9.5億円に。オンライン化で全国展開が加速。”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月21日閲覧。
  6. ^ 金融教育FinTechのABCash、シリーズCラウンドで約12億円の資金調達を実施。テクノロジー・データを活用して「金融教育」の推進強化。”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月21日閲覧。
  7. ^ 【リリース】株式会社ブーキー、「CCWA2019」アジア・パシフィック大会で準優勝。|【公式】ABCash Technologies|note” (日本語). note(ノート). 2022年7月21日閲覧。
  8. ^ すごいベンチャー100(週刊東洋経済2019/8/24号)に投資先のクラウドポートとbookeeの2社が選出されました” (日本語). SV-FINTECH Fund (2019年8月21日). 2022年7月21日閲覧。
  9. ^ 渋谷・新宿に2スタジオ同時オープン/お金のパーソナルジム「bookee」”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月21日閲覧。
  10. ^ 『日本スタートアップ・ピッチ・ファイナル2019、金融賞受賞』” (日本語). ABCash Technologies 社長のブログ. 2022年7月21日閲覧。
  11. ^ ローラ、30歳目前で「信じ難いけど、これが現実なんだ」” (日本語). マイナビニュース (2020年2月6日). 2022年7月21日閲覧。
  12. ^ ABCash、和同開珎の鋳造・発行日を「おかねを学ぶ日」に制定。”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月21日閲覧。
  13. ^ Japan, CondeNast. “お金について学ぼう!「ABCash」の渋谷マークシティスタジオがオープン!” (日本語). VOGUE GIRL. 2022年7月21日閲覧。
  14. ^ ABCash Technologiesとの資本業務提携について|伊藤忠商事株式会社” (日本語). 伊藤忠商事株式会社. 2022年7月21日閲覧。
  15. ^ 女性のためのオンライン金融教育ABCash、アスリート向けの金融教育推進プロジェクト「ABCash for Athlete」を始動”. ABCash(エービーキャッシュ)|お金のトレーニングスタジオ. 2022年7月21日閲覧。
  16. ^ 女性のためのオンライン金融教育ABCash、FINTECH JAPAN 2021 スタートアップピッチにて準優勝”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月21日閲覧。
  17. ^ オンライン金融教育ABCash、「FINOPITCH 2022」にてオーディエンス賞を受賞 (2022年3月19日)” (日本語). プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月21日閲覧。
  18. ^ IPOのタマゴ~磨けイノベーション(2022/02/24) - 日経チャンネルマーケッツ”. markets.nikkei-cnbc.co.jp. 2022年7月21日閲覧。
  19. ^ お金を学ぶ若い世代が急増中!~金融リテラシーが人生の武器になる時代~” (日本語). RKBオンライン. 2022年7月21日閲覧。
  20. ^ スタートアップ庁 ──ABCash児玉隆洋 連載「アフターコロナのお金論」Vol.45” (日本語). GOETHE[ゲーテ]. 2022年7月21日閲覧。
  21. ^ スタートアップ庁 ──ABCash児玉隆洋 連載「アフターコロナのお金論」Vol.45” (日本語). GOETHE[ゲーテ]. 2022年7月21日閲覧。
  22. ^ 【メディア掲載】bookeeが、女性週刊誌『anan』に掲載されました。, https://note.com/abcash_hr/n/n70eb7478224d 2022年7月22日閲覧。 
  23. ^ すごいベンチャー100(週刊東洋経済2019/8/24号)に選出されました, https://note.com/abcash_hr/all 2022年7月22日閲覧。 
  24. ^ "お金"って増えますか? エディター本気の投資連載!【ガールのマネー活用塾 / 第1回】, https://voguegirl.jp/lifestyle/culture/20200707/money_investment/ 2022年7月22日閲覧。 
  25. ^ 〈児玉隆洋〉誰とやるか。サイバーエージェントで学んだこと, https://stage.st/articles/Bt2c8 2022年7月22日閲覧。 
  26. ^ 人気インスタグラマーが体験!お金のパーソナルトレーニングスタジオとは?, https://4meee.com/articles/view/434278 2022年7月22日閲覧。 
  27. ^ 金融教育で世界のパブリックカンパニーを目指す~ABCash Technologies児玉隆洋代表|インタビュー・コラム|経営ハッカー” (英語). 経営ハッカー. 2022年7月21日閲覧。
  28. ^ [https://toyokeizai.net/articles/-/243548 「お金のライザップ」は何を鍛える場所なのか サイバーエージェント出身者が起業], https://toyokeizai.net/articles/-/243548 2022年7月22日閲覧。 
  29. ^ 【09/02(木)開催】FastGrow Pitch Vol.57-いま、FastGrowが注目するイノベーター企業はココだ!-” (日本語). FastGrow. 2022年7月21日閲覧。
  30. ^ 「実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい。, https://keieishaterrace.jp/article/detail/15886/ 2022年7月22日閲覧。 
  31. ^ 金融教育を、英会話とプログラミングに続く「第三の必修教育」に ABCash Technologies x HAKUHODO Fintex Base (連載:フィンテックが変える生活者体験 Vol.7) |博報堂WEBマガジン センタードット”. 博報堂 HAKUHODO Inc.. 2022年7月21日閲覧。
  32. ^ 金融教育のABCash、5・5億円調達, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65449300W0A021C2XY0000/ 2022年7月22日閲覧。 
  33. ^ (日本語) ABCash Technologies児玉氏/金融の情報格差をなくしたい, https://www.youtube.com/watch?v=aT7nl5EmEgU 2022年7月21日閲覧。 
  34. ^ [https://newspicks.com/news/5355438/body/ 2020/11/6 スタートアップが「今あえてWeWorkを選ぶ」理由とは], https://newspicks.com/news/5355438/body/ 2022年7月21日閲覧。 
  35. ^ Lab, WealthPark (2021年11月18日). “資産運用の学びは、自分と社会の、今と未来を明るくする(前編)” (英語). WealthPark研究所 メディア. 2022年7月21日閲覧。
  36. ^ “金融教育のライザップ”を展開するABCash、お金のQ&Aサイト「おかねアンサー」を買収” (日本語). DIAMOND SIGNAL. 2022年7月21日閲覧。
  37. ^ (日本語) ABCash 資金調達の裏側, https://www.youtube.com/watch?v=pQ_IkFapTC4 2022年7月21日閲覧。 
  38. ^ 「ABCash」で日本の金融リテラシー向上を – ABCash Technologies | インタビュー | MUGENLABO Magazine – オープンイノベーション情報をすべての人へ” (日本語). mugenlabo-magazine.kddi.com. 2022年7月21日閲覧。
  39. ^ 実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい。”. keieishaterrace.jp. 2022年7月21日閲覧。

外部リンク編集