バレーボールアジアクラブ選手権

バレーボールアジアクラブ選手権(Asian Club Volleyball Championship)は、アジアバレーボール連盟が主催するクラブのバレーボールの国際大会。

バレーボールアジアクラブ選手権
開始年 1999
主催 アジアバレーボール連盟
前回優勝 男子:イランの旗 ペイカン・テヘラン
女子:カザフスタンの旗 クアニシュVC
最多優勝 男子:イランの旗 ペイカン・テヘラン(8)
女子:中華人民共和国の旗 天津渤海銀行(5)
公式サイト
AVC
テンプレートを表示

歴史・概要編集

アジアのクラブリーグ、プロリーグを持つ国から各チャンピオンが集まり5月頃に行われる。

1989年から1998年まで広島市でひろしまピースカップ・アジアクラブ選手権が行われていたが、1999年AVCカップに改め、開催地も持ち回りとなる。2003年SARSの大流行により中止。2004年より現在のバレーボールアジアクラブ選手権(Asian Club Volleyball Championship)となっている。持ち回り開催となってからは日本での開催実績がない。

日本からはVリーグの優勝チームが参加していたが、全日本代表との兼ね合いなどから2002年大会より参加を中断。Vリーグの法人化に伴い2006年より再開、Vプレミアリーグの予選ラウンド1位チームが参加することになった。しかし同時期に開催される黒鷲旗大会出場は困難の可能性もある。

なお、2009年からバレーボール男子世界クラブ選手権、2010年からバレーボール女子世界クラブ選手権が創設(厳密には復活)されたことに伴い、優勝チームはこれらの大会出場権を得る。

歴代成績編集

男子編集

開催年 開催都市 優勝 準優勝 3位
1999年   合肥   四川佛蘭   サムスン火災海上保険   ペイカン
2000年   スパンブリー   サムスン火災海上保険   ペイカン   八一金漢王
2001年   射洪   サムスン火災海上保険   サントリーサンバーズ   上海有線
2002年(詳細   テヘラン   ペイカン   Sanam   アティラウ
2004年   テヘラン   Sanam   ペイカン   アティラウ
2005年   イスラマバード   Rahat   サイパ   上海東方
2006年   ハノイ   ペイカン   Rahat   BNI Taplus
2007年   マナーマ   ペイカン   アル・ヒラル   アル・アラビ
2008年   アルマトイ   ペイカン   アルマトイ   サントリーサンバーズ
2009年   ドバイ   ペイカン   アル・ヒラル   アル・アラビ
2010年   鎮江   ペイカン   アル・アラビ   パナソニック・パンサーズ
2011年   パレンバン   ペイカン   アルマトイ   上海金色年華
2012年   上海   アル・アラビ   上海金色年華   Kalleh Mazandaran
2013年   テヘラン   Kalleh Mazandaran   Al-Rayyan   台湾電力
2014年   マニラ   Matin Varamin   Al-Rayyan   北京BAICモータース
2015年[1]   台北   台中銀行   Al-Rayyan   ペイカン
2016年   ネピドー   テヘラン   Al-Arabi   豊田合成
2017年   ニンビン   バンク・サーマイヤ   豊田合成   アルアラビ・スポーツクラブ
2018年   ネピドー   アティラウ   Wapda   Sanest Khánh Hòa
2019年   台北   Shahrdari Varamin   パナソニックパンサーズ   Al-Rayyan
2021年   ナコンラチャシマ   Foolad Sirjan   Al-Arabi   Burevestnik Almaty
2022年(詳細   テヘラン   ペイカン・テヘラン   サントリーサンバーズ   M・シャダブ・ヤズド

女子編集

開催年 開催都市 優勝 準優勝 3位
1999年(詳細   ウボンラーチャターニー   LGカルテックス   Aero Thai   上海有線
2000年(詳細   紹興   上海有線   NECレッドロケッツ   浙江南都
2001年(詳細   ホーチミン   上海有線   久光製薬スプリングアタッカーズ   Aero Thai
2002年(詳細   バンコク   久光製薬スプリングアタッカーズ   BECワールド   Rahat
2004年(詳細   アルマトイ   Rahat   八一益陽   中山工商
2005年(詳細   ニンビン   天津ブリヂストン   中山工商   韓国道路公社
2006年(詳細   マニラ   天津ブリヂストン   中山工商   Sang Som
2007年(詳細   ヴィンフック   Rahat   Sang Som   久光製薬スプリングス
2008年(詳細   ヴィンフック   天津ブリヂストン   Sang Som   東レアローズ
2009年(詳細   ムアンナコーンパトム   フェーダーブロイ   天津ブリヂストン   東レアローズ
2010年(詳細   グレシク   フェーダーブロイ   ジェティス・アルマトイ   JTマーヴェラス
2011年   ヴィンフック   Federbrau   天津ブリヂストン   ジェティス・アルマトイ
2012年   ナコンチャラシマ   天津ブリヂストン   東レ・アローズ   フェーダーブロイ
2013年   ダクラック   広東恒大   ジェティス・アルマトイ   PFUブルーキャッツ
2014年   ムアンナコーンパトム   久光製薬スプリングス   渤海銀行   ジェティス・アルマトイ
2015年   ハナム省   バンコク・グラス   久光製薬スプリングス   ヘジアム・ニューセンチュリー・ツアーリズム
2016年   ビニャン   NECレッドロケッツ   八一女子排球   バンコク・グラス
2017年(詳細   ウスチ・カメノゴルスク   スプリームVC   久光製薬スプリングス   天津渤海銀行
2018年   ウスチ・カメノゴルスク   スプリームVC   NECレッドロケッツ   中天鋼鉄
2019年   天津   天津渤海銀行   スプリームVC   久光製薬スプリングス
2021年   ナコンラチャシマ   アルタイVC   ナコンラチャシマ   スプリームVC
2022年(詳細   セメイ   クアニシュVC   アルタイVC   ダイヤモンドフードSC

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集