メインメニューを開く

FNS番組対抗NG大賞(エフエヌエスばんぐみたいこうエヌジーたいしょう)は、1986年から断続的に放送していたフジテレビ系列のNG場面を集めた番組の総称。

サブ司会は各フジテレビ系列の女性アナウンサー

目次

経緯編集

1986年11月25日の『おはよう!ナイスデイ』放送中に臨時ニュースが入り、司会の桑原征平(当時・関西テレビアナウンサー)が、報道センターの露木茂(当時・フジテレビアナウンサー)に「フジテレビの報道デスクさん。」と呼びかけた。映像が報道センターに切り替わると、スタッフと談笑し大笑いしている露木の姿が映し出された。すぐさまスタジオの映像に戻され、桑原らが必死のフォローを行った後再び露木に呼びかけると、何事もなかったように露木がニュースを伝えるという出来事があった[1]。「これを別の形で放送できないものか」と考えられたのが、この番組である。

それまでNGはプロとしての恥であり、給与査定や人事、出演オファーなどに関わるものであったが、当番組以降、NGを逆手にとって、視聴者のためのサービスとして提供するようになり、出演者もNG発生後に様々なフォローや突っ込みをすることで場の雰囲気を和ませたり、あるいは笑いに変えたりするようになっていった。また、それまで業界用語であった「NG」(失敗などを意味する「NO GOOD」の略)という言葉を一般的に広める功績を残した。

なお、日本のテレビで初めて放送されたNG集は、1979年に日本テレビで放送された『番組対抗かくし芸大会』に出演した『西遊記』チームの出し物だと言われている。その後、ドラマ翔んだカップル』(1980年10月〜1981年4月)では、番組の最後に、当時は全くの業界用語であったNGという言葉をそのまま使い“NG集”として毎週2〜3個のNGを放送していた。

NG専門番組としては『世界のドッキリNG大全集』(1985年3月〜1989年6月)が嚆矢であり、フジテレビにおいては、『オールスター ザ・NG大賞!今でも恥ずかしいザンゲ録』(1985年7月)、『所さんのオールスターNG大賞・あのはずかしい大失敗初公開』(1986年6月)を経て、『FNS番組対抗NG大賞』(1986年10月〜)に発展した。

概要編集

改編期にあたる毎年4月、10月に、過去半年間に放送された番組(ドラマ、バラエティ、報道、情報、FNSネット局放送)から面白度、ハプニング度の高いNGシーンや舞台裏、生放送でのハプニングシーンなどを集め、その中から大賞を決めた。
また、年末に1年間のNG総集編を放送していた。

OKとNGの両シーンを比較しながら放送する手法や、テロップにエフェクトをつけて感情を表す演出、そして『プロ野球ニュース』や『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』で実績を持つみのもんたによる軽妙なナレーションが売りとなっていた。

第1期編集

『FNS番組対抗名珍場面傑作NG大賞』として、1986年〜1988年にかけて5回(他に総集編1回)放送。

主な出演者編集

司会編集

審査員編集

  • 第1回
寺島純子(審査委員長)、畑正憲山田邦子鳥居かほり岡本太郎
  • 第3回
寺島純子(審査委員長)、武田鉄矢市毛良枝、山田邦子、田代まさし
  • 第5回
寺島純子(審査委員長)、和田勉斉藤由貴、山田邦子、ガッツ石松、露木茂(当時・フジテレビアナウンサー)

ナレーション編集

放送日・NG名珍場面大賞歴代グランプリ編集

「FNS番組対抗!名珍場面傑作NG大賞」歴代MVP受賞番組・受賞者一覧
実施時期 放送日時 受賞番組等(放送期間) 受賞者 視聴率
1 1986年秋 1986年10月14日(火)
19:00 - 20:54(『火曜ワイドスペシャル』枠)
梅宮辰夫 **.*%
2 1987年春 1987年
19:00 - 20:54
**.*%
3 1987年年末 1987年12月
19:00 - 20:54
国生さゆり本木雅弘 **.*%
4 1988年春 1988年
19:00 - 20:54
**.*%
5 1988年秋 1988年
19:00 - 20:54
田原俊彦 **.*%

スタッフ編集

FNS NG大賞番組実行委員会
  • 企画
  • 構成:玉井冽(現・玉井貴代志)
  • 技術:堀田満之(第1回)、岩沢忠夫(第3回)、渋谷健太郎(第5回)
  • SW:菅原一夫(第5回)
  • カメラ(CAM):石黒義満(第1回)、島本健司(第3回)、中島浩司、木村祐一郎(中島・木村→共に第5回)
  • 映像(VE):橋本和司(第1回)、都筑和夫(第3,5回)
  • 音声(AUD):仙田俊一(第1回)、油谷真一(第3回)、松本政利(第5回)
  • 照明(LD):金沢利徳(第1回)、植松良友(第3,5回)
  • 美術プロデューサー:永本允(第1回)
  • デザイン:薩本尚武(第1回)、高橋幸夫(第3回)、根本研二(第5回)
  • 美術進行:小野秀樹(第1回)、井上幸夫(第3回)、渡部一夫(第5回)
  • タイトル:山形憲一
  • 編集:落合英之(第1 - 5回)、鈴木信義(第1回)、榊林昭彦(第3回)、橘内一夫(第5回)
  • ライン編集:榊林昭彦(第5回)
  • 選曲・効果:志田博英
  • 整音:石橋透(第1 - 5回)、八木成雄(第5回)
  • コンピューターグラフィック:林雅司(第3回)
  • アシスタントディレクター(AD):星克明(第1回)、村上正典(第5回)
  • FD:吉羽義弘(第5回)
  • 制作デスク:関根優子(第3回)、中原民子(第5回)
  • タイムキーパー:大熊千春(第1回)、吉井順子(第3回)、山本悦子(第5回)
  • アシスタントプロデューサー(制作補):近藤孝子(第1回)、船津浩一、関根優子(舩津・関根→共に第5回)
  • ディレクター:江川隆二(第1回)、石渡敏(第3回)、星克明(第5回)
  • 演出:江川隆二(第3回)
  • プロデューサー:大黒章弘(第1 - 5回)、星田良子(第3 - 5回)、近藤孝子(第4回)
  • 制作協力:共同テレビ
  • 制作著作:フジテレビ

第2期編集

『FNS番組対抗NG名珍場面大賞』として1989年から1999年にかけて放送。
春と秋の改編期に放送されたものでは、半年間のNGシーンから大賞を決め、出演者またはネット局アナウンサーにトロフィーと賞金を授与、"ビクトリーロード"と呼ばれる特別に装飾された階段を上り特別席に座らせた。

1999年12月26日(この回は新作のNGはなく、過去13年間の傑作NG集だった)に本番組は終了したが、2000年12月28日に一度だけ今までのNGからの傑作集として復活した。

また、その他にも2001年10月9日の『めざましテレビスペシャル』の中でも本番組が一度だけ復活した。

司会
審査員

 他

ナレーション
  • みのもんた
放送日・NG名珍場面大賞歴代グランプリ
スタッフ
  • 編成:清水賢治金田耕司
  • プロデューサー:近藤孝子(共同テレビ)
  • アシスタントプロデューサー:寺田久美子
  • ディレクター:星克明、橘内一夫、馬場敦之
  • 技術協力:バスク
  • 美術協力:フジアール
  • スタッフ協力:ベイシス
  • 制作協力:共同テレビ

FNS番組対抗NG大賞終了後のFNSNG特番編集

草彅剛のがんばった大賞編集

2003年秋から2016年春まで「草彅剛のがんばった大賞」が放送されていた。NG大賞終了から2年ぶりに復活した。司会は初回から最終回まで草彅剛が務めた。

FNS番組対抗 オールスター春・秋の祭典 目利き王決定戦編集

2018年春から放送。がんばった大賞終了から2年ぶりにNG特集が復活。この番組からはNG専門の番組ではなく、春秋の祭典スペシャル内の企画としてNG特集が放送される。番組自体は2017年秋から放送されているが、NG特集が放送されるようになったのは第2回の2018年春から。司会は坂上忍とウエンツ瑛士。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 笑えるけど超ヤバい! テレビ放送事故&ハプニング(2007年 マイケル宮内・著 廣済堂出版)p.76 - 77
フジテレビ系列 NGバラエティ番組
前番組 番組名 次番組
FNS番組対抗NG大賞
FNS5000番組10万人総出演! がんばった大賞

草彅剛のがんばった大賞