メインメニューを開く

GOH HOTODA(ほとだ ごう、本名:保土田 剛(読み同じ)1960年 - )は、日本の音楽プロデューサー、ミックスエンジニア。妻はNOKKO東京都国立市出身[1]

経歴編集

1960年東京都で生まれる。父親は彫刻家の樋口シン、母親は声楽家。1970年、家族でアメリカに渡り、幼少期をワシントンD.C.で過ごす。中学生時代は東京の祖母の家で暮らす[1]

1979年に再び渡米し、シカゴのPSスタジオでアルバイトの電話番に始まり、アシスタント・エンジニアとして、数多くのジャズブルースのレコーディングを経験する。

1980年、数多くのハウス・ミュージックのミックスを手がける。

1985年から1986年にかけて、ロサンゼルスニューヨークを旅して、著名な音楽プロデューサーから指導を受ける。

1987年から拠点をニューヨークに移し、多くの楽曲にハウス・ミュージックのミックスを手掛ける。

1991年マドンナと出会い、シングルヴォーグ』、アルバムエロティカ』、ベストアルバムウルトラ・マドンナ〜グレイテスト・ヒッツ』(The Immaculate Collection) のミックスを手掛ける。同年、イギリスに渡り、デペッシュ・モードのアルバム・ミックスを担当する。

その後、ニューヨークに帰った後にも多くの作品のミックスを手掛ける。中でも、チャカ・カーンのアルバム『ウーマン・アイ・アム』(The Woman I Am)はグラミー賞最優秀女性ソロR&Bアルバム賞を受賞する。このアルバムをきっかけに多くのR&Bのアーティストのミックスを手掛けるようになる。

また、ニューヨークで坂本龍一に出会い、YMO再生アルバム『テクノドン』のミックスを担当する。後の東京ドームのコンサートにも4人目のメンバーとして、ステージに立つ。

1998年宇多田ヒカルのアルバム『First Love』のレコーディング、ミックスを担当する。その後、宇多田の3枚のアルバムのミックス、全国ツアーの音響監督を務める。2004年のUtada名義のアルバム『EXODUS』のミックスも担当する。

1999年フランスパリに渡り、アルジェリア人の歌手 FAUDELをプロデュースする。同年にレバノンエジプトまで活動の範囲を広げ、アラブ系の歌手・アーティストのプロデュースを手掛ける。2001年までニューヨークとフランスで活動する。

2000年マーカス・ミラーとプロデュースしたデヴィッド・サンボーンのアルバム『Inside』がグラミー賞最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞を受賞する。

2001年、仕事を通じ10年来の付き合いのあったNOKKOと結婚する。2003年に音楽ユニット「NOKKO and GO」を結成。アルバム『宇宙のコモリウタ』を発表する。

2005年静岡県熱海市に活動拠点を移し、自宅地下にプライベート・スタジオ「Studio GO and NOKKO」を開設[2]

2006年8月1日、第1子となる長女が誕生した。

脚注編集

外部リンク編集