H2の登場人物

ウィキメディアの一覧記事
H2 (漫画) > H2の登場人物

H2の登場人物(エイチツーのとうじょうじんぶつ)は、あだち充の漫画作品『H2』に登場する人物の一覧である。

目次

主要人物編集

タイトル「H2」とは、2人のヒーロー(比呂→ヒロ→HERO、英雄→「えいゆう」→HERO)を意味しているという楽屋オチを、英雄が作中で明かしている。コミックス完全版表紙には「The Highschool Days of 2 Heroes and 2 Heroines,Hiro Kunimi, Hideo Tachibana, Hikari Amamiya, Haruka Koga.」と副題が付けられている。

国見 比呂(くにみ ひろ)(Hiro Kunimi)
- 古本新之輔
千川高校3年(開始当時:千川高校1年)。投手中堅手。右投げ・右打ち。
物語の主人公。ひかりと野田は幼馴染で、英雄・ひかり・野田とは同じ中学校。中学時代から豪速球で名を馳せた投手だったが、上武医師の「3ヵ月で確実に肘が壊れる」という言葉を受け、野球への未練を断ち切るため野球部のない千川高校へ進学し、サッカー部に所属。サッカー部と野球愛好会との野球の試合で、サッカー部の野球を侮辱するような言動に耐え兼ね、試合中に退部して野球愛好会に入会した。その後上武医師の無免許が発覚、診断が間違ったものだと知る。それを受けて本格的に野球を再開する。
150km/h超のストレート[注 1]、140km/hのフォークや、スローカーブチェンジアップなど切れのよい変化球を持ち球とする。さらに対英雄対策として高速スライダーも覚えた。併せて構えまま動かさないミットへ投げる事のできる抜群のコントロール、無尽蔵のスタミナ、「ピッチャー返しを取らせたら右に出るものはいない」と自ら豪語するフィールディングも兼ね備える超高校級投手。ただ、気持ちにブレーキを掛けるのは苦手で、打たせて取るピッチングを指示されても1試合すべては我慢できない。バッティングも非凡で足も速く、中・高を通して3番を打つ。特に打撃に集中する状況での打撃は卓越しており、中学時代のサヨナラ安打数は英雄のものよりも多かった。外野守備も上手く、木根が登板した際はセンターを守っている。暑さに強く、ひかりの誕生日である8月16日には一度も負けたことがなかった[注 2]
明和一監督・稲川曰く、「どんなピンチも野球の楽しみに変えてしまう」野球大好き少年。また稲川は英雄よりも比呂の方が欲しかったと明かしている。
恋愛面では同級生達よりも疎かったという事もあり中1の時、英雄にひかりを紹介した。が、紹介した1年半後に「俺は本当はひかりが好きなんじゃなかろうか」と気づき、想いを明かさぬまま失恋していた。2年夏甲子園大会で2戦目伊羽商で敗退後、ひかりに「好きだったこと」と「英雄さえいなければ」「俺の思春期は1年半ずれていた。だから1年の時に英雄に喜んでひかりを紹介しただろうし・・・、だから野球だけは負けたくなかった」と告白してもいる。紆余曲折を経て、高3の夏の甲子園大会での直接対決で勝った方が、「ひかりと付き合う」という勝負を英雄とすることになる。英雄との野球での勝負には勝つものの、そのときの比呂の涙が象徴するように、それはすべての勝負に勝つとまでには至らないものであった。
当初より春華に好意を寄せられ、自身も少なからず春華を気にかける。一方でひかりの事を思う気持ちも続いており、表には出さないものの複雑な思い、あるいは煮え切らない思いを抱え続けている。春華への思いは、ストレートに好意を表現しすぎる米国帰りの男とのやりとりをきっかけにして自覚することとなる。
1月16日生まれ。名前の由来は誕生日の語呂合わせだと比呂自身は語っている[注 3]
印象的な台詞として挙げられる「タイムアウトのない試合の面白さを教えてやる」という旨の彼の発言は、連載当初世間の目がサッカーに向かっていたため反抗する意味もこめて描かれた[1]
単行本最終巻終盤において、メジャーリーグ挑戦をうかがわせる発言をする。
橘 英雄(たちばな ひでお)(Hideo Tachibana)
声 - 宮本充
明和第一高校3年(開始当時:明和第一高校1年)。三塁手。右投げ・右打ち。
明和第一高校野球部の4番バッター。天性のスラッガーで、1年時から4番を打つ。守備もうまく、強肩の持ち主でもある[注 4]。自称、「バッティング投手をやらせたらチーム1」。将来はプロ野球の打撃記録を全部塗り替えるつもりだと語っている。小学校時代は練習嫌いだったが、中学1年の紅白戦で比呂から三振を奪われてからは猛練習を重ねるようになる。
普段は冷静でクールな性格で、人に弱みを見せないタイプ。実家は酒屋だが家族揃って酒に弱く、匂いだけで30分から1時間近く酔ってしまい駄洒落やギャグを連発する。間違って飲んでしまった場合、翌朝にはほとんどの記憶が飛んでしまう。
ひかりとは周囲公認の交際をしている。比呂らの会話によれば元は内気な少年だったようで、中学1年生の時、比呂からひかりを紹介してもらったが、その時は全くしゃべれず、比呂が仲をとりもっていた。心から比呂のことを親友だと思っており、また比呂の大ファンとも語っている。
たとえ、ひかりが比呂を選んだとして比呂を許してしまいそうだから、と、ひかりの比呂に対する想いを直接問いただす勇気を持てないでいる。甲子園で比呂との決着を付けることを最大の目標としており、そこでひかりに自分か比呂を改めて選ばせようとし、比呂に負けたときはひかりから身を引くつもりだった。
11月6日生まれ。血液型B型。名前の由来は比呂と同じく誕生日の語呂合わせをもとにしたもので、「ヒーロー」を「英雄」とした。
雨宮 ひかり(あまみや ひかり)(Hikari Amamiya)
声 - 今村恵子
明和第一高校3年(開始当時:明和第一高校1年)。
比呂と野田の幼馴染。中学時代に比呂の紹介で英雄と付き合うようになった。英雄のことは「ヒデちゃん」と呼んでいる。明和第一高校では弓道部に所属しており、一時は明和第一野球部にも籍を置いていた。ミス明和に選ばれていて、成績も優秀で家事も万能。将来の夢はスポーツ記者になること。
しっかり者で少々おませな性格。相当な人間観察力を持っており、「人の悪口を言えない」と言われている。
幼い頃は、比呂とよく行動を共にし、よくキャッチボールの相手をしていた。当時は比呂より背が高かった事から比呂の姉と間違われてもいた。英雄とは周囲公認の交際をしているが、比呂が見ている所で英雄とのキスを拒むこともあるなど、微妙な距離感があった。比呂が自身の事を好きだった事を明確には意識できていなかったが、伊羽商戦の敗退後、比呂から初恋がひかりであること、本心の告白を受けるものの「ごめんね」と涙を流した。だが、心情では急激に比呂への想いが膨らみ、英雄の事を好きであるのも事実な為、「比呂への想い」は封印した。
物語中盤で母親が他界するも気丈に振舞っていたが、比呂とキャッチボールをしていた時、幼い頃からの母親の記憶を思い出し涙を流した。比呂と英雄との野球を通した戦いを見守り続ける果てに、英雄に対する思いをひかり自身も自覚する。比呂が試合に勝ち、英雄が負けたということに対して、比呂は野球の試合に勝った「だけ」と表現し、恋愛感情とは区別して、恋人であり大切なのは英雄であると伝えた。
8月16日生まれ。比呂は毎年誕生日プレゼントにその日のウイニングボールを送っていた。
古賀 春華(こが はるか)(Haruka Koga)
声 - 鈴木真仁
千川高校3年(開始当時:千川高校1年)。
千川高校の野球部マネージャーで、古賀商事の社長令嬢。高校野球の大ファンで千川高校に野球部を創設させる立役者となり、甲子園を目指すという夢を比呂に再び与えるきっかけを作った。将来の夢は女優かスチュワーデス。その理由は「プロ野球選手の奥さんは女優かスチュワーデスが多いから」と語っていた。
美人で人柄もよく、ドジでおっちょこちょいなところも含め、男女を問わず人気がある。1年生時の文化祭ではミス千川の候補に挙がった。成績は非常に優秀で、運動神経もよい。
比呂に出会うまではまともな男性に縁が無く、言い寄ってくるのは癖のある男ばかりだったという。後、比呂とは相思相愛の関係になる。
3月3日生まれ。
野田 敦(のだ あつし)
声 - 津田健次郎
3年生(比呂と同期)。捕手。右投げ・右打ち。
小学生の頃から比呂やひかりの幼馴染で、比呂と長年バッテリーを組んでいる。2年秋の大会からは野球部主将も務める。比呂から厚い信頼を受けており、物語の転機に多く関わる。丸眼鏡をかけた巨漢で、大喰らい。中学時代は5番、高校では4番を打つ。捕手としての能力は素晴らしく、強肩でリードも頭脳的。野球に関する知識も豊富で指導力もあり、比呂と英雄を一流に育てた[注 5]。愛好会時代には素人同然の上級生らの指導にあたり、千川が甲子園に出場したのも彼の力によるところが大きい。
腰を痛めたため上武医師の診断に従い野球をやめ、比呂と同じく野球部のない千川に進み、「腰にはバタフライがいい」と言われたため水泳部に入部していた。比呂と同様にヤブ医者とわかり野球を再開する。
打者としては長打力があり、甲子園で明和一のエース石元から唯一のホームランを放った。三振は少なく凡打の大半は外野フライだが、あまり器用なバッターではない。捕手らしくリードを読んでのバッティングをする。自分の実力を計ってプロは目指さず「俺が比呂に付きあってやれるのは甲子園までだ」との発言もあるが、その直後に、プロに進むであろう比呂をよろしくというひかりの発言に同意しており、将来に含みを持たせている。
名前は野村克也古田敦也から[注 6]

千川高校編集

地区は北東京。当初校長の方針で野球部は存在しない高校で、生徒の間でささやかに野球愛好会が設立されていたが、比呂や野田、古賀春華の尽力により愛好会が部に昇格。比呂と野田のバッテリーに、柳、木根、佐川らをはじめとする選手の活躍により、創部1年目で甲子園初出場初勝利、2回戦まで進む。翌年選抜大会初出場初優勝、つづく夏の甲子園準決勝で明和一高校に勝利し、決勝に進む。練習グラウンドは河川敷のため、台風で使えなくなることがある。

木根 竜太郎(きね りゅうたろう)
声 - 竹中伸一根谷美智子(小学校時代)
3年生(比呂と同学年)。中堅手・投手。右投げ・両打ち8月3日生まれ。身長173cm(高校2年生時)[注 7]
走攻守の三拍子揃ったセンターで、1番を打つ。当初の性格はかなり軽く身勝手なものだった。しかし、人前では努力する姿は見せないが、実は隠れて真面目に練習を積む努力家だという面も明らかとなっていく。千川の監督から、自身の才能について「国見に劣らないものを持っている」と言われるほどの能力の持ち主でもある。昔から掛布に憧れて左打ちだったが、長い間野球をしていなかったことで、野球部結成をかけた明和一戦の途中まで自分が右打ちだと勘違いしていた。後に作者の作画ミスを契機に両打ちになる。
当初はサッカー部のエースストライカーで、中学時代もそれなりに知られていた選手だった。かつてリトルリーグに在籍していた頃はエースで4番であったが、英雄がチームに加入して4番の座を奪われたことを嫌い、監督に自分を取るか英雄を取るか迫ったところ、監督は英雄を取ったため追い出されるような形でチームを去る。その後、サッカーに転向した。リトルリーグの頃のことで英雄に恨みを抱いており、明和一高との練習試合を機に、英雄をギャフンと言わせる為野球部にも入部する。しばらくはサッカー部との掛け持ちだった。一時期は英雄や明和一高との差に打ちのめされて練習に出ない時期もあったが、後に記述するケガや小山内美歩との関係も手伝って野球への思いを自覚、部活をサボっても練習はサボらないようになり、チームの主軸を担うまでに成長して、小学生のときに公言して嘲笑の的となった、「甲子園に出ていっぱい三振をとる」という夢を果たすまでになる。
2年時の秋季地区大会は途中から欠場したが、原因は、台風のときに傘をさしながら自転車の手放し運転をしていたところ風に飛ばされ、小山内美歩の姉たちの運転する車に衝突して骨折し、入院したため。このときに既述の努力家な一面や、野球が大好きであるという一面を見せ、小山内美歩との仲の進展に結果として一役買う出来事ともなった。3年生の頃には、比呂をして「あんなにうまいセンターは明和一にもいない」と言わしめ、野田にも広い甲子園のセンターを守れるのは木根しかいないと認めさせるほどにまで成長する。
投手としては比呂を温存する時に登板する。リトルリーグの頃から切れの良いカーブを投げ、春華曰く「性格と同じくらい曲がるカーブ」。野球部に入ったきっかけは英雄をギャフンと言わせるためだったが、子供の頃から甲子園で三振を取るという自身の夢を実は持ち続けており、比呂がいるため登板の機会がほとんどなくとも投球練習を毎日続けていたという努力の成果もあって、3年夏の甲子園準々決勝では先発投手を任され、完投勝利を収める事になった。
初めのうちは春華に付きまとっていたが、後に利害が一致していただけの仲だった小山内美歩と両想いの仲になる。柳との1、2番コンビは高校野球関係者の間で非常に評判が高い。
明和一との練習試合では唯一打点を挙げた。
柳 守道(やなぎ もりみち)
声 - 伊崎寿克
3年生(比呂と同学年)。二塁手。右投げ・右打ち。
千川高校の校長の息子。軽快な守備、広角に打ち分けるバッティング、くさい球をファウルにする技術は天下一品。足も速く、バントの上手さも持ち味という好選手である。また栄京の広田から計2本塁打を放つなど長打力もある。学業面でも成績が良く、絵の才能もあり、[注 8]、温厚実直な性格でクラスメイトやチームメイトからの人望も厚い。
高校野球嫌いだった父親との約束で、高校では野球をやらない約束をしていた。しかし、比呂たちの説得によって、風邪をひいているふりをしてマスクで顔を隠しながら明和一高との練習試合に参加。高校野球に対する父親のわだかまりが解けてからは、父親に野球への想いを告白、野球部への入部を果たす。
攻撃面では木根、柳の1、2番コンビは高校野球界でも評判が高い。また守備面では柳、佐川の二遊間は「ウチの自慢」と比呂が評している。春華に好意を持つものの比呂と春華の仲を応援しており、その想いを伝えることはなかった。
佐川 周二(さがわ しゅうじ)
声 - 檜山修之
2年生(比呂の一つ下)。遊撃手。右投げ・右打ち。
英雄の幼馴染みで、亡き兄から英雄と一緒に野球を教わった。野球に関しての実力は高く、俊足強肩のショートで、打撃でも1年時からレギュラーとして6番、2年から5番を打つ好打者(木根の不在時は1番)。相手の隙をついて一気に二塁からホームインするベースランニングなど、随所に非凡な野球センスを発揮する。日本代表に入れる素質があるとも言われていた。人相が悪く、登場時は友人を簡単に作ることが目的で不良グループに入っており、中学生にして煙草を吸っていたが、千川高校に入学後性格は丸くなる。かつて栄京の広田と同じ富士見中学校にいたが、広田に濡れ衣を着せられ野球部を追い出された経験を持つ。少し眠そうな顔とリーゼントが特徴。
大竹 文雄(おおたけ ふみお)
2年生(比呂の一つ下)。一塁手右翼手。右投げ・右打ち。
栄京・広田の従兄弟で、スパイとして千川高校に入学し野球部に入部。しかし、同じ理由で入部した島が広田に従わなくともよくなったことで、島とともに広田を裏切ることになる。高校からという野球経験の浅さからか、当初は打席に立っても空振りが多かったが、大きな体格を持つ上にトレーニングを密かに重ねた成果からパワーヒッターとして成長、チーム随一の長打力を持つまでになった。推定飛距離160mの場外弾を放ち、次の打席で詰まりながらもフェンスを越したため翌日のスポーツ新聞で1面に載った。1年途中からライトで8番、新チームになってからは長身を生かしてファーストにコンバートされ6番(木根の不在時や野田がスタメンから外れた際には5番)を打つ。
昔はボクシングをしていたことから比呂の速球にも怯えないでいられたため、紅白戦では野田の代わりにキャッチャーを務めたこともあった[注 9]。ボクシングの腕は避けないで打つだけのボクシングであり、相手に手加減をすることができない。ボクサーの経験から、目の打撲の応急処置も得意。
島 オサム(しま オサム)
2年生(比呂の一つ下)。左翼手。右投げ・左打ち。
大竹と同じく栄京・広田のいとこで、広田のスパイとして千川高校に入学・入部してきた。父親の借金を広田の父親が肩代わりするうえに広田の父親の会社に優遇入社させてもらう約束があったため、広田の言いなりになる。後に、野球部に入部していたことを知らなかった父親が「自分の息子が負けることを祈るような父親にはなりたくない」と広田家からの支援を断ったことで、本意にそぐわない広田の意を汲む必要が無くなり、大竹や、仲良くなった佐川とともに野球に打ち込むようになる。チームトップの俊足の持ち主で、経験の浅さからかエラーは多いものの守備範囲の広さは一流。
中学時代は陸上部に在籍していたが、島の競争相手が度々怪我などを負う事から周囲で悪い噂が絶えず、嫌気をさして陸上を辞めた。しかしこれらはどれも偶然で、悪い噂がたつのは言い訳をしない島の性格によるもの。弟が1人おり、島によって怪我をさせられたという兄からの話を信じた同級生とその仲間から弟はいじめを受けていたが、言い訳をしない島の性格から弟も誤解していた。しかし、誤解が解けてからは弟との仲も改善する。野球経験がないことで、当初ベースランニングは佐川よりも遅かったが、練習を重ねて佐川より速くなった。俊足を買われて1年途中からレフトを守るようになる。当初は右打ちだったが足で出塁を稼ぐために左打ちに転向する。変化球打ちが得意。1年時に9番、2年時には8番を打っていた。
有川(ありかわ)
比呂の一つ上の学年。遊撃手→三塁手。右投げ・右打ち。
野球愛好会に所属しており、野球部の正式発足後、初代キャプテンとなる。気が弱いようだが野球を愛する気持ちは強い。最初はショートを守っていたが、肩が弱く、佐川の入部によりサードを守るようになった。打順は5番。
広永(ひろなが)
比呂の一つ上の学年。一塁手。右投げ・右打ち。
愛好会時代からのメンバー。野球部に昇格した後も引き続きレギュラーとして一塁を守る。比較的大柄でごつい風貌だが、活躍する場面は少なく地味な存在。愛好会当時はショートバウンドのボールを取るのが苦手だったらしい。打順は7番。
井上(いのうえ)
2年生(比呂の一つ下)。三塁手。右投げ・右打ち。
有川・広永らが抜けた後、サードのレギュラーとなる。守備は危なっかしく、エラーする場面も多いが、その一方でスーパープレイを見せることもある。実家は銭湯。打順は7番。
杉山(すぎやま)
3年生(比呂と同学年)。右翼手。右投げ・右打ち。
有川・広永らの上級生が引退し、大竹がライトから一塁にコンバートされた後を受け、比呂たちが2年次の秋季地区大会からライトのレギュラーとなる。比呂たちとは同学年だがあまり絡むシーンがない。打順は9番。
古賀 富士夫(こが ふじお)
声 - 松本保典
野球部監督。
春華の兄。トレードマークはヒゲとサングラス。本業は家(古賀商事)の運転手。野球になると熱くなるようで、携帯型テレビを使って甲子園の試合を観戦しながら喫茶店でがなり立てていたところ、偶然居合わせた柳校長にその時の発言を聞かれ、気に入られて監督に就任する。栄京の城山監督とは高校時代の師弟関係であるが、城山の方針に反抗したため、3年間ベンチ入りさせながら一度も試合に使われないという報復を受けた過去を持つ。基本的にはとぼけた監督であるが、指揮官としての優れた手腕も時折発揮する。おまけ集めが好き。
その他の選手
甲子園出場によって比呂の二つ下の世代から部員が急増。
山口(やまぐち)
野球愛好会時代からのメンバー(比呂の二つ上)で、野球部への昇格決定までキャプテンを務めた。右投げ・右打ち。三塁手→中堅手。部に昇格後まもなく引退を迎えたため、1年後輩の有川を野球部としての初代キャプテンに任命する。
根本(ねもと)
愛好会時代からのメンバー(比呂の二つ上)。山口と共に野球愛好会を最上級生として支え、部への昇格を見届けて引退。
中村(なかむら)
愛好会時代からのメンバー(比呂の一つ上)。
森谷(もりや)
愛好会時代からのメンバー(比呂の一つ上)。右投げ・右打ち。左翼手。地区大会では試合中に緊張と疲労で倒れ、島と交代。その後はレフトのレギュラーを島に譲る。
山口(やまぐち)
2年秋の地区大会を欠場した木根に替わり9番・センターでスタメン出場した選手。学年不明(比呂と同学年か一つ下)。右投げ・右打ち。野球愛好会時代の元キャプテン・山口とは同姓の別人。
野々山(ののやま)
2年生(比呂の一つ下)。家はエアロビクス教室をやっている。ただし男性専門。
浅井(あさい)
1年生(比呂の二つ下)。
荒木(あらき)
1年生(比呂の二つ下)。左投げ。
漆谷 源一郎(うるしたに げんいちろう)
1年生(比呂の二つ下)。
比留間 陽平(ひるま ようへい)
1年生(比呂の二つ下)。右投げ。木根と小山内の2ショット写真を拾う。
木暮(こぐれ)
1年生(比呂の二つ下)。投手。豪快なフォームでも100km/h程度しか出ない投球が特徴。
小松(こまつ)
1年生(比呂の二つ下)。
堀(ほり)
1年生(比呂の二つ下)。
其田(そのだ)
1年生(比呂の二つ下)。右投げ。
茶畑(ちゃばたけ)
1年生(比呂の二つ下)。右打ち。
土田(つちだ)
1年生(比呂の二つ下)。野田にバケツ取りを命じられる。
鳥光(とりみつ)
1年生(比呂の二つ下)。
林(はやし)
1年生(比呂の二つ下)。
福本(ふくもと)
1年生(比呂の二つ下)。
古川(ふるかわ)
1年生(比呂の二つ下)。
向井(むかい)
1年生(比呂の二つ下)。右投げ右打ち。中堅手。中学時代チームの中心選手だった有望株。夏の甲子園大会で準々決勝(比呂を温存し木根が先発した試合)にも試合終盤で比呂と交代してセンターで出場。
村越(むらこし)
1年生(比呂の二つ下)。右投げ。一塁手。中学時代チームの中心選手だった有望株。
矢野(やの)
1年生(比呂の二つ下)。左打ち。中学時代チームの中心選手だった有望株。
山 本二郎(やま もとじろう)
1年生(比呂の二つ下)。右投げ。投手。強肩が売り。「山」が姓。地区予選でも登板した。
芦沢(あしざわ)
野球部顧問(部長)。千川高校の教師。
田村(たむら)・村田(むらた)
1年生(比呂の二つ下)。新たに入部してきた野球部のマネージャー。名前は仮称。下の名前は「亜美」「由美」、「じゅん」「ネネ」など候補(?)多数(どっちがどっちなのか、どれがどちらの名前なのか、本当の名前…など、殆ど不明)。

明和第一高校編集

優れた練習設備と厚い選手層を誇り、多くの実績を残す野球名門校。地区は南東京。学校名やユニフォームはあだち充の故郷、群馬県の甲子園常連校、桐生第一高校がモデル。

中井 清孝(なかい きよたか)
3年生(比呂と同学年)。一塁手。左投げ・左打ち。
1年生の秋から野球部でクリーンナップを打つ。英雄の影に隠れがちだが相当な実力者。2年で5番、3年で3番を打つ。英雄から4番の座を奪うために3年間必死に努力し、終にそれは叶うことはなかったが、才能を過信し努力を怠るただの4番打者よりは遥かに優れた日本一の3番打者となった。密かにひかりに好意を抱いていた。
石元 豊(いしもと ゆたか)
2年生(比呂の一つ下)。投手。右投げ・右打ち。
野球部ピッチャー。かつては他人の視線が集中すると貧血を起こす体質で、逆療法の為にキャッチャーからピッチャーに転向する。体質改善前はビデオで試合開始時の石元を見た比呂が「いきなりピンチの場面か?」というほど。1年秋季大会ではその体質改善のために試合を賭けた結果惜敗した。ストレートの威力は一級品で、体質の克服後はチームの柱として相手打線をねじ伏せた。長打らしい長打は、千川戦での国見の3塁打と野田の本塁打以外に打たれていない。体格は太い。明和一の監督曰く、明和一高野球部史上最高のエース。打撃も優秀で国見からクリーンヒットを放つ。
植木(うえき)
3年生(比呂と同学年)。右翼手。右投げ・右打ち。
英雄曰く「もう少しずるさと図々しさがあればとっくにレギュラー」とのことだが、チーム一お人好しな性格が災いしてレギュラーになりきれていない。バッティング投手をしていた英雄の顔面に打球を当ててしまい顔を真っ青にした。3年春からレギュラーになる。
大和田(おおわだ)
3年生(比呂と同学年)。左翼手。右打ち。
2年生の秋からのレギュラーでクリーンナップを任される。5番打者のため度々英雄敬遠で勝負される。英雄が怪我で欠場した試合では三塁手として出場した。
一ノ瀬 誠(いちのせ まこと)
3年生(比呂の一つ上)。投手・中堅手。左投げ・左打ち。
元エース。2年生のとき、当時のエースだった丸山がケガしたため急遽投手となる。それまでは強肩外野手であり、1試合3度の補殺を見せたことも。
丸山(まるやま)
3年生(比呂の二つ上)。投手。右投げ。
元エース。県内(作者のミスで正確には都内)では指折りの右の速球派。しかし、上武医師の誤診により故障する。
その他の選手
谷村(たにむら)
投手。明和第一の二番手。
田村(たむら)
3年生(比呂の二つ上)。捕手。
児玉(こだま)
捕手。
本間(ほんま)
二塁手。俊足。
福井(ふくい)
三塁手。1年の対栄京学園戦の時怪我をした英雄の代わりに出場。
神崎(かんざき)
遊撃手。
辻(つじ)
中堅手。比呂と同学年で守備が得意。英雄、中井と共に2年の時点でレギュラーだった。
稲川(いながわ)
野球部監督。
ストーリー中、重要な解説を入れたりする人物。校長には1度も頭を下げたことはなく、かつて校長の車をバットでボコボコにしたことがある。
小山内 美歩(おさない みほ)
2年生(比呂の一つ下)。
野球部マネージャー。4人姉妹の末っ子。人の視線を集めるのが好きで、スカートを捲って見せたりブルマを穿いたりする。入部当初は英雄に好意を寄せていたため、ひかりを目の敵にしていた。そして利害が一致した木根と親しくなった結果、木根に頼まれ、空手3段の放竜寺に木根を諦めさせる為に木根の彼女の振りをすることに。そこで自身の木根への想いに気付き、付き合うことになる。その為ひかりへの嫉妬は消え、むしろ慕うようになる。男子が欲しかった父親の相手をしていた為にキャッチボールが上手く、女子とは思えないほどの球を投げる。

栄京学園高校編集

優れた練習設備と厚い選手層を誇る野球名門校。地区は千川と同じ北東京。学校名やユニフォームは帝京高校がモデル。

広田 勝利(ひろた かつとし)
声 - 子安武人
3年生(比呂と同学年)。投手・中堅手・一塁手。左投げ・左打ち。
野田曰くバッターとして「才能だけなら英雄といい勝負」、そして英雄曰くピッチャーとしても「才能だけなら比呂以上かもしれない」と評される程の天才選手。H2の主要キャラクターで唯一公式戦で比呂からホームランを放った人物である。非常に計算高く、かつずる賢い性格で、試合では城山監督の指示の下、平気で相手選手に故意にデッドボールやスパイクでの踏みつけを行っていた。秋季大会からは元野球部顧問が監督代行になり、立場をなくしてしまうが、監督代行の厳格な指導で改心する。
2年生にして最高球速142km/h。抜群の制球力を誇る。またカーブ、シュート、スライダー、フォークと多彩な変化球を持ち、そのどれもが一級品であり、2年生時にエースとして選抜大会優勝を果たすが、夏の北東京大会準決勝の千川高校戦で肘を痛め野手に転向。秋季大会準決勝の千川高校戦では4番一塁手として出場。比呂は初め改心した彼を認めていなかったが後に信用し、全力勝負を演じる。しかし、その試合中に中継プレーで肘を悪化させ、この試合の後野球部を引退する。その後、猛勉強で一冬で進学組に追いつく。
ドラマ版では右投げ。
小倉(おぐら)
3年生(比呂の一つ上)。捕手。右投げ・右打ち。
強肩、好リードの名捕手。しかし、古賀富士夫と同様に城山監督の方針に逆らい、1年からベンチ入りはするも城山監督就任後は1度も試合出場がないという嫌がらせに遭う。3年次の夏の大会の千川戦では、負傷退場等で小倉以外の捕手が居なくなり遂に起用される。小倉が監督に代わり選手に指示を出してからはチームがまとまり、試合の流れを引き寄せた。捕手としての腕は元より、野手としても優秀で、スクイズを見破り野田がウエストさせたにも関わらずボールに飛びつき成功させ、1点差まで詰め寄る。なお、これが高校時代唯一の打撃成績である。試合終了後、国見に「(最終回は)絶対に打席を回したくなかった」と言わしめた。背番号は14。
林(はやし)
投手。
捕手に恵まれず、本来の力が出し切れなかった様だが、小倉によって彼の力は引き出された。広田の故障後は栄京のエースの座を任せられる。
その他の選手
管(かん)
正捕手。広田に嫌われぬようにしている。フォークの捕球が下手。千川戦では適時打を打つも走塁で転倒し負傷交代。
三沢(みさわ)
捕手。控えのキャッチャー。林とは中学時代からの付き合いで、林のバーターとして入部を果たす。実力差を痛感し、千川戦で小倉を出場させる為に自ら怪我をした。
小笠原(おがさわら)
一塁手。
志賀(しが)
二塁手。
深町(ふかまち)
二塁手。控えのセカンド。千川戦で志賀が佐川を怪我させ損なった為に途中出場した。
国分(こくぶ)
三塁手。大振りすると片手を離す癖があり、城山監督はその癖を利用して野田を負傷させようとした。
坂本(さかもと)
三塁手。控えのサード。千川戦で国分が野田を怪我させ損なった為に途中出場した。
大村(おおむら)
遊撃手。広い守備範囲を誇る。
茂木(もてぎ)
遊撃手。控えのショート。3年時にはレギュラーに定着した。
荒井(あらい)
左翼手。
三浦(みうら)
中堅手。
鈴木(すずき)
右翼手。変化球打ちが上手いのだが、うその情報を流し相手をかく乱するため城山監督は直球打ちが上手いと言っている。
宮川(みやがわ)
右翼手・一塁手。控えのファースト。3年時にはライトでレギュラーに定着した。
向井(むかい)
栄京の代打の切り札。練習試合では比呂の球に掠りもせず三球三振に切って取られる。
今村(いまむら)
山岸(やまぎし)
広田のマッサージ係。
米倉(よねくら)
広田のマッサージ係。マッサージが下手だったため、広田に文句を言われてしまう。
城山 義明(しろやま よしあき)
野球部監督。
高校野球界では名将と呼ばれているが、勝つためならば手段を選ばない冷酷な監督。その方針は選手のうその情報を流して相手をかく乱することから、危険なプレーの指示までと手段を選ばない。千川の古賀富士夫は元教え子であるが自分の方針に逆らっていたため、嫌っていた。夏の大会で千川高校に敗れた後、体調不良を理由に姿を消した(ハッキリと退任したとは描かれていない)。広田には「逃げ出した」と評されていた。
根津(ねづ)
野球部前監督。
性格は温厚。城山監督に嫌われている。
新監督(仮称)
元は顧問だったが城山監督に代わり監督に就任する。城山監督とは対照的に野球を楽しむ方針で選手からの信望も厚い様子。広田の野球に対する真の思いも理解し、厚意的な行動を取っていた。

石神商業高校編集

北東京の有力チーム。比呂らが2年生の時に夏の北東京大会の二回戦、3年生の時に夏の北東京大会の四回戦で千川高校と対戦した。「クロスゲーム」にも登場している。

支倉 三木雄(しくら みきお)
3年生(比呂の一つ上)。一塁手。右投げ・右打ち。
4番で東京都の個人連続安打記録保持者であり、高校通算50本以上の本塁打記録を持つプロ注目のスラッガー。父親は古賀商事の専務で古賀家との付き合いが深い。春華が初恋の相手で、春華の将来の夢を聞いて野球を始めた経緯がある。貧血になりやすく、練習中に倒れたりする。千川との公式戦では最終回に比呂からフェンス直撃の長打を放つも、炎天下での試合のため限界を迎えており一塁に辿り着くことなく気を失った。よって記録はセンターゴロとなり、石神商業は千川にノーヒットノーランを喫することとなった。
その他の選手
岡田(おかだ)
投手。千川戦では5番で出場。
高橋(たかはし)
捕手。千川戦では3番で出場。
本山(もとやま)
二塁手。千川戦では1番で出場。
天野(あまの)
三塁手。千川戦では6番で出場。
中沢(なかざわ)
遊撃手。千川戦では7番で出場。
叶(かのう)
左翼手。千川戦では2番で出場。チーム1のミート力。
谷(たに)
中堅手。千川戦では9番で出場。
清水(しみず)
右翼手。千川戦では8番で出場。

豪南実業高校編集

鹿児島代表。比呂らが2年生の時に夏の全国大会の一回戦で千川高校と対戦した。翌年も全国大会出場は果たしているが、ベスト8に残ることなく敗退している。名前のモデルは樟南高校

栗丸 保(くりまる たもつ)
1年生(比呂の一つ下)。投手。左投げ・左打ち。
1年生エース。小太りでありながら比呂とそっくりな仕草や球を投げ、比呂と比べても遜色のないストレートを持っている。地区大会では爪を割り、マウンドには立てなかった。後ろから驚かされると自分の身長くらい飛び跳ねる。それを面白がった兄に驚かされた時に饅頭を喉に詰まらせてから背後に人がいると落ち着きを失う。そのため2塁にランナーを置くと途端にマウンドで平静を保てなくなり制球を乱す。
栗丸 勇(くりまる いさむ)
3年生(比呂の一つ上)。投手。
控えピッチャー。栗丸保の兄。弟と違い才能は無いが、粘り強いピッチングで地方大会を投げぬいた。弟思い。
その他の選手
谷口(たにぐち)
捕手。千川校戦では9番で出場。
神崎(かんざき)
一塁手。千川校戦では4番で出場。
児玉(こだま)
二塁手。千川校戦では8番で出場。
寺田(てらだ)
三塁手。千川校戦では3番で出場。
青木(あおき)
遊撃手。千川校戦では1番で出場。
岡村(おかむら)
左翼手。千川校戦では6番で出場。
塩島(しおじま)
中堅手。千川校戦では5番で出場。
西(にし)
右翼手。千川校戦では2番で出場。
港川(みなとがわ)
野球部監督。1回戦の相手が千川高校と決まった後、国見らと会っても「明和一の応援かね?」と尋ねる。

伊羽商業高校編集

高知県代表。比呂らが2年生の時に夏の全国大会の二回戦で千川高校と対戦。翌年も全国大会出場を果たしているが、ベスト8に残ることなく敗退している。なお、作中では公式戦で唯一千川高校野球部に勝利したチームである。名前のモデルは伊野商業高校

月形 耕平(つきがた こうへい)
3年生(比呂と同学年)。投手。右投げ・右打ち。
サイドスローから繰り出すコントロールとキレの良い多彩な変化球を持っている。ルックスが良く観戦中に女性ファンに囲まれてしまう。比呂は初めて自分以外でカッコイイと思った投手。研究ではなく趣味で比呂のピッチングのビデオを何度も見返していた。元は才能溢れる速球派投手だったが、小学校の時のチームで誰も捕れず打てない球だったのでみんながしらけてしまったので、みんなが打ちやすいところに投げていた。そのことから、相手の打ちやすいところ、打ちにくいところがわかり、現在のスタイルになった。バッターとしても3番打者を務めている。ドラマ版では同じサイドスローながら、左投げとなっている。
志水 仁(しみず じん)
3年生(比呂と同学年)。一塁手。左投げ・左打ち。
「右の橘、左の志水」と称されるほどの強打者。顔は怖いが英雄にバットへのサインを頼むなどミーハーな一面を持っている。月形とは中学からの幼なじみ。どんな速球にも対応できる打撃センスの持ち主だが、比呂の速球には対応しきれなかった。月形と同様、監督が止めなければ倒れるまで練習を続ける程の野球好き。
その他の選手
花田(はなだ)
捕手。千川戦では7番で出場。
関口(せきぐち)
二塁手。千川戦では2番で出場。
谷(たに)
三塁手。千川戦では5番で出場。
島村(しまむら)
中堅手。千川戦では6番で出場。
田辺(たなべ)
野球部監督。

宇田島東高校編集

愛媛県代表。比呂らが3年生の時に夏の全国大会の二回戦で明和第一高校と対戦した。強面揃いで有名。モデルは宇和島東高校

三奈川(みながわ)
野球部マネージャー。
チーム唯一の美男子。元はエースで4番だったが、事故で野球が出来なくなった。相手チームの情報収集、データ分析のスペシャリスト。監督への的確なアドバイスで弱点を突く作戦参謀。あまりにも的確すぎるため、そして少々手段を選ばないため悪い噂が多い。明和一戦直前、石元の彼女に接触し破局の原因となった際は英雄が宇田島高校の宿舎に赴き彼を連れ出して掴みかかった。しかし実際は石元の彼女がひったくりに襲われて偶然三奈川に助けられた際、彼女が先に三奈川が宇田島東のマネージャーと知り、石元の役に立てればと接触を試みたというのが事実であった。
元々は彼の力に惹かれ才能豊かな選手が集まったチームだった。三奈川の怪我でチームは戦意喪失し廃部寸前となっていたが、三奈川の想いと彼が必死の情報収集で得た資料を武器にチームを勝利させ、甲子園へと導いた。
その他の選手
島野(しまの)
投手。明和一戦では9番で出場。
牧(まき)
捕手。明和一戦では4番で出場。
三迫(みやさこ)
一塁手。明和一戦では3番で出場。
石山(いしやま)
二塁手。明和一戦では2番で出場。
中村(なかむら)
左翼手。明和一戦では7番で出場。
米倉(よねくら)
中堅手。明和一戦では5番で出場。
向井(むかい)
明和一戦では1番で出場。
五十嵐(いがらし)
明和一戦では6番で出場。

その他の高校編集

飛竜西高校
比呂らが1年生の時に野球部のグラウンド完成記念の練習試合で千川と対戦した。その前年は夏の北東京大会でベスト8の好成績ながら直ぐに問題を起こしては対外試合禁止になっている。学校専用のマイクロバスがあるようだが、校名表記は車体にチョークで殴り書きしたようになっている。「ケンカ自慢」「ケンカだったら毎年優勝候補」は春華の弁。練習試合以後、連載中の公式戦に登場する描写はないが、終盤、千川が明和第一と対戦する準決勝戦を前にはサッカー部主将らと共に激励電報を贈っている。
千川との練習試合では0-12で大敗。
横道(よこみち)
野球部監督。
新川高校
比呂らが1年生の時に夏の南東京大会の決勝で明和第一と対戦し、2x-1でサヨナラ勝ちし、南東京代表となった。
陽光学院高校
大阪代表。比呂らが1年生の時に春の全国大会の準々決勝で明和第一、決勝で栄京学園と対戦した。甲子園で横綱と言われる程の優勝候補。春の全国大会では明和第一に4-3で勝利したが、栄京学園には敗北した。
田丸(たまる)
投手。エース。明和第一戦で英雄に2四球を与えた後、本塁打を打たれ交代。
尾形(おがた)
投手。抑え。長身から重い速球を投げ込む。英雄にフェンス直撃の二塁打を打たれた。
美鷹工業高校
比呂らが2年生の時に夏の北東京大会の四回戦で千川と対戦し、7-8xで惜敗した。
井手(いで)
投手。千川戦では6番で出場。
峰(みね)
捕手。千川戦では5番で出場。
高橋(たかはし)
一塁手。千川高校戦では4番で出場。
島村(しまむら)
千川戦では3番で出場。
山内(やまうち)
千川戦では2番で出場。
鈴木(すずき)
遊撃手。千川戦では9番で出場。
松尾(まつお)
左翼手。千川戦では8番で出場。
渡辺(わたなべ)
中堅手。千川戦では1番で出場。
萩尾(はぎお)
右翼手。千川戦では7番で出場。
樟徳高校
比呂らが2年生の時に夏の北東京大会の決勝で千川と対戦した。「クロスゲーム」にも登場している。1-4で敗退し、北東京代表を逃す。
長谷部(はせべ)
投手。千川戦では8番で出場。
杉森(すぎもり)
捕手。千川戦では3番で出場。春華が作った比呂のお守りを拾い、ツキが良くなる。
畑中(はたけなか)
一塁手。千川戦では4番で出場。
安田(やすだ)
二塁手。千川戦では1番で出場。
長山(ながやま)
三塁手。千川戦では6番で出場。
北川(きたがわ)
遊撃手。千川戦では5番で出場。
塚本(つかもと)
左翼手。千川戦では9番で出場。
及川(おいかわ)
中堅手。千川戦では2番で出場。
石本(いしもと)
右翼手。千川戦では7番で出場。
監督(氏名不詳)
監督。千川戦で予選大会中下着を一度も買えてないと明言。
八和田工業高校
谷熊(たにぐま)
青森代表八和田工高主将。選抜大会の選手宣誓の大役を務める。
圧商学園高校
福岡県代表。「タッチ」終盤にも登場。
宇田川 敏(うだがわ さとし)
投手。エース。甲子園で泥棒を捕まえるのに貢献した。
岩桜工業高校
山口県代。
瀬戸 卓(せと すぐる)
投手。エース。甲子園で泥棒を捕まえるのに貢献した。
剣台北高校
宮城県代表。
八雲 哲也(やくも てつや)
投手。エース。フォークが自慢。甲子園で泥棒を捕まえるのに貢献した(ただし、他の投手の投球によって倒れた後、最後に落ちたフォークが頭部を直撃しただけ)。1回戦で伊羽商業高校と対戦、志水に2本塁打を浴びるなど8失点し、大敗。
今西高校
比呂らが2年生の時に春の選抜大会の一回戦で千川と対戦したが、1-2x(7回降雨コールド)で惜敗。
河合(かわい)
遊撃手。千川戦では1番で出場。比呂から出会い頭でホームランを打った。
法海大第六高校
千葉代表。比呂らが2年生の時に春の選抜大会の準々決勝で千川と対戦した。
春の全国大会では千川高校に敗北した。「タッチ」終盤にも登場したが、その際は福井代表であった。
清島商業高校
比呂らが2年生の時に春の選抜大会の準決勝で千川と対戦したが0-4で敗北。
高木(たかぎ)
二塁手。千川戦では3番で出場。
鈴木(すずき)
左翼手。千川戦では2番で出場。
林田(はやしだ)
中堅手。千川戦では1番で出場。
福本(ふくもと)
三塁手。千川戦では4番で出場。
早川(はやかわ)
一塁手。千川戦では5番で出場。
浜光高校
神奈川代表。比呂らが2年生の時に春の選抜大会の決勝で千川と対戦したが、4-6で敗北。千川の優勝を許す。
朝岡 雅史(あさおか まさし)
投手。甲子園で泥棒を捕まえるのに貢献した。
港川(みなとがわ)
投手。千川戦では5番で出場。
山本(やまもと)
捕手。千川戦では6番で出場。
外山(そとやま)
左翼手。千川戦では9番で出場。
別府(べっぷ)
中堅手。千川戦では8番で出場。
宮地(みやぢ)
右翼手。千川戦では7番で出場。
美斗工業高校
比呂らが3年生の時に夏の南東京大会の準々決勝で明和第一と対戦した。
沖島 光(おきじま ひかる)
投手。エース。1年生ながら力強い速球で明和一打線を苦しめたが、終盤に捕まって敗れる。野田に「独り相撲だが、立派に三役クラス」と言わしめた。比呂と英雄卒業後の高校野球のヒーロー候補。
有山商業高校
比呂らが3年生の時に夏の全国大会の二回戦で千川と対戦した。
藤島(ふじしま)
投手。千川対策にフォークを覚えた。しかしフォーク以外を狙われ打ち込まれる。
法海大栄高校
東埼玉代表。比呂らが3年生の時に夏の全国大会の準々決勝で千川と対戦。
奥沢 保(おくざわ やすし)
投手。エース。甲子園で泥棒を捕まえるのに貢献した。
瀬尾(せお)
投手。千川戦では6番で出場。
大山(おおやま)
捕手。千川戦では3番で出場。
杉浦(すぎうら)
一塁手。千川戦では1番で出場。
小林(こばやし)
二塁手。千川戦では7番で出場。
御影(みかげ)
三塁手。千川戦では4番で出場。
加藤(かとう)
遊撃手。千川戦では2番で出場。
滝田(たきだ)
左翼手。千川戦では5番で出場。
谷口(たにぐち)
中堅手。千川戦では9番で出場。
森(もり)
右翼手。千川戦では8番で出場。
聖章高校
熊本代表。比呂らが3年生の時に夏の全国大会の準々決勝で明和第一と対戦した。
吉武(よしたけ)
投手。エース。明和第一戦では8番で出場。
川合(かわい)
捕手。明和第一戦では3番で出場。
伊集院(いじゅういん)
一塁手。明和第一戦では4番で出場。
尾崎(おざき)
二塁手。明和第一戦では6番で出場。
馬場(ばば)
三塁手。明和第一戦では2番で出場。
浜中(はまなか)
遊撃手。明和第一戦では9番で出場。
花田(はなだ)
右翼手。明和第一戦では7番で出場。
石塚(いしづか)
中堅手。明和第一戦では5番で出場。
大豊(たいほう)
左翼手。明和第一戦では1番で出場。
三雲(みくも)
野球部監督。英雄との勝負を避ける戦略をとるが、大和田に打たれた。
大俄高校
若林(わかばやし)
投手。エース。
福徳学園高校
桜井(さくらい)
投手。140kmを超えるストレートと落差のあるフォークが武器だが、英雄に3打席連続ホームランを打たれる。それまでは地区大会を通じて自責点は0だった。

国見家編集

国見 太郎(くにみ たろう)
比呂の父親。
古賀商事の営業三課に勤務するサラリーマン。比呂と春華の仲に自分が出世する唯一の希望を見ており、しかも比呂に対して公言している。都大会から比呂の試合の度に仕事をさぼっては変装して観戦に来る。しかし、いずれも社長と鉢合わせになってバレてしまう。残業と偽って麻雀をしたり、酔っぱらって午前様で帰宅したり真面目に働いているような描写はなく、完全にダメオヤジキャラで比呂にも「スケベぐうたらサラリーマン」と言われている。また比呂のゲームボーイをトイレに落として水没させたこともある。
国見 信子(くにみ のぶこ)
比呂の母親。
口が悪くて比呂の才能をあまり信用していないような態度を取るが、実は活躍の記録をこまめに収集している。比呂曰く「カラオケ好きの食っちゃ寝主婦」。
パンチ
国見家の飼い犬。名付け親は不明。父の日のプレゼントとして別の犬を飼うことにするも、ペットショップが番号札を間違えたために代わりに国見家に来る。甲子園と相性がいい犬らしい。容姿は『タッチ』のパンチに似ている。

雨宮家編集

国見家とは家族ぐるみでの付き合いで、明和一か千川が甲子園に出場する際は国見家と一緒に甲子園に応援に来ている。

雨宮 太一(あまみや たいち)
ひかりの父親。
書店を経営。大抵店番をサボってパチンコに行っていた。さくらが亡くなった後、真面目に仕事をするようになる。
雨宮 さくら(あまみや さくら)
ひかりの母親。
比呂の母・国見信子が入院直後、検査のため同病院へ入院。その後他界する。比呂を実の息子のように信頼し応援していた事から、彼女の死はひかりだけでなく比呂にも深い悲しみを与えた。
雨宮 高明(あまみや たかあき)
ひかりの叔父。
産報スポーツに勤務の新聞記者。ひかりの良き人生の指導者。無名な頃から比呂に目をつけていた。試合展開を読んだり選手を見たりする観察眼は優れている。

橘家編集

橘 吾朗(たちばな ごろう)
英雄の父親。
酒屋を経営しているが、橘家は一家揃ってアルコールにきわめて弱い。
橘 由美子(たちばな ゆみこ)
英雄の母親。
橘 雄一(たちばな ゆういち)
英雄の兄。
既婚。2歳の娘がいる。アルコールにきわめて弱い。

その他編集

柳 道夫(やなぎ みちお)
千川高校校長。守道の父親。
地元では有名な進学校の「○×県立草成高校」出身。昔、草成高校が甲子園で初戦で0-30のノーヒットノーランをやられ大敗した。それによって母校が「甲子園で大敗した高校」として全国に知れ渡り、それが原因で高校野球が嫌いになった。また、その件を話題にされるのを非常に嫌がり、保険会社の営業がその件を話題にしようとするだけでその保険を解約するほどである。高校野球が嫌いと言い張り千川に野球部を作らなかったが、比呂や守道の野球に打ち込む姿を見て野球部創部を許可。同時に高校野球大好き親父という本性を態度で表す。
上武(うえたけ)
スポーツ医学に精通しているとされており、国見・野田・丸山らを診察した。しかし、実際は無免許で、診察も的外れであり、国見・野田は何ともなかったが、丸山は負傷を悪化させてしまった。58歳。
QあんどA』でも上武医院の医師として登場し、脚の負傷での休養期間が長引いていた方が都合がいいという小笠原一郎に虚偽の診断書を作成した。
三善(みよし)
千川高校柔道部。比呂と同学年の帰国子女。実家は英会話教室。春華に好意を抱いており、春華を軟禁しようとした。結果的に比呂が春華に思いを伝えるきっかけとなった人物。
竹村(たけむら)
千川高校のPTA会長。
建設会社の社長。顔に似合わずおっちょこちょい、大きなことを言って後でとぼけるお調子者だが、それでも人に憎まれない得な性格の持ち主。校長に野球部創設を直談判し、条件付きながら取り付けた。
佐川 テツ(さがわ テツ)
周二の兄で故人。英雄と周二に野球を教えた人物。町内の草野球チームのキャッチャーで四番をやっていて、英雄にとっては一番身近なスターだった。
車(くるま)
高校野球解説者。東京大会で解説をしていた。その場のノリで出任せを言うことが多く、読みや予測は殆ど当たらない。「クロスゲーム」でも登場。
根堀(ねほり)
高校野球解説者。甲子園での試合を解説した。
古賀(こが)
春華の父親。比呂の父親が勤める古賀商事の社長。自宅はプール付きの豪邸。
クールボー
比呂達が待ち合わせをしていた時におぼれていた犬の名前。プロ野球・阪神タイガースの帽子を被っていた。 名前の元ネタはサンデー掲載当時の1996年に在籍していたスコット・クールボー

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高校2年生時には島曰く150km/hと言われても信じるという球を投げていた。3年生時の夏の北東京予選では152km/hを計測。その後原作では球速表示に関する描写はないが、ドラマ版では3年生時の夏の甲子園準決勝で156km/hを計測している(対英雄の最終打席の初球)。
  2. ^ 2年生時の夏の甲子園2回戦で初めて敗北を喫した。
  3. ^ しかし物語当初の誕生日は1月28日だった。後に作者がフォロー。
  4. ^ 実況からは守っても怪物と評され、野田からは140km/hは楽に投げられると評されている。
  5. ^ 英雄曰く、「野田がいなければ、比呂も俺も甲子園には出ていなかっただろう」。
  6. ^ 野村と古田を混ぜて作った名前とのこと[1]
  7. ^ 小山内の発言より。
  8. ^ 彼が描いた春華の似顔絵を見た比呂に「日本一野球の上手い漫画家になれるかもしれない。」と言わしめた。
  9. ^ 野田がカゼでスタメンを外れたセンバツ2回戦でもキャッチャーで出場している。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b あだち充×古田敦也の豪華野球対談が実現!」ダ・ヴィンチNEWS 2015年11月2日閲覧。