LOVEppears

浜崎あゆみの2枚目のスタジオ・アルバム

LOVEppears』(ラヴピアーズ)は、日本歌手浜崎あゆみの2枚目のオリジナル・アルバム1999年11月10日avex traxより発売。11thシングルappearsと同日に発売された。

LOVEppears
浜崎あゆみスタジオ・アルバム
リリース


2019年11月10日(-20th Anniversary Edition-)
録音 1999年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
AVCD-11740(オリジナル盤)[1]
AVCD-96371~4/B(20th Anniversary Edition 初回盤)[2]
AVCD-96375~7(20th Anniversary Edition 通常盤)[2]
プロデュース MAX MATSUURA
チャート最高順位
  • 週間1位(3週連続、オリコン
  • 週間9位(オリコン、20th Anniversary Edition)
  • 1999年度年間15位(オリコン)
  • 2000年度年間14位(オリコン)
  • オリコン歴代アルバムランキング40位
ゴールドディスク
  • 2ミリオン(日本レコード協会[3]
  • プラチナ(「Who...」シングルトラック、日本レコード協会)[4]
  • 浜崎あゆみ アルバム 年表
    ayu-mi-x
    (1999年)



    ANIME & GAME SELECTION
    2019年)
    LOVEppears
    (1999年)



    LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-
    (2019年)
    SUPER EUROBEAT presents ayu-ro mix
    2000年



    A BALLADS 2
    2021年
    EANコード
    EAN 4988064117406 (オリジナル盤)
    EAN 4988064963713 (20th Anniversary Edition 初回盤)
    EAN 4988064963751 (20th Anniversary Edition 通常盤)
    『LOVEppears』収録のシングル
    1. WHATEVER
      リリース: 1999年2月10日
    2. LOVE〜refrain〜
      リリース: 1999年4月14日
    3. TO BE
      リリース: 1999年5月12日
    4. Boys & Girls
      リリース: 1999年7月14日
    5. A(monochrome, too late, Trauma, End roll)
      リリース: 1999年8月11日
    6. appears
      リリース: 1999年11月10日(リード)
    7. kanariya
      リリース: 1999年12月8日(リミックスリカット)
    8. Fly high
      リリース: 2000年2月9日(リミックスリカット)
    テンプレートを表示
    映像外部リンク
    浜崎あゆみ ー『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』ダイジェスト
    浜崎あゆみ ー『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』(teaser movie)
    浜崎あゆみ ー『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』(SPOT)
    浜崎あゆみ ー appears (Live Lyric Video) from『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』
    浜崎あゆみ ー TO BE (Live Lyric Video) from『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』

    解説編集

    オリジナルアルバムとしては前作『A Song for ××』から、わずか10ヶ月後の発売となった。 11thシングル「appears」との同時発売。シングルカットを含むとシングル11曲を収録しており、ほぼ全てにタイアップが付いていることから、実質ベストアルバム的な内容となっている。

    アルバムのタイトルである「LOVEppears」は「LOVE」と「appears」からの造語。また、オリジナルアルバムでは本作で初めて浜崎のシンボルマークである「A」のロゴ表記が用いられ、以後の作品にも継承されている。

    本アルバムに収録されているシングルの大半は、リアレンジやミックスを変更して収録されている (ただし、「Trauma」と「Boys & Girls」「End roll」は除く)。収録されているシングルのうち「kanariya」と「Fly high」は後にリカットとして発売されたものである(「Fly high」の方には原曲は収録されていない)。また、表記こそされていないが、「TO BE」、「too late」、「monochrome」もリアレンジを施されて収録されている。

    ジャケットキービジュアル及び、アートワークに関しては、生々しい裸の姿が当時の若者らが大きな反響を呼び、同日にリリースされた「appears」を『黒アユ』、本アルバムを『白アユ』というネーミングが定着した。アルバム撮影の際、浜崎は「ジャケット・アイデアは、スタッフとの打ち合わせで、Ayuが言った意見。エーッ? って思うかもしれないけど、“上半身は洋服なし!胸は髪の毛で隠しちゃえ”みたいな感じで、アッという間に決まって」とコメントしていた[6]

    DISC2の内容[7]編集

    CD EXTRA部分には浜崎本人の「おはよう」などの声やこれまでに浜崎が出演した作品のCM集、ジャケットの写真撮影風景などが収録されている。CD部分には、リミックスバージョンのメドレーと、1stアルバム『A Song for ××』収録曲のリミックスが収録されている。

    コンセプト編集

    • アルバムに封入されている別冊ライナーノーツ内にて、当時の専務でもある松浦勝人と浜崎本人によるインタビューが以下のように綴られている。


    本当の浜崎あゆみを知る上での重要なキーワード。それは “目に見えるモノと真実のギャップ”
    松浦は「“目に見えるモノと真実のギャップ”。ayuは、自ら命名したアルバム『LOVEppears』のタイトルに、“目に見えるモノと真実のギャップ” は、まさに、本当の浜崎あゆみを知る上での重要なキーワードだと思う。スタッフ・サイド、しかもすごく限られた、(ayuを信頼した) スタッフにしか見えない本当の姿。何かをつくる上では、ベースとなる企画立案から制作過程の細かな裏方的作業まで…。ayuは、どんなモノでも最終段階ギリギリまで自分の目で確認してから世の中に発表したがるし、インタビューを受けた後には、初校 (ゲラ) や色校と呼ばれる印刷見本のようなモノまでも全てチェックし、自分で直し (ペン) を入れる。雑誌の写真やCDのジャケットを飾るスチール撮影の時には、出来上がったポジ (写真) も全て自分で確認し、何十何百枚の中から自分で選ぶ。プロモーション・ビデオやCMなどの撮影時は、1カットごとに必ずその場で今録った映像をモニターで確認し、自分で演技を直したり、気がつけば監督やカメラマンと構図や演技するタイミングについて話し始めることもある。また、衣装・ヘアメイクに関しては、事前にある程度のことをやっておいて、現場の雰囲気や空気を感じて作り上げていく。衣装は常に多めに用意をしているし、突然、何かを追加することも珍しくない。ちなみに、アルバムと同時発売のマキシ・シングル『appears』のプロモーションビデオに出てくるピンクのセットアップは、実際に現場を自分の目で確認してから、パンツにハサミを入れて短パンにしたんだよね。」「少なくとも自分で今まで巡り会って来た人間の中でそこまで徹底的にこだわるひとはいなかったんだなぁ。」と語っている。
    これについて浜崎は「だってayuがやらないで誰がやるの?」「ayuが信頼した人たち、プロフェッショナルな人たちがやったこと、つくったモノに自分なりの考えやカラーをくわえさせる感じ」と語っている。
    松浦は「大抵初めだけの三日坊主で終わるのがたいがい。ayuの場合これだけ知名度が出てきてもなお、裏方的な作業まで全てを自分でするというのは正直頭が下がる…。だから、ホントはProduced by ayumi hamasakiと明記してもいいと思ってる。事実、全て自分でやっているし、ayuがやっていることはもうプロデュースの域に十分達してると思うから…。」と語っている。
    ayuの詞を初めて見た時は、こんなの18歳が書く詞じゃないよと思った
    松浦は「“ayuは本当に詞を書いているのか?” なんていう中傷を聞くことがある。確かに、自分も最初にayuの詞を見た時は、“本当にこいつが書いた詞なのか? 18歳 (当時) が書く詞じゃないよ” と思った。」「当時の詞はまだ荒削りで、ハマりが悪く、何のことを言ってるのか分からないモノとかもあったからね。でも、フニャフニャの手書き文字で書かれた詞を見た時、職業作家が書く詞の何百倍も痛いものがあった。心にグッと突き刺さってきた。」と語っている。

    売上記録編集

    初週で120.2万枚を売り上げ、初登場1位を獲得。自身初の初動ミリオンおよび累計ダブルミリオンを記録した。

    批評編集

    専門評論家によるレビュー
    レビュー・スコア
    出典評価
    CDジャーナル肯定的[8]

    CDジャーナルは、「大胆なビジュアルが話題になったあゆの新作は、おなじみのナンバーのニュー・ミックスと、メガ・ミックスや過去の作品をリイシューしたCD EXTRAを加えた2枚組。エイベックスのドル箱アーティストだけにクオリティの高い楽曲が居並ぶ。しかし……。」「次から次へとニュー・アイテムが発売されるので、ファンは追いかけるのが大変であろう、そして早くも2ndアルバムまでがリリースされちゃうのだ。あの華奢な体のどこにそんなパワーが!?」と批評した[8]

    LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-編集

    浜崎あゆみ > 浜崎あゆみのディスコグラフィ > LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-

    本作『LOVEppears』及び、11thシングル「appears」リリースから20年後である2019年11月10日に、リマスター盤『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』(ラヴピアーズ / アピアーズ・トゥエンティーズ・アニバーサリー・エディション)が発売。こちらは、浜崎公認である。収録曲全てマスターテープからリマスタリングを施し[9]、さらに『appears』のリミックス、ライブなど複数のバージョンを1枚にコンパイルした特典ディスクに加え、収録曲のPVと完全初公開となる「Trauma」の振り付け映像が収録されたDVDが追加される。

    初回生産限定盤には、縦長デジパック透明スリーヴ仕様、特設サイトアクセスカードが封入されている[10]

    本リリースに先駆け、自身の誕生日にあたる10月2日にこれまでに発表されたデビュー曲「poker face」から最新アルバム『M(A)DE IN JAPAN』の間にリリースされた、100曲以上のミュージック・ビデオを動画サイトYouTubeにおいてフル尺で一挙解禁された[11]ほか、本リリース同日には、今作に収録されている「TO BE」と「appears」から2本のリリックビデオが公開された[12]。また10月11日には、本アルバムDISC1収録の全16曲がリマスター音源の配信が先行として行われた[13]

    令和へ元号改名後、初のCD作品・アルバムとなった。

    収録曲編集

    CD DISC1 / PLAYBUTTON編集

    • 全曲作詞:ayumi hamasaki
    1. Introduction [1:09]
      作曲・編曲:HΛL
      インスト曲
    2. Fly high [4:07]
      作曲:D・A・I / 編曲:HΛL
      本人出演「ライコス」CMソング
      後に13thシングルとしてアレンジしてシングルカット
    3. Trauma [4:17]
      作曲:D・A・I / 編曲:Naoto Suzuki、D・A・I
      10thシングル「A 」収録曲 本人出演 JT桃の天然水」CMソング
    4. And Then [4:13]
      作曲:Yasuhiko Hoshino / 編曲:Keisuke Kikuchi
      本人出演 花王ソフィーナ「オーブ(AUBE)」イメージソング
    5. immature "Album Version" [4:45]
      作曲:Kazuhito Kikuchi / 編曲:HΛL
      11thシングル「appears」のカップリングのアレンジ
      本人出演 JT「桃の天然水」CMソング(このバージョンはシングルのみに収録)
    6. Boys & Girls [3:54]
      作曲:D・A・I / 編曲:Naoto Suzuki、D・A・I
      9thシングル
      本人出演 花王ソフィーナ「オーブ(AUBE)」イメージソング
    7. TO BE [5:18]
      作曲:D・A・I / 編曲:Naoto Suzuki、D・A・I
      8thシングル
      表記されていないが、シングルとは異なるアレンジで収録
      本人出演 JT 「桃の天然水」CMソング
    8. End roll [4:49]
      作曲:D・A・I / 編曲:Naoto Suzuki、D・A・I
      10thシングル「A」収録曲
      本人出演 森永製菓「こんがりショコラ」CMソング(このバージョンはシングルのみに収録)
    9. P.S II [4:48]
      作曲:Hideaki Kuwabara / 編曲:HΛL
      前作『A Song for ××』収録の「POWDER SNOW」をアレンジしたもの。
    10. WHATEVER "Dub's 1999 Remix" [7:20]
      作曲:Kazuhito Kikuchi / 編曲:Izumi "D・M・X" Miyazaki
      6thシングル。シングル版である"Version M"を7分弱に尺伸ばししたExtented版。
    11. too late [4:25]
      作曲:D・A・I / 編曲:Naoto Suzuki、D・A・I
      10thシングル「A」収録曲
      表記されていないが、シングルとは異なるアレンジで収録
      本人出演 HONDA「ジョノクレア」CMソング
    12. appears "Album Version" [5:38]
      作曲:Kazuhito Kikuchi / 編曲:HΛL
      11thシングルのアレンジで、このアルバムと同日にリリースされた。
      本人出演 花王ソフィーナ「オーブ(AUBE)」クリスマスソング
    13. monochrome [4:22]
      作曲:D・A・I / 編曲:Naoto Suzuki、D・A・I
      10thシングル「A」収録曲
      表記されていないが、シングルとは異なるアレンジで収録
      本人出演 JT「桃の天然水」CMソング
    14. Interlude [0:56]
      作曲・編曲:Naoto Suzuki
      インスト
    15. LOVE〜refrain〜 [5:21]
      作曲:つんく / 編曲:Naoto Suzuki
      7thシングル「LOVE〜Destiny〜」の原曲で、「LOVE~Destiny~」とはアレンジと歌詞が異なる。
    16. Who... [9:58]
      作曲:Kazuhito Kikuchi / 編曲:Naoto Suzuki
      映画「」主題歌(後に決定)。
      後にバラード・ベスト・アルバム『A BALLADS』と、オールタイム・ベストアルバムA COMPLETE 〜ALL SINGLES〜』において、新録音されたものが収録された。
    17. (Secret Track) kanariya [3:52]
      作曲:Yasuhiko Hoshino / 編曲:CPM-Marvin
      「Who...」終了後37秒経つと聞けるシークレットトラック。
      後に12thシングルとしてシングルカット。

    CD DISC2編集

    1. ayu's EURO MEGA-MIX "Y&Co.MIX" [9:48]
      Remixed by Akira"BOSS"Yokota, Tetsuya"REMOCON"Tamura for 横田商会
      • Boys & Girls "A Eurobeat Mix"
      • Trust "A Eurobeat Mix"
      • End roll "ayu-ro Extended Mix"
      • YOU "Aggressive Mix"
      • Depend on you "Extended Power Mix"
      • Trauma "Eurobeat Mix"
      • too late "Euro-Power Mix"
      • WHATEVER "Sentimental Mix / Euro-Power Mix"
      • monochrome "ayu-ro Extended Mix"
      • poker face "Extended Power Mix"
    2. ayu's HOUSE MEGA-MIX "N.S House Mix" [9:58]
      Remixed by Shoji Ueda
      • Boys & Girls "Melt Down Dub Mix / Dub's club Remix / Higher Uplift Mix"
      • Hana "D-Z DEADLY ROSE APPROACH / dub's trance remix"
      • FRIEND Ⅱ "MAKE MY MAD MIX"
      • too late "Razor 'N Guido Remix"
      • SIGNAL "Y & CO.TASTE / GROOVE THAT SOUL MIX"
      • monochrome "Dub's full color Remix"
      • poker face "Spiritual Guidance Mix"
      • Trauma "Heavy Shuffle Mix"
      • Depend on you "dub's electro remix"
    3. A Song for ×× "MILLENNIUM MIX" from 1st Album [4:46]
      Mixed by Dave Way
    4. POWDER SNOW "Acoustic Orchestra Version" from あゆ・み・っくす [5:04]
      Mixed by Atsushi Hattori
    5. FRIEND Ⅱ "MAKE MY MAD MIX" from ayu-mi-x [4:29]
      Remixed by HΛL

    20th Anniversary Edition編集

    LOVEppears
    appears

    CD DISC4編集

    「初回生産限定盤」のみ
    1. appears "HΛL's Progress" [5:58]
    2. appears "Acoustic version" [5:09]
    3. appears "Armin van Buuren's remix" [4:09]
    4. appears "Junior's Appears On The Air" [7:40]
    5. appears "HW Club Mix" [4:48]
    6. appears "DJ-TURBO remix" [8:29]
    7. appears "Junior's Club Mix" [9:42]
    8. appears "HW Tokyo Hard House Mix" [5:35]
    9. appears "Armin van Buuren's Dub" [8:05]
    10. appears "Aggressive Extended Mix" [5:36]
    11. appears "Melodic Extended Mix" [5:33]
    12. appears "Shinichi Osawa remix" [5:34]
    13. appears "Inst melo version" [5:10]

    DVD編集

    「初回生産限定盤」のみ
    1.   Fly high (video clip)
    2.   Boys & Girls (video clip)
    3.   TO BE (video clip)
    4.   WHATEVER (video clip)
    5.   appears (video clip)
    6.   LOVE〜Destiny〜 (video clip)
    7.   kanariya (video clip)
    8.   Who... (Live Lyric Video)
    9. Trauma (ayupan振り付け映像)

    その他の収録アルバム (シングル曲除く)編集

    収録ライブ映像 (シングル曲除く)編集

    脚注編集

    1. ^ LOVEppears|浜崎あゆみ”. ORICON STYLE. オリコン. 2016年6月7日閲覧。
    2. ^ a b LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-|浜崎あゆみ”. ORICON STYLE. オリコン. 2019年11月13日閲覧。
    3. ^ ゴールドディスク認定 1999年11月”. 日本レコード協会. 2016年10月2日閲覧。
    4. ^ 有料音楽配信認定 2014年12月”. 日本レコード協会. 2016年10月2日閲覧。
    5. ^ 浜崎あゆみ、女性アーティストアルバムTOP10入り歴代1位【オリコンランキング】。”. オリコン (2019年11月12日). 2019年11月13日閲覧。
    6. ^ 『オリコンウィーク The Ichiban』(1999年11月15日号より)[5]
    7. ^ avexによる「LOVEppears」特設サイト
    8. ^ a b 浜崎あゆみ / LOVEppears”. CDジャーナル. 2020年8月17日閲覧。
    9. ^ 浜崎あゆみ、『LOVEppears』20周年を記念しアニヴァーサリー・エディション発売”. BARKS (2019年9月4日). 2019年9月4日閲覧。
    10. ^ 『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』リリース決定!”. 公式サイト (2019年9月4日). 2019年9月4日閲覧。
    11. ^ YouTubeにて全Music Videoのフル尺を解禁!”. 公式サイト (2019年10月2日). 2019年11月13日閲覧。
    12. ^ ★本日展着日★「TO BE」「appears」のリリックビデオを公開!”. 公式サイト (2019年11月7日). 2019年11月13日閲覧。
    13. ^ 本日より、11月10日発売の『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』のDisc1が、フラッシュプライスで先行配信スタート!”. 公式サイト (2019年10月11日). 2019年11月13日閲覧。
    14. ^ アジア盤ではChinese Versionを収録

    外部リンク編集