メインメニューを開く

NTT北陸(エヌティーティーほくりく)は、石川県金沢市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球クラブチームである。1999年に解散した。

NTT北陸
チーム名(通称) NTT北陸
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分

創部 1953年
廃部 1999年
チーム名の遍歴

  • 電電北陸 (1953 - 1984)
  • NTT北陸 (1985 - 1999)
本拠地自治体

練習グラウンド NTT北陸グラウンド
都市対抗野球大会
出場回数 14回
最近の出場 1999年
最高成績 準優勝
社会人野球日本選手権大会
出場回数 10回
最近の出場 1998年
最高成績 ベスト8
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※参加資格なし

目次

概要編集

1953年日本電信電話公社北陸支社の硬式野球部『電電北陸』として創部した[1]

1964年都市対抗野球に初出場し、1966年都市対抗野球で初勝利を挙げている。

1985年、電電公社の民営化に伴いチーム名を『NTT北陸』に改称した。

1986年都市対抗野球では新日本製鐵名古屋からの補強選手である杉山孝一の活躍もあり準優勝となった。秋には、日本選手権に初出場しベスト8入りを果たした。また、1990年から1998年まで日本選手権に9年連続で出場している。

1998年6月、NTTグループの再編および北陸支社の廃止に伴い、翌1999年1月にNTT東京硬式野球部を『NTT東日本硬式野球部』に、NTT関西硬式野球部を『NTT西日本硬式野球部』にそれぞれ改称し、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。当チームも、NTT西日本に統合され年内で廃部になることが決まった[2]。しかし、存続を求める声が県野球連盟などからも上がり、同年12月に翌年の都市対抗野球終了まで企業チームとして存続し、以降は会社の支援のないクラブチームとして活動を続けることが決まった[2]

1999年1月、3人がNTT西日本に移籍し、さらにベテランの引退もあって23人いた部員は16人まで減少した[3]。平均年齢は30歳を超えていたが、企業チームとして最後の活動に向け団結し[4]、同年の都市対抗野球に出場した。その後、チーム名は変更せずにクラブチームに移行して臨んだ同年の日本選手権では、2次予選の初戦で敗退し本戦出場は果たせなかった。その後、業務や生活面などでの負担の大きさなどの理由から、同年10月に活動に幕を下ろした[4]

沿革編集

主要大会の出場歴・最高成績編集

主な出身プロ野球選手編集

脚注編集

  1. ^ 毎日新聞、1999年7月6日付朝刊、石川地方面
  2. ^ a b 毎日新聞、1998年11月25日付朝刊、石川地方面
  3. ^ 毎日新聞、1999年2月26日付朝刊、P.25
  4. ^ a b 毎日新聞、2004年10月28日付朝刊、富山地方面

関連項目編集