ROGUE

日本のバンド

ROGUE(ローグ)は、日本ロックバンド。1982年結成、1990年解散。2013年に再結成、その後もライブ活動を行なっている。

ROGUE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ビートロック
活動期間 1982年 - 1990年
2013年 -
レーベル キングレコード
RUNNERS RECORD
ポニーキャニオン
メンバー 奥野敦士(Vo)
香川誠(G,Cho)
西山文明(B,Cho)
深沢靖明(Dr,Cho)

メンバー編集

  • 奥野敦士 (1963年6月25日)(前橋市出身):ヴォーカル
  • 香川誠 (1963年6月1日)(東京都港区出身):ギター、コーラス
  • 西山文明(1992年、「西山史晃」に改名)(1963年11月3日)(神戸市出身):ベース、コーラス
  • 深沢靖明 (1963年3月11日)(前橋市出身):ドラムス、コーラス

来歴編集

1982年~1990年 結成から最初の解散まで編集

  • 1982年10月、ROGUE結成。
  • 1983年1月、TVK「ファイティング'80」新人オーディション優勝。
  • 1983年2月、同番組でTHE MODSのサポートを務め話題を呼ぶ。
  • 1983年12月、西武劇場『NEW YEAR ROCK FES』出演。
  • 1984年1月、ボーカルが脱退。ベースの奥野がボーカル、新たにベースが加入、再スタート。活発なライブ活動。
  • 1985年1月、ベースが脱退。西山文明が加入。現在の編成となる。
  • 1985年、アルバム『ROGUE』でキングレコードよりメジャーデビュー。
  • 1985年5月、日比谷野外音楽堂『JAPAN ROCK FES』出演。
  • 1985年12月、西武劇場『NEW YEAR ROCK FES』3年連続の出演。
  • 1986年5月、地元、前橋市市民文化会館で初のワンマンライブ。700人動員。
  • 1986年5月、日比谷野外音楽堂『JAPAN ROCK FES』2年連続の出演。
  • 1986年、インディーズでアルバム『ANOTHER SIDE』 (RUNNERS RECORD) リリース。
  • 1987年6月21日、ポニーキャニオンへ移籍。シングル「LIKE A MOON」、アルバム『VOICE BEAT』同時リリース。
  • 1989年7月15日、レーベル・イベント「AGE OF THUNDER ROAD '89」日比谷野外音楽堂で開催。大トリで演奏。
  • 1989年8月30日、日本武道館単独ライブ『単独行動』で8000人を動員。
  • 1990年、ROGUE解散。

2013年~再結成から現在へ編集

  • 2013年10月19日、グリーンドーム前橋『GBGB2013』でROGUE再結成。アンコールを含め7曲演奏。
  • 2013年11月20日、ベスト・アルバム『easy go easy comes+Live at CBGB, NewYork 1989』発売。
  • 2014年2月6日、フジテレビ奇跡体験!アンビリバボー」出演。
  • 2014年7月5日、ヤマダグリーンドーム前橋『GBGB2014』で新曲「中年よ大志を抱け」を含め8曲演奏。
  • 2014年12月3日、ポニーキャニオンよりオリジナル作品の再メジャーデビューアルバム『REAL AGAIN』を発売。
  • 2015年1月31日、EX THEATER ROPPONGIで、奥野事故後初の東京公演を行う。アンコールを含め11曲を演奏。演。
  • 2015年4月25日、ヤマダグリーンドーム前橋『GBGB2015』で新曲を含む11曲を演奏。
  • 2015年10月3日、前橋市民文化会館で30th Anniversary 『IT'S SHOW TIME!』開催。アンコール3曲含め14曲演奏。対バンは横浜銀蝿
  • 2015年12月12日、前橋市民文化会館小ホールで、解散後初となるROGUE単独公演『Middle age's be ambitious!』を開催。ROGUE・奥野敦士・KNiFeの3部構成で公演。奥野は事故後初のソロ公演であった。
  • 2016年6月25日、ヤマダグリーンドーム前橋『GBGB2016』で新曲「俺の空」[1]・アンコール2曲を含む計13曲を演奏。アンコール「終わりのない歌」では、このイベント開催のきっかけとなったMr.Children桜井和寿が登場、念願の初共演を果たした。
  • 2016年10月19日、ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホールにて、ROGUE単独公演・アルバム『DESOLATION ANGELS』発売記念Liveを行う。昨年同様、奥野敦士+KNiFe+ROGUEの3部構成で行われた[2]
  • 2017年4月7日、高崎club FLEEZにてGBGBスピンオフ企画 Kick on ROGUE2017『近くで感じろ!』を開催。久々のLIVE HOUSE単独公演を行う。
  • 2017年6月24日、ヤマダグリーンドーム前橋『GBGB2017』で再発アルバムからの楽曲を含め13曲を演奏。
  • 2018年5月3日・4日、高崎アリーナ に場所を移し『GBGB2018』開催。ROGUEは2DAYS出演。香川の高校時代の先輩であった布袋寅泰綾小路翔らと共演。
  • 2018年7月15日、『ap bank fes '18』出演。ROGUE復活の1つのきっかけとなったイベントで、Mr.Children桜井と約束の共演を果たす。
  • 2019年5月6日、NHK逆転人生 伝説のロックシンガー 復活の歌」放送。

逸話編集

「ROGUEを結成したきっかけは、やっぱり香川との出会いかな、たまたま学校が一緒になって、で遊びで始めようかって。そのままずっと遊びでやってる、そんな感じです。」[3]1989年7月「6代目いいとも青年隊(k-chaps)が「LIKE A MOON」を「世界で一番~LIKE A MOON~」のタイトルでカバー。

2012年に行われたフェス『ap bank fes '12 Fund for Japan』にて、ROGUEの「終わりのない歌」がBank Band(Vo:櫻井和寿)によりカバーされる。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. 「恋のバカンス/工業用の接吻(くちづけ)」(RUNNERS RECORD)
  2. 「LIKE A MOON/MY HONEY」(1987年 キャニオンレコード
  3. 「終わりのない歌/STREET DANCER」(1987年11月6日 ポニーキャニオン
  4. 「OVER STEP/PERSONAL COMPUTER」(1988年3月5日 ポニーキャニオン)
  5. 「MELODY/Because...」(1988年11月21日 ポニーキャニオン)
  6. 「I'M A GUITARIST/SAY TO ONESELF」(1989年7月5日 ポニーキャニオン)
  7. 「WIND~心の歌~/WALK AWAY (NEW VERSION)」(1990年3月21日 ポニーキャニオン)

アルバム編集

オリジナル・アルバム
  1. 「ROGUE」(1985年 キングレコード
  2. 「ANOTHER SIDE」(1986年 RUNNERS RECORD)
  3. 「VOICE BEAT」(1987年6月21日 ポニーキャニオン)
  4. 「SERENADE」(1988年4月6日 ポニーキャニオン)
  5. 「MOVE」(1988年11月21日 ポニーキャニオン)
  6. 「VIVA」(1989年7月21日 ポニーキャニオン)
  7. 「SOLID BLUE」(1990年5月21日 ポニーキャニオン)
  8. 「REAL AGAIN」(2014年12月3日 ポニーキャニオン) CD+DVDの2枚組
  9. 「DESOLATION ANGELS」(2016年10月19日 フォーライフソングス)
  10. 「VOICE BEAT」(2017年6月21日 再発売 ポニーキャニオン)ボーナストラック2曲を含む。
  11. 「SERENADE」(2017年6月21日 再発売 ポニーキャニオン)ボーナストラック2曲を含む。
ライブアルバム
  • 「LIVE The Ultimate Collection ROGUE」(2010年 RUNNERS RECORD)
ベストアルバム
  • 「Anthology ROGUE BEST」(2003年  ポニーキャニオン)
  • 「ROGUEベスト・コレクション」(2008年 ポニーキャニオン)
  • 「ベストアルバム/easy go easy comes+Live at CBGB,NewYork 1989」(2013年11月20日 ポニーキャニオン)

映像作品編集

  • VHS「単独行動 ROGUE IN BUDOKAN 1989.8.30」(1989年11月3日 ポニーキャニオン PCVP-10045)
    1989年8月30日武道館ライブを収録。
  • DVD「ROGUE LIVE at CBGB 1989 & GBGB 2013」(2014年4月16日 ポニーキャニオン PCBE-51816)
    ニューヨークの幻のライヴハウス'CBGB'での公演、23年ぶりの再結成で行なわれた復活ライヴ公演を収録。

タイアップ編集

楽曲 タイアップ
気分はどうですか? 地域発信型映画『耳かきランデブー』エンディングテーマ(2017年)

出典編集

  1. ^ 高崎まち映画「あの夏、いつかの生姜焼き」、エンディングテーマ曲
  2. ^ 信誠会music.com:セットリスト
  3. ^ ツアー「OVER STEP」のパンフレットより。

外部リンク編集