UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01 決勝

UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01 > UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01 決勝

UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01 決勝(UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01 けっしょう、英語: UEFA Champions League 2000-01 Final)は、欧州サッカー連盟 (UEFA)により開催されるUEFAチャンピオンズリーグ 2000-01の決勝戦であり、9回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である (UEFAチャンピオンズカップ時代を含めると46回目)。試合は2001年5月23日ミラノサン・シーロで開催された。試合は、ブンデスリーガに所属するFCバイエルン・ミュンヘンと、プリメーラ・ディビシオンに所属するバレンシアCFの間で行われた。

UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01 決勝
Stadio Meazza.jpg
大会名 UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01
PK戦 5–4 でバイエルン・ミュンヘンの勝利
開催日 2001年5月23日
会場 サン・シーロ(ミラノ)
最優秀選手 オリバー・カーン
(バイエルン・ミュンヘン)[1]
主審 Dick Jol (オランダ)[2]
観客数 79,000[1]
天気 曇り
20 °C (68 °F)[3]
2000
2002

概要編集

試合は、ドイツのバイエルン・ミュンヘンとスペインのバレンシアの対戦となった。延長戦まで120分の戦いは1対1と決着がつかず、PK戦でバイエルンが5-4で勝利、4度目のタイトルを獲得した。バイエルンは四半世紀ぶりのタイトル獲得となり、バレンシアは2年連続の決勝戦での敗北となった。また、試合のすべての得点はPKで、バイエルンはPK失敗もしている。そして、勝敗の決着はPK戦となったため、この試合は「すべてPK」のUEFAチャンピオンズリーグ決勝となっている。 その他、この試合は前2シーズンの準優勝チーム同士の対戦であった。バイエルンは1999年マンチェスター・ユナイテッドに、バレンシアは2000年にレアル・マドリードにいずれも敗れている。

PK戦で決着したのはヨーロッパカップ決勝戦としては6回目、チャンピオンズリーグ決勝としては2回目である。また、バイエルンの監督オットマー・ヒッツフェルトは1997年にはボルシア・ドルトムントでこのタイトルを獲得しており、エルンスト・ハッペル以来、2人目の「2つの異なるチームでヨーロッパカップを制した監督」となった。一方、バレンシアの監督エクトル・ラウルは3年連続で決勝戦での敗北となった。彼は1999年にマヨルカを率いてUEFAカップウィナーズカップ決勝で敗れた後、2000年にはバレンシアを率いてチャンピオンズリーグ決勝で敗れている。

出場チーム編集

注 : 決勝進出は1992年まではUEFAチャンピオンズカップ、1993年以降はUEFAチャンピオンズリーグ

チーム 過去の決勝進出(太字は優勝)
  バイエルン・ミュンヘン 6(197419751976、1982、1987、1999
  バレンシア 1(2000)

決勝戦までの道のり編集

  バイエルン・ミュンヘン ラウンド   バレンシア
対戦相手 合計 第1戦 第2戦 予選 対戦相手 合計 第1戦 第2戦
- 3回戦   チロル・インスブルック 4–1 0–0 (A) 4–1 (H)
対戦相手 結果 一次リーグ 対戦相手 結果
  ヘルシンボリIF 3–1 (A) 第1節   オリンピアコス 2–1 (H)
  ローゼンボリBK 3–1 (H) 第2節   へーレンフェーン 1–0 (A)
  パリ・サンジェルマン 0–1 (A) 第3節   リヨン 1–0 (H)
  パリ・サンジェルマン 2–0 (H) 第4節   リヨン 2–1 (A)
  ヘルシンボリIF 0–0 (H) 第5節   オリンピアコス 0–1 (A)
  ローゼンボBK 1–1 (A) 第6節   ヘーレフェーン 1–1 (H)
グループF 通過
出典: UEFA
結果 グループC 通過
出典: UEFA
対戦相手 結果 二次リーグ 対戦相手 Result
  リヨン 1–0 (H) 第1節   シュトゥルム・グラーツ 2–0 (H)
  アーセナル 2–2 (A) 第2節   パナシナイコス 0–0 (A)
  スパルタク・モスクワ 1–0 (H) 第3節   マンチェスター・ユナイテッド 0–0 (H)
  スパルタク・モスクワ 3–0 (A) 第4節   マンチェスター・ユナイテッド 1–1 (A)
  リヨン 0–3 (A) 第5節   シュトゥルム・グラーツ 5–0 (A)
  アーセナル 1–0 (H) 第6節   パナシナイコス 2–1 (H)
グループC 通過
出典: UEFA
結果 グループA 通過
出典: UEFA
対戦相手 合計 第1戦 第2戦 決勝トーナメント 対戦相手 合計 第1戦 第2戦
  マンチェスター・ユナイテッド 3–1 1–0 (A) 2–1 (H) 準々決勝   アーセナル 2–2 (a) 1–2 (A) 1–0 (H)
  レアル・マドリード 3–1 1–0 (A) 2–1 (H) 準決勝   リーズ・ユナイテッド 3–0 0–0 (A) 3–0 (H)

試合編集

概要編集

この決勝戦は、バイエルンのゴールキーパー、オリバー・カーンの大活躍で人々に記憶されている[4]

試合開始早々、ペナルティエリア内で倒れこんだパトリック・アンデションがハンドによりバレンシアにPKが与えられ、ガイスカ・メンディエタがPK成功、バレンシアが先制した。数分後、ジョスリン・アングロマがペナルティエリア内でシュテファン・エッフェンベルクにファウル犯し、バイエルン・ミュンヘンにPKが与えられたが、サンティアゴ・カニサレスメーメット・ショルのシュートは足でセーブし、得点とはならなかった。後半早々、アメデオ・カルボーニカルステン・ヤンカーとヘディングを争った際にハンドを犯し、バイエルンがPKを獲得、今回はシュテファン・エッフェンベルグがカニサレスの逆方向にPKを蹴って得点を決め、スコアは1-1の振り出しに戻った。残りの時間と延長戦30分間を通して得点は生まれず、試合はPK戦になった[4]

PK戦では、バイエルンの最初のキッカーパウロ・セルジオのシュートは枠を捉えず、バレンシアのメンディエタのシュートはオリバー・カーンの逆をついたため、バレンシアは早い段階でリードを得る。ハサン・サリハミジッチジョン・カリューアレクサンダー・ツィックラーがPKを成功した後、カーンがズラトコ・ザホビッチのシュートをセーブし、それぞれ3人終了後に2対2で同点に追いく。次のパトリック・アンデションのシュートはカニザレスにセーブされ、アメデオ・カルボーニのシュートはカーンが手を伸ばしてクロスバーの上に弾く。その後、ルベン・バラハシュテファン・エッフェンベルクは両者とも成功し、 PK戦はサドンデスへと入る。6人目のビセンテ・リザラズキリ・ゴンサレスは2人ともPK成功し、バイエルン7人目のトーマス・リンケはPK成功するも、バレンシア7人目マウリシオ・ペジェグリーノのシュートは方向を読んだカーンがセーブ、バイエルン・ミュンヘンがカップを勝ち取った[4]。カーンは、PK戦後に敗戦したバレンシアのGKカニサレスを慰めたことでUEFAフェアプレイ賞を受賞した[5]

詳細編集

バイエルン・ミュンヘン   1 - 1 (aet)   バレンシア
エッフェンベルク   50分 (PK) メンディエタ   2分 (PK)
サン・シーロミラノ
観客数: 79,000[1]
主審:   Dick Jol[2]
    PK戦  
パウロ・セルジオ  
サリハミジッチ  
ツィックラー  
アンデション  
エッフェンベルク  
リザラズ  
リンケ  
5 - 4   メンディエタ
  カリュー
  ザホヴィッチ
  カルボーニ
  バラハ
  キリ・ゴンサレス
  ペジェグリーノ
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
バイエルン
 
 
 
 
 
 
 
バレンシア


GK 1   オリバー・カーン
CB 4   サミュエル・クフォー
CB 5   パトリック・アンデション   38分
CB 25   トーマス・リンケ
RWB 2   ウィリー・サニョル   46分
LWB 3   ビセンテ・リザラズ
CM 23   オーウェン・ハーグリーヴス
CM 11   シュテファン・エッフェンベルク  
AM 7   メーメット・ショル   108分
AM 20   ハサン・サリハミジッチ
CF 9   エウベル   100分
サブメンバー
GK 22   ベルント・ドレハー英語版
DF 18   ミヒャエル・タルナト
MF 10   チリアコ・スフォルツァ
FW 13   パウロ・セルジオ   108分
FW 19   カルステン・ヤンカー   46分
FW 21   アレクサンダー・ツィックラー   100分
FW 24   ロケ・サンタ・クルス
監督
  オットマー・ヒッツフェルト
 
GK 1   サンティアゴ・カニサレス  
RB 20   ジョスリン・アングロマ
CB 12   ロベルト・アジャラ   90分
CB 2   マウリシオ・ペジェグリーノ
LB 15   アメデオ・カルボーニ   26分
DM 19   ルベン・バラハ
RM 6   ガイスカ・メンディエタ  
LM 18   キリ・ゴンサレス   117分
AM 35   パブロ・アイマール   46分
CF 17   フアン・サンチェス・モレノ   66分
CF 7   ヨン・カリュー
サブメンバー
GK 25   アンドレス・パロップ
DF 5   ミロスラヴ・ジュキッチ   90分
DF 34   ファビオ・アウレリオ
MF 4   ディディエ・デシャン
MF 8   ズラトコ・ザホヴィッチ   66分
MF 14   ビセンテ・ロドリゲス
MF 23   ダビド・アルベルダ   46分
監督
  エクトル・クーペル


最優秀選手:

  オリバー・カーン(バイエルン・ミュンヘン) [1]

副審:

  ヤーププール(オランダ[2]

  Jan-Willem van Veluwen(オランダ)[2]

第4番の審判:

  Jan Wegereef (オランダ)[2]

ルール
  • 試合時間は90分
  • 決着がつかない場合、30分のゴールデンゴール形式の延長
  • 延長戦でゴールが生まれなかった場合PK戦
  • サブメンバーは7名
  • 選手交代は最大3名

データ編集

バイエルン バレンシア
得点 1 1
シュート 19 9
枠内ショット 5 4
ボール支配率 64% 36%
コーナーキック 10 3
ファウル 24 23
オフサイド 2 6
イエローカード 1 3
レッドカード 0 0

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 2.FInals”. uefa.com. 2021年2月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e Match officials appointed for Milan final”. uefa.com. 2021年2月14日閲覧。
  3. ^ History | Weather Underground”. Wunderground.com. 2012年6月30日閲覧。
  4. ^ a b c Biggs (2001年5月23日). “Bayern Munich 1-1 Valencia; Bayern won 5-4 on penalties”. The Guardian. 2018年12月2日閲覧。
  5. ^ Remember when Olivier Kahn won an award for his actions after 2001 Champions League final. GiveMeSport.