メインメニューを開く

あいかわい翔(あいかわいしょう、1965年9月28日 - )は、日本ものまねタレントオフィス うめつや所属(リクコーポレーション提携)。哀川翔公認のそっくりさんである[1]

あいかわい翔
本名 梅津直人(うめつなおと)
ニックネーム なおさん、ナオ、梅ちゃん、翔さん
生年月日 (1965-09-28) 1965年9月28日(53歳)
出身地 山形県長井市
血液型 O型
身長 169cm
言語 日本語
コンビ名 元コント エルビス(1989年 - 2000年)
相方 石川昇 CAP(コンビ時代)
芸風 ものまねコント
事務所 オフィス うめつや
活動時期 1987年 -
配偶者 既婚
公式サイト あいかわい翔オフィシャル

目次

来歴・人物編集

山形県長井市出身。本名は、梅津直人(うめつなおと)。山形県立宮内高等学校卒業。身長169cm。血液型はO型[2]

哀川翔藤森慎吾有吉弘行近藤真彦田原俊彦などのものまねをする。

長男と言っているが、兄が生まれて3日でなくなったため、戸籍上は次男である。弟がひとりいる[3]

特技は、殺陣、接客。趣味は、コスメ関係の本を読むこと、大相撲観戦、映画鑑賞。英検3級、商業簿記3級の資格を持っている。2018年まで販売士3級も持っていた。

とても人懐こく礼儀正しい。また、やさしい話し方なので年配の人にはかわいがられ、老人会でも大変人気がある。

性格は穏やかで怒ることは滅多にないが、怒るととても怖いと後輩が語っている。後輩の面倒見も良い。

放送作家高須光聖とは、あいかわい翔が22歳の頃から30年来の友人であり、当時お互い貧乏だったが楽しい思い出しかないと語っている[4]

子供の頃はが嫌いだったせいか、体が弱かった。今[いつ?]鶏肉手羽先のように見た目がぶつぶつしている)が苦手。

高校生の頃、文化祭などでアイドルのまねをしていたせいか人気があり、バレンタインデーのときはチョコレートがたくさん入った大きい紙袋を4つ持って、とても羨ましかったと、後に同級生が語っている。

元コント エルビスである。相方は石川昇(CAP)、現在は、弱つよむ(よわつよむ)としてコミックソングを歌っている[5]

あいかわい翔は、もともと哀川翔に似ていたため、この頃から哀川翔をもじった「Vシネマコント」ネタをやっている。また、有吉弘行にも似ていたため「猿岩石」と呼ばれていた。

早口と勢いのあるテンポのネタでは、早口で長いセリフを何度もやらされ、何度も間違え、最後はビシッと決めるネタがあるが、ある監督曰く「わざと間違えている。わざと間違えるのは難しいこと。梅津(あいかわい)は天才だ」と語っている。ほとんどのネタでは、あいかわい翔がボケ担当だったが、たまにツッコミのネタもあった。「レスキュー隊」、「人間代行業」、「ミッドナイトラジオ」、「ウメズマン」などがある。

エルビス時代はどのコンビにも負けないほどの勢いと、ネタが面白かったため二人とも強気だったが、いざテレビ局から声がかかると怖気づいてしまい運を逃している。当時、舞台で一緒になったのは、パックンマックンジョーダンズカンニングマギー審司いとうあさこ(ネギねこ調査隊)など。

以前、化粧品販売(本名で 、一切ものまね無し)のバイトでは、梅津(あいかわい翔)の販売は売り上げがいい為、メーカーの担当者が指名するほど絶賛している。メーカーの販売指導もしたことがある。

新宿そっくり館キサラに出演している。

2018年5月に「1日だけのエルビス復活」ミニライブを開催した。2017年10月、西口プロレスで哀川翔チームのメンバーとして、2018年6月では哀川翔のセコンドで登場。

哀川翔について編集

10年ほど前より、本格的に哀川翔ものまねをしている。

はじめは、「哀川らずで翔」だったが、哀川翔本人がわざわざ画数も調べ「あいかわい翔」と命名した[6]

哀川翔と全く同じ鼻の下にほくろがあったが、祖母が短期間でほくろが大きくなって病院に行ったところ「皮膚がん」だったことから、自分もそうではないかと怖くなり皮膚科でレーザー除去した。

哀川翔のことは、「本当に優しくて、弟のように心配して気にかけてくれる。生後すぐ亡くなった兄のように思えてならない。美輪明宏に前世をみてほしい」と、ラジオやネタの中で何度も言っている。

芸風編集

白スーツにゼブラ柄の長いストールをして、哀川翔の身長(178cm)に近づけるため、7cmのシークレットシューズを履いている。

哀川翔のカブトムシ好きなところから、電話の代わりにカブトムシのぬいぐるみを持ち、「ムシムシ~?」とやる。

一世風靡セピアの、前略、道の上よりの中の「ソイヤッ!」を言葉の終わりによく使う。

藤森慎吾の「チャラ男」では、ブルーのベスト、ほくろが書かれたメガネを着用し、「君、カワウィィね~!」を連発する。

有吉弘行では、頬にスポンジを入れている。

ものまねレパートリー編集

テレビ編集

ラジオ編集

イベントMC編集

映画編集

舞台編集

  • 岸田戯曲賞作品「ぬけがら」劇団 江戸間十畳(2012年)

CM編集

  • ダイドーウーロン茶(長野テレビ)- 2000年
  • リサイクルショップ SunStep - 2016年

プロモーションビデオ編集

  • コマツ新商品プロモーションビデオ(営業マン)- 2007年

脚注編集

外部リンク編集