メインメニューを開く

いつか世界を救うために -クオリディア・コード-

いつか世界を救うために -クオリディア・コード-』(いつかせかいをすくうために -クオリディア・コード-)は、橘公司による日本ライトノベルイラストはいむらきよたかが担当。

いつか世界を救うために -クオリディア・コード-
ジャンル SF学園
小説
著者 橘公司
イラスト はいむらきよたか
出版社 KADOKAWA 富士見書房
レーベル 富士見ファンタジア文庫
刊行期間 2015年7月18日 -
巻数 全2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル

複数の作家、複数のレーベルで共通の世界観の物語を描く『プロジェクト・クオリディア』のひとつ。

目次

あらすじ編集

西暦2049年、人類は突如現れた謎の敵〈アンノウン〉との戦いを続けていた。南関東管理局の特務部隊に所属する紫乃宮晶(しのみやあきら)は上司から神奈川序列第1位・天河舞姫(てんかわまいひめ)の暗殺を命じられる。都市防衛の要ともいえる少女の暗殺の指令に戸惑いつつも、実行にうつそうとするが、舞姫の規格外の強さに暗殺が困難であることを悟る。そしてシノは舞姫の全てを知るための観察を始めた。

登場人物編集

紫乃宮 晶(しのみや あきら)
声 - 福原綾香
本作の主人公。南関東管理局の物品管理第四課(特務部隊)所属一等執務官。第四課随一の実力者。通称はシノ。
天河舞姫を暗殺するために神奈川学園に編入する。模擬戦において舞姫の暗殺を試みるも、彼女の規格外の強さから、正攻法での殺害は不可能と結論。彼女の隙、もしくは弱点を探る為、24時間態勢で観察を始めるが、傍から見れば、覗き、尾行、ゴミ漁り、盗撮など完全にストーカーのそれである。その結果、本人以上に舞姫のことを知り尽くしたが、それ故、舞姫が暗殺される理由が見つからずに困惑の度合いを深めている。
來栖が起こした事件解決の功績が認められ、新たな四天王の一員となる。
潜入のために男子の制服を着ているが、実は女子。舞姫と四天王達にばれた後、都市中に知られることとなった。
実は舞姫の親友であった凛堂ほたる本人なのだが、ほたると名乗っていた依藤真里香によって記憶を改竄されていた。記憶を取り戻した後は第四課を辞め、凛堂ほたるとして生きていくことになる。
〈世界〉の再現により、視界に入ったものを距離を無視して触れることができる。これにより、離れた場所に斬撃を発生させる一の太刀・〈空喰(うつはみ)〉、複数の斬撃を同時に発生させる二の太刀・〈閃塵(せんじん)〉、直接斬撃を当てた対象を両断するまで〈空喰〉を重ねる三の太刀・〈千重(ちがさね)〉などの技を持つ。
天河 舞姫(てんかわ まいひめ)
声 - 悠木碧
本作のメインヒロイン。神奈川第1位に10年間君臨し続ける少女。バストは80cmのDカップ。
良くいえば純粋無垢、悪く言えばバカで人に騙されやすく、普段は歳相応の少女と変わらないが、〈アンノウン〉などの敵と相対した時は最強の戦士のしての一面を見せる。その容姿と名前から生徒達からは「姫様」と呼ばれ慕われている。コールドスリープ前にほたるとした約束を守るため、現在も前線で戦い続けているが、そのことで他の都市首席からは妬まれている。
見ている〈世界〉は『幸せな世界』。特殊能力はもたないが、戦闘能力は非常に高く、不可視のはずのシノの斬撃を勘だけで回避、防御することができてしまう。
八重垣 青生(やえがき あおい)
声 - 雨宮天
神奈川四天王の1人。通称〈姫を導く者(プリンセスロード)〉。
舞姫の行動を支配する神奈川の裏の顔役などと言われているが、実際には舞姫のスケジュール管理をし、他の四天王がしない生徒会の仕事を1人でやっている四天王随一の苦労人。他の四天王の舞姫に対する変態的行動に頭を悩ませているが、実はこっそり舞姫の制服に盗聴器をしかけたりと、やっていることは他の四天王と大差ない。
直接的な戦闘能力は低いが、他者の脳内映像を共有したり、離れた相手に念話を行えたりと、集団戦では有用な<世界>を持つ。
音無 柘榴(おとなし ざくろ)
声 - 井澤詩織
神奈川四天王の1人。通称〈音無き死神(サイレント)〉。
人の目を見るのが苦手なため、人と話す時は背中のパンダに話しかける形で喋る。その際、句読点がなく一気に喋る。常に舞姫の尾行をし、隠し撮りを行っている変態。
〈世界〉を再現することであらかじめマーキングした場所に瞬間移動をすることができる。
佐治原 銀呼(さじはら ぎんこ)
声 - 藤原夏海
神奈川四天王の1人。通称〈番犬(アイギス)〉。
舞姫の捨てた物を集めるのをライフワークとしており、その匂いを嗅いでいる変態。
〈世界〉を再現することで獣のような能力を得ることができる。
隠谷 來栖(なばりや くりす)
神奈川四天王の1人。通称〈不可視伯(インビジブル)〉。
舞姫の部屋に侵入し、隠しカメラを設置して盗撮をおこなっている変態。
実は東京から送られてきたスパイであり、〈アンノウン〉出現と同時に都市を人質にとり、舞姫を誘拐したが、シノ達によって防がれてしまった。
〈世界〉は物質の透明化と思われていたが、実際は認識の誤魔化しであり、物質を人に認識できなくしたり、手にふれた人間に外部情報を認識できないようにすることもできる。
凛堂 ほたる(りんどう ほたる)
声 - 明坂聡美
南関東管理局の特務部隊に所属する少女。
シノと同じく天河舞姫の暗殺指令を受けて神奈川学園に編入してきた。シノと四天王のストーカーにしか見えない行動に常にツッコミを入れている。コールドスリープ前から舞姫と知り合いであるはずだが、本人はそのことを隠している。
本名は依藤真里香(いとう まりか)。舞姫と本物のほたるの共通の友人であったが、ほたるを独占したい思いから彼女の記憶を改竄し、紫乃宮晶とした。さらに第四課の課長を操り舞姫の暗殺指令を出させた張本人。
見ている〈世界〉は『誰とでも友だちになれる世界』。施術を行うことで相手に自分が友だちだと錯覚させることができる。また施術を行った時間分の記憶を消すこともできる。他にも記憶の改竄や価値観の付与及び変質、感情の指向性の操作、さらにアンノウンを操ることができるなど実際には洗脳に近い。

書誌情報編集

外部リンク編集